ネットショップで毎日2万円を稼ぐ方法【一人運営/仕入れ不要】

一人で運営するネットショップで稼ぐ方法 ネットショップ
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、細野です。

 

2019年にオワコン化したAmazonやヤフオクを中心としたプラットフォーム転売。

無在庫転売はもとより、在庫を持つ転売ですら、初心者には実戦不能なビジネスとなり、せどり転売業界は冬の時代を迎えています。

 

一方で僕の顧客といえば、プラットフォームに対する依存体制を2018年の段階で脱却。

自分の力で集客をして販売をするスキルを磨いていたため、2019年以降でも問題なく結果を出し続けています。

 

規制や規約が厳しくなり、稼ぐのが難しくなった物販ビジネスからは多くの人が撤退を強いられ、ライバルの数は激減。

転売ビジネスを実践している人の大半は、Amazonやヤフオクのようなプラットフォームを使わないと1円のお金も稼げない人たちです。

 

そのプラットフォームの規制が許可されたり、アカウントが停止になった瞬間、かれらのビジネスは一瞬で崩壊。

退場を強いられ、副業が続けられなくなったり、独立している場合は再就職先を見つけなければならなくなるのです。

 

つい先日僕の顧客が、時分で作ったネットショップからの利益が1日で2万円を超えるようになりました。

月単位に換算すると60万円の利益。

これを在庫を一個も持つことなく、100%無在庫転売という形で実現しています。

 

資本や在庫を求められないビジネスは、後発の人でも参入することが出来、努力と工夫次第で大きな金額を目指せるビジネスです。

一方で在庫や資金を求められるビジネスで結果を出せる人は、入り口の段階でかなり限られます。

 

原資を作る方法は期間工や融資など、いくつか存在します。

しかし資金があってもリスク管理をミスれば、在庫を持つビジネスでは赤字が出たり不良在庫が発生します。

その事により債務が膨らんだり、最悪の場合は破産をするという可能性もあるのです。

 

破綻するビジネスに手を出さないこと。

日々の努力が積み上がり、時間の経過とともに楽になっていくビジネスを選ぶこと。

ネットショップはプラットフォームに依存した転売ビジネスと比べて、遥かに安定的で将来性もあるビジネスです。

 

このビジネスで成功するために、どんな手順を踏んでいくべきかを解説をします。

多くの人を達成させ続けてきた僕らのメソッドの違いや洗練された仕組みを学んでいって下さい。

なぜあなたの物販ビジネスは稼げないのか?

まず最初になぜあなたのやり方が利益を出せないのか?続けるのが難しいのか?を解説します。

 

巷の物販・転売ビジネスの大半は、プラットフォームを利用してお金を稼ぐやり方です。

プラットフォームを使うことで、実績も信頼もない個人が短期間で収益化をすることが出来、効率的にお金を稼げるというメリットがあります。

 

しかしプラットフォームを利用するために高い維持費や手数料、システム、人材を活用しなければならず、手元にお金が残りません。

 

例えばあなたが50万円の元手を利益率20%で物販ビジネスで運用できたとしましょう。

この場合の利益は10万円です。

 

しかしあなたはこの10万円を自由に使うことができません。

なぜか?

 

物販ビジネスでは出た利益を再び原資に加えて再投資をして利益を膨らませていきます。

原資が固定されており、そこから得られる利益率が一定であれば、収入は伸びていきません。

 

あなたが副業で月に30万円を稼ぎたいとしましょう。

しかしビジネスに使える原資が50万円しかない。

利益率は常に20%。

 

この状態で稼げる期待値は10万円を超えることはありません。

何かしらの方法で原資を増やすか、出た利益を再投資しない限り、ビジネスに投じるお金は増えません。

 

転売ビジネスは常に作業をし、走り続けることでしか稼げないやり方です。

作業を継続する限りにおいて収益は狙えますが、作業をサボると収入は激減。

このようなラットレース型のビジネスを、フロービジネスと呼びます。

 

ラットレースというと響きがあまり良くないのですが、フロー型ビジネスには再現性の高さや、作業さえ頑張っていれば稼げるという安心感があります。

全く経験がなかったり、頭を使う複雑な作業は苦手‥という方であれば、フロー型ビジネスを実践するほうが結果は出しやすいです。

 

まとめますと、あなたが物販・転売・せどりで稼げなかった理由は、ビジネスとしてお金が増えにくい仕組みを採用しているやり方だからです。

資本と仕入れた商品の量で利益が決まってしまうビジネスは、使える時間やお金が限られる人には適しません。

在庫を持たずに毎日2万円の利益が発生したらキャシュフローはどう変わるか?

僕はこれまで月利にこだわってビジネスの結果をPRしてきました。

 

しかし月利を意識することも最近では意味がないと感じています。

その理由は前述の通り、月利が出てもそのお金を次の月の仕入れに使わなければならず、自由に使えるお金は非常に少ないからです。

 

ビジネスをする目的は仕入れをするためでも、月利を伸ばすことでもありません。

ビジネスを通じて得たお金を利用して、自分の人生を豊かにする事です。

 

お金は豊かな人生を実現するためのツールであり、ゴールではありません。

 

ここをしっかり理解していないから、いつまでもお金が増えないビジネスを続けることになるのです。

こんなに頑張っているのに全然お金が稼げた実感が持てない‥

このように感じている人もいるでしょう。

 

僕もずっとあなたと同じ不満を抱えていました。

そしてこの解決策は簡単です。

 

在庫を持つビジネスを辞めること(ウェイトを落とす)
資金や在庫量に依存しないビジネスに集中する
プラットフォームから脱却する

 

これでお金は増えていきます。

 

今プラットフォームで利益が出てる人は、費用対効果が良いところは残しつつ、時間をかけている割にリターンがしょぼい分野からは撤退していきましょう。

副業であれば収入がゼロでも支障はありませんが、本業として取り組んでいる場合、いきなり無在庫に100%シフトすると生活が破綻してしまうので。

 

プラットフォームの外で実践する在庫を持たない商売は長期ビジネスです。

数ヶ月かけてじっくり育てて、着実に利益をノーリスクで上げる状態を目指していきます。

 

直近の実績でいうと、1日の利益が2万円を超える状態に達するまでにかかった期間は2ヶ月弱です。

2ヶ月間毎日コツコツとパソコンに向かい、検索エンジン対策、SNSでの集客、ブログでの情報発信を積み上げてきました。

そして商品知識を増やすために、Dマガジンという雑誌購読サービスを契約し、商品に対する知識や流行を学んでもらいました。

 

しっかりと知識を入れて、根拠を伴った商品登録を行うこと。

そして登録した商品ページの改善をし、見込み客が集まるように対策をする。

これを2ヶ月以上にわたり毎日休まず続けて、日利2万円です。

稼げるようになったら分散をする

半年ほど前の僕は最短で稼ぐのであればストアーズに集中するのがベストだと考えていました。

実際に今でもストアーズは短い期間で結果を出しやすいプラットフォームです。

ストアーズで月利50万のネットショップを作るために僕がやってきた事
一部の動画でも暴露をしていますが、ストアーズというネットショップ作成サービスで作ったネットショップを使い、輸入無在庫転売のネットショップを僕らは運営しています。 ヤフオクの無在庫転売規制が厳しくなり、稼げなくなって...

しかしストアーズを使った無在庫転売を実践する人が増えてきて、競争は少しずつ激化しています。

この問題を解決するために、BASEを使った無在庫転売を再度研究し、参入後3週間で収益化することに成功。

BASEのSEO対策をして1週間で2位まで上げた方法【弱いは嘘】
2019年の10月25日に東証マザーズに上場することが決まったBASE。 単体のECサイト作成サービスとしては業界初の株式公開であり、今後ますます有名になってくることは間違いありません。 僕らが過去に無在...

ストアーズ、BASE、ウーコマースの3つを組み合わせて無在庫転売を行うことで、どれか一つがだめになっても他の2つが支えてくれます。

成長性だけで言えば、WordPressを使うことが出来るウーコマースの将来性が一番高いです。

ウーコマースの使い方を覚えれば最短で億り人になれる
全世界のEコマース売上のうち20%を占めるのは、ウーコマースという無料で使えるネットショップシステムです。 これはWordPressと組み合わせて無料で使うことが出来、システムの利用料金が無料であるだけでなく、決済も維持費無料で利用が...

しかしWordPressで作ったネットショップが育つまでには短くとも4ヶ月から半年はかかります。

その間、無報酬で頑張るのは心理的に難しいと思うので、ストアーズから入り結果が出たらBASEに着手。

BASEでも稼げるようになったらウーコマースに参入をするというのが、挫折しにくい行動プランであると考えています。

 

プラットフォーム転売もやる人であれば、Amazon、ヤフオクに加え、ヤフーショッピングに力を入れることをおすすめします。

LINEと経営統合をしたヤフーには今後幅広い世代が集まってくる可能性が高く、Amazonや楽天を超えるショッピングサイトになる可能性があります。

 

現時点でもヤフーショッピングの集客力は素晴らしく、ショップを作成して数時間で成約が出ることが普通にあります。

 

僕はプラットフォームはオワコンであると主張し続けてきました。

しかしそれはプラットフォームでしか稼げない人の話です。

 

自分のプラットフォームで稼げてる人が、リソースの一部をプラットフォームに振り分けることは博打でも何でもありません。

短期間で結果が出しやすいプラットフォームの恩恵を受けて、キャッシュフローがさらに改善されるメリットがあります。

まとめ:運営は一人でOK。在庫を持たないネットショップは初心者にもフレンドリー

店舗せどりはお店に行って仕入れをしなければならないので、周りからの目線が気になる方には難しいビジネスでした。

電脳せどりやメーカーからの仕入れは、資金力が物を言う世界なので、少資本でビジネスにチャレンジしたい人には不向きでした。

OEM販売は実践するプレイヤーが増え競争が激化、初期投資も在庫も持たないといけないビジネスであるにも関わらず、レッドオーシャンビジネスになってしまいました。

 

法律や規約に反することなく、在庫を持たずにビジネスが出来るやり方。

それはネットショップとブログ情報発信だけなのです。

 

もしあなたが物販ビジネスで結果を出したいと考えているのであれば、旧来のプラットフォームを使ったやり方ではなく、ネットショップを使って稼ぐ事を検討してみて下さい。

今、物販・転売ビジネスで結果が出ていて頭打ちになっている方は、在庫や資金力に依存しないネットショップに自分のリソースを割いてみて下さい。

 

ネットショップであれば運営は一人からスタートが可能。

利益50万円ぐらいまでならスタッフやツールを導入する必要もありません。

(スタッフを入れると作業が自動化出来るのでもっと楽になります)

 

あなたが稼げなかったのは、仕入れをしないといけないビジネスを選んでしまったからです。

在庫を持たないビジネスを頑張れば、フロー型ではなく、蓄積されるストック型のビジネスが構築されていきます。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

ネットショップ
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー