大学の学費どうしている?【払えないは嘘】お金をやりくりする方法

大学学費どうしてる 大学生

この記事の所要時間: 1136

周りが大学に進学するから自分も大学に進みたい。

友達が奨学金を申し込んでいるので、自分も利用した。

学校の先生が奨学金を推奨してきたので、おかしいと思わなかった。

 

大学に進学する学費を自分で工面できない人たちが、安易な気持ちで借金をして、自己破産に追い込まれたり、卒業後に回収が出来ずに詰んでています。

国立大学であれば年間80万程度、私立大学であれば120万程度のお金が必要な大学進学ですが、進学するコスパは非常に悪くなっています。

 

国が低所得者向けに大学の学費を支援する制度を作りましたが、そもそも進学する価値がある大学を入口の部分で選べてない人も相当数います。

今回はしょぼい大学に借金を背負って進学したり、卒業後に元が取れない進路に進んでしまった人のリカバリー戦略について、解説をしていきます。

 

コスパのいい大学(専門学校)に進学する重要性

 

大学は勉強をする場所ではありますが、その大半の人は就職後に一般企業に就職をします。

ですので、進学の最終目的は、大学に行かなかった人よりも良い条件で雇用される事と定義して、まず問題ありません。

 

あなたが経済的に余力がない家庭で生まれ育ったのであれば、大学に進学する方法は2つだけです。

特待生制度を使って無償で進学をするか、奨学金を使って進学するかです。

 

そもそも進学をする時点で、自分に学業面での素質があるかないかは自明になっています。

全国模試の成績、普段の成績、それまでの人生で成し遂げてきたこと。

これらを見れば、高等教育に進学してさらに自分の価値を高めることができるのか、債務を負ってまで大学に進学をしても意味がないのかはわかります。

 

現代社会では外部の調査によって、どの大学が就職に強いのか、どの大学が費用対効果が高いのかは、事前に調査することが出来ます。

そのため、学力や経済力に余裕がないのであればあるほど、コスパの高い大学に進学をすることは必至です。

 

一番良い選択肢は東大です。

学費も安く、就職で不利になる事はまずないからです。

 

しかし東大に全員がサクッと合格できるわけではないので、現実レベルの妥協が必要。

そこで出てくるのが、費用対効果という概念です。

 

費用対効果の悪い大学に進学をしまうと、時間浪費するだけでなく、卒業後に良い条件で雇用してくれる会社から内定が取れません。

4年間という時間をかけて、就職をした友達とは全く別の進路を歩む。

その間に学び、成長ができなけば、大学進学は全く意味のない時間になってしまいます。

 

コスパのいい大学の探し方

 

では費用対効果に優れる大学をどうやって見つければいいのか?

 

これに関しては偏差値と就職後のキャリアの乖離が大きい大学を重点的に狙っていきます。

数字レベルで評価できる指標を使うことで、個人的な感情を排除し、費用対効果を測定するのです。

 

具体的には偏差値50前後だが、就職実績に強い大学を重点的に見ていくといいです。

この手の大学は、現役であれば推薦枠を使えますし、ライバルも少ないため狙い目となります。

 

実名を出しますと、偏差値48でありながら、講義は全て英語、THE世界大学ランキング日本版2019にて26位にランクインをしている会津大学です。

 

Best universities in Japan
Find the top universities in Japan using Times Higher Education’s rankings data

 

この大学は名前こそ知られていませんが、特色ある教育プログラムと、理論だけでなく実践にも重きを置いた指導方針で、企業から高い評価を得ています。

 

講義を英語で行うことで、技術系の資料や最新の技術に迅速に対応ができ、日本語しか使えないエンジニアと比べて大きなアドバンテージを取ることが可能になります。

 

会津大学以外ですと、偏差値42.5でありながら、卒業後に大学名で恥かくことが一生起こらない東京理科大学の第二部(夜間部)もおすすめです。

理系の大学であるため、卒業するためにレポートや課題を多数こなさなければならず、実社会で求められる論理的に物事を考え、枠組みから逆算して行動する基礎がしっかりと身につきます。

 

文系の大学であれば、産学連携に力を入れている近畿大学もおすすめです。

就職率は98,2%であり、就職者の60.4が従業員数が500人以上の大企業に就職を決めています。

 

大企業に就職することが絶対的な幸福ではないかもしれませんが、就職偏差値上位に属す会社は、社会的な評価が高いからこそ存続をしています。

一方で小規模な会社やベンチャーは、当った時のリターンも大きいですが、社会的な地位は皆無。

数年後には潰れているなんてことも、当たり前に起こりえます。

 

特段優秀だったり、自分の腕一本で稼いでいく力がないのであれば、安易に小規模な会社やベンチャーへの就職はおすすめできません。

 

ベンチャーはやめとけ!激務で低年収!就職しても後悔するだけ!
細野です。 就職先を考える際に大手、中小、ベンチャーと大きく分けて3つの就職プランがあると思います。 僕であれば大手の面接に呼んでもらえず、魅力的な中小を自分で見つけるリサーチ力もなかったので、本命の大企業とベン...

 

在学中に稼げるようになることは必須

 

費用対効果の高い大学に進学が決まれば、奨学金という借金をして進学をしても、返済できる可能性が見えてきます。

卒業後の進路として、生涯年収が高い会社を会社四季報を見て選出し、そこから内定を取るべく逆算をして動いていけば、数百万程度の奨学金であれば返済が不可能ではないからです。

 

奨学金を使う場合は、回収を第一にキャリアも進学先も見ていかないと詰みます。

やりたい事、やりがい、ワークライフバランス。

これらは大事かもしれませんが、それが許されるのは経済力がある人だけなのです。

 

経済力がない人間は選択肢はなく、自分の時間を切り売りして1円でも多く稼がなければなりません。

 

なので、就職後のキャリアは収入の良さを第一に見ていき、奨学金の返済を3年以内に終えられる会社に絞りましょう。

 

なぜ3年なのかと申しますと、人が無理をして頑張れる限界が3年程度と言われているからです。

若く、ストレス耐性や体力に余裕がある時期に無理をして、債務を完済。

その後は続けられる職場や業界に転職をするという戦法を取ります。

 

大学をストレートで卒業すれば22歳。

そこから3年間、お金を稼ぐことだけに集中をしても25歳。

 

この年齢であれば問題なく転職できますし、未経験からでも雇ってくれる会社がたくさんあります。

 

言葉は悪いですが、進学から最初の就職をして3年間は、金に魂を売らなければなりません。

そうしなければ、あなたは債務者として借金の利息を支払うために、やりたくもない仕事を延々とこなさなければならなくなってしまいます。

 

卒業後に給料が良い会社から内定を取れるように、入学前から動くこと。

進学をした後も、良い条件で雇用をしてくれる会社から内定を取るため、ありとあらゆる努力を継続するのが基本です。

遊ぶ時間は1秒もありませんし、必要ないです。

 

成功してからその手のものに手を出せばいいので。

 

上記のメンタリティで戦略的に行動をすれば、いま経済的に余裕のない家庭にいても何ら問題ないです。

貧乏とは思考であり、考え方を改めれば経済力を身につけることは難しいことではありません。

 

そして戦略的な進学と就職を見据えることとセットで、もう一つ取り組んでほしいことがあります。

 

それはビジネスです。

 

ビジネスに取り組み、自分でお金を稼げる状態になること。

これが、大学の学費を心配しているあなたが、1秒でも早く実現しなければいけない課題です。

 

なぜビジネスをやらなければいけないのか?

 

債務を抱えるあなたにとって、年間80万〜120万を超える学費を減らすことは、至上命題です。

奨学金の返済期間は、一般的には16年程度ですが、支払う金額には金利も含まれています。

この金利は返済までの期間を短くすれば少なくすることが出来、完済を早めれば支払う額を減らすことが可能です。

 

ですから会社から収入を得る卒業後までに、何らかの形で自分でもお金を稼げる状態になったほうがいいのです。

 

お金を稼ぐとなるとアルバイトが第一に候補に上がりますが、これは東大クラスの大学以外はおすすめしません。

東大クラスであれば家庭教師業をやることで高い時給を得ることが出来ますが、それ以外の大学ではこれが出来ません。

 

そうなると、一般的なアルバイトの時給である1000円前後以上を稼ぐことは不可能。

これだと月に数万から良くて10万弱がいい所。

生活するためのお金を支払うと残りません。

 

しかしビジネスで稼げるようになれば、この状況は一転します。

月に20万以上が可能になり、作業を人に任せることで、ビジネスに投じている時間に関係なく大きな報酬を得ることが可能になります。

 

一般的な仕事では、勤務時間数とポジション(偉い地位に出世している事)でしか収入を上げることが出来ません。

それには時間もかかる上に、昇進がフェアに行われない事もありえます。

 

巨大な会社であれば最初に配属された部署で出世の幅が決まってしまうなんてことも。

 

一方でビジネスであれば、完全に実力社会。

1年目の新人だろうが、10年間やってるベテランだろうが関係ありません。

 

夢が大きい分、ライバルも多く、全く結果が出ずに終わる人も少なくありません。

 

しかし多くの人にビジネスを伝えてきた僕に言わせると、殆どの人はビジネスをやる以前。

お話ならない程レベルの低い人が多いのです。

 

具体的には、時間をかけずに抜け道を見つけようとしたり、楽をして稼ぐ方法を探そうとするなどです。

受験勉強や会社での仕事もそうであるように、最初の間は時間をしっかりと割いて、ルールややり方を何度も反復する必要があります。

 

僕であれば大学在学中にビジネスを始めましたが、空き時間の全てをビジネスに投入しました。

その結果、在学中に月に30万円を超えるお金を稼ぎ出すことが出来、学費、食費、交通費、就職活動にかかるお金を全て自分で支払うことが出来るようになったのです。

 

僕自身は裕福な家庭で生まれ育ち、奨学金を微塵も必要としない環境でしたが、最悪奨学金を使っていても、2年もせずに完済が出来る経済力を大学在学中に身に着けていたのです。

 

すでに進学をしている人はどのように対策をすればいいか?

 

この記事を読んでくれている方の中には、すでに大学に進学をしている方もいらっしゃると思います。

 

すでに進学をしている場合は、自分が属している大学の就職実績やブランド力を見てください。

 

偏差値50以下の大学で、就職実績が弱い大学ならば通うのは時間の無駄です。

即刻退学届を提出し、奨学金の受け取りも停止をしましょう。

 

そしてビジネスとアルバイトを並行しながら、完済をまずは目指してください。

 

きちんと実績になる大学に進学をされている方であれば、卒業後のことはそれほど心配しなくても大丈夫です。

良い待遇で雇ってくれる会社を選定しつつ、ビジネスで月に10万でも20万でもいいので稼げるようになっていきましょう。

 

きちんとした大学に進学できる知性がある方であれば、3ヶ月から半年も頑張れば、ビジネスで稼げるようになるはずです。

 

まとめ

 

周りが進学する、奨学金を使えばいい。

安易な気持ちで戦略性のない大学進学を決めてしまうと、そこから先の人生設計が大幅に狂ってしまいます。

 

就職で回収ができない大学には絶対に進学しないこと。

在学中にビジネスに取り組み、奨学金の完済を目指すこと。

 

この2つを実現できるように、今日この瞬間から行動をしていきましょう。

 

資本がないと起業することが出来なかった時代と異なり、現代社会では資金や経験がなくても始めることが出来るビジネスがあります。

副業としても相性がいいネットビジネスに参入をして、経済的自立を実現していきましょう。