Unlimited Buyers Clubに19800円の価値はあるのか?

Unlimited Buyers Club Unlimited Buyers Club
この記事は約9分で読めます。

infotopでUnlimited Buyers Clubという教材が売り上げトップにランクインしていて気になったので、この商材について調べてみました。

 

販売価格は198,000円とかなり高額ですが、その価格に見合った内容なのか?

初心者の人でも実践できる内容になっているか?

実践する人が増えると飽和をしてしまわないか?

 

この辺りを中立的に掘り下げていきます。

 

株式会社イブライズについて

 

今回記事を作るに当たり、Unlimited Buyers Clubの販売会社である「株式会社イブライズ」について調べました。

すると、過去に海外のLINE@アカウントを作成代行するサービスを販売していた事がわかりました。

 

日本国内のアカウントと異なり、規制や制限がない海外アカウントを取ることで、月額利用料金をかける事なく、LINE@を利用できることから、その優位性を利用して海外のアカウントを作成して販売するサービスを提供していました。

これは実際に優位性があるし、僕なんかはLINEステップマーケティングという月に2万円以上維持費がかかるシステムを契約していたことがあるので、LINE@に本腰を入れて更新をしていたら迷わず契約をしたと思います。

 

LINE@作成代行の料金は、米国のアカウントが29,800円、韓国のアカウントが39,800円、米国と韓国のアカウントに加えて海外のアカウントを作るノウハウがセットになったものが89,000円という料金体系でした。

 

料金としてフェアだと思いますが、ココナラというサイトで、米国のアカウントを販売している出品者が、米国アカウントの取得代行を1万円で販売していたため、韓国のLINE@アカウントを取得する目的がないのであれば、作成代行を株式会社イブライズに依頼する意義は薄いと言えるでしょう。

 

LINEという会社が元々韓国の会社であり、日本以外ではそこまで影響力が強くない(特に米国ではwhatsappというサービスが圧倒的に強い)事から条件をゆるくしていることに目をつけたのは、非常に賢いと思います。

 

Unlimited Buyers Clubのノウハウ(中身)

 

さて本題であるUnlimited Buyers Clubについて掘り下げて見ていきましょう。

 

セールスレターを見る限りでは、Unlimited Buyers Clubは株式会社イブライズが提供する買い取りサービスであると言えそうです。

詳しくはノウハウを見てみないとわかりませんが、実践者がネット、オフライン店舗、業者から仕入れた商品を、Unlimited Buyers Clubが紹介する業者に送って買い取ってもらうことで収益を上げるというビジネスモデルの模様。

 

実際に買い取ってもらう商品や、なぜ買い取りをする事によって利益が出せるのかという詳細な解説は、販売ページに書かれていませんでした。

 

たくさんの詐欺塾や稼げない教材を見てきた僕の経験から言わせていただくと、セールスレターに具体的な内容が書かれていない商材は、質がものすごく悪いことが多いです。

 

商材の中に出てくるSPU攻略編という項目も、そもそもSPUが何なのか?

SPUを利用することで具体的にどういったメリットがあるのか、一切記載がされていません。

 

手順通りに実践するだけで稼げる「即金キャッシュフロー」をPRしているものの、購入後に全く結果が出ない人が出た場合、トラブルになる事が予想されます。

 

物販(転売)ビジネスは他のビジネスと比べて再現性が非常に高いですが、現在では物販転売ビジネスでも稼ぐためのハードルが非常に上がっています。

 

例えばAmazonで稼ごうと思ったら、自社でオリジナルの商品(OEM)を作らないと、安定して利益を出すことが難しくなっています。

ヤフオクでも規制が厳しくなり、無在庫転売で稼ぐことがほぼ不可能になりました。

eBayでは何時間も作業しているにもかかわらず、ギャグみたいな金額しか稼げない人をたくさん見かけます。

 

数年前であれば、Amazonであれ、ヤフオクであれ、eBayであれ、後発の人でも無理なくスキマ時間を利用して稼ぐことが出来ていました。

現在では高度なノウハウを勉強して、自分だけの仕組みを構築していかないと全く稼げなくなっています。

 

僕自身「せどりや無在庫転売は馬鹿でも稼げる」という不謹慎な発言をしてしまっていた時期があるのですが、現在ではせどりにしろ、無在庫転売にしろ、非常に高度なノウハウを学んで実践しないと稼げなくなっています。

バカでも稼げた時代は終わりであり、今は頭の悪い人はお金を稼ぐことは不可能。

優秀な人ですら、アカウントが停止させられて稼ぎがゼロになり、会社員やアルバイト生活に戻った人がゴロゴロいるのです。

 

物販転売ビジネスだけでなく、アフィリエイトでも、アドセンスの審査に通らない、SEOが上がらないなど、初心者が実践するのはほぼ不可能と思うぐらい、求められるレベルが上っているのです。

投資において仮想通貨バブルの終焉、日経平均の暴落、2019年始に起きたドル円のフラッシュクラッシュなど、経験がある人達ですら退場をさせられる事態が多発しています。

 

こんな時代に誰でも稼げる、簡単な副業というものがあれば、まず詐欺であると断言できるため、注意をするようにして下さい。

 

買い取りビジネスの可能性

 

中古せどりや、電脳せどりで大量の買い付けを行ったことがある人であれば、誰もが一度は自分が商品を買い取る側に周り、お金を稼ぐことを考えたことがあると思います。

 

僕自身、長野県の佐久という場所に会社を作り、本とゲームの買い取りをする事業に取り組んだことがあるので、買い取りビジネスが儲かることは知っています。

 

買い取りビジネスは失敗確実。フランチャイズに今後はなくオワコン
今回は買い取りについてのセミナーです。 ブックオフやリサイクルショップがやっていることを 個人でも実践し、稼いでしまおうというやり方。 実際やるとジャンルを絞らずに取り組んでいけば 申...

 

ではなぜ僕が現在買い取りビジネスを実践していないのかといえば、自動化と相性が悪い、社員を大量に雇わないと事業が拡大できない、今の時代性ともはやマッチングしていないからです。

 

一つ一つこれらについて解説をしていきます。

 

買い取りビジネスと自動化の相性の悪さについて

 

まず自動化と相性が悪いとはどういう意味か?

 

買い取りビジネスは、お客様から商品買取の希望を受け取り、お客様の自宅や会社に直接買い付けに行きます。

その間は全ての時間を買い取る商品の見積もりや運搬に費やさなければならず、他の事が出来ません。

 

そして買い取った商品を自分で販売するのであれば、Amazonに納品したり、ヤフオクやメルカリで販売をするために作業をしなければなりません。

業者に売却をする場合でも、業者位置への参加が必要であり、物理的に時間が拘束される。

 

買い取りビジネスに必要な人員について

 

買い取りビジネスは究極的に肉体労働であるため、人を雇わなければ、自動化が出来ないのです。

僕は人を雇うことは抵抗はありませんが、社員を入れて他人の人生を預かることには大きな抵抗があります。

 

自分の人生をマネジメントするのも大変なのに、人様の人生を預かるなんてとてもではないが出来ないと考えるからです。

 

アルバイトで買い取りを回すことも可能ですが、一定の規模に達するまでは自分たちで動いて管理をする必要性があります。

買い取りビジネスは根底の部分で物販であるため、再現性、収益性は悪くないビジネスです。

 

しかし規模を維持するために人を雇わなければならず、後述の理由から規模を大きくすることはこれからの時代に非常に逆風というリスクがあります。

 

買い取りビジネスは今の時代にマッチングしない

 

メルカリの会員数がヤフオクの会員数を追い抜いたことは、記憶にあたらしいことですが、今や売り手と買い手が直接結びつくことは当たり前になっています。

 

僕が大学生の頃であれば、ネットオークションを利用して販売をしている人は、非常に少なかったのですが、現在であればメルカリやヤフオクを利用して、学生が物品を売買するのは当たり前の光景になっています。

自分たちで売買して高い値段で売ることが出来るのを多くの人が知ったため、買取業者に買い取りの依頼を出す人は少なくなっています。

 

その証拠に買い取り大手のブックオフは業績が低迷しているし、マネーの虎の社長として有名だった堀之内社長の生活倉庫は、ネット社会に対応できなかったことが原因で経営破綻をしています。

社員もアルバイトも大量に抱えている大手企業がこういった状況であるにもかかわらず、資本も人材も豊富に持たない僕ら個人が買い取りビジネスに参入できる余地は非常に限られます。

 

今から始めても取れる期待値が低すぎて、挫折をしてしまう可能性が高いのです。

 

物販ビジネスだから簡単に稼げた時代の終わり

 

多くのお客様にビジネスを伝える活動をやってきて、物販ビジネスこそ最初に取り組むべき最強のビジネスだと確信を持って、今まで活動をしてきました。

 

実際僕が伝えたことで稼げるようになった人はたくさん輩出する事ができたし、その人らと関係性を深めて、色々な事を議論できたのは、僕の人生において財産となっています。

 

しかし現在はかつてと比べて、物販ビジネスですら結果を出すことは難しくなっています。

最後の砦と思っていたヤフオク無在庫転売がオワコン化した事で、初心者が資本もリスクも取らずに稼ぐ方法は絶滅をしました。

 

この現実を見た時に「もうネットビジネスって稼げないんだな」と思ってしまう人も少なくないと思います。

実際、ネットビジネスを諦めて、会社員やアルバイトに戻ったお客様もいらっしゃいます。

 

しかし「再現性が下がったことが逆にチャンス」と考える人もいて、そういう人はこれから先の展望が明るいです。

 

自分だけの仕組みを作ることが、これからのビジネスで稼ぐための必須条件であり、YouTuberや個人レベルで影響力を持つインフルエンサーが台頭している事も、それを裏付けるシグナルです。

 

あなたはそれでもバカでも稼げるノウハウを探し続けますか?

そんなものがあっても一瞬で飽和して、無一文に戻ってしまうのに。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

Unlimited Buyers Club
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー