aliexpress転売で失敗しないための行動手順を解説

アリエクスプレス転売失敗転売
この記事は約7分で読めます。

aliexpressを上手に活用することで、購入した商品を転売して利益を出すことが出来ます。

 

仕入れ価格が安い、1個から購入できる、商品の質が高いものが多い。

アリエクスプレスはこれまでの中国輸入の常識を覆し、買い物に対するイメージをガラリと変えてしまう破壊力を持っています。

 

aliexpressを知った時点で人生は半分勝ったようなもの。

これは僕が自分のお客様に対してよく言う言葉です。

それぐらいビジネスはもちろん、生活の質が激変してしまうショッピングサイトなのです。

 

この記事ではアリエクで仕入れた商品を転売して稼ぎたいと思っている方に、よくある失敗のパターンとその原因を解説します。

失敗する原因は突き詰めると同じような要因で発生をしているので、失敗の鉄則を学びaliexpress転売で安定的に収益を出せるようになっていきましょう。

アリエク転売で失敗する理由を解説

質の高い商品を安く仕入れられるにも関わらず、赤字になったり、利益を出すことが出来ない人がいる。

 

僕らは年単位で億を超える売上を継続して出し続けており、利益が確実に出るやり方を採用しています。

なのでアリエク使っているのに稼げない人がいるのはなぜだろう?と最初は思いました。

 

しかし調べていくと、独学でアリエクスプレス転売を実戦している人は、リスク管理をせずに自分の感覚だけで購入をしていることがわかったのです。

具体的にはどんな失敗があるのか詳しくこのパートでは解説していきます。

リサーチ不足

アリエクで失敗してしまう一番多い原因が、リサーチ不足です。

自分が良いと思った商品やこれは安いから行ける!と思って、きちんとした根拠を作らずに買付を行ってしまうケース。

アリエクで仕入れた商品は自分のネットショップ、ヤフオク、メルカリ、ヤフーショッピングなどで販売をする事ができます。

これらのプラットフォームでは、何が、いつ、どれぐらい売れたのかを調べることが出来ます。

事前に需要が確認できるものに絞って最初の間は仕入れを行うようにしましょう。

発注ロット管理

リサーチ不足とも関連するのですが、過剰に商品を仕入れてしまうパターンです。

アリエクスプレスで購入できる商品は新品商品であるため、何個でも同じ商品を仕入れることが出来ます。

しかし需要を超える数を仕入れてしまえば、赤字として販売しなければならなくなったり、利益を出すことが難しくなります。

最初の間は1ヶ月あたりの販売数を計算し、そこから逆算して発注をするのがおすすめです。

ライバルの増加への対策

プラットフォームで商品を販売していると、自分と同じ商品を販売するライバルが次から次へと増えていってしまいます。

これはプラットフォームの宿命である以上仕方がない。

ライバルは増えるものと思い、仕入れた商品は販売をしていくべきです。

ライバルが増え商品が売れにくくなってきたと判断したら、早めに既存の在庫を処分して、一旦手持ち在庫を0に持っていくようにしましょう。

ライフサイクルを意識したポートフォリオを構築していない

商品には寿命があり、大きなブームが来た後には徐々にトレンドが収束をしていきます。

トレンドの終わりで在庫を持って販売を開始してしまうと売れ行きが自分が思ったよりも悪く戸惑うことも。

複数の性質が異なる商品を仕入れて販売することで、全体の利益が赤字に転落するリスクを防ぐことが出来ます。

リサーチをして仕入れをする際には10種類〜20種類以上の商品構成でスタートしてみてはいかがでしょうか。

損切りが出来ない

ビジネスを始めたばかりの頃は資金力が潤沢ではありません。

商品の相場が下落をして赤字になってしまった時は、損失を確定し、一旦現金を作りましょう。

現金に戻しておくことで再びチャレンジすることが出来、利益を出すことが出来ます。

しかし在庫としていつまでもホールドしておくと、赤字が拡大し、売ることすらも難しくなってしまうことも。

ダメだと思ったら即座に損切りをして現金に戻すことを徹底しましょう。

アカウント保護意識の欠如

今でこそネットショップを使って転売をする事は当たり前になりましたが、少し前までは転売=Amazonみたいな風潮がありました。

プラットフォームは短期間で結果を出すことが出来るメリットがありますが、アカウントが停止になると全てが終わります。

収入が一気に0円になることが当たり前に起こる世界なので、そういったリスクがある事を知った上で取り組むべきです。

 

例えばメルカリであれば、規約で転売目的での利用を禁止しています。

販路がメルカリだけという方は、きちんとこういった規約がある事は知っておくべき。

ある日いきなりアカウントが停止して、自分は法に抵触するものを販売してないと言い張っても、運営が転売目的と判断したからあなたはダメと言ってきたらアウトなんです。

アリエクスプレス転売で稼ぐためのマーケティングプラン

失敗パターンを理解した上で、どうやってアリエクスプレスを活用して最短で稼いでいくかを解説します。

プラットフォームで有在庫転売して月に5万〜10万円を稼ぐ

まず資金がある方(30万もあれば充分です)最初の間はプラットフォームに集中するのがいいと思ってます。

 

アリエク転売は100%無在庫でスタートすることも出来ますが、在庫を持ったほうがお金が増える速度は上がります。

月に5万円以上を短い期間で稼ぎたいと思っているのであれば、まずは10〜20種類ほどのジャンルも特性も異なる商品を仕入れてプラットフォームで販売してみましょう。

 

販売するプラットフォームはどこでもいいですが、個人的にはヤフオクとヤフーショッピングがおすすめです。

これらのプラットフォームは規約を守っていればアカウントが停止になることはないからです。

商品が届くまでの間無在庫ネットショップを育てる

ストアーズとBASEを使って、アリエクの商品を無在庫販売するネットショップを構築していきます。

アリエクから商品が届くまでには2週間〜3週間がかかります。

この期間、しっかりとSEOとSNSに注力すれば無在庫で成約を取ることが可能です。

ストアーズで月利50万のネットショップを作るために僕がやってきた事
一部の動画でも暴露をしていますが、ストアーズというネットショップ作成サービスで作ったネットショップを使い、輸入無在庫転売のネットショップを僕らは運営しています。 ヤフオクの無在庫転売規制が厳しくなり、稼げなくなって...
ネットショップで毎日2万円を稼ぐ方法【一人運営/仕入れ不要】
こんにちは、細野です。 2019年にオワコン化したAmazonやヤフオクを中心としたプラットフォーム転売。 無在庫転売はもとより、在庫を持つ転売ですら、初心者には実戦不能なビジネスとなり、せどり転売業界は冬の時代を迎えて...

有在庫と無在庫転売を並行して行うことで、資金の回転率が改善をします。

転売の自動化を行う

取り扱う商品が1000個〜2000個を超えた辺りで、新規で扱う商品や在庫というのは少なくなってくるはずです。

そして作業にも慣れ、大抵の作業を片手間でこなせるレベルに到達をしているはず。

 

自分でこのまま作業を続けてもお金を稼ぐことは出来ますが、時間的な成約があるため、これだと頭打ちになります。

しかし人を雇ってこのビジネスを回す側に移動できたらどうなるか?

使える時間が増え、これまでよりも大きな利益を稼げるようになっていきます。

 

商品の属性ごとに複数のネットショップを運営して、同時買いやリピート買いを誘発するショップを作り込むことも出来るようになっていきます。

属性が固まっているショップは資産価値も高くなり、転売を辞める時にドメインごと第三者に売却をすることが可能になります。

より難易度の高いビジネスに移行をする

月に10万〜20万円を自動で稼げるようになったら、浮いた時間を利用してより難しいビジネスにシフトしていきましょう。

 

規制が厳しいAmazonに参入して半年ほど時間をかけてアカウントを育ててみる
日本の商品をeBayで販売してみる
ブランド品をリペアして転売する事業に参入
ジャンクパソコンを修理して転売
プリンターを修理するための倉庫を契約して、アルバイトを雇って運営する
ネットショップを通じて学んだSEOを使って買取ビジネスの集客を行ってみる
独占販売権を取得したり、自社商品を制作してみる
クラウドファンディングをやってみる
スクールやコンサルティングをはじめてみる

 

物販という括りだけでも出来ることはたくさんあります。

これらを組み合わせて安定期に利益が出る仕組みを作り込めば、副業でも月に30万以上を稼ぐことが出来るようになります。

まとめ:負けにくいビジネスでスタートすべし

物販ビジネスはお金持ちになることは出来ませんが、短い期間で生活に不自由のない財を築くという目的では適しています。

会社勤めをしながら月に100万以上(利益)を物販で稼ぐ人もいます。

 

アリエク転売でスタートすることで、資金が少ない方でも負けにくい形でビジネスに参入をすることが出来ます。

もしこれを読むあなたが、月に5万円すら稼げてないのであればアリエクスプレス転売からスタートしてみてはいかがでしょうか。

コメント