ワードプレスで作ったサイトをサーチコンソールに登録するやり方

WordPressサイトをサーチコンソールに登録する方法WordPress
この記事は約7分で読めます。

WordPressで媒体を作成したら、サイトを作ったことを検索エンジンに登録します。

検索エンジンへの登録は、以前は専用のフォームがあったのですが、現在ではサーチコンソールを使わないと送信が出来なくなりました。

 

この記事では、WordPressで作成したサイトを、サーチコンソールを使ってグーグル(検索エンジン)に登録する方法を解説します。

 

All in One SEOを利用している方
Yoast SEOを利用している方
コクーン(WordPressテーマ)を利用している方

上記のような方を想定し、問題解決を目指します。

サーチコンソールに登録するまでの流れ(全体像)

まずは作業の全体像を解説します。

 

サーチコンソールは、あなたの運営するサイトにどのようなキーワードでアクセスが来ているのか?を調べることが出来るツールです。

検索エンジン経由で流入しているキーワードがわかるだけでなく、自分のサイトのインデックス状況(登録状態)やエラー、ペナルティ判定を調べることが出来ます。

 

ウェブマーケティングを行う上では必須のツールであり、サイト設立と同時に登録をすることで、効率的なデータ収集と改善を行うことが出来るようになります。

 

サーチコンソールに登録する手順は3ステップです。

 

グーグルのアカウント作成し、サーチコンソールのアカウントを開設
サイト認証用のタグを発行
タグを自サイトに貼り付け、サーチコンソールで認証
サイトマップの送信

 

上記の作業を行うことで、サーチコンソールの初期設定は終わりです。
これらの作業を行ったあとでサイトマップを作成し、作成したサイトマップをサーチコンソールに登録します。

 

サイトマップの登録が終わると、検索エンジンへの登録作業は終わりです。
作成したコンテンツの品質水準に応じて、サイトにアクセスが集まるようになります。

 

全体像がわかった所で作業レベルの解説をやっていきます。

グーグルのアカウント作成し、サーチコンソールのアカウントを開設

グーグルのアカウントを持ってない方は、グーグルのアカウントを作成して下さい。

You TubeやGメールの登録をされている方は、そのアカウントを使ってサーチコンソールを利用することが出来ます。

Google アカウントの作成 - Google アカウント ヘルプ
Google アカウントは、多くの Google サービスへのアクセスに使用できます。Google アカウントを使用すると、次のようなことができます。 Gmail でメ

 

アカウントの作成が終わりましたら、サーチコンソールの利用申込画面から、利用申請をしていきます。

下記のページにアクセスし、【今すぐ開始】をクリックして下さい。

Google Search Console

 

先程取得したグーグルのアカウントを入力し、【次へ】をクリック。

サーチコンソール登録方法解説

するとこのような画面が出てきますので、パスワードを入力し【次へ】をクリックします。

アカウントの設定によってはこの後二段階認証の画面が出てくることがあります。

SMSなどで確認コードが送付されてきますので、入力をして下さい。

 

ログインするとサーチコンソールのトップ画面が表示されます。

サーチコンソールログイン画面

 

左上のメニューボタンをクリックし、【プロパティを追加】を選択して下さい。

サーチコンソール:プロパティを追加

 

プロパティタイプの選択という画面が出てきますので、ドメインを選択し、自分の媒体のドメインを入力します。

 

ドメインとURLプレフィックスの2つがあります。

どちらの方法でも出来るのですが、URLプレフィックスを選んで下さい。

自分が運営しているサイトのURL(アドレス)を入力します。

入力が終わったら【続行】をクリックして下さい。

サイト認証用のタグを発行

ここまで作業をすすめると、サイトの所有権を確認するタグの発行ができるようになります。

あなたの環境によってここからは作業内容が異なるので、代表的な環境別に応じた設定方法を解説します。

All in One SEOを使っている場合

All in One SEOの管理画面から、ウェブマスター認証という項目を探して下さい。

その中に【Google Search Console】という項目がありますので、サーチコンソールで発行されたタグをコピーすればOKです。

コクーン:サーチコンソールの設定方法

Yoast SEOを使っている場合

WordPressの管理画面に入り、サイドバーにあるSEOという項目を探して下さい。

SEOという項目の上にマウスカーソルを乗せると、サブメニューが表示されます。

その中にある【一般】という項目をクリックして下さい。

一般に移動をすると、ウェブマスターツールというタブが出てきますので選択をして下さい。

すると下記の画像のような表示になりますので、【グーグル認証コード】の欄にサーチコンソールで発行されたタグを入力し、【変更を保存】をクリックして下さい。

コクーンを使っている場合

公式サイトでも解説されている通り、HTMLタグを選択して値の部分だけをコピペします。

コクーン:サーチコンソールの設定方法

Google Search Consoleに登録する方法
Google Search Console用のサイト認証タグを表示させてサイト登録を行う方法です。

そしてコクーンの設定画面からアクセス解析・認証のページへ移動し、Google Search Console IDに先程コピペした値を入力。

WordPressの管理画面

コクーンでサーチコンソールのタグを入力する方法

サーチコンソールの画面に戻り、【確認】をクリックすれば認証作業が終わります。

この時エラーが出てしまう場合は、値のコピーがミスっている可能性があるので、もう一度正しく値をコピーし直して作業をやり直して下さい。

サイトマップを送信する

サイトマップとは自分のサイトの構造や更新履歴を構成するファイルの事です。

このデータをグーグルに送信することで、サイトの更新や編集を正しく正確に伝えることができます。

構築したばかりのワードプレスサイトにはサイトマップがありません。

そこでサイトマップを作成し、作成したサイトマップをサーチコンソールから送信する作業を行います。

サイトマップを作成する

やり方はいくつかあるのですが、一番スタンダートなやり方を紹介します。

WordPressの管理画面に入り、プラグインの項目にマウスを乗せ、新規追加を選択して下さい。

プラグインを検索する画面に移動しますので、【Google XML Sitemaps】と入力します。

【今すぐインストール】をクリックし、インストールが終わったら【有効化】をクリックします。

WPの左側のメニューの中にある、設定にマウスを乗せて下さい。

すると、XML-sitemapという項目が出てくるのでクリックします。

XML-Sitemapを開くと下記のような画面が表示をされるはずです。

あなたのサイトマップのインデックスファイルのURLという項目に記載されているのがサイトマップです。

このURLをコピーして下さい。

作成したサイトマップをサーチコンソールから送信する

上記の作業が完了したら、サーチコンソールの管理画面にログインして下さい。

左側のメニューに【サイトマップ】という項目があるので、クリックして下さい。

 

サイトマップを送信する画面が表示されます。

このページから自分のサイトのサイトマップを送信していきます。

【sitemap.xml】と入力し、【送信】をクリックして下さい。

これでサイトマップが送信され、しばらくすると処理が完了をします。

お疲れさまでした。

まとめ

サーチコンソールはサイトの改善やコンテンツ制作を行う上で、必須のツールです。

設定はクセがありますが、一度設定してしまえばそこから先は自動でデータが集まっていきます。

 

サーチコンソールの上手に活用して、コンテンツマーケティングに集中していきましょう。

コメント