ショップサーブの料金と評判の実態。ぼたっくりにも程がある。個人には不向き

ショップサーブ ショップサーブ

この記事の所要時間: 857

ECサイト構築にあたり、重視するポイントは何でしょうか?

 

システムの利用のしやすさ、情報の豊富さ、ノウハウの有無、SEOの強さ。

様々な要素があると思いますが、僕らは世界規模でそのサービスがどれだけ普及しているかを見ています。

 

なぜかというと、世界で普及をしているサービスは、その優位性が多くの国と地域で証明をされていることの現れであり、日本においても高い期待値を取れる可能性が大きいからです。

実際に僕らが初心者におすすめをするECサイト構築サービスである、shopifyは世界で二番目に普及をしているECサービスとして、様々な国で高い評価を受けています。

 

これからネットショップを開始する人にとって、始めやすい利用料金、着実に集客ができる環境。

それがshopifyには整っています。

 

その横で日本のECサイト構築サービスはどうかといえば、完全にガラパゴス状態です。

機能面では海外勢に周回遅れ状態、費用対効果は物凄く悪いです。

 

今回はその中でも准大手と言われるショップサーブについて掘り下げて分析し、このサービスをこれからECに参入するにあたり、導入する価値があるのかを浮彫にしていきます。

 

ショップサーブの料金

 

たとえ高い料金体系であっても、機能が充実していたり、他では実現できない仕組みが実装できるのであれば、導入する価値があると言えます。

ショップサーブの機能面を見た時に、競合のmakeshopやカラーミーショップに比べて、かなり細部に至るまで、機能面が充実していることがわかります。

 

例えば集客促進として訪問客に提案する商品をAIが自動で選定をして提案をしたり、shopifyで搭載されているカゴ落ち機能が用意されていたりと、国内のECサイト構築サービスとしては、かなり力を入れていることがわかります。

 

しかしながら、料金面では機能面の充実もあり、非常に高く、一番安いプランでも月額15,000円となっています。

一番安価なパブリックというプランでは、500商品まで登録可能で、クレジットカードを含める決済機能が標準で搭載されています。

 

決済機能が含まれていて、機能面が優れている時点で、makeshopよりはマシですが、500商品で15,000円というのはなにかの間違いではないか?と思ってしまう基準です。

無在庫販売においては、データを集めるために一定の規模の数が必要であり、未経験の人であれば2000個から3000個は登録が必要になってきます。

 

500商品ではデータを集めきることも出来ず、不完全燃焼で終わってしまうでしょう。

 

ところが、これよりも多くの商品が登録可能な、ベーシックプランにしようとすると、月額利用料金が3万円を超えてきます。

これはスタートアップ企業には高すぎであり、収益化をするまでに挫折をしてしまい、赤字を垂れ流して終わる人が続出するでしょう。

 

shopifyであればショップサーブで出来ること以上が実装でき、月額利用料金は29ドルです。

29ドルで登録商品数は無制限、クレジットカードを含む決済機能が最初から搭載されています。

 

そしてstoresであれば無料からスタートでき、やはりクレカ決済やキャリア決済、コンビニ決済までもが標準で搭載をされています。

有料プランでも月額利用料金は1000円前後であり、1年間赤字が続いたとしても、ショップサーブの1ヶ月の利用料金よりも安い負担で継続することが出来ます。

 

さすがに1年間継続をして、データが集まらないことって無いし、需要のある商品を扱っていたら成約は出るはずです。

 

出ないとしたらそもそも入口の部分でリサーチをミスっているか、需要のない商品を延々と商品登録していただけの可能性が大きい。

 

有限である時間を何に使うかというのは、非常に重要です。

 

資金的な負担が少ないビジネスで、可能な限り短い期間で収益化をすること。

これがビジネスの初期段階では欠かせない視点です。

 

ショップサーブに向いている人

 

機能面では充実しており、世界で普及しているECに引けを取らないスペックを持っているショップサーブ。

しかし料金面では、世界標準(月1000円〜3000円程度)に全く追いつけておらず、日本のIT会社の限界を感じます。

 

そんなショップサーブですが、対象を絞れば向いている人もいます。

 

まず資金が豊富な法人です。

 

特殊なノウハウがなく、最初の数年間は赤字でも良い。

その間に外部のコンサルや、自社商品の開発、社内の人材を育成して、一つの事業として育てていきたい会社には、ショップサーブはおすすめできます。

 

ビジネスモデルとしては、在庫を持って販売をする、有在庫販売のショップが適しているでしょう。

数千個〜数万個の商品を登録し、それらを最適化しながら収益を積み重ねていく無在庫物販とショップサーブは相性がよくありません。

 

むしろ数少ない商品数を、丁寧に販売していくスタイルのほうがショップサーブの場合は、適しています。

なぜかというと、他社には存在しないLP作成機能や、リピート注文機能をオプションではあるもののつける事が出来るからです。

 

僕は自社商品をアフィリエイトを使い拡散し、それを自社の決済システムで販売すれば、それはもっとも安定した物販ビジネスに育つと発信してきました。

自社商品の開発には、経験も知識も資金も必要であるため、初心者が実践すべきビジネスではありません。

 

しかし事業として物販に取り組んでいる会社であれば、長年の経験により、他社が持ってない視点を持ち合わせています。

あるいはオフラインの店舗などですでに自社商品を取り扱っており、それをECという販路で販売したいというケースもあるでしょう。

 

ECの経験がない事業会社がネット物販に進出する際には、Amazonや楽天、ヤフーショッピングのようなプラットフォームで販売を開始するという方法もあります。

これらは集客の問題をクリアし、運営開始から短い期間で受注を取りやすいというメリットがあります。

 

しかし他社との比較、バカ高い手数料を取られるという欠点もあり、長く続ける手法ではありません。

どこかしらのタイミングで自社でECを開発し、獲得した顧客リストに向け自分たちで作ったECサイトの存在を認知させ、そこから注文が入る仕組みを作るべきです。

 

僕であれば、オウンドメディア(ブログ)とSNSを組み合わせて、SEOとSNSから安定的にお客様が集まる仕組みを作り込んでいきます。

同じような商品はリバースエンジニアリングをすれば、よほど特殊な商品でない限り真似することが可能ですが、集客の仕組みは簡単に真似ができません。

 

なぜならばネットにおける集客とは、唯一無二であることが求められ、同じようなコンセプトであれば、オリジナル以上の反応を取ることが出来ないからです。

後発は先発を超えるコンセプトや、斬新さを求められますし、SEOで上位表示を狙うことが難しくなります。

 

近年では検索結果の上位表示を企業が独占する傾向にありますが、コンテンツ作成に潤沢な資金を投じることが出来る法人は、SEOマーケティングにおいて有利な立場にあります。

資金がいらないと言われてきたコンテンツマーケティングはもはや過去の時代であり、現代ではコンテンツマーケティング(SEO)においてもコンテンツ作成のために資金をガンガン投資できる人たちが有利になっています。

 

アフィリエイトやブログがオワコンと言われるのがこの理由で、特定のジャンルでは権威者出ない限り、上位表示が実質的に不可能になっていたりします。

事業会社はこの歪みに対して有利なポジションを取ることが出来るため、ECに進出をして、自分たちの優位性を発揮することが可能なのです。

 

まとめ:転売目線や個人がショップサーブを使う理由は希薄

 

国産のEC構築サービスは法人向けという位置づけに今後はなっていくと見ています。

 

過去には個人が無在庫販売や有在庫販売を行うにあたり、ネットショップを構築することが流行した時期があるものの、その時期にネットショップを育てて生き残っていることが少ないことから、維持費の高さや、複雑なシステムを使いこなせないだと思います。

 

この1年を見ても、SEOのアルゴリズムは激動しており、分野によっては法人が作っているサイトであっても、検索圏外に飛ばされていたりします。

自社の利益に誘導をするという、ステルスマーケティングがAIによって弾かれる仕組みになってきており、発信には中立性、権威性、オリジナルティが求められるようになってきています。

 

転売は誰がやっても同じ結果が出る、最強のテンプレートビジネスでした。

しかし転売に置いてもこれからは人と違うこと、自分なりのオリジナルティが求められるようになっていくでしょう。

 

プラットフォームのオワコン化は今既にそうなっているように、今後もますます加速をしていきます。

プラットフォームの外で結果を出すためには、頭を使いますし、人と違う事が求められるため、転売視点でしか物事を考えられない人は全く結果を出せずに終わるでしょう。

 

副業元年と言われた2018年から、2019年は副業氷河期に一気に突入をしました。

この変化で多くの人が消えていく中、過去の常識に縛られることなく、柔軟に自分のビジネスを育てていくこと。

 

副業であれ、事業であれ、そういった視点が求められるようになってきているのです。