バイヤーズ転売は稼げる?無在庫の販売先は?自動化ツールは?

バイヤーズ バイヤーズ

この記事の所要時間: 543

卸からの仕入れとして、初心者でも実践が可能なのが、ネッシーとトップセラーです。

トップセラーやヤフーショッピングやカラーミーショップと自動連携する機能が用意されており、無在庫転売との相性も良いです。

 

最近になり、この2つに続き、バイヤーズという卸サイトでも半自動レベルの在庫管理が出来ることがわかりました。

似たようなサービス名として「バイヤーズドライブ」というものがありますが、これとは別物。

 

バイヤーズは日本国内にある倉庫の在庫を、卸価格で仕入れることが出来るサービス。

今回はこのバイヤーズについて、無在庫転売との相性や、仕入れをして設けることが出来るかを、考察していきます。

 

バイヤーズの登録方法は?ふるせるとの違いは?

 

バイヤーズは個人でも登録できる卸サイトで、元々は「ふるせる」という名前で活動をしていました。

倒産品や在庫処分品を買い取り、それを会員に向けて激安で販売しています。

 

トップセラー同様、無在庫販売をする事を許可しており、ドロップシッピングや無在庫転売を実践している転売店長達から愛用をされています。

転売仕入れとしての機能だけでなく、在庫買い取り、Amazonカタログ作成サービス、中国輸入代行サービスなど、転売ヤーとして利用する上で助かるサービスが多々用意されています。

 

転売仕入れとして稼げるサイトなのか?

 

バイヤーズで販売されている商品には、JANやISBN情報が付与されていないため、ツールに放り込んで価格を比較する事がで出来ません。

売れる商品を見つけるコツとしては、各カテゴリーの売り上げランキングを見ていくことです。

ランキング上位にある商品は転売店長が仕入れている商品であるため、利益が出る商品である可能性が大きい。

 

なのでバイヤーズに登録して最初にやることは、ランキングの確認です。

そこからニッチな分野を掘り下げたり、SEOを上げやすい商品を見つけたり、SNS(主にInstagram)で反応が取れる商品を探していきます。

 

無在庫転売の仕入先として活用できるか?

 

運営会社はトップセラーと異なり、歴史のある物販の会社ではありません。

元々転売をやっていた方が、組織化をしていく過程で培った人脈を利用して卸サイトとして運営をされています。

 

ですので、トップセラーのように在庫を自動的に同期して、運営を効率化する事は難しいです。

サイト内部もごちゃごちゃしており、初心者には使いにくい仕様となっています。

 

Amazon仕入れに使う方法は?

 

バイヤーズではISBNやJANを商品説明欄で提供していません。

この理由としては、Amazonカタログ作成サービスを提供しているので、そちらに誘導をしたいからだと思われます。

 

商品のタイトルも癖のある付け方で、ツールを使った大量分析がやりにくい仕様になっています。

一つひとつの商品を比較しながら掘り下げていけば、Amazonよりも安い商品を見つけることは可能ですが、効率が悪すぎるためおすすめしません。

 

ヤフオク転売に使う際の注意点

 

国内の商品を無在庫転売する場合、アカウントがすぐに停止しやすくなっています。

アカウント耐性を高めて、評価を少なくとも100〜150前後までは持っていき、複数のアカウントを常に保有するようにしましょう。

 

僕であれば最初の1ヶ月は3つから5つのアカウントを育てる、育成期間として利用します。

 

メルカリ転売で稼ぐことは出来るのか?

 

ヤフオクでリサーチをすると、バイヤーズの商品を転売していると思われるアカウントが見つかります。

そしてメルカリを調べてみても、やはりバイヤーズで仕入れたであろう商品が散見されます。

 

これが意味する所は、メルカリでもバイヤーズを使って利益を出すことが可能だということです。

バイヤーズの売り上げランキングの商品をメルカリで調べてみることをおすすめします。

 

メルカリで無在庫販売が出来るか?という質問ですが、バイヤーズは初期設定では納品書が入らない仕様になっており、公式に無在庫での転売を許可しているため、理論上は可能です。

しかし無在庫転売はユーザーから通報されたり、他のライバルから運営側に報告をされると、すぐにアカウントが停止します。

 

納品書が入らないオリジナルのダンボールで出荷されているから、メルカリとバイヤーズを組み合わせて転売が出来ると考えるのは危険だと言えるでしょう。

プラットフォームを使ったビジネスはすでにオワコンと化しており、将来性がありません。

 

在庫管理のコツは?

 

仕入れをしない無在庫転売の場合、一番難しいのは在庫管理です。

売れた時に仕入れが出来ない問題が発生をし、それがアカウント耐性を低下させます。

 

バイヤーズに登録されている商品を販売していくと、売れた時に品切れで仕入れが出来ないという状態が訪れるでしょう。

在庫切れを防ぐためには、定期的に在庫状況の確認が欠かせません。

 

しかしこれを手動でやると、大量の在庫管理をしなければならず、時間が不足します。

そこで活躍するのが、バイヤーズが提供している「在庫管理シート」です。

 

バイヤーズ在庫管理ツールダウンロード
バイヤーズの商品を転売される場合、在庫管理が重要になります。 在庫管理を簡単にするための無料ツールを配布してお…

 

これを使うことで、在庫管理を自動化出来、大量の商品を販売していても機会損失を起こすことがありません。

 

まとめ

 

バイヤーズは無在庫転売と相性が良く、トップセラーとの併用で、扱える商品の幅が広がります。

トップセラーだけを使っている転売店長と商品の重複をずらすことで、価格競争や回転率の低下を防ぐことが出来ます。

 

元々は法人相手の取引に特化をして運営されていたバイヤーズですが、現在では個人転売ヤーにも門徒を開いてくれています。

一度バイヤーズを利用して、自身の転売の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

 

仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ |