USJ旅行のおすすめプラン。準備で人生史上最高の時間が訪れる

USJ旅行おすすめ 旅行
この記事は約17分で読めます。

先日、USJに人生で初めて行きました。

 

自分は普段東京に住んでおり、来場頻度としては年に1回ペース程度。

近くに住んでいる人は年パスを取って、何度も来園という楽しみ方出来ると思いますが、僕のように日帰りが難しいエリアに住んでいる人は計画的に準備をする必要があります。

 

そこでこの記事では

USJを120%楽しむためのプラン
おすすめのホテル(エアビーも比較しました)
前日入りする際の観光プランの組み方

について、アウトプットも兼ねてまとめていきます。

 

これからUSJに行く方はもちろん、過去に何度か行ってみたものの、効率的に回ることが出来なかったと感じている方の役に立てば幸いです。

USJとディズニーランドの違い

もともと僕は関東圏で育ったこともあり、ディズニーランドやシーにはいつでも行ける環境にありました。

そして陰キャという事もあり、一緒に行く人がいない、行ってもやることがないという状況。

 

いつでも行ける距離にあるのにディズニーランドに行かない。

だから遠くにあるUSJにはもっと行く必要性がなく、今まで一度も行くことがありませんでした。

 

そんな僕が実際にUSJに行ってみて感じたのは、これすげーなと。

TDRやTDSはすでに完成された安心感がありますが、USJは追い抜く側として工夫をしており、細かい所までかなり改善を加えているのがわかりました。

金で満足度を買えるUSJ。万人にフェアなTDR

いきなり下世話な話をしますが、USJはお金を出せば満足度を買えます。

人気のあるアトラクションでもお金を積めば、順番待ち無しで乗ることが出来る。

 

TDRやTDSにもファストパスという仕組みがあるが、これは無料で誰でも取ることが出来るので、あまり優位性はありません。

一方でUSJの場合、エクスプレスパスというものを買えば、エクスプレスパスを買わなかった人と差をつけることが出来ます。

 

僕のように遠方に住んでいる人は、地元の方のように年パスを購入して頻繁にUSJに行くという楽しみ方が難しいです。

 

年に1回から数回の来場。

その来場をいかに楽しむのか?

 

僕の答えが、エクスプレスパスを買って一日の濃度を物理的に濃くしてしまうというアプローチです。

TDSやTDRでも人気アトラクションはありますが、USJの場合、絶叫系を中心に人気アトラクションがかなりたくさんあります。

 

そしてアトラクションはかなり頻繁に入れ替えを行っており、有名所だとバックトゥーザフューチャーがミニオンズになっていたり(僕は初めての来園だったので一度バックトゥーザフューチャーに行ってみたかった)、4DX(席が揺れたり、水や香りが出る映画館)は国内外の人気コンテンツとコラボをして、いつ来場しても飽きない工夫がされています。

 

他にもウォーターワールドのような映画を目の前で再現したショー(ミュージカル)があったりと、エンターテインメントとしてTDSよりも一歩先を行っている感があります。

 

初期のUSJはコンテンツが少なく、当時の閑散としたイメージが印象に残っている僕のような人間には、今のUSJの変容ぶりは驚きです。

ディズニーのキャラクターや世界観も素晴らしいですが、USJにはUSJの良さがあります。

 

そしてお金を出せば人気アトラクションを1日で全て回りきることが出来るので、お金で満足度を上げることが出来る。

社会人になるとお金よりも時間が大事になってくるので、この待遇は率直にありがたいです。

どのエクスプレエスパスを買うべきか?

エクスプレスパスには複数あり、お金を出せば出すほど良い条件のパスを購入することが出来ます。

自分がどのアトラクションに重きを置くかを前述のガイドブックで明確にしておけば、エクスプレスパスで悩むことはありません。

 

僕であれば、フライングダイナソー、ハリウッド・ザ・ドリームライド、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー、アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライドの4つは絶対に乗りたい。

なので、これらの優遇権利を手にできるユニバーサル・エクスプレス・パス4以上を購入する事になります。

 

アトラクションを選べない方は、ネタバレになってしまいますがYou Tubeでアトラクション名を検索してみましょう。

実際にアトラクションに乗った方が投稿している動画が見つかるはずです。

 

USJは実在する映画の世界観を再現したアトラクションを提供しているため、理想的には映画を見てから来場出来るとさらに楽しめます。

僕は今回事前予習なしで行って、原作を見てから行かなかったことを後悔しました。

 

アトラクションになってる作品の大半は旧作扱いになっており、格安でレンタルが出来ます。

例えばハリー・ポッターであれば全作品が200円以下でレンタルが出来ます。

全部見るのは大変だけど、最初の三作を見てからUSJに行くだけでも、世界観がしっかり理解できるようになるはずです。

食事が残念なTDS、食事が普通においしいUSJ

TDSは園内で購入できる食事のコスパが悪く、味もまずいため、この部分で大幅に満足度が下がります。

一方でUSJは値段は安くはありませんが、普通においしく、満足できるレベルでした。

 

テーマパークの食事=まずくて高いと思っていた僕からすると、これは衝撃的でした。

 

USJは年パスを持ってないと再来場が出来ない仕組みになっているのですが、園内の食事は美味しいし、後述の工夫をすることで食費を安くすることが出来ます。

また、前日入りされる方であれば、大阪の食事を楽しむことも出来ます。

 

大阪は物価はそれほど安くありませんでしたが、飲食店は全般的に安かったです。

そして味も良い(おいしい)ため、こちらも非常に満足度が高いです。

 

TDS周辺の食事処だとエクスピアリがありますが、バリエーションがあまり豊かではないので、何度か行くと飽きると思います。

葛西やお台場まで電車で移動すれば、これ以外のお店で食事も出来ますが、これらのエリアでは食事以外にやる事があまりありません。

 

一方でUSJは園内から歩いて数分の所に飲食店が密集しており、大阪に出れば心斎橋を中心に、食事所や観光に不自由することがありません。

USJ旅行のコツは準備。4ヶ月前から備えれば万全です

本題の旅行プランの組み方についてですが、準備をしっかりやるのがコツです。

準備をちゃんとやれば、楽しく濃厚な時間を過ごせる。

 

準備をサボればかけたお金と時間に対して割の合わないリターンが待ってます。

受験やビジネスと同じで、しっかりと備えて行動した人が勝つ事を覚えておきましょう。

ガイドブックを購入して行きたい場所を整理する

では具体的にどうやって準備するかですが、僕のように一度もUSJに行ったことがない人は、USJのガイドブックを1冊買いましょう。

大阪観光もする人は、るるぶという旅行ガイドブックも同時に購入です。

 

僕は今まで旅行する際はネットで検索したり、NAVERまとめを見れば十分だと思っていたのですが、それは間違いでした。

るるぶは毎年更新されており、常に最新の観光地、食事処、宿泊先が網羅され、これまで発行されてきた歴史もあり、信頼性は抜群です。

 

るるぶを読み、気になる場所をピックアップしておき、旅行ルートを組む。

そうする事で、ネット検索では得られない濃い情報に基づいた、満足度の高い旅行プランを組むことが出来ます。

 

USJのガイドブックもるるぶも1冊1000円程度です。

しかしこの1000円が年に1回の旅行を飛躍的に楽しいものにしてくれるので、何度も訪れて慣れている人以外は買うことをおすすめします。

 

るるぶ大阪ベスト'20 ちいサイズ (るるぶ情報版地域小型)

るるぶ大阪ベスト'20 ちいサイズ (るるぶ情報版地域小型)

1,045円(12/14 05:39時点)
発売日: 2019/01/16
Amazonの情報を掲載しています
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンよくばり裏技ガイド2019

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンよくばり裏技ガイド2019

1,100円(12/14 05:39時点)
発売日: 2019/02/22
Amazonの情報を掲載しています

ガイドブックを元に作成した旅行プランに乗っ取り、宿泊先(拠点を置く場所)を決める

旅行プランをガイドブックを元に作成したら、その場所がどこにあるのか地図を見ながらマーキーングしましょう。

参考書ばりに付箋とマーカーを引きまくることで、自分が何をしたくて、それがどこに行けば出来るかを空間認知出来るようになります。

 

そして地図を見て、目的地がどこにあるのかを把握することで、どこに宿泊場所を取ればいいかが明確になります。

USJを第一に重きを置くならば、USJ周辺のホテルか、西九条までの間にあるエアビーが候補になります。

 

なぜ西九条までに拠点を置くべきか?ですが、USJへのアクセスがここを超えると悪くなっていくからです。

ベストなのはUSJ周辺のホテルですが、USJから大阪中心への乗り換え地である、西九条まで範囲を広げることで、安い宿や部屋を見つけることが出来ます。

 

家族でUSJに行く時など、大人数での移動ではホテルよりもエアビーのほうが旅費は安くなるはずです。

しかしエアビーを使うと食事は自分たちで管理しないと行けない(朝食や夕食がついてないから)し、USJに朝起きて電車で移動しなければなりません。

 

このあたりは予算であったり、重きを置く箇所によって変わってくるので、一緒に行く人と相談をして決めて下さい。

USJが観光目的のメインであれば、一概にエアビーがベストだとは僕は思いません。

 

USJ周辺には住宅地が一切ないため、今後もエアビー物件がUSJまで歩いていける距離に出てくることはないでしょう。

USJへのアクセスを第一に考えるなら、周辺にあるオフィシャルホテルに宿泊することをおすすめします。

具体的なUSJ周辺にあるホテル

このパートではUSJ周辺にあるホテルを紹介していきます。

宿泊費もそれほど高くないので、少人数(2名以下)であれば躊躇なく予約できる料金体系の所が多いはずです。

 

ホテルを選ぶ際のコツですが、僕であればチェックインとチェックアウト後にもコインロッカーを使えるかを事前にホテルに電話して確認します。

前日入りする際はまずホテルに行き、荷物を預けて観光をしたいし、USJに行く当日もホテルに荷物を預けておき、帰宅時にコインロッカーから取り出して帰宅をしたほうが便利だからです。

USJ内にもコインロッカーはありますが、宿泊施設とセットで利用したほうが安心感があります。

 

個人的にUSJまでのアクセスの悪さは妥協できると感じています。

遠いものでも10分も歩けばUSJに到着する位置にあるホテルが殆どだからです。

ザパークフロントホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパン


USJの入り口から最も近い位置にあるホテルです。

USJ周辺にあるレストランやショップへのアクセスも非常によく、買い物と食事に不自由をすることがありません。

ハイシーズンでも1泊1万円程度〜の宿泊費であるため、第一候補に上がってきてもおかしくないホテルになるでしょう。

ザシンギュラリホテル&スカイスパアットユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ホテルの中に大浴場があるため、車で遠方から来る際にもおすすめできるホテルです。

電車での移動と異なり、車は運転する人に大幅な負担が発生し、運転時間が2時間30分を超えたあたりから、疲労がかなり強くなります。

大人数での宿泊になるほど宿泊料金を割り引く運営スタンスであるため、大家族の旅行と相性が良いホテルです。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

チケットブースに並ぶことなく入場できる、デイスタジオ・パス付きプランを提供するホテル。

USJの開演時間はその日の混雑状況によって前後するものの、開演前より並んでいても、チケットの確認で意外と時間を取られます。

デイジタジオパスを使うことでこの時間をショートカットして、人気アトラクションに一番乗りすることが出来ます。

人気のあるホテルであるため、早期での予約が必須です。

ホテル京阪ユニバーサル・シティ

このホテルにも大浴場があり、温泉があることを重視される方や、車で来る家族にはおすすめできるホテルです。

宿泊料金はエリア内トップクラスの安さです。

ホテルユニバーサルポート

USJからは横断歩道を一つ挟む距離に位置するホテル。

立地が良くない分、インテリアや食事に力を入れています。立地が悪いと書きましたが、それでもUSJまで10分とかからない距離であるため、来場する上で不便を感じることはないでしょう。

ホテルユニバーサルポートヴィータ

今回僕がUSJに行く上で宿泊したホテルです。

USJからは一番遠い距離にあるのですが、ロッカーをチェックアウト後でも使わせてくれたり、食事がおいしかったりと満足度は高いです。

このホテルは立地の悪さをサービスでカバーしようとする気概が感じられ、また利用したいと考えています。

出来たばかりで内装は新しくキレイです。

トイレとバスルームは分離されており、僕が宿泊した部屋は洗面台も二台あり、余裕のある広さでした。それでも二人で宿泊して2万円弱という宿泊費だったので、コスパはかなり良い。

立地の悪さを許容できるなら、文句なくおすすめできるホテルです。

ホテルの1階にコンビニが入っており、買い物にも不自由しません。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパン

2019年秋に出来たばかりの、最も新しいホテルです。

USJからのアクセスはユニバーサルポート以上に遠い位置にあるものの、圧倒的なスケール(760室)と高級感でデメリットを打ち消しています。

最寄り駅はユニバーサルシティ駅ではなく、ゆめ咲線桜島駅となります。駅からは徒歩1分であるため、電車でのアクセスは良好です。

USJ旅行におすすめなエアビー物件

このパートではエアービーアンドビーを使ってUSJ旅行に活用できそうな物件を紹介していきます。

選定の条件は西九条までで厳選してあります。

エリアを拡大して大阪中心まで広げれば、より多くの物件を選ぶ事が出来るので、この一覧にある物件が微妙だと思う方は、対象エリアを広げて検索してみて下さい。

Near USJ!! -its about 20min on foot to the USJ-

USJの宿泊におすすめエアビー物件その1

 

 

 

 

 

ユニバーサルシティ駅から一駅先にある安治川口駅(あじかわぐち)が最寄り駅の物件です。

4人で宿泊してもハイシーズンで11393円と激安。

USJまで電車で移動しなければいけないというデメリットを受け入れられるなら、第一候補となる物件です。

 

この物件には駐車場がないため、車で行く場合は周辺の有料駐車場を利用する必要あり。

また、安治川口駅周辺は飲食店がそれほど多くないため、大阪周辺まで移動するか、事前にお弁当やパンなどを買っておく工夫が必要となるでしょう。

[SH] ☆USJが激近!☆ 安治川口駅から徒歩6分の一軒家 7名様まで

 

 

 

 

この物件は二泊以上でないと予約できない仕組みになっています。

しかし4人で宿泊して2泊でも、ハイシーズンで24,007円と安い。

駐車場はないのと、食事は自分たちで工夫をする必要があるものの、駅からも徒歩6分と許容範囲に位置します。

USJの持ち込み禁止は嘘。普通に持ち込めます

ここまで伝えたことを実行すれば、事前準備としては十分です。

USJに行く当日を最高のコンディションと準備で整えるために、最後の準備をしましょう。

 

最後の準備は何かというと、USJ内での水分補給と紫外線対策です。

USJ内には自販機がありますが、価格が250円〜となかなかにぼったくりプライスになっています。

 

冬場は別として、夏場は熱中症や脱水症状のリスクがあります。

僕が行った時は6月の上旬ですが、ペットボトルを6本持ち込んでも足りずに、園内で買い足しました。

 

新大阪駅周辺は物価があまり安くなく、東京では当たり前に1本70円〜80円で購入できる飲み物が、120円〜140円程度で販売されています。

この価格を元にUSJの飲みの価格が250円になっているものと予想が出来ます。

 

USJは飲み物や食べ物の持込みが禁止と言われています。

しかし僕が行った時は、普通にペットボトルの持ち込みをしても何も言われませんでした。

 

中に入ると中国から来た観光客の方が、コンビニで買ったサンドイッチを食べていたりしたので、飲み物だけでなく、食べ物も現在では規制をされていません。

なので、事前にドラッグストアやスーパーなどでペットボトルを大量に買い込んで行くのがおすすめです。

 

車で行く方は箱で買っておくのがいいと思います。

家族で飲むと10本、20本単位でもすぐに足りなくなるので。

クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]

クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]

450円(12/14 05:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

電車で移動をする際は、車で行く人のように箱単位で買って持ち込みをすることが難しいです。

ではどうすればいいのか?

 

実は非常にわかりにくいのですが、USJの近くにスーパーが一件だけあり、ここが地域最安値で食料品と飲料を調達できるマル秘スポットとなっております。

これ僕が行った時はわからなくて、後で調べて判明しました。

まじでわかりにくい場所にあるので、確信犯だと思いますw

 

この記事を読んでくれている方には隠すことなく教えますと、「まるとみ」というスーパーです。

まるとみ シーポート店
★★★★☆ · スーパーマーケット · 島屋6丁目2−90

 

ここで前日に水を大量に買い込んで、リュックなどに入れて持ち込めばOK。

なぜ当日ではなく、前日なのかと言うと、USJは規定の営業時間より前にオープンすることが普通にあるので、当日開店まで待つのは時間ロスがあるからです。

まるとみの営業時間は朝の10時から夜の8時までなので、前日入りしてホテルのチェックインを済ませたら、一番最初にまるとみに行き、飲み物を調達しましょう。

 

僕はまるとみがある事を知らずに、心斎橋のドンキホーテで買い物をして持ち帰ったので、大変なことに。。

しかも帰りの電車で買い物袋が破れて電車の中にペットボトルが転がるという恥ずかしい失態までやらかしましたw

 

あなたは僕のように恥をかく必要はないので、まるとみで地域最安値で飲み物を手に入れて、悠々自適で当日を迎えて下さい。

 

暑い時期であれば、一人あたり10本は買っておきたいです。

6月頭でも相当暑かったので、水分補給は超重要です。。

 

一応USJ内にも水が飲める場所があるのですが、数が少ないのでペットボトルで持ち込んだほうがいいと思います。

 

そして飲み物と同じぐらい大事なのが、紫外線対策です。

冬場であればそこまで両者は気にならないかもしれませんが、夏は凄まじい暑さにUSJ内はなります。

 

帽子、サングラス、日焼け止めは必須です。

まとめ:準備をした人間が圧倒的に楽しめるのがUSJ

ノウハウレベル、思考レベルとしても濃いアウトプットが出来たと思います。

 

地元の方であれば年パスを使ってまったりアトラクションを楽しむということが出来ますが、遠方から行く場合は1日あたりの濃度を濃くして、少ない来場数で思い出を作った方がいいです。

そして体験価値を最大化するコツは準備を徹底するという一言に集約されます。

 

何をするのか?そのために何を用意しないといけないのか?

これを明確にすれば旅行プランづくりで失敗することはありません。

 

今回紹介したプランを実行することが出来れば、家族やパートナーからのあなたの評価が激変するはずです。

ここまでしっかり準備して臨む人は少ないし、準備が必要だと知ってもめんどくさいと思ってきちんとやらない人が大半だからです。

 

今後僕は年1ペースで来場すると思うので、その時にまた自分が書いた記事を読み返して復習したり、再来場して得たノウハウや改善点を定期的に更新していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

素晴らしい旅行となりますように。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

旅行
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー