Jetpackの使い方を解説【気軽に使えるアクセス解析】

Jetpackの設定方法WordPress
この記事は約4分で読めます。

サイト運営を継続していく上で、アクセス解析は欠かすことが出来ません。

 

サイトへの流入経路や検索キーワードを知り、多く表示されているページを把握すること。

この作業を行う事で検索順位の改善や、サイト利用者の利便性を改善することが出来ます。

そのためにアクセス解析という作業を行います。

 

アクセス解析を行うツールとしては、Google Analyticsが非常に有名です。

しかしGoogle Analyticsは機能は豊富であるがゆえに、わかりずらい側面もあり、使いやすいツールであるとは言えません。

 

サイトのアクセス解析をスマホからサクッと行いたい

詳細なデータではなく大まかな概要レベルを知りたい

 

このような用途に適しているのが、JetpackというWordPressプラグインです。

Jetpackは無料で利用でき、スマホアプリからどこにいてもサイトのアクセス状況を確認できる便利なツールです。

 

この記事ではJetpackの導入方法と設定のやり方について、わかりやすく解説をしていきます。

Jetpackの導入方法を解説

WordPressの管理画面にログインし、左側のメニューの中から【プラグイン】を見つけ、マウスオーバーして下さい。

すると上記画像のように【新規追加】という項目が出てくるので選択します。

するとプラグインを検索する画面が出てきます。

右上の検索窓に【jetpack】と入力すると、Jetpackプラグインが出てきますので【今すぐインストール】をクリックします。

しばらくするとインストールが終わり、【今すぐ有効化】というボタンに切り替わりますので、クリックをしてJetpackを有効化して下さい。

Jetpackの初期設定を行う

プラグインを有効化するとこのような画面が出てくるので【Jetpackを設定】をクリックし、初期設定を開始していきます。

するとJetpackのアカウントを開設する画面が出てきますので、【アカウントを新規作成】をクリックして下さい。

メールアドレス、任意のID(自分で決める)、任意のパスワードを入力します。

すべての入力が終わったらアカウントを作成をクリックします。

 

アカウントを作成をクリックすると、下記のような画面に移動をします。

【承認する】をクリックし、初期設定を完了して下さい。

連携中と表示がされ、その後連携が完了します。

 

するとプランの選択画面が出てくるのですが、有料プランを契約する必要はありません。

そのまま下にスクロールをさせていき、【無料プランでスタート】をクリックして下さい。

すると下記のような画像が表示をされ、Jetpackを利用できるようになります。

Jetpackの登録時に指定したメールアドレスには下記のようなメールが届いているはずです。

【今すぐ認証】をクリックして、認証作業を完了して下さい。

認証作業が終わると、下記のような画面が表示されます。

運営しているサイトの管理画面に戻りましょう。

左側のメニューにある【Jetpack】という項目の上にマウスオーバーして下さい。

するとサブメニューが表示をされます。

【サイト統計情報】をクリックすると、アクセス解析を閲覧できます。

運営を開始したばかりのサイトだと何も表示されない状態だと思います。

更新を続け、徐々にSEOが伸びてくると、少しずつ下記の画像のようにアクセスが集まってきます。

スマホからJetpackを使ってアクセス解析を見る方法

アプリを導入することでJetpackのアクセス解析をスマホからでもチェックすることが出来るようになります。

Jetpackのアカウント解説した際のIDまたはメールアドレスを使い、スマホアプリにログインしてみましょう。

‎WordPress
‎iOS デバイスから直接 WordPress のブログやサイトを作成したり管理したりできます。投稿とページの作成と編集、お気に入りの写真と動画のアップロード、統計情報の表示やコメントへの返信もできます。 WordPress for iOS によって、スマートフォンから公開できます。 くつろぎながら、頭に浮かんだ俳句...
WordPress - Google Play のアプリ
WordPress for Android では、いつでもどこでもモバイルで Web 公開できます。便利な追加機能を満載した Web サイト作成プログラムです。 作成 - すばらしいアイデアを配置するために Web 上に定位置を設けましょう。WordPress for Android は Web サイトビルダーとブロ...

まとめ

最初のセットアップが少し面倒ではあるものの、一度設定をしてしまえばそこから先は自動でアクセス解析が記録されていきます。

1日単位のアクセス解析だけでなく、週単位、月単位の解析も出来ます。

 

日々のアクセス解析はJetpackを使って行い、月に数回程度Google Analyticsでより詳細なデータを分析する。

このような使い分けをすることで、利便性を犠牲にすることなく継続してアクセス解析をストレスフリーで行うことが出来ます。

 

あなたのウェブマーケティングやコンテンツ作成にJetpackを活用してみて下さい。

 

コメント