Amazonアカウントが停止になる基準は?凍結から復活させる方法は?

アマゾンアカウント凍結停止復活 Amazon

この記事の所要時間: 83

Amazonを使って転売やせどりをやっていると、アカウントが停止になったり、凍結(サスペンド)を受けることがあります。

 

アカウントが凍結すると、垢ban状態となり、そこからの復活は不可能です。

一方でアカウント停止であれば、解除することが可能です。

 

この記事では、Amazonのアカウント停止基準についてわかりやすく解説し、停止や凍結からどうやって復活すればいいかを紹介していきます。

 

利用制限になる判定基準

 

Amazonのアカウントが利用制限状態になるには、いくつかの原因があります。

利用者側と販売者側で利用制限の基準は変わってきますので、ここでは販売者として制限をされるケースを紹介します

 

偽物販売

 

輸入や電脳せどり、フィギュア転売などをやってる人がよく食らうパターンがこれです。

偽物と知らずに商品を販売してしまうと、出品していたアカウントが凍結状態になり、紐づけされている関連アカウントも全部停止になります。

 

偽物販売を防ぐためには、商品に対する知識を深め、確実なルートで仕入れたものだけを扱うことが重要です。

 

過去には同人誌を販売していた事で、偽物販売と認定されて凍結を食らった人もいました。

Amazonに商品登録されて売買されているからといって、安易に仕入れて販売するのは危険です。

 

グレーな商品に関しては、入口の部分で取り扱わないことをおすすめします。

 

アカウントヘルスが悪化

 

無在庫転売などをやっていて、注文キャンセル率が高かったり、出荷遅延率が高いと利用制限をかけられる事があります。

販売後の商品に関しても、返品や返金の割合を見られており、この指数が高いとペナルティになります。

 

販売する商品は可能な限り、追跡可能な保証付きの配送方法で出荷するようにしましょう。

万一、配送中の事故で破損をした場合も、保険がついていれば保証を申請することが可能です。

僕自身は販売した価格の全額と配送料の返金を運送会社から受けたことがあります。

 

短期間に大量に売買する

 

アマゾン転売で儲かりすぎてアカウント停止。

一見信じられないことなのですが、実際に起こり得ることです。

 

Amazonでは新規で販売したアカウントが短期間で大きな売上を上げると、決済が正常に行われていない可能性を疑います。

また新規のアカウントでなくても、普段売上が少ないアカウントが急激に売れだすと、このような制限を受けてしまうことがあります。

 

これらはAIが自動で判断して評価を下しているだけなので、まっとうに商売をしている場合はAmazonのサポートに連絡をすれば大丈夫です。

 

商標権を取得している商品に相乗り出品

 

自社商品として商標登録されている商品に相乗り出品をすると、販売者がAmazonにクレームをしてきます。

ぶっちゃけ自社商品といっても、中国で普通に売られているノーブランド品なわけですが、自社のロゴと説明書を入れて商標登録をする事で、ブランド権を主張できるわけです。

 

OEMの相乗り出品は偽物販売にAmazonだと該当してしまうため、規約違反と判定されてアカウントが停止になります。

 

相乗り出品は中国輸入転売で初心者向けと言われる手法ですが、このトラップに引っかかってしまう人は多いです。

相乗りをする際は気をつけるようにしましょう。

 

アカウント停止状態からの解除方法

 

あなたのアカウントが凍結ではなく、停止であれば解決するのは簡単です。

 

アマゾンから利用停止になった時にメールが送られてきているはずなので、その内容を改善し、今後同じ問題が起きないことを論理的に解説したメールを返信して下さい。

問題を認識しており、再発防止策が認められれば、停止状態は解除されます。

 

一方で凍結の場合は、復活するために気合が必要ですw

対策方法はきちんとあるので、紹介します。

 

名義や環境を全て変える

 

プロバイダー、パソコン、スマホ、住所、クレカ、銀行口座を全て変更し、1から新しいアカウントを作成します。

 

Amazonでは、前に住んでいた住民が規約違反をやらかして、後から入った住民が過去の違反を指摘されてアカウントが停止に鳴ることがあります。

起こりうる確率としては非常にレアケースですが、前の住民がやらかした事が原因でアカウントサスペンドになった場合は、クレームを出しましょう。

自分が全くの別人であることを証明できれば、アカウントは復活してもらえるはずです。

 

Amazonはきちんと論理的に交渉をすれば、対応をしてくれます。

僕も過去に何度かアカウント停止になった事がありますが、説明を尽くして、毎回解除をしてもらえていますので。

 

同じ名義と住所で登録してもアカウントは復活できるのか?

 

凍結理由によりますが、名義が同じ場合の復活は難しいことがあります。

一時的にアカウントを利用できる状態になっても、しばらくしてAIに同一人物と判別されると再びサスペンド対象のアカウントと認識をされてしまうからです。

 

この問題を避けるためには、同一人物だが別名義と認識させる一手間が必要です。

後述の法人化は有効な手段なので、法人格での取得をおすすめします。

 

もし法人格を取れない、取るほど稼げていない状態であれば、別のやり方の実践が必要です。

申し訳ないのですが、その裏技はここでは記載することが出来ず、有料(20万円〜)での提供となります。

 

裏技を使うことでブラリ入りしている状態でも、アカウントの復活を目指すことが可能になっていきます。

 

法人格でアカウントを作成する(個人アカウントと共存も可能)

 

法人名義の銀行口座とクレジットカードで新しくアカウントを作ります。

IPアドレス(プロバイダーを変える)やパソコン、スマホの環境も同時に一新することで、紐づけられてアカウントがすぐに停止するリスクを減らすことが出来ます。

 

個人と法人は別物と管理をされますし、2つのアカウントを同時に動かしてもアカウント停止にはなりません。

両者は規約的には別物と判断をされるからです。

 

アカウントを買う

 

サイトやアカウントを売買できるサイトで、Amazonのアカウントごと購入をします。

20万〜50万円ほど払えば、過去に運営されていたアカウントを手に入れることができますので、一番確実な復活方法となります。

 

 

以下に売買が可能なサイトを紹介しておきます。

 

サイト売買Z

アマゾンアカウント売買サイト:サイト売買Z

 

売買されている案件の数も多く、価格も競合サイトと比べて一番安いです。

Amazonのアカウントを買うのであれば、第一に候補として上がるサイトになるでしょう。

 

アカウントを買い取ってもらうのは犯罪にならない?

 

アカウントの譲渡は運営に連絡を取り、許可を取ることで現状は問題なく取引が完了しています。

しかしAmazonは突然規約を変更してくるため、今後もこのやり方が通用するかは不明です。

 

アカウントが凍結されるような運営はしないように、常日頃から注意をしていきましょう。

 

外注さんや知り合いと利益折半をする(名義貸し)

 

外注さんや知り合いにお金を払って、アカウントを使わせてもらいます。

Amazonでブラリ入りしてアカウントが物理的に作れなくなった人が実践している方法です。

 

売上金を持ち出されるリスクがあるので、信頼できるパートナーを見つけ、きちんと報酬を支払うことが重要です。

 

復活代行(有料サービス)を利用する

 

15万円程度でアカウントの復活を代行してくれるサービスを利用します。

成果報酬型にしている業者もいるため、アカウントを買い取るよりも安価に手に入れることができる可能性があります。

 

まとめ

 

アカウントの停止にしろ、凍結にしろ、ブラックリストに掲載されない限り、Amazonのアカウント復活はそれほど難しいものではありません。

アカウントを復活させてまでアマゾン転売をやりたい方は普段から稼いでる転売ヤーだと思うので、アカウンを復活のための投資は容易いはずです。

 

再度Amazonに参入して転売せどりを行う場合は、同じミスをしないように注意をして運営をしていきましょう。