ライフメディアを活用した稼ぎ方を解説。ハピタスと比較して使え

4.5
ライフメディア ライフメディア

この記事の所要時間: 556

当サイトでは自己アフィリエイトや日々の買い物に利用するキャッシュバックサイトとして、ハピタスを紹介してきました。

しかし最近になり、ライフメディアというキャッシュバックサイトが急激に伸びており、ハピタスに対応してないサイトや案件がある事に気が付きました。

 

おすすめの1位としてハピタスを利用することに変化はありませんが、特定の目的下においてライフメディアを併用することで、さらに効率的な自己アフィリエイトやキャッシュバックを受けることが出来ます。

 

この記事では、

ハピタスがおすすめ1位なのにライフメディアを面倒でも併用すべき理由
ライフメディアの性能が発揮されるシーン

について初心者の方でも理解できるように解説をしていきます。

ライフメディアへ無料登録

ハピタスがおすすめ1位なのにライフメディアを面倒でも併用すべき理由

僕はこれまで日本国内の買い物はハピタス、海外の買い物はミスターリベーツと断定して紹介をしてきました。

複数のキャッシュバックサイトに登録すると、管理が大変だし、物事を簡素化したほうが行動の迷いが出ないからです。

ハピタスの安全な稼ぎ方と貯め方を超わかりやすく解説。案件リストあり
最初にやる作業として まずは自己アフィリエイトというのをやっていきます。 自己アフィリエイトがどういうもので なぜ稼げるのか、稼ぎ方、稼いだ後どうすればいいのかまでを 動画で話したので見て下さい。 ...
ミスターリベーツ使い方と登録出金方法を解説(紹介コードあり)
こんにちは、細野です。 今回は輸入転売で使うキャッシュバックサイトの登録方法を解説します。 国内転売ではハピタスというサイトを経由することで、キャッシュバックを得ることが出来ましたが、それの海外版と思って...

この2つを現在でも第一に登録して活用していくべきですが、案件によってはライフメディアと比較することで明確なメリットがある。

これが僕がライフメディアを追加で推奨する理由です。

 

ライフメディアを使うべきシーンは、主に2つあります。

ハピタスにない案件が掲載されており、それが自分にとって必要な場合
ハピタスよりもキャッシュバック率が高く、達成条件に相違がない時

それぞれ解説をしていきます。

ハピタスにない案件が掲載されており、それが自分にとって必要な場合

この記事を書いているタイミングで以下のような案件がライフメディアに掲載されておりました。

ライフメディアの案件

 

 

 

 

 

kyashというキャッシュレスアプリのカードです。

クレジットカードと組み合わせることで還元率を3%まで高めることが出来、導入したいと考えるようになったのです。

 

それまではkyashとクレジットカードを連携させて決済すると、クレジットカードの明細に「kyash」と表記されてしまい、経費計上の際に無駄な作業が増えそうだったので避けていました。

しかしkyashが使えるのは月額12万円までと限定的であること、1日あたり5万円以下の決済しか出来ないことから、その範囲は極めて限定的と考えるようになりました。

クレカの明細と別にお店から領収書を発行してもらえば、記録としてしっかり残りますしね。

 

このカードをハピタスで検索した所、検索結果には出てきませんでした。

 

 

 

一方でライフメディアでは以下の条件で掲載されており、サイト経由で申し込むメリットを感じました。

 

 

 

獲得条件:新規リアルカード申し込み+リアルカード有効化+500円(税込)以上の利用

カードの申込みと有効化、そして実店舗で500円以上の利用で500ポイントがキャッシュバックという条件です。

食事をすればこれぐらいは確実に使うため、達成難易度は非常に低いと判断。

 

このようにハピタスにないがライフメディアでは掲載されていて、それを利用することで明確に自分にメリットがあるものを利用していくのが第一のケースです。

ハピタスよりもキャッシュバック率が高く、達成条件に相違がない時

続いては自己アフィリエイトで稼ぐ際に有効なテクニックです。

同じ案件でもハピタスとライフメディアで還元率が異なるというケースがあり、キャッシュバック率が高い案件を申し込むことで、より多くのお金が稼げたり、赤字案件を黒字化することが出来ます。

イメージが出来ないと思うので、具体例を示します。

 

 

 

 

顧客満足度10年連続ナンバーワンの楽天カードです。

せどり転売でも大いにお世話になるカードですが、キャッシュバックサイト経由で申し込むことで、ノーリスクでお金を稼ぐ事ができます。

 

こちらの案件は、ハピタスで9000ポイントのキャッシュバックで達成条件は下記の通り。

新規カード発行完了(カード到着必須)
※対象カード: 楽天カード、楽天PINKカード

一方でライフメディアにも楽天カードは掲載されており、キャッシュバックは10,000ポイントです。

 

 

 

 

こちらのカード達成条件は「新規カード発行」となっており、ハピタスと達成難易度に相違はありません。
カードを発行して受け取ればお金を受け取れるので、申し込まない理由は皆無です。

 

この案件ではハピタスとライフメディアの間に1000ポイントの差しかないので、わざわざ手間をかけて登録をして申し込むメリットを感じないかもしれません。

ではこのような案件はどうでしょうか?

 

 

 

 

 

知名度は楽天カードには劣るものの、高い利用枠を設定してくれることが多い、Dカードです。
年会費として1万円かかるため、キャッシュバック率が低いと赤字案件になってしまいます。

こちらの案件はハピタスだと下記のような条件になっており、年会費を支払うと赤字になります。

 

 

 

ポイント獲得条件は共に「新規カード発行」であり、達成難易度は高くありません。
ハピタスとライフメディアで9000円の差があるため、ライフメディアを無理してでも選ぶ強い理由になるのではないでしょうか。

まとめ:ライフメディアは殆どの案件でハピタスよりも高報酬な傾向にある

ライフメディアとハピタスで重複している案件は、大半のケースでライフメディアのほうが高報酬に設定をされています。

またライフメディアでしか扱われていない案件があるため、普段の買い物や転売せどりでも大活躍します。

 

まだ自己アフィリエイトで1円も稼いだことがない段階の方は、ハピタスを優先してくれてOKです。

自己アフィリエイトを経験して慣れてきたり、余裕が出ている方はライフメディアとハピタスを比較して、高報酬を得られる案件を実践していきましょう。

稼いだポイントをマイルに。ライフメディアへ無料登録