メルカリ中国輸入転売のやり方。売れる商品のリサーチは超簡単です

中国輸入転売メルカリ 中国輸入
この記事は約7分で読めます。

中国輸入は数ある輸入転売の中でも、最もハードルが低く、初心者の方にもおすすめ出来る手法です。

 

中国輸入で稼ぐ方法には、Amazon転売、ヤフオク転売、eBay転売、BASE転売など色々な手法がありますが、今回はメルカリを使って転売手法をシェアします。

有在庫でも無在庫でも両方実践できる手法ですが、無在庫転売は規約で禁止をされています。

ここで紹介したやり方を実践してアカウント停止を食らっても僕は一切責任を追いませんので、実践する場合は自己責任でどうぞ。

 

メルカリリサーチの基本。ツール(フリマハッカー)は必須

中国輸入xメルカリリサーチ方法。2分とかからずに儲かる商品とライバルアカウント(獲物)を発見【初心者でも実践可能】

 

動画で解説したリサーチ方法はシンプルですが、非常に強力です。

 

多くの人は何が売れるかわからない中で、闇雲に価格差のある商品を探して消耗していきます。

一方で僕がシェアをしたリサーチ方法は、中国輸入をしている獲物を見つけたらそこから掘り下げて、出品者が過去に販売した全ての商品を抽出する事ができます。

 

これだけでも稼げますが、実際に価格差を発生させて利益を出せた商品を販売している他の販売者を探す。

このステップを加えることで、分析対象となる出品者はどんどん増えていきます。

 

バイパスを作り、そこから縦と横に掘り下げていく。

そして今回であれば、季節ものという時間軸を加えることで、短期間で爆発的な成約数を狙っていきます。

 

ステップ1:ジャンルを決め、業者っぽい販売者を探す

 

リサーチの第一ステップであり、最も重要な作業です。

この時点では商品が売れているか売れていないかはあまり重要ではありません。

 

ステップ2:出品者IDをフリマハッカーに入力し過去の販売履歴を見る

 

獲物が見つかったらフリマハッカーに放り込み、その出品者が過去に何をいくらで売ったかを調べます。

過去の履歴は直近1ヶ月から2ヶ月ぐらいは全部トレースして問題ありません。

 

ステップ3:対象となる商品の仕入先をアリババで探す

 

販売されている商品を見つけたら、画像検索を使ってアリババで商品を探しましょう。

大抵の場合アリババから仕入れて転売をしている人は、仕入先はアリババのみです。

 

獲物を一人見つけたら、そこから先は芋づる式に利益の出る商品を量産することが可能です。

 

ステップ4:仕入れ、無在庫販売をする

 

仕入れをする場合は代行会社に発注をかけます。

アリババは日本国内から注文が出来ないため、代行会社を使わなければならないからです。

 

好きな業者を使えばよいですが、僕のおすすめは「タオ太郎」と「ライトダンス」の2つです。

 

タオ太郎の評判の良さは本物?無在庫転売でZC便利用可能
無在庫転売で稼ぐためにはリスクコントロールが最も重要です。 販売先となるヤフオクやメルカリ、ラクマでは規約上で無在庫販売を禁止しており、無在庫で転売していることがバレると、高い確率でアカウントが停止になります。 また運良...

 

無在庫で販売される方は自己責任で。

メルカリでの無在庫販売は規約で禁止をされています。

 

ステップ5:市況を見ながら必要に応じてリピート発注をかける

 

商品が売れた後は必要に応じて追加で発注をします。

注文のロット数はご自身の取ることが出来るリスク、作業量によって変わってきます。

季節ものは時期が去ってしまうと全く反応が取れなくなるため、注意をしましょう。

 

ステップ6:暴落した商品や反応が落ちてきた商品は損切りする

 

どれだけリスク管理を徹底しても、すべての商品を想定した価格で売ることは不可能です。

反応が弱くなったり、売れ行きが鈍ってきた商品は値段を下げて損切りしましょう。

ホールドしておいてもそれらはお金を生み出しません。

損切りは素早くおこなうのが鉄則となります。

 

ステップ7:上記を繰り返しながら勝てるポートフォリオを構成していく

 

OODAループを意識しながら、競合分析、戦略決定、戦術の見極め、実行を繰り返していきます。

ある程度慣れてきたら販売実績がない商品も仕入れが出来るようになります。

他の出品者がまだ販売してない商品は、売れないリスクもありますが、反応が取れた時に真っ先に自分が先行者利益を取ることが出来るメリットがあります。

大きく稼ぎたいならば他の人と違うことをやらなければいけません。

 

儲かるジャンルの傾向

 

メルカリ中国輸入では、ジャンル選定を意識することで効率的に稼ぐことが可能になります。

 

どのようにジャンルを決めればいいか?ですが、これはメルカリのユーザー層から逆算をして決めます。

ヤフオクの利用者層が年齢が高い人が中心であるのに対して、メルカリの場合は若い方が多く、特に女性ユーザーが多いです。

 

具体的には主婦、学生、フリーターが多いです。

なのでこれらの属性が好むであろう商品を雑誌を読み込み、そこから逆算してジャンルを選定します。

 

具体的には、服、靴、アクセサリー(指輪、サングラス、ネックレス、ピアス、時計etc)、家電、ゲーム。

こういった分野は非常に反応が取りやすく、短期間で何度も同じ商品を成約させやすいといえます。

 

ジャンル選定で悩む方はメルカリを使っている層を分析して、その層をターゲットにした雑誌のバックナンバーを1年分読み込みましょう。

ターゲット層が好む世界観が見えてくるようになりますよ。

 

Dマガジンというサービスを契約すれば、月額500円で著明な雑誌が読み放題。

小さな投資ですが、そこから得られる知識は莫大なものです。

 

ライバルはこういった泥臭い作業を嫌がるので、実行することが出来れば大きな強みとなります。

 

中国輸入コミュニティの必要性。独学は無謀

 

情報を共有したり、ノウハウ提供を行う塾に参加することで、我流でやるよりも稼ぎやすくなります。

しかしこの世界は変化が激しく、古いノウハウにしがみついるとあっという間に淘汰されます。

 

コミュニティに入れば稼げるという依存心を持つのではなく、コンサルを踏み台にして自分がさらに良いノウハウを作ってやるという気概で参加をするのがおすすめです。

 

売れない時はどうすればいいか?

 

きちんとリサーチしたのに思ったように商品が売れなかったり、赤字になってしまう商品が出てくることがあると思います。

リサーチ方法には色んなやり方がありますが、大局的に僕が示した考え方と変わりはないはず。

 

稼いでるセラーを見つけて、それを分析する

そして同じ商品に相乗り(順張り)をする

 

どこの塾やコンサルでもこのやり方をまず第一に教えていくはずです。

 

実際このやり方は再現性があるし、成功者を輩出しやすい指導方法です。

しかし一度に大量の人に教えるコミュニティなどでは、同時期に多くの人が同じ商品を仕入れて、仲間同士で競合をしてしまいます。

 

同じ商品を出す人が増えると、成約までの期間は単純に2倍、3倍に。

売るためには抜け駆けをして値下げをするしか方法はありません。

 

そうすると商品の相場は暴落して、赤字になったり、利益が想定したものよりも少なくなるという現象が発生します。

 

有在庫転売の宿命であり、避けて通ることの出来ない課題です。

 

ライバルとの衝突を避けるためには、販路を広げたり、無在庫販売にして相場が暴落してもノーダメージにしておく仕組みを組むことが有効です。

一番良いのは、最初から消耗戦のメルカリになど手を出さないことです。

 

今回のやり方をやれば短期的な利益を稼ぐことは難しくありません。

しかし長く続けるほど消耗し、疲弊をしていきます。

 

目標とするラインを決めて、到達をしたら次のステップへと進みましょう。

中国輸入メルカリ転売は短期ビジネスであり、長く続けるものではありません。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

有料のコミュニティで教えられていても何らおかしくないノウハウを無料で暴露してきました。

 

僕らにとってメルカリなんてのは数ある販路の一つでしかなく、メルカリがなくても全く問題なく稼ぎ続けることが出来る。

だからこのレベルのノウハウでお金を取る必要性はないと判断して、無料公開をしています。

 

もしもっと上手なリスク管理や、資金や在庫を必要としないビジネスに興味があれば、僕のメルマガに登録下さい。

宇宙で最も洗練された、後発でも勝てるスキームをそこで共有します。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

中国輸入
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー