Amazon価格改定ツールのおすすめを徹底比較して紹介【無料】

Amazonせどりツール せどり
この記事は約9分で読めます。

Amazonせどりで効率的に稼ぐためには、単調な作業を自動化してくれたり、意思決定を補佐してくれるツールが必要です。

 

この記事ではAmazon転売で役立つツールを厳選して紹介していきます。

 

Amazonで販売する商品の価格改定を手動で行っている
評価を育成するために評価依頼のメールを毎回自分で送信している
仕入れた商品の回転率が悪い(なかなか売れない)

 

上記のような方に有益な内容になっています。

 

細野
細野

この記事ではスマホアプリではなく、パソコン上で動作するツールについて扱っていきます。

なぜAmazon価格改定ツールが必要なのか?

Amazonで商品を販売するにあたり、重要になるのが価格改定と評価です。

 

価格を最安値圏に保持することで成約率を高め、評価を安定的に集めることでカート取得率を高めます。

この2つの条件が整って、Amazonを利用する最大のメリットである、高回転ビジネスが実現をするのです。

 

しかしこれらを全て自分ひとりで行うのは難しい。

スタッフを雇えば人件費がかかる。

 

そこで出てくるのがAIに任せるという考え方です。

この記事では世の中にあるAmazonの価格改定ツールを掘り下げて、徹底比較をしていきます。

 

あなたのビジネスの規模と資金に応じて、適切なツールを選ぶようにしましょう。

購入者メールがなぜ大事なのか?

Amazonで販売していく上でカート取得というのは大切な要素になっていきます。

特に新品販売をしている人にはそうです。

 

カート取得というのは何かというと、Amazonで目立つ位置に表示される機能。

SEOみたいなものと考えてもらっていいです。

 

カートを取得することでAmazonが販売している商品のように見せることが出来る

カートを取得することでAmazonが販売している商品のように見せることが出来る

 

このカートを取得することが出来る様になると、成約率が上がり販売スピードが上がっていきます。

 

FBAを使うだけでも売れる速度というのは、自己出品の数倍にまで上がりますが、

カートを取得できるようになるとその速度はさらに上がるということです。

 

今回はこのカートを取得する上で有効とされている、評価依頼について考えてみたいと思います。

カートを取得する条件

Amazonでカートを取得する条件はいくつかの要素で構成をされています。

基本的にはランダムで表示がされますが、価格、評価、FBAの有無によってこれらの要素は決まっていきます。

 

まず最初の価格についてですが、競争性のある価格を提示できているか?という事です。

 

同じ条件で販売している人から乖離をしていると、あなたから買う理由はどこにもないので、Amazonとしてはカートを付与する理由がありません。

 

ところが競合と同等、あるいは競合よりも有利な条件をオファーしていると、あなたから買う理由が生まれるので、Amazonはあなたの商品に対してカートを付与してくれるようになるのです。

 

価格改定ツールを使って24時間耐性で相場を監視する必要性があるのが、このカート取得に直結するからなんですね。

これと加えて評価を取得し、クレーム率を低減させる対策を、ツールを使って行っていきます。

結論:価格改定+サンクスメールを自動化してくれるツールを選ぶべき

あなたがAmazon転売を行っていくのであれば、短期間で評価を育ててカート取得率を高めることが大事です。

そのために最安値圏の保持と高評価の維持が必須です。

 

これを実現するために、価格改定をしてくれる機能と、購入者にメールをしてクレームに早期対応したり、評価を入れてもらえるように依頼を自動化するツールを選ぶべきです。

価格改定ツールの比較

ここからは価格改定の自動化を行うツールを比較していきます。

これも一時期は多くのツールが競争をしていたのですが、その競争も落ち着き、結論が見えてきました。

 

これから導入するならどのツールが一番コスパがいいのか?

比較をしながら見極めていきましょう。

ECザウルス

せどりの塾に参加した時に、案内が来たツールです。

料金体系は以下のようになっていました。

 

————塾生価格————-

〇出品価格改定ツール(買時通知5000件付き)

6800円(税別)/月

68000円(税別)/年(2ヶ月お得)※一番お得

〇サーチツール

5000円(税別)/月

50000円(税別)/年(2ヶ月お得)※一番お得

※一度解約して再度ご契約される場合は

定価でのご提供となりますのでご了承下さい。

—-定価【現在一般販売してません】——–

〇出品価格改定ツール(買時通知なし)

6800円(税別)/月

〇サーチツール

5000円(税別)/月

〇買時通知

5000円(税別)/月 5000件上限

—————————————

◆オプションで

買時通知 CSV一括登録機能

5000件以上の登録機能も予定しております。

 

 

これに対する僕の反応だけど、

まあいらねーなって感じ。

 

価格改定はECザウルスと同じことを

月に380円のツールで出来るし、

サーチツールはせどりすとプレミアムがあるからね。

この2つだけで月利100万までは問題なくいけるし。

 

買いどきツールってのは暴落している商品を刈り取って電脳出来るやつなんだが、

これも似たようなツールがGAGAのサイトで買えるしね。

うれまっせ2

無料で利用できる価格改定ツールです。

価格改定王

年額9,800円で利用できる、価格改定ツールです。

機能が限定的であり、値段が高いので、選ぶ理由は特にありません。

Mariah

 

GAGAの後継価格改定ソフト。

月額380円で利用できる。(おそらく業界最安)

使い方にクセがあり、現段階では様子見。

プライスター

 

 

せどりすとプレミアムと連携する事が出来るので、人によってはこの価格改定ソフトを使い続けている人もいます。

スマホからも価格改定を実行できたりと、使い勝手は非常に良い。

 

主要な機能(価格改定、サンクスメール)は一式兼ね備えており、日本のAmazonだけでなく、アメリカAmazonにも対応をします。

 

また購入者専用のアプリや、有利な条件で配送が出来るプライスター便、外注さんの紹介をしてくれるプライスターパートナーなど、ツール以外にも役立つサービスを提供してくれます。

 

現在は後発のマカドというツールに機能面で抜かれて、使ってる人は少なくなってしまいました。

ある程度の規模で稼げているならば、プライスターかマカドの2つで悩むことになると思います。

 

実績があるプライスターか、後発だけどユーザーの声を取り入れてどんどん進化するマカドか。

どちらを選んでも収支の改善には効果が期待できるため、お試しで契約してみて、使いやすいと感じたほうを使えばいいでしょう。

 

店舗せどりメインの方はプライスターを利用して、出先からも出品をしたり、アプリを使って在庫管理をしていきましょう。

Cappy

オールインワンな管理ツールでありながら、月額利用料金が3980円と非常に安価なツールです。

さらに60日間は無料でお試し出来るため、十分に機能を試してから、契約に踏み切ることが出来ます。

 

販売会社が過去に色々とやらかしているため、個人的にはおすすめしません。

しかし、機能的に充実していて利用料金が安いのも事実です。

 

何があっても自分で責任を取れるという方は、利用をされてみてもいいのではないでしょうか。

申込時に選択できる代行サービスは、プライスターの代行仲介サービスのほうが安いため、申し込まなくていいです。

 

開発の頻度や更新の速度、運営会社の信頼性はプライスターやマカドが勝ります。

D-plus

 

 

 

以前アマコードやフリマハッカーで有名な布施さんのメルマガで紹介されていたツールです。

月額利用料金が5980円と競合サービスよりも高いため、今となってはあまり積極的に選ぶ理由は見当たりません。

これから選ぶならば、プライスターまたはマカドの2つから選んだほうがいいです。

マカド

 

せどり価格改定ツール:マカド

 

電脳せどりメインの方は、機能がプライスターよりもさらに充実しているマカドを選ぶといいでしょう。

プライスター同様、価格改定、サンクスメールといった一連の流れをこれ一本で自動化出来ます。

 

月額利用料金が4,800円とプライスターと同額。

最初の30日間は無料で使えるので、まずは無料で利用をしてみて、収益アップに直結するか試してみればいいです。

 

その上で外注やスタッフさんを雇うのと、4800円を毎月ツールに払うのがどちらがコスパが良いかを測定してみる。

ある程度の規模(利益20万以上)であれば、自動化ツールに4,800円を払うのは、それほど非合理な選択ではないはずです。

 

マカド! Amazonせどり管理ツール

アマストリーム

Amazon価格改定ツール:アマストリーム

 

月額2,980円で登場した後発ツールです。

競合ツールが提供する機能を全て搭載しながら利用料金が安いので、乗り換え対象の候補となります。

せどりすととの連携機能もあり、効率的な出品を補助する機能が多々搭載。

まとめ

Amazonせどりは取り組んでいる人が多く、対応するツールも非常に豊富です。

自分が取り組んでいる手法や業務内容を効率化したり、自動化することは、あなたのビジネスを伸ばす上で大切です。

 

積極的に導入を進めていきましょう。

 

価格改定以外のAmazon転売ツールを探している方はこちらを読んで下さい。

Amazonせどりツールのおすすめは?2020【効率化と自動化】
電脳せどりに取り組んでいるけど、なかなか利益の出る商品を見つけられない。 リサーチに時間がかかりすぎて効率が悪い。 限られた時間を有効に使うためには、効率化をしたり、ツールや外注化を行って時間を生み出す工夫が必要です。 ...

 

せどりのツールではなく、スマホから利用できるアプリに興味がある方はこちらの記事をどうぞ。

せどりアプリのおすすめ2020【無料&有料】【至高の29選】
こんにちは、細野です。 現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。 せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理す...