チャイナマートを転売目的で利用する際の使い方。無在庫との相性は?

チャイナマート チャイナマート

この記事の所要時間: 80

中国のECサイトの多くは、海外からの注文を受け付けなかったり、国外配送に対応してない所が非常に多いです。

しかし販売価格は日本国内と比べると、非常に安価であることが多いため、転売目的で仕入れをしたいと考える人も少なくないでしょう。

 

そんな時に便利なのがチャイナマートというサイトです。

このサイトでは、日本に直送をしてくれない中国最大のオークションサイト「タオバオ」、そして中国最大のECサイト「アリババ」の商品を代理で購入して、転送をしてくれるサービスを提供しています。

 

中国語が苦手な人でも日本語で検索することが出来るため、転売ビジネス、個人輸入ではとても便利です。

今回はチャイナマートの活用方法と、無在庫物販として利用する際のコツを紹介していきます。

 

チャイナマートの使い方

 

まずはサイトの使い方から、解説をしていきます。

チャイナマートは日本語が利用できるサイトであるため、使い方で迷うことはないでしょう。

 

トップページにアクセスをしたら、検索をしたいキーワードを入れ、検索先サイトを選びます。

初心者の方は最初はタオバオに絞って見ていくといいと思います。

 

タオバオとアリババの違いは何か?という話ですが、タオバオは個人向けの商材が多いのに対して、アリババには業務用の商品が多く登録されています。

ターゲット層が、タオバオは個人、アリババは法人と考えればいいでしょう。

 

業者として大量に専門性の高い商品を仕入れる際は、アリババを使いますが、最初の間は小ロットだったり、1個単位での購入が多いと思うので、アリババを見ていきます。

 

転売で利益が出る商品のリサーチ方法は、こちらで解説しているため、チャイナマートを使って転売をしたい方は、こちらの記事を一読下さい。

 

中国輸入ビジネスのリサーチ方法と売れる商品、稼げる仕入先を大暴露
かつて輸入転売ビジネスといえば、アメリカが主たる仕入先でした。 そこから歴史が流れ、中国が現在では最も稼ぎやすい仕入先として、輸入転売の世界では機能をしています。 僕らが最初に主眼を置いている仕入先も、中...

 

無在庫物販とチャイナマートの相性

 

無在庫物販の仕入先としてチャイナマートの利用を考えている人もいるかと思います。

仕入先としてのチャイナマートは、競合他社と比べて手数料が高いため、初心者以外にはそれほどおすすめできません。

 

僕であればライトダンスという所を使っていますが、1個単位で仕入れて転売をする無在庫物販とタオバオやアリババ仕入れの相性はあまり良くありません。

なぜなら、転送業者はまとめて大量に発注をしてもらうことを前提に、手数料を設定しており、1個単位の転送は非常に割高になっている事が多いからです。

 

転送業者についてはこちらの記事でも掘り下げて解説をさせていただいていますが、Amazon相乗り転売や、ヤフオクでの有在庫転売に使うものと考えておいたほうがいいでしょう。

 

中国輸入代行OEMや買い付けと仕入れツアーに対応する業者は?
かつて中国輸入はさっぱり稼げない市場でした。 その要因としてはノウハウの質が低く、再現性のない方法論が教材化されて販売されていた事が大きな要因です。 教材、塾、コンサル。 どれも非常にクオリティが悪く稼げませんでし...

 

チャイナマートの評判

 

 

Twitter / ?

 

https://twitter.com/RjhFk4i6pHgkiGp/status/1105372741534834688

 

 

転売目的以外で使うなら概ね良好な評価という印象です。

個人輸入の世界では転送業者を使うことは一般的であり、中国以外でもMYUSやスピアネットなど個人利用として使っている方はたくさんいます。

 

チャイナマートの送料を簡単に見積もりする方法

 

チャイナマートではグレードが上がる毎に、送料の割引を提供しています。

グレードは過去1年間の取引金額に応じて上がっていく仕組みになっており、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ会員の4つに分かれています。

 

一番上のプラチナ会員まで上がると、通常会員の最大3倍の割引を得られるため、大量取引時に有利になります。

 

しかしながら会員のグレードを上げるためには、一番下のブロンズ会員であっても50万円以上の取引を行わなければなりません。

なので最初の間は通常会員の割引率で見通しを立てていくといいでしょう。

 

普段の送料見積りは、配送方法(EMSまたは国際小包)を選択し、「送料を計算」をクリックすれば自動で算出されます。

 

チャイナマート送料

 

おまかせプランと一括プランの違いは、発送を一箇所にまとめて送るか、個別に一つ一つ送るかの違いです。

 

一括で送る時というのは、AmazonFBAに納品する時など、一箇所に集中をして商品を集めいた時に使います。

おまかせプランは、一つ一つ指定した住所に送りたいときや、1個単位で転売をしたい時に利用をします。

 

チャイナマートに偽物は存在しないのか?安全性について

 

タオバオでは著名ブランドの権利侵害をしている、いわゆる偽物が普通に販売されています。

デザインを少し変更したり、自社ロゴを入れることで、正規品と同じでないことを業者はPRしていますが、デザインが告示しているだけでも権利侵害に該当するため、法的にはアウトです。

 

中国輸入を始めたばかりの頃は、どれが偽物で、どれが本物なのかを見極めることが出来ないため、チャイナマート経由で偽物を仕入れてしまうこともあるでしょう。

 

チャイナマートはあくまでも買い物を代行しているだけであり、真贋判定までを請け負っているわけではありません。

仮に偽物を購入して、それを販売してしまったり、届いてから偽物だと気がついた場合でも、返金や保証の対象外となります。

 

無在庫販売とチャイナマートを組み合わせて利用することは出来るか?

 

無在庫転売の仕入先としてチャイナマートを利用しようと考えている人もいるでしょう。

チャイナマートを使い、無在庫で利益を出すことは不可能ではありません。

 

しかしタオバオで販売されている商品をチャイナマートで仕入れて転売するのは難しいと思います。

タオバオではなく、専門性の高い商品が多いアリババにある商品であれば、チャイナマート経由でも利益が出る可能性は高いです。

 

なぜかというと小売が中心のタオバオに対して、アリババでは法人向けの高額な機械、設備を販売していることが多いからです。

輸入転売で稼ぐためには、単価の低い商品を売るよりも、単価の高い商品を動かしたほうが、少ない販売数でまとまった利益を出すことが出来ます。

 

実際、僕らが輸入無在庫転売で収益を上げている背景にも、単価が当たり前に1万円以上のものを扱っているからという背景があります。

低単価で大きな収益(月100万以上)を出そうと思ったら、組織を作って大量に販売していかないと難しいですが、高単価であれば自分ひとりだけでも月に50万ぐらいまでなら到達が可能です。

 

仕入れを伴う転売では、単価の高い商品を新規参入した人が扱うのは難しいです。

しかし無在庫販売であれば、クレジットカードの枠で回して、支払いを遅延させることなく反対売買を行うことが可能です。

 

チャイナマートのアプリは?

 

チャイナマートをiPhoneアプリで使えるものを探してみましたが、この記事を書いている時点ではアプリは提供されていませんでした。

スマホからリサーチを行う際には、safariのようなブラウザー経由でチャイナマートにアクセスをして、利用をするようにしましょう。

 

 タオバオ新幹線とチャイナマートはどちらが優れているのか?

 

最近になり、タオバオ新幹線という新しい輸入代行の会社が出てきました、

チャイナマートと同じように、日本語でタオバオを検索でき、さらにはTモール(天猫)にも対応しています。

その代りタオバオ新幹線はアリババには対応をしていません。

 

今後はチャイナマートとタオバオ新幹線の2つを使い分けながら、利用をしていくといいでしょう。

Tモールは日本の企業も進出する品質重視のモールなので、仕入先として積極的に使っていきたいです。

 

タオバオやアリババになく、Tモールでだけ販売されている商品があれば、高い期待値を取れる商品であると言えるので、そういった商品を見つけた場合は掘り下げてリサーチをしたり、無在庫で販売をしてみることをおすすめします。