身の丈にあった生活をしないからあなたは貧乏なんだよ

この記事は約12分で読めます。

こんにちは、細野です。

今日は借金に対する僕の考えを書いておきたいと思います。

なんでこんなことを書くのかって言うと、
僕が過去に担当した人の中に借金している人が何人かいたんでね。

 

で、せどりを始めとする物販をやろうとすると
仕入のお金や資材の購入、交通費など
まとまったお金がないと厳しい。

だから借金がある人とか、
お金に切羽詰まってる人がせどりやろうとしても
かなり厳しいというのが現実。

 

世の中には借金が出来ない人は二流と言う人もいますが、
僕の考えは違います。

僕は今まで無借金経営で回してきて、
ビジネスで出た利益を次の投資に回して、
その投資から上がってきた利益をまた次の投資に回して…
というのを繰り返してきました。

 

高額サービスを支払う時も
現金一括で毎回支払っています。

僕にとってこれが当たり前であり、
借金などせずとも経営は回せるもの。

特に資本が少なくても取り組めるネットビジネスは
その傾向が躊躇。

 

で、借金をする理由にもよるんですが、
過去に僕の顧客であったのは
離婚に伴う費用が払えずに借金を持ったというパターンがありました。

あるいは大学に進学するために
貸付金を使った金利付きの奨学金というのを利用して、
大学卒業時点で700万円の借金があるという人もいました。

 

借金をすることの最大の問題というのは
スタート地点が0ではなくて
マイナスからのスタートになってしまうことです。

0を1にするのも結構大変なのに、
それがマイナス。

しかも数百万単位となると
数年から長くなると10年単位で返済計画を練っていかないとならない。

 

今まではそれでもネットビジネスに集中をして取り組んで
借金返済を短期間で済ませたほうがいいと思っていたのですが、
最近になり考えが変わりました。

お金に困ってる人はアルバイトやったほうがいい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これが僕の現在の見解です。

 

自分で富を生み出す能力がない段階で
生活の全てをネットビジネスに賭けてしまうと
稼げなかった時に戻る場所がなくなってしまいます。

会社勤めしながら、収入が本職の3倍を超えたら独立を考える。

木坂さんは以前こんな内容のことを話していましたが、
この指摘って結構的を得ているなーと思うんです。

会社勤めで30万稼いでる人は90万円以上を
安定的にネットビジネスオンリーで稼げるようになったら
独立を考える。

 

でも現実を見ると
今月の家賃、数カ月後の生活さえも危ういのに
会社辞めてネットビジネスに打ち込むという人もみかけます。

それで上手く行けばいいのですが、
挫折をして撤退していく人も多い。

 

大学も今はどうなんだろう。

偏差値が60超えてるような大学なら行く価値あると思うけど、
55切ってるような大学に借金してまで通う価値って
僕はないと思うんですよね。

学歴にならないし、
通ってる人のレベルもそこまで高くないし
あまりよい影響をそういった環境では得られないと思います。

お金がないけど大学に行きたいなら
特待生度がありますし、
国立大学であれば年間100万以下で通うことが可能。

なんで、お金ないけどどうしても大学に行きたいなら
特待生になるか、国立大学に合格をして
アルバイトしながら卒業をするというのがいいです。

それ以外の無名大学や
二流以下の大学なら
借金してまで通う価値はない。

 

僕のメールを読んでいる人の中に
どれぐらい現役高校生の人がいるかわかりませんが、
皆、大学を神格化しすぎじゃないですかね?

厳しい校風の大学は別として
二流以下の大学の存在意義って薄いですよ。

別に大学に通わなくても
自分で本を読みまくれば
大卒に負けないレベルの教養は身につきますし、
僕自身、大学を卒業してから勉強に力を入れましたが、
現役時代には負けていた人を追い越せたと感じています。

 

大学入学時点では優秀だった人も、
卒業をしてから勉強をしなくなって成長速度が鈍化していたり、
社会人になった途端、普段の仕事に忙殺されて
会社の業務をこなす以外何もできなくなっていたり。

その横で僕は自分が必要と思うことに
集中をして取り組んで
成長速度は遅いかもしれんけど
コツコツ勉強を続けて、どんどん知のネットワークを広げています。

今、色々とアイディアが出てきたり、
何かうまくいかないことがあってもすぐに切り替えられる理由は
様々な知識、体験を取り入れるようになって
思考の自由度が高まったからです。

 

僕は自分で言いますが
比較的、持続性や粘り良さがあるタイプなので、
上手く行かなくてもアプローチを変えて取り組むことが出来ますし、
あるジャンルではダメな手法でも、
それを別のジャンルに移動させるとうまくいくパターンがあるのを知ってるので、
一つの手法がコケたからって焦ることはない。

多くの取り組みに自分の知識なり、行動を分散させて、
それらがいい感じにバラけて結果に繋がっていくので
一つや二つダメになっても平気なのです。

 

借金をしている人や
持続性がない人ってのは
この余裕が圧倒的に足りないですよね。

9回勝1敗さえも許されない人生。

以前この言葉を使ったことがありますが、
まさにこういう状況なんだと思います。

 

僕は人生は勝率3割、4割でも回る仕組みのほうがいいと考えています。

10回チャレンジして7回負けても
残りの3回で大きく勝ってトータルをプラスにする。

そのために色々学んで、
色々行動をして
そのフィードバックを毎日観察していく。

これの繰り返しだと思ってます。

 

そしてこれをやるためには
失敗を受けいれる余裕。

許容が不可欠なんです。

 

借金をしてしまうと
余裕の無さが全面的に出て
しょーもない商材掴まされたり、
高額塾でカモられたりして
ますます状況が悪化します。

資金が全てではないですが、
短くとも半年、
理想的には数年ぐらいは生活が回せる見通しは
常に持っていたいですね。

その余裕が無いならもっと現実的な選択肢をしながら
理想を目指すべき。

僕はそのように考えています。

 

貧乏思考を克服する

 

人は自分が信じ、成りたいと思った人間になっていくのです。
例外はありません。

例えば僕の所に来る人で
「お金がありません。貧乏です。稼ぎたいです。」という人がいます。
(結構多い。)

しかし彼または彼女の話を聞いていくと
これはアフォメーションなんですね。

 

どういうことかというと、
”神様どうか私を貧乏にして下さい。私は貧乏である自分を明確にイメージできます”という状態です。

「そんなバカな。
俺は金を稼ぎたいと心から思っている。
色々ノウハウも買ったし、セミナーにも参加した。
塾にも最近は參加して人脈も作っているんだ。
貴様に何がわかる!」

この指摘をするとこういう反論や
顔をされることがあります。

でもそれでも僕は言います。

 

今の貧しい状況は他ならぬあなた自信の決断によって
構築をされています。

例えば以前こういった記事を書きましたが、自分自身にも当てはめてみてください。
身の丈にあった生活。

本当に出来てます?

 

年収が600万すらないのに
200万とか300万の車買ってないですか?

 

携帯の料金いくらですか?
まさか1万円以上払ってたりしないですよねー。

 

保険は比較をしました?
住宅は賃貸ですか?持ち家ならなぜその家を買いました?

 

奨学金を借りました?
へぇ、偏差値いくつの大学ですか?国立?

 

こうやって掘り下げていくと、
素直な人であれば自分の行動がズレていて
身の丈にあった生活が出来てない事が見えてくるでしょう。

見栄っ張りな人やプライドが高い人は
こういう指摘をされても
自分だけは違うと思ってしまい抵抗するようです。

だからお前の家計は火の車なんだろ。
いい加減気がつけよ愚鈍が。

 

貴方自身が考え方や行動を改めない限り
これから先も未来永劫貴方は貧乏で惨めな人生を過ごし続ける事になります。

 

じゃあ適切な思考ってどういうもの?

それはまず今まで散々書いてきた通り、
身の丈にあった生活を徹底し、
その上で渇望を持つことです。

そしてそれが実現できると強く信じること。

 

一番手っ取り早いのが
紙に書いたり、スマホの待受にしてしまうことですね。

毎日自分が成し遂げたい目標や願望を
出来れば具体的に視覚化をし
音読もすると良いです。

これを起きた後と、眠る前にやると
軽い自己洗脳を引き起こし、
今まであれば出来なかったことが出来るようになります。

 

前は人に質問するの苦手だったけどなぜか聞けるようになった。
思わぬチャンスが自分の所に訪れた。

意識を変えただけで
こういったことが起きるようになるのです。

何が変わったのって
心構え(マインドセット)と意識の2つだけです。

 

ここをズレを発見する度に修正していけば
どんな自分にも慣れますし、
理想に近づいて行く事が出来ます。

今どのような状況にあっても
まず最初にやらなければいけない事は
しょぼい自分を認めることです。

僕は自我の破壊と言ってますが、
これが出来ない人が多い。

 

うまくいってないのに自分のやり方なんていらないです。
捨ててください。

付き合いもうまくいってないなら全部切り捨ててよいです。
これからステージが上がっていけば自然と向こうから離れていきますから。

そうやって自分を取り巻く悪しき習慣を全て切り捨てて
自我を完全に破壊した時に
本来の自分、理想に向かって前向きに近づく自分が出てきます。

あとはひたすらがむしゃらになってやりぬくだけです。

 

気がついたらお金持ちになっているだろうし、
人脈も勝手にできているだろうし、
精神的にも時間的にも満たされた生活がそこにはあるはずです。

大切なのはそれを渇望すること。
そしてそれが出来る実現すると強く信じる事。

これを毎日反復して
やるべきことをやっていれば
どんな夢でも叶えることが出来ます。

 

目標管理は自分だけだと難しいので
サポートしてくれる人をつけると
ズレを指摘してくれて最短ルートで成功をする事が出来ますね。

人間変わろうと思えば変われます。

俺はダメなんだ…と腐る前に、
自分の身辺を整理してもう一度頑張ってみましょう。

 

交際する人を選ぶ。貧乏人の友達は貧乏

 

個人的な失敗体験をシェアをしたいと思います。

どういう話かというと、お金と友達についてです。

 

僕は大学を卒業して一番最初に起業をした時に
中学時代の友人と起業をしました。

なぜ彼と一緒に起業をしたかというと
僕は行きたい会社がない、
彼は起業する気で準備を進めていた。

ビジョンに共感したとか、
ミッション・ステートメントに感動したとか
そういうの一切ないです。

ノリで決めました。

ビジネスはスピードが命ですから
時にはノリで決めてどんどん進んでいかないといけない時もあります。

でもこの選択はなんていうか甘かった。

 

右も左も資本主義のなんたるかがわからないガキが
ビジネスの真似事をして起業をしてもうまくいくはずがないんです。

もちろんずっと続けていけば突破口が見えて
人脈も増えて徐々に
事業が育っていった可能性もあるでしょう。

でも組織を作って、大きくして、
でっかいビジネスをやりたいと考える彼と
自分が楽しく、忙しすぎず暇すぎずやっていければいいと考える僕では
元来目指している方向が間逆でした。

そして僕自身が会社という場所でどういった貢献をすればいいのか、
他人と一緒に毎日顔を合わせて活動をする事に情熱が注げず
前向きな気持で仕事に取り組むことが出来ませんでした。

 

結局2ヶ月と経たずに
立ち上げた会社からは逃げるように立ち去り、
その後友人との関係は希薄になっていきました。

仲が悪いとか、そういうわけじゃないんですけど、
出資したお金も減ってしまいましたし、
お互い付き合うメリットもないし、
会って話すこともない。

友人からビジネスパートナーになったことで
良くも悪くもお互いを利害でしか見なくなってしまいました。

 

僕は個人的に友人や親族とビジネスをやるのは
難しいんじゃないかと思います。

深く一人の人間をずっと一緒にやっていくのって
僕らがイメージするよりもかなりしんどいです。

ずっと一人の人と付き合えたらいいんですけど
家族でさえ距離がある程度あったほうがうまく付き合えるように、
一人の人とずっと付き合うってすげー難しいことなんです。

だから僕はパートナーシップとか、
プロジェクト単位でしか今は人と一緒にビジネスはしません。

 

社員を抱えて社員が自社の事業を発展させてくれれば
経営が安定するのはわかっているんですが、
僕の中でそのメリットをデメリットが大幅に上回る感じ。

今はインフラ整備が進んだおかげで
会社を作っても社員を持たずに
毎月数百万規模の収益を仕組み化して稼ぐことが出来ますし、
毎月数百万の収入が入れば
家族がいてもそれなりの生活を維持していく事が出来ます。

なので今後も僕は人を雇うつもりはなく、
パートナーシップであったり
ジョイントベンチャーという形態でビジネスに取り組んでいきます。

冷たい人間だなーと思うかもですが、
人付き合いは元来苦手であり
一人でいることでリラックスできますし、充電出来る。

 

一時期、大学時代のクラスメイトに
輸入を任せようと思ってパソコンを買い与えて作業をやらせたら、
行動しないことしないこと。

友人でさえこんな感じなので
他人に動いてもらうのってすげー大変なんだなーと。

ビジネスに巻き込むことで友人関係も崩壊してしまい、
もうこいつとは一生縁がないなーって
裏切られると思ってしまいます。

 

人を信じたらダメですよって、
僕のメンター的な人にも言われて
寂しいなーと思ったりもするんですけど
引きべきラインはしっかり引いて
きちんと管理していけって意味なんだと思います。

友人と起業しようと思ってる人や
親戚を自分のビジネスに巻き込もうと思ってる人は
言葉にするように大変なことがあるんで気をつけたほうがいいです。

僕は友人や親族とビジネスをするのはオススメしません。

得るものよりも遥かに多くのことを失うと思うから。

 

 

コメント