期間工の選び方とおすすめの辞め方。将来の不安は対策出来る

期間工の選び方 自己投資
この記事は約16分で読めます。

ビジネスに投じるための原資を作りたい。

種銭を作る手段を探している。

 

このような方にバイトや短期の派遣を実践することを、これまでおすすめしてきました。

 

アルバイト、短期の仕事の始め方まとめ。原資作りや資金を増やすために働こう
こんにちは、細野です。 今回はバイトの始め方を語ります。 いまニートの人も含め、外に出て仕事をするというのは出来れば避けたいことだと思います。 しかし生きていくためにはお金が必要であり、AIが普及していくと...

 

しかし、最近になり、期限を区切るのであれば期間工の方が半年で200万程度のお金を作れるので有効ではないか?と考えるようになりました。

過去に、期間工を辞めてステップアップをしようとしている方を教えたことがあり、資金作りにこの手法が適しているのは間違いない。

 

しかし、期間工を続けるリスクやデメリットもあり、万人おすすめ出来ないやり方であるのも事実です。

せどり転売同様、期間工を長期的に続けると、まともな仕事に戻れないリスクがありますし、高度なスキルや知性を必要としない仕事はAIに置き換わる可能性が極めて高い。

 

この記事では、

期間工を続けるなら半年から1年以内に留めるべき。廃人になる
目標設定の重要性と、ダメ人間にならないための自己規律の保ち方
期間工からキャリアップする方法。30代までなら正社員を狙える

について、わかりやすくまとめ、期間工を基軸にステップアップしたり、堅実な人生を取り戻したいと考えている方の力になっていきます。

期間工を続けるなら半年から1年以内に留めるべき。廃人になる

そもそも「期間工」というテーマで記事を加工と思ったきっかけは、安井さんという、過去にビジネスを教えていた人が原資作りをするために期間工をやりたいと相談をしてきたからです。

 

それまでアルバイトや派遣の仕事で原資を作ることを考えることはあっても、期間工が選択肢に入ることはなかった。

なぜかというと、期間工や会社が用意した寮に入り、場合によっては相部屋で他人と生活。私生活のほぼ全てを向上のライン製造に費やし、お金を稼ぐやり方だから。

 

僕は人生においてバランスがとても大事だと考えており、稼げるがすぐに破綻するやり方、心を病んでしまうような働き方は続けられないので排除をしてきました。

 

僕自身、せどりというやり方で稼げるようになったものの、毎日同じことの繰り返しで嫌になり、ベットから起き上がれない程に精神をやんでしまった時期がありました。

 

だからこそ確実に破綻するとわかっている生き方を、積極的に人に提案する気にはなれず「せどりをやるならば期間を区切って短期集中で取り組むべき」と伝えてきました。

 

その結果、せどりや転売で食えるようになる人を一定数以上輩出することに成功。

しかし、食えるようになっても、いつまでもせどりを続けていたり、転売の先を目指していたはずなのに成長が停止している人が多いことが気になるように。

 

期間工を続けている人の中にも、正社員を目指しているものの、何年も続けているにも関わらず正社員として雇用をされずに時間を過ごしてしまっている人が少なくないと聞きます。

募集時に謳われている正社員雇用への道は狭き門であり、すべての人が正社員になれるわけではないのです。

 

そして正社員になれなかった期間工は、キャリアを作ることも、職歴にもならず、ステップアップをすることが出来ません。

安易な動機で期間工を選ぶことは非常に危険なのです。

お金は稼げるかもしれませんが、廃人になるリスクも秘めているのが、期間工という生き方なのです。

 

しかし、安井さんから原資作りをする上で、アルバイトや派遣の仕事をするよりも、期間工のほうが遥かに効率的で現実的と説明された時に、疑いようのない事実だということを痛感しました。

そこで、目標と期間を明確にし(タネ銭を半年で200万作る、旅行の費用100万円を貯めるまで働く)取り組むののであれば、期間工という手段を検討しても良いと考えるようになりました。

目標設定の重要性と、ダメ人間にならないための自己規律の保ち方

今後当サイトでは、期間工を資金作りのために利用することを推奨します。

しかしそれには、事前に定めた目標と期間(いつまで期間工をやるのか具体的な期日)があるという前提条件の元です。

 

楽にお金が稼げるからとか、バイトや派遣の仕事で消耗しているよりコスパがいいからという安易な理由で期間工を選ぶのは辞めて下さい。

 

重ねますが、期間工はお金を稼ぐことが出来ますが、キャリアにならず、将来的にあなたの人生を不幸にする可能性があります。

慎重に扱い方を考えておかないと、取り返しのつかないことになってしまうリスクがあることを忘れないで下さい。

 

では具体的に、どのように目標設定と期間を設定すればいいのか?

このやり方をステップバイステップで解説していきます。

1:自分がいつまでにいくら稼ぐのかを決め、その理由も明確にする

自分がお金を稼ぐ理由と、それをいつまでに必要なのかをしっかりと掘り下げましょう。

 

なんとなく100万円貯金したいとか、お金があると便利だから稼ぎたいといった、曖昧な目標はダメです。

 

起業をするために500万(内訳も書き出す)が必要だから、1年半後まで500万を期間工で稼ぐまで続ける。

このように根拠を伴った数字と、そのお金を稼ぎ出すために必要な平均的な期間を逆算して目標を決めます。

 

仕事の内容にもよりますが、半年ほど働けば200万以上は貯金が貯められるのが期間工という働き方です。

なので、得たい金額に対して、半年で200万円という数字を使って期間を算出していくといいです。

 

働き方次第では半年以内にもっと大きな金額を稼ぐことも可能なのですが、見積もりは最悪を想定して立てていきます。

最良の見積もりで計画を立ててしまうと、予想通りにお金が稼げなかった時に立て直しが難しくなるからからです。

2:生命維持費と妥協ラインを決定する

期間工は仕事だけでなく、住む場所(寮)と食事までもを提供してくれます。

浪費さえしなければ、これほど効率的に種銭を作れる環境は他に存在しないでしょう。

 

僕はシェアハウスに住みながらアルバイトをすることを提案していた時期がありましたが、それは波動レベルの高い地域(大都会)で生活をすることが、最短で思考レベルと経済力を高める唯一の方法だと信じていたからです。

環境が習慣を作り、習慣が人を形成する以上、ダメな環境に身を置くのは破滅に直結をします。

 

実際の所、期間工として働く人の中には、債務(借金)を抱えている人や、趣味がパチンコと風俗など、波動レベルが極めて低い人も珍しくありません。

なので、そういった人と同じく空間で生活をする事で、悪い影響を受ける可能性が非常に大きい。(そういう意味ではシェアハウスに住むのもハイリスクな生き方であり、万人おすすめできるものではありません)

 

どれだけ最初に強い意志を持っていたとしても、低い価値基準や悪い習慣を持つ方向に影響されがちです。

だからこそ、期間工という働き方を万人に気軽におすすめすることは出来ません。

 

あなた自身の未来が破滅するリスクを秘めており、ハイリスク・ハイリターンな働き方であることを理解した上で、臨む必要があるのです。

 

あなたが生活する上で、家賃や食費以外でいくらお金が必要なのか?
寮という生活で、最悪相部屋でも耐えられるのか?
会社の意向で全く土地勘がない僻地に飛ばされても平気か?

 

最悪のシナリオを考え期間を決めて臨むことで、目標達成をしなければなりません。

これはとても難しいことです。

 

人は楽な生き方や過ごし方を経験してしまうと、しんどい努力や経験を好き好んでしたいと思う動機が起きにくくなります。

生活保護を受けてしまうと労働意欲が失われてしまう人がいますが、それと同じです。

 

楽をしたら破滅が待っているのが人生です。

 

仮に不本意でその道を選んだとしても、一度低い基準値に身を染めてしまったら、そこから這い上がるのは極めて困難です。

3:自分が取れるリスクを理解する。30超えてるなら一発逆転は諦めて正社員一点張り

人間関係に疲れて無職になっていたり、人付き合いが苦手で期間工を検討する人もいるでしょう。

 

身もふたもないことを言いますが、リスクを取って挑戦が許されるのって30歳までです。

能力や才能があるのであれば、30歳までに花開くはずであり、30過ぎて結果が出てないなら、自分でビジネスをしたり、それまで取り組んできた分野で成功する確率は極めて低いと知るべきです。

 

もちろん中には30を超えても頑張り、40歳で才能が開花するという人もいます。

しかしそれは極めて例外であり、身の程を知ることが大切だと僕は考えます。

 

一握りの人が成功できる世界だが、自分は結果が出ていない。

周りは結婚をして、家庭を持つ中で夢を追い続ける。

 

これは男のロマンとしてはかっこいいかもしれませんが、外から見ると痛い人でしかありません。

起業の世界でも優秀な人は30までに結果を出して独立したり、成功をします。

 

人間が精神的に爆発的な成長が得られるのは25歳までであり、肉体的に無理が出来るのは30歳まで。

30過ぎた大人が、現実味のない夢や一発逆転を目指すのはアホです。(そういう人は少なくありませんが。。)

 

いつの時代も現実を直視できず、変化の要請を拒絶した種が淘汰されます。

歴史が証明し続けてきたこの宿命に抗うのは、愚者の選択なのです。

 

では具体的に自分が取れるリスクをどうやって認知すべきか?ですが、安井さんであれば「投資の元本として200万円が必要であり、それを半年かけて作り勝負」という目標を立てました。

 

安井さんが30代であればこのようなリスク設定は通りませんが、まだ20代なのでやり直しが効く。

さらには正社員として雇用されてもおかしくない年齢でもあるため、最悪期間工から正社員というキャリアパスが保険として機能すると考えられる。

 

だから「投資のタネ銭を作るために、半年間期間工をやる」という目標設定を僕は支持しました。

安井さんの場合、寮生活も受け入れることが出来るメンタリティを持っており、周りからの誘いも断れる人だったので、原資作りのために期間工をやるのに向いています。

債務もないので、借金返済のためにダラダラと期間工を続ける必要もなく、200万円を貯めたらスパッと辞めることが常に出来る立ち位置です。

 

期間工として募集されている仕事には、自宅から通勤することを許可しているものもあります。

相部屋が耐えられない、絶対に寮は嫌という方は、自分の取ることが出来るリスクを調整して、仕事を探すようにしましょう。

選択肢は減りますが、自宅から通える期間工に絞って就職活動を行えばいいのです。

4:目標が達成できなかったときの再起案を準備する

入口の部分では期間工をにしろ、せどりにしろ、一定以上の再現性があるやり方を実践すべきです。

そして短期のビジネスで得た利益を、長期のビジネスに入れて、再現性がない領域に移動するのが最終的なゴールです。

 

なぜ再現性がない場所に移動すべきなのか?という理由ですが、誰もが簡単に参入できたり、真似できる位置に甘んじていると、常に淘汰をされるリスクしかないからです。

期間工やせどりは、短い期間でお金を稼ぐことが出来るやり方ですが、真似されやすく、AIに淘汰されるリスクが極めて高いです。

 

このやり方が今後も未来永劫続くと思わないことです。

今は需給バランスや技術の問題で、人間に任せたほうがいいから仕事として存在しているだけです。

いずれこのような思考が介入しづらい仕事は、AIに淘汰をされていきます。

 

だからこそ、期間工は短期ビジネスと割り切り、期限を決めて取り組むべきです。

そして目標となる金額を稼ぎ終えたら即座に辞めて、夢に挑戦をします。

 

首尾よく目標を達成することが出来れば、次のステージへとあなたは進むことが出来ます。

しかし、想定通りに目標が達成できなかったり、事前には見えなかった問題が発生して挫折をすることもあるでしょう。

 

最悪のシナリオが訪れることを想定し、再チャレンジするための道筋を事前にしっかりと考えておきましょう。

 

もう一度期間工としてキャリアを別の会社で積み上げ正社員雇用を目指していく
再度資金を作り、同じ夢にチャレンジする

 

多くの人は目標達成をしたらそれがゴールだと考えますが、目標を達成したら次に目標が見えるようになっていきます。

自分が乗り越えられるハードルを設定し、それを乗り越えていくことで、少しずつ出来ることが増えていき、他の人に真似が出来ない自分になっていけるのです。

 

そして他の人が真似できないあなたになり、それを保持することが最終ゴールです。

そのために人は常に学び続け、成長し続けなければならないのです。

 

もしあなたがこれをしんどいと思うなら、起業をしたり、夢を追いかけるべきではありません。

AIに淘汰されるその瞬間まで、思考を停止して単調作業に従事をするべきです。

そしてその選択をしたことで、あなたの居場所が社会のどこにも無くなっても、文句を言ってはいけません。

 

成長すること、変化することを拒んだ人間に、社会は居場所を与えてくれないのだから。

 

そういうルールの元、この世界(資本主義)は動いているのです。

期間工からキャリアップする方法。30代までなら正社員を狙える

厳しいことも書いてきましたが、正社員雇用を目指して期間工を全力で頑張るというのが、大半の人にとって理想的な目標設定だと考えています。

 

なぜならば期間工を募集している会社は、大抵の場合上場企業であり、福利厚生も含めた待遇は日本屈指です。

ネームバリューとして社会的地位も申し分なく、自分の勤め先で恥をかくことはまずありません。

 

仮にあなたが中卒だろうが、高校中退であろうが、正社員として大手の会社に雇用をされたのであれば、あなたは社会的成功者です。

 

正社員を目指す上で大事になってくるのが、どのルートで雇用をされるか?です。

 

期間工には2つの雇用ルートがあり、戦略によって選ぶべきルートが変わってきます。

このパートでは、2つの雇用ルートのメリットとデメリット、どんな人に向いているのかを解説します。

直接雇用

5年以上同じ会社で期間工を続けたいと考えており、大きな金額を稼ぎたいのであれば、期間工を募集しているメーカーに直接応募をするやり方がおすすめです。

 

期間工は定められた契約期間が終わる度に更新があり、更新をする度に賞与が与えられるのですが、この契約更新報酬が直接雇用の方が高いです。

 

どれぐらい高いか?ですが、後述の派遣会社経由よりも10万〜20万円程度高くなります。

短期間で辞めることが決まっていたり、雇用直後に内定祝い金を貰えればいいという方には適しませんが、長く同じメーカーで勤めたい方には、直接雇用の方がおすすめです。

 

直接雇用のメリットとして、派遣会社経由で雇用されるよりも重要なポジションや正社員雇用に直結しやすい仕事を当てられる可能性が高いというのがあります。

その分、採用試験の難易度が高いというデメリットもあるのですが、正社員雇用かつ社内で花形の部署に配属を目指した場合に、これは大きな魅力です。

 

もちろん直接雇用をされても、必ず正社員雇用されるわけではなく、花形部署に配属されるわけではありません。

 

しかし求人を出すメーカー側の心理を考えれば、直接雇用を目指したほうがメリットが多いのは必然です。

なぜか?

 

メーカーは足りない人員を補うために、自社以外の人材仲介会社にも求人を出します。

自社だけで雇用が完結すればコスト削減にもなり、社内で重要となるポジションの人員を時間をかけて育てることが出来るメリットがあります。

 

しかしどんな職場にも人気のある現場と、人がやりたがらない人気のない現場があります。

人が嫌がる現場ほど人員は不足し、それを自社だけでは補えない。

これがメーカーが人材仲介会社を使う理由です。

 

足りない人材を雇用条件を緩くして補い、そこで雇った人に過酷な労働や人気のない現場を担当させる。

人気のない現場は離職率も高くなるので、常に人を募集し続け、内定祝い金というボーナスも用意し、新規で集まる人が常に耐えない仕組みを作っているのです。

 

全てのメーカーが上記のような動機を持って動いているわけではありませんが、派遣会社を使う理由の1つとして合理的な目的があることは知っておくべきでしょう。

 

まとめますと、正社員雇用を目指すのであれば直接雇用を選ぶことがおすすめです。

そして評価基準を理解し、それを満たせるように日々行動し、正社員登用試験を受けられるように努力していきます。

 

30代前半までであれば、未経験であっても十二分にチャンスは用意されています。

派遣会社経由での雇用

もう一つの採用方法が派遣会社経由の応募です。

こちらは直接雇用よりも採用されやすいというメリット、内定祝い金を始めとし、短期間でお金を稼ぎやすいメリットがあります。

 

デメリットは会社側の事情でブラックな現場に派遣をされるリスクがあること、正社員雇用の対象になる現場で経験を積めないリスクがあることです。

そして年単位で見た時に得られる報酬が、直接雇用よりも20万から40万円程度少ないというデメリットがあります。

 

派遣会社を利用することで直接雇用よりも確実度の高い内定を目指すことが出来ますが、キャリア的に不利になるリスクがあることを覚えておきましょう。

 

ただ、一概に派遣がNGというわけでもなく、筆記試験対策が出来ない人や、一生期間工を転々としていければいい人にはこちらの方が便利です。

派遣会社に募集が来る仕事は人材が不足している現場なので、応募をすれば高い確率で雇ってもらえるメリットがあります。

 

そして前述の通り、内定直後に祝い金が出るため、急ぎでお金が必要な人にも適しています。

借金が200万〜300万程度あり、短期間で債務返済を目指すのであれば、期間工一択かなと思います。

 

債務が500万を超えてくると自力で返済することは困難になってくるので、債務整理を検討したほうがいいです。

ビジネスで借金返済をしたい人の資金繰りプランと行動ステップ
こんにちは、細野です。 ビジネスを始める人の中には借金(債務)を抱えていてそれを返済したいという人も少なくありません。 マイナスからスタートする人はそれだけ不利な地点からのビジネスとなり、多くの障害を抱えることに...

まとめ:佐川急便で資金を作る時代は終わった。期間工でタネ銭は作るべき

かつて起業資金を貯めるために、佐川急便で仕事を頑張っていた社長が多かった時期がありました。

現在は競争の激化によって、運輸業で大きく稼ぐことは難しくなっています。

 

そんな中、今後も需要が低下せず、短期間でお金を作り出せる余地があるのが期間工という働き方です。

 

僕は現代社会における原資作りは佐川急便ではなく、期間工ではないかと考えています。

 

頭を使う仕事でないので、キャリアにならない。

楽に稼げるのでなかなか辞められない。

 

デメリットもある期間工ですが、使い方を選べは有効な手段として機能をします。

 

期間工は男性だけでなく、女性も雇用をしています。

 

東京に出てアルバイトをしながら旅行の費用を貯めているという人がいますが、これは効率がいいとは思えません。

刺激的な生活は手に入るかもしれませんが、旅費を貯めるために時間がかかる過ぎる。

 

一方期間工であれば最短3ヶ月で旅費や起業するための資金を作ることが出来ます。

 

波動レベルを高めるために大都会に住み、都会で働き生きることが最善だと僕は思っていました。

現在でも田舎に住むことは全くおすすめできない生き方(環境が悪いから)だと考えていますが、期間を区切り目標達成のために割り切るなら、僻地勤務もありだと思います。

 

田舎暮らしはやめとけ!しがらみだらけの村社会。ろくな仕事がない
こんにちは、細野です。 今回は生活の基盤をどこに置くかということについてです。 よく都会派と田舎派の議論がありますが、 僕の立場としては一貫して都会に身を置くべきというもの。 それは自身が田舎...

 

アルバイトで稼ぐことに限界を感じていたり、派遣の仕事で稼げないと感じている方は、期間工という働き方を検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめのメーカーや人材仲介会社については、今後安井さんに研究開発を行ってもらいますので、このページをブックマークし、定期的に訪問をするようにして下さい。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

自己投資
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー