LINE@ステップ配信の作り方。エキスパとの組み合わせがおすすめ

LINE@エキスパ エキスパートメール

この記事の所要時間: 933

2019年にLINE@の料金体系が変更され、使った分だけ料金が請求される従量課金制になりました。

その事でLINE@だけで情報発信をしていた人たちは爆死をして、インフォ業界から消えていきました。

 

僕は過去にLINE@のAPIを利用するために毎月3万円を払い、LINE@でステップ配信を行うためのシステムに1万円を払っていました。

月に4万円を超える固定費をLINE@のために使っていましたが、そこまでして続けることに価値を感じられず、ここ最近はLINE@は一切使わず、メルマガ情報発信に力を入れていたのです。

 

今回、新しい料金体系について詳しく見ていくと、常識的な配信数であれば、以前よりも安い固定費で使えることがわかりました。

そこで、さらに掘り下げて調べた所、僕が使っていたLINEステップよりも安い価格で利用できるサービスがある事が判明。

しかもその会社は業界で歴史のある、メルマガ配信システムを提供している会社でした。

 

さっそく契約して使ってみたのですが、これがなかなか便利なので、ガチで紹介したいと思います。

ネットビジネスだけでなく、オフラインのビジネスでも活用できるやり方なので、ぜひノウハウを持ち帰って頂ければと思います。

 

ステップメールを作る重要性

 

情報発信を行う上で、新規のお客様に自社の理念やサービスの特徴を認知してもらう事は欠かせません。

見込み客は常にあなたをフォローしているわけではなく、あなたの評判や実績を知って、後から興味を持つお客様が圧倒的に多数です。

 

ですから、後から自分の発信に興味を持ったお客様が、あなたの発信に追いつけるようにするために、ステップメールという仕組みを使って、自動化をします。

 

ステップメールというのは何かというと、事前に登録したシナリオを配信してくれるシステムの事です。

配信の期間や時間、送る内容を自由に設定することが出来、新人研修や商品販売、資料の配布など、多様な分野で活用が期待できます。

 

ステップメールがあるからこそ、メルマガを使う価値があるし、LINE@においてもステップ配信を行うことで反応を高める効果が予想できるのです。

 

なぜLINE@を使う必要性があるのか?

 

そもそも僕はLINEを普段あまり使わないので、LINE@なんて別にやらなくてもいいかなと思ってました。

以前LINE@を運用していた時には、流入経路を測定していましたが、LINE@経由で成約をする割合は、メールよりも低かったのです。

 

なので、高いお金払っている割に、費用対効果が微妙だなーと思ってました。

 

しかしメルマガの到達率が低下をしていき、GメールやiCloudのメールに届かなかったり、スパムメールフォルダに入ってしまうという報告を受けるようになり、考えが変わりました。

メルマガを主軸に情報発信をするにしても、何かしらの形で到達率を補うシステムが必要です。

 

僕にとってそれはLINE@でした。

LINEは年代を問わず利用している人が多く、日本ではナンバーワンのSNS。

これを導入せずに到達率の改善を行うことは困難と判断したのです。

 

LINE@最大の弱点をステップ配信で補う

 

LINE@は初期設定だとステップ配信を行うことが出来ません。

 

登録時に送ることが出来るウェルカムメッセージを送信する設定はありますが、ステップ配信を行う設定は公式の管理画面にはありません。

 

しかし外部のシステムを使い、LINE@のAPIを利用することで、ステップメール配信をLINE@でも行うことが可能になります。

LINE@最大の弱点だった自動化の弱さをステップ配信を使うことで補うことができるのです。

 

具体的にどうやればいいのか?

 

これは外部のサービスを利用して実現します。

LINE@でステップ配信を行うツールは、月額3000円〜1万円程度で多数の会社から販売をされています。

 

その中で選択肢に入るのは、二社のみ。

この分野で一番最初にシステムを販売開始したLINEステップと、メルマガ配信の老舗であるエキスパです。

 

僕自身は過去にLINEステップを使っていましたが、現在はエキスパを利用しています。

 

なぜ僕がエキスパを選んだのか、次の項目で掘り下げて解説をします。

 

LINEステップとエキスパの比較

 

両者の機能面を比較すると、LINEステップでは問い合わせのボタンを設置したり、流入経路を分析できたりと、かなり高度な機能が搭載されています。

一方でエキスパの方はステップ配信に特化をしており、利用料金は無料です。

 

LINEステップでは配信数に応じてシステムの利用料金も上がっていき、月1000通までは2,980円、月15,000通までが19800円、45000通までは29,800円です。

毎日のように配信を頻繁に行うスタンスだと、月間配信数は10万通を超えてしまうと思います。

 

LINE@は従量課金制になったため、頻繁にLINEで連絡を送る人に割高なサービスとなってしまいました。

 

一方でエキスパであれば、LINE@の利用料金さえ支払っていれば、システムの利用料金は無料です。

APIを使う機能を無料で開放しており、一番安いプランで契約をしても何通でも配信可能です。

 

エキスパの料金で一番安いプランは2,970円であるため、LINE@の料金プランと合算して、月2,970円からの運用が可能です。

 

まず配信数が月に1000通以下の小規模配信であれば、LINE@の利用料金は無料。

エキスパの維持費だけで配信が可能になります。

 

次に登録者がターゲットリーチ数(新規で登録されたLINE@の読者数)5000人以内は5,400円。

そしてターゲットリーチ数100,000人以内は21,600円です。

 

配信の規模にもよりますが、殆どの人はフリーまたはベーシックプランで間に合うのではないでしょうか。

 

僕自身はベーシックプランで契約をし、これにエキスパを組み合わせてLINE@でステップ配信を行っています。

 

用途によっては機能面が豊富なLINEステップに軍配が上がるのかもしれませんが、僕の場合はあくまでもメルマガの補佐という位置づけでLINE@を使います。

なので、シンプルに機能が実装されているエキスパのほうが、自分には適していると判断したのです。

 

エキスパでLINE@ステップ配信を組む流れ

 

エキスパの管理画面の中にLINE@という項目がありますので、そちらをクリックします。

 

 

すると、このような画面に飛びますので、APIの設定をやっていきます。

 

 

APIの設定に関しては、エキスパ内にマニュアルが用意されていますので、それを見ながらやれば大丈夫です。

 

チャンネルシークレットとアクセストークを取得し、エキスパが発行してくれるウェブフックURLをLINEデベロッパーの管理画面に貼り付ければ、設定は完了です。

 

従量課金制になったLINE@と今後どのように付き合っていけばいいのか?

 

メルマガを使わずにLINE@でだけ情報発信をしていた人は、従量課金制になってビジネスが成立をしなくなってしまいました。

 

情報弱者を対象とした詐欺系ローンチなどでLINE@は多用されていたので、この仕組は良い結果に結びついたのではないかと考えています。

 

しかし中にはまっとうに発信をするためにLINE@を活用していた人もいるでしょう。

LINE@は大企業も当たり前に使っており、今後LINE@を使った販促費用の高騰は必至。

 

自社のアプリにLINE@のお客様を移動させて、自分たちのプラットフォームの中で情報配信を行う会社が今後増えていくでしょう。

 

個人でビジネスをやっている発信者も、LINE@に依存するのではなく、どこかしらのタイミングで自社アプリの開発に着手をしたほうがいいのではないかと考えています。

川島和正さんは、メルマガを自分のアプリで配信しており、これであれば到達率は100%で、LINEのように利用料金もかかりません。

 

今後は川島さんのように、アプリを作ってメルマガを配信する人も増えてくるのではないでしょうか。

 

LINE@で取得したお客様の情報は、顧客リストではないと僕は考えています。

アカウントが停止になったら、それらは全て失われるし、LINEという会社のルールの中で運用をしなければいけないからです。

 

LINE@のルールとして、例えばアフィリエイトは禁止されているので、軽い気持ちでアフィリリンクを流していると、ある日いきなりアカウントが停止なんてことも。

 

LINEは便利なツールですが、これだけに依存をする状態を作るのは、非常に危険だという事です。

あくまでもメインはメルマガであり、他のSNSでも自分をフォローしてもらえるように、発信の入り口は分散をしておいたほうがいいです。

 

まとめ

 

従量課金制になる前は、海外のLINE@アカウントを取得することで、APIの利用料金を無料で配信し放題だった時期があったようです。

その時に詐欺系ローンチの人たちが悪用をして、LINE@側が対策、仮想通貨系などを中心に大量のアカウントが削除されたと聞いています。

 

現在では海外のLINE@アカウントを取っても、そのアカウントは自動的に従量課金制のアカウントに移行をさせられるため、意味がありません。

たくさん配信をしたら、配信をした分のお金を払う。

LINE@は全世界でこのような仕組みに変わっています。

 

今後LINEが廃れてなくなってしまうことはないと考えますが、情報配信の基本はあくまでもメールであること。

相手のメールアドレスを取得するというアクションすら起こすことが出来ない発信に、未来はないことを覚えておきましょう。

 

エキスパを使ってLINE@と連携をさせてみる