アメブロで集客を真剣に実践した結果【ツール不要/2020最新】

アメブロ商用利用 アメブロ
この記事は約8分で読めます。

アメブロで書いた記事を多くの人に読んでもらいたい

会社やお店の集客ツールとして活用したい

このように考えたことはありませんか?

 

アメブロは2018年の12月に商用利用がOKになり、ビジネス目的で投稿をしたり、集客ができるようになりました。

 

これまでは、誘導目的の記事を書くと削除をされたり、警告を無視して運営を続けているとアカウントを消されていました。

しかし、現在では規約で商用利用をしても良くなったため、ビジネスチャンスが以前よりも増えていると言えます。

 

なぜかというと、

規約が厳しい時に参入したライバルはアカウントが停止したり、集客が思うようにできずに撤退している
アメブロの集客=ツールを使って行うものと教えている人や思ってる人が多い

上記のような理由があるからです。

 

今から参入したら昔より楽に集客できるんじゃないかな?

 

このように考えて、アメブロを商用目的で集客できるのか実験してみた所、アメブロを作って2日で以下の結果を出すことに成功しました。

 

アメブロで集客できている証拠画像

 

アメブロで集客できている証拠画像2

 

実践して1日でカテゴリーランキング34位、実践2日目で25位にランクインすることが出来ました。

ライバルが多いカテゴリーでこの結果なので、ニッチなジャンルでやればランキングトップ10を目指せるでしょう。

 

この実験から明らかになったことは、

アメブロで集客している人の数は少ない
ライバルが実践しているノウハウが古いので、戦略的にマーケティングを仕掛ければ一瞬で追い抜くことが出来る
日本で一番利用者数が多いブログサービスのアメブロで集客することでマネタイズを短期間で目指せる

という事です。

 

ビジネスで一番難しいと言われるのは集客です。

副業であれビジネスオーナーであれ、集客が出来ずに困っています。

 

この記事では、日本最大のブログプラットフォームであるアメブロを使って、どうやって集客をしていけばいいかを解説します。

具体的なやり方をツールを使わずに実現する方法を解説しますので、ツールを使ったけど集客できてない方や、ツールの使い方や活用方法が見出せていない経営者の方も、すぐに実践できるノウハウを理解することが出来るようになります。

アメブロで集客できるジャンルと集客に適さない分野

アメブロに参入する上で大事なことは、自分が参入するカテゴリー(テーマ)とアメブロの相性を理解することです。

 

アメブロの運営者会社であるサイバーエージェントが公開している資料によると、2019年4月現在で、アメブロの会員数は6500万人。そのうちの61%が女性であると公開されています。

 

これの意味する所は、アメブロに参入するのであれば、自分のビジネスが女性向けであるか、発信内容を女性向けに最適化をする必要があるという事です。

アメブロで男性向けに発信を行うことも出来ますが、それをやるのであればWordPressやYou Tubeを使ったほうが早いです。

 

なぜかというと、WordPressやYou Tubeは検索エンジンから集まってくる層が中心だからです。

検索エンジンで自分が知りたい情報や悩んでいる事を調べるというユーザーが、WordPressとYou Tubeには集まってきます。

 

これに対してアメブロの場合は、検索エンジン経由ではなく、アメブロの内部からのアクセスが中心です。

アメブロはWordPressやYou Tubeと異なり、検索エンジンで上位表示されにくくなっており、具体的な悩みや解決策を求める人の集客には適していません。

 

なのでSEO目的で利用する媒体というよりは、SNSとして利用し、共感してもらってファンになってもらうことを目指した方がいいのです。

 

WordPressやYou Tubeとアメブロでは利用の目的が異なる
SEOで集めるのがWordPressとYou Tube
アメブロで集客するのはアメブロ内にいる女性ユーザー
問題解決を提案するというよりは、共感を集める事を目指す

 

まずはこれを理解しましょう。

 

アメブロのブログランキングを見ても、ランキングの上位にいるのは、問題解決型のブログよりも、共感型のブログが多いです。

ここに気がつく事で、アメブロの適切な使い方が出来るようになり、あなたのビジネスが加速します。

ツールを使わないほうが集客できる【アメーバキングやアメプレスは不要】

僕が実践2日でアメブロからの集客に成功できた理由はシンプルです。

 

アメブロの外部ではなく、内部にいるユーザーを狙いに行ったこと
アメブロならではの機能やユーザー心理を理解したこと

この2つを徹底したことで、短い期間で結果を出すことが出来ました。

 

それぞれ詳しく掘り下げます。

アメブロで集客したいならSEOは捨てろ

これまで解説してきたとおり、アメブロはSEOからの集客を目指すのではなく、アメブロの内部にいるユーザーを集客することを目的として利用をすべきです。

 

アメブロ内にいるユーザーに特化して狙うことで、

やるべき事が明確になり、作業量が少なくなる
自動化が行いやすくなり、アメブロを更新する量や頻度が落ちても集客ができるようになる
女性ユーザーを効率的に狙うことが出来、見込み客として集客が出来るようになる

メリットがあります。

 

アメブロユーザーの60%を超える女性ユーザーだけで3000万人以上がいますし、アメブロ内で検索をするユーザーを効率的に集客する事が出来ます。

 

アメブロのようなプラットフォームを利用する上で大事なことは、そこにいるユーザーやシステムの特性をきちんと理解することです。

プラットフォームによって利用者が変わったり、利用目的というものは変わってきます。

 

アメブロユーザーに適した導線を引いてあげることで、少ない労力で最大の集客を実現することが可能になっていきます。

アメブロが持つ独自機能の中で利用すべき2つ

アメブロにはユーザー同士で交流する機能として、ぺたやいいね、足跡を残す機能があります。

 

アメーバキングやアメプレスのような自動化ツールを使う事で、これらの機能を自動化することが出来ます。

しかしこの手法は、濃い見込み客を集めるには適さず、業社アカウントばかりを集客してもらうという欠点があります。

 

誰もが利用できるツールとして、有名になりすぎてしまい、ビジネス上の優位性がなくなってしまっているのです。

 

アメブロで集客を行うに当たり、ペタやいいねを利用した集客方法に重きをおくべきではありません。

ではどの機能を使えばいいのか?ですが、「ランキング」と「広告を外すコース」の2つを利用するのがおすすめです。

 

僕自信もこの2つに焦点を絞って集客を行った結果、2日間でランキング上位に食い込むことに成功しています。

ランキング攻略について詳しく

アメブロには自分が書いているテーマと合致するカテゴリーのランキングに参加する機能があります。

ランキングに参加することで、ランキング経由での集客が可能になり、そのテーマに興味があるユーザーを集めることが出来ます。

 

自分が扱うテーマ(商材)と一致するカテゴリーがアメブロの中にあるのであれば、ランキングを攻略することで効率的に見込み客を集めることが出来るはずです。

アメブロのランキングはアクセス数でカウントをされているため、サイトにアクセスが集まれば順位は伸びていきます。

いいねやリブログも評価の対象とはなるものの、アクセス数の比重が非常に大きい。

 

ランキングを攻略するためには、アクセス数を稼ぐことだけを考えておけば問題ありません。

 

とはいえ、作ったばかりのアメブロじゃ検索エンジンからもアメブロ内からもアクセスを集められないって思いますよね。

そこで利用するのが、アクセスアップサービスです。

 

アメブロのアクセスアップを請け負ってくれる業社さんがいるので、そういったものを利用すればアメブロのランキングを攻略することが出来ます。

広告を外すコースについて詳しく

月に1,027円を支払うことで、自分のブログに表示される広告を消すことが出来ます。

 

記事のトップに挿入される広告。

記事の下に表示される広告。

他のブログの紹介。

これらを外すことが出来るため、コンバージョン(成約率)の向上が期待できます。

まとめ:アメブロ集客は後回しでいい

もしあなたがビジネスを始めたばかりで資金力がないのであれば、アメブロに取り組むことはおすすめしません。

 

アメブロにお金と時間を投入しても費用対効果が悪く、ジャンルによっては収益化が全く出来ません。

 

それよりもSNSやココナラを使って集客し、まずは1万円を稼ぐ事からスタートした方がよくありませんか?

ココナラで稼ぐコツは【情報の無在庫転売】リスクフリーの副業です
テレビでCMが流れるようになり、知名度が一気に上がってきているココナラ。 評判が高い出品者も多く、僕自身も購入者としてだけでなく、販売者として活動をしていた次期があります。 その時の結論から、「ココナラで集客は可能。収益...

僕はコンテンツを作る力が身につき、SNSや広告を使うスキルが身についてからアメブロに参入をしました。

そうしたら冒頭で紹介したように、短期間で集客する事が出来るようになりました。

 

アメーバキングやアメプレスのようなツールを使っていた時は、コンテンツを作る能力も低かったし、アメブロにいるユーザーのことを理解しようとしていませんでした。

 

画面の向こうには人がいる。

インターネットを使ってビジネスをしていると、この事を忘れてしまうことがあります。

 

人が集まる場所から集客をしようと思うのであれば、そこに集まってる人の心理を理解することからスタートをするべきです。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

アメブロ
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー