Professional Merchant clubの回収は不可能だと思う

Professional Merchant Club Professional Merchant club 江川コンサルティング
この記事は約5分で読めます。

infotopで最近売り上げランキングにランクインしている、「Professional Merchant club」という教材があります。

ヤフオクとメルカリとオタマートで販売されている商品を、Amazonで無在庫販売して稼ぐ、国内無在庫転売の塾です。

 

参加費が60万円と非常に高額ですが、元は取れるのか?

この手法のリスクはどこにあるのか?

 

これについて僕が分析したポイントを整理してまとめていきます。

 

プラットフォームを利用した無在庫販売について

 

まず最初に伝えたいのは、Amazonを始めとするプラットフォームを利用した転売ビジネスは、運営元の風向き一つで、ビジネスが吹き飛ぶリスクが常にあるということです。

販売先がどこであろうと、そこにアカウントを持って商売をやるということは、運営側の移行に常に従わねばならず、いきなり活動不能になる事が当たり前に起きることを知っておきましょう。

 

当サイトでも散々伝えてきた通り、日本国内の商品を転売して得られる収益というのは非常に限定的です。

僕らがAmazonとヤフオクを組み合わせて、3000個の商品を無在庫販売していた時に得た収益は、15万円弱です。

 

ここから外注さんに支払う報酬を差し引くと、自分の手元に残るのは非常にわずか。

年間収益で50万〜70万出るかな?って感じでした。

 

あまりにも労力に対してコスパが割に合わないため、国内無在庫転売からは撤退。

その後輸入に集中をしたことで、僕らは国内無在庫転売の何倍もの収益を得ることに成功しました。

 

ですから、Professional Merchant clubの販売価格60万円は、まず元を取ることが出来ない価格であると断言できますし、適正な価格はその20分の1の3万円程度がいいところでしょう。

この価格帯であっても、しっかりと腰を据えて作業をしなければ、元を取ることは難しいです。

 

プラットフォームを使えば短い期間で、結果を出すことが出来ますが、基本は薄利多売です。

1個売って数百円から良くて数千円の転売益を、何個も何個も販売していくことで、10万単位の利益を得ていきます。

 

そして誰がやっても同じ結果になりやすいため、飽和するまでの速度も早く、同じノウハウを多くの人が実践すると、お互いが競合してしまい共倒れになるというデメリットがあります。

Professional Merchant clubに限らず、再現性の高いビジネスというのは、短い期間で結果が出る代わりに、飽和する速度も早く、ダメになる時は全員が同時に死亡するという欠点を持っています。

 

Professional Merchant clubの販売元について

 

今回販売会社や販売ページについて、調べてみた所、LPは無料で作れるペライチというサービスを使って作っていて、販売者は法人でなく、個人の模様です。

公開されている動画から辿って到達したYoutubeチャンネルには、登録者も少なく、公開されている動画も少ない。

そして表に出ているコンテンツの質は低く、公開されている情報も低いことから、この販売ページの情報だけで、Professional Merchant clubへの参加を決めるのは危険であると言えます。

 

詐欺の鉄板パターンである、表に出しているコンテンツの質が低い、具体的なノウハウや中身を伝えず、デメリットが可視化されていない、販売社の目的や人物像が不明。

残念な高額塾の条件をProfessional Merchant clubは全て満たしてしまっています。

 

販売価格60万というのも前述の通り、内容に対して高すぎる価格であり、元が取れるとは思いません。

 

Professional Merchant clubのノウハウ

 

販売ページから推測するに、独自の監視ツールを使い、ヤフオクやメルカリに出品されているが、アマゾンに販売ページがない商品を商品登録して無在庫販売していく手法のようです。

これはライバルが少ない商品を自分だけが独占して扱い、Amazonの集客力を使って収益化出来るメリットがあります。

 

しかしながら型番がある商品をAmazonに登録すれば、同じ商品を扱うライバルが相乗りをしてきてしまいますし、OEM商品と異なり、自分に商標権がない商品を扱うため、利益を独占することは構造上不可能です。

結果、どういった未来が予想できるかといえば、短期的には収益が上がるが、参加人数が増える毎に、同じノウハウを実践する人同士が競合をして、飽和をしてしまいます。

 

ツールを使い他の人が扱わない商品を販売するという考え方は悪くないのですが、それは自分たちだけで実践しているから優位性があるのであって、infotopのような大手ASPでお金を払えば誰でも参加できる状態になってしまった時点で、優位性が失われてしまいます。

 

このやり方で自動化というのは極めて短期的なものであり、規約や規制、アカウントの停止などに伴い、収入がいきなりゼロになる人が続出する未来が予想されます。

 

まとめ

 

僕がプラットフォームを使った無在庫販売を教えていたときにも、Professional Merchant clubと同じような問題が多発していました。

稼ぐための優位性はあるけれど、それを伝える人が増えると自分たちで競合をしてしまう。

 

再現性の高いビジネスは、結果を出す人を大量に出すという目的には適していますが、長くビジネスで稼ぎ続けるという観点からは相性が非常に悪いです。

そして短期ビジネスで成功する人を出しても、彼らが良い方向に人生を好転させることはなく、詐欺コンサルに手を出したり、質の悪い発信で詐欺まがいの事をやりだしたりと、僕が期待していた未来とはかけ離れた方向に舵取りをする人ばかりが輩出されてしまいました。

 

ですから、再現性のあるビジネスは一切合切切り捨てて、本当に長いスパンで成功し、世に価値を提供できる人、未来のための種まきを怠らず、高い規律と自制心を発揮できる人を育てる方向に、転換をすることにしました。

 

プラットフォームビジネスというのは稼げている時は、非常に安定をして収益をもたらしてくれます。

しかしそれは永続的なものではなく、刹那だということを忘れないで下さい。

 

一瞬稼げる100万よりも、10年稼げる月10万の自動収益の方を僕はおすすめします。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

Professional Merchant club 江川コンサルティング
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー