ビームせどりにおすすめのバーコードリーダー【禁止店舗で目立たないコツを解説】

せどり
この記事は約11分で読めます。

ビームせどりは効率が悪い

店舗でせどりなんてもう古い

 

ビームせどりについて情報発信をしているブログの中には上記のような事が書かれていたりします。

 

店舗に出向き店頭にある商品にバーコードリーダーを当てて片っ端からビームを当てる行為。

全頭サーチ(検査)と呼ばれるこの手法は、店舗せどりの基本であり、現在でも稼げる手法です。

 

ではなぜ、ビームせどりをやるべきでないという人がいるのか?

これからビームせどりを導入して稼いでいくためには、どんなバーコードリーダーやアプリを選んでいけばいいのか?

 

この記事ではこれから店舗せどりをスタートする方に向けて、これらをわかりやすく解説していきます。

 

先に結論を書いておくと、ビームせどりは向いている人と向かない人がいます。

 

性格的に向いている人が使いこなせば、即金性の高いビジネスとなりますので、この記事を読んで自分とビームせどりの相性を確認していきましょう。

 

細野
細野

ビームせどりだから稼げないのではなく、相性が良くない人がいるだけです。

 

ビームせどりとは?

ビームせどりとは店舗せどりを効率化するやり方の事を指します。

 

店舗せどりではオフラインのお店に直接出向いて、仕入れを行います。

その際にスマホにせどりアプリを導入して、ネットの価格と店舗の価格の比較を行います。

 

せどりアプリのおすすめ2020【無料&有料】【至高の29選】
こんにちは、細野です。 現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。 せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理す...

 

そしてアプリをインストールしたスマホとBluetooth接続したバーコードリーダーを使って、商品をスキャンしていきます。

この事により短期間で大量のスキャンを可能とし、利益の出る商品を見つけてきます。

 

どの商品が利益が出るかわからない。

本来目利きが必要だった店舗せどりの世界にビームせどりは棚に置いてある商品を全部調べることで、初心者でも利益の出る商品を見つける事を可能にしました。

 

ビームせどりがなかった頃はひたすら店舗に通い、色んな角度から商品を探していました。

この時はガラケーだったり、ブラウザーを使って1個ずつ調べるという作業を行っており、効率は非常に悪かったです。

 

効率が悪かったゆえに、目利きができる人や利益の出る商品を見つけるスキルを持ってる人だけが、せどりで稼げていました。

しかしスマホが普及し、安価なバーコードリーダーが販売され、利用しだす人が増えるとこの状況は一変しました。

ビームせどりのメリット

現在、店舗せどりの世界ではバーコードリーダーを持っていることを前提に、仕入れのノウハウやアプリの開発が進んでいます。

 

バーコードリーダーを使うことで、1日に1,000回を超えるスキャンが可能になりますので、これを持たずに仕入れに行くとバーコードリーダーを使っているライバルにスキャン数で勝てません。

 

最初の間は様々な商品を自分で調べて相場観を作っていくことが大事になり、そのために大量の数をこなす事が大事になってきます。

 

人によってはビームせどりは不要と言う人もいますが、ビームせどりがなかった時代を経験している僕からすると、バーコードリーダーなしで店舗せどりをするのは難しいのでは?と感じます。

 

その理由としては、前述の通り数をこなせませんし、場数を踏まないと稼げない側面が店舗せどりの場合はかなり強いからです。

 

自分の足で稼ぐ側面が大きい店舗せどりでは、行動を起こした人から稼げるようになってきます。

 

仕入れマップの作成、仕入れルートの作成、その日の仕入れの振り返り(データベース化し店舗の攻略を行う)。

しっかりと準備をした上で、アプリとバーコードリーダーを使って効率化を行う。

 

この事で未経験の人でも稼げるようになっていきます。

ビームせどりのデメリット

ビームせどりを行わずに店舗せどりで稼ぐ方法も存在します。

 

まず仕入先を店舗ではなく、ネットにしてしまえば、そもそもスキャンをする必要がないためバーコードリーダーは不要になります。

またせどりではなく、物販を行う方(オリジナル商品、OEM販売)もバーコードリーダーは必要ありません。

 

バーコードリーダーは安価なものでも1万円程度するため、資金の少ない方には重い負担となります。

せどりは資金量が物を言う世界ですので、少ない資金で稼ぐためには商品の仕入れにお金を回すことが大事になってます。

 

また、最初から知識がある(コレクターやマニアの方)の場合、バーコードリーダーがなくても目利きで利益が出そうな商品のあたりをつける事が出来るかもしれません。

こういった場合もバーコードリーダー無しでも、店舗せどりで結果を出せる可能性があるでしょう。

 

ビームせどりを使うことで、思考停止でスキャンを行ってしまい、相場観が形成されないという批判もあります。

スキャンという工程は利益の出る商品を見つけるために行うものですが、なぜその商品をスキャンするのか?と考えながらスキャンをしていかないと、知識は深まりません。

 

なぜ同じような商品でも片方は安く、もう片方は高いのか?

店舗によって価格に差が生まれる商品があるのはなぜなのか?

 

こういった事を考えながら行動をしていかないと思考停止系転売ヤーになってしまい、大きく稼ぐことが出来ません。

 

店舗によってはバーコードリーダーを使ってスキャンをしていると「やめて下さい」と注意をされることもあります。

周りの人からの目が気になる方にとって、ビームせどりを行うことはかなりの精神負担となるようです。

 

僕は店員さんに後ろにピッタリつかれた事がありますが、こういった事をされると店舗せどりはやりずらいです。

人から後ろ指をさされる事をしたくない方は、店舗せどりとは相性があまり良くない可能性があります。

ビームせどりにおすすめのバーコードリーダーを紹介

あなたの性格や資金力によって、ビームせどりへの向き不向きが分かれていきます。

 

このパートではビームせどりを使って効率的に稼ぐためのコツや、ビームせどりにおすすめのバーコードリーダーを紹介していきます。

KDC200

せどりで稼いでる人の大半はKDC200を使っています。

スキャン速度が安価なバーコードリーダーと比べて早かったり、ガラスケースの中にもビームが届くため、店舗せどりとの相性が抜群です。

 

価格が少し高いのがメリットですが、きちんと取り組めば十分に元が取れる価格です。

 

資金が少ない(10万以下)など、特別な理由がなければKDC200を購入することをおすすめします。

KDCには200iや200imなどいくつか種類がありますが、どれを買っても大差がないです。

 

 

iPhoneの方は独自のプロファイルに対応する200iや200imを利用することでスキャン速度が若干早くなりますが、両方購入した僕に言わせるとそこまでシビアに考えなくても大丈夫です。

ビームせどりを導入した瞬間に1日あたり1000回のスキャンをこなせる土壌が整い、相場観の形成とともに大量スキャンの必要性は薄れていきます。

 

KDCは店頭では販売をしていないため、購入先はネットになります。

 

中古で買う場合はバッテリーがヘタっていることがあるので、自分でバッテリーを交換するようにしましょう。

使い方にもよりますが3ヶ月から半年ほど使っているとバッテリーは寿命を迎えます。

 

MS910

資金が少ない方や稼げてない方が使っている事が多いバーコードリーダーです。

正直な話このバーコードリーダーを使うのであれば、手動でスキャンしている方が早いです。

 

スキャンの速度、精度が悪く、このバーコードリーダーでビームせどりを行うのは効率が良くないです。

 

ビームせどりを行いたいがKDCを購入するお金がない。

せどりを教えてくれてる人がMS910をおすすめしていたなど、特別な事情を持つ方向けのバーコードリーダーとなります。

 

 

商売道具にはお金をかけるべきだと思っており、個人的にMS910はおすすめしません。

 

OPN-2002

MS910とKDCの中間的な商品。

ディスプレイが付属しないため、電池の持ちが良いと言われています。

 

これからビームせどりをはじめるなら、KDCかOPN-2002が選択肢なるでしょう。

OPN-2002は使ってる人が少なく、情報量が少ないので、自分で設定が出来る自信がない方は避けたほうがいいでしょう。

 

KDC200の方が使ってる人が多く、困った時にも検索すれば大抵の問題は解決をするはずです。

 

 

 

Tera

ノーブランドのバーコードリーダーです。

 

 

ビームせどりを目立たないように行うコツ

バーコードリーダーの利用が禁止されているお店で目立たないようにビームせどりを行うテクニックを解説します。

店員さんから注意されたり、怒られるのが怖くてビームせどりを行うのを躊躇されている方は参考にしてみて下さい。

リングストラップを取り付ける

KDCを新品で買うと首から下げることが出来るネックストラップがついてきます。

このストラップは伸縮式になっており両手が開放できるメリットがあるのですが、周りから見ると一発で転売ヤーであることがバレるデメリットがあります。

 

そこでリング型のストラップをKDCに取り付けることで、手の中にバーコードリーダーを隠すことが出来、目立たないようにすることが出来ます。

せどりアプリの読み上げ機能を使う

せどりアプリの中には、読み込んだ商品の情報を読み上げてくれる機能があります。

店頭でスマホを片手にスキャンをしていると、せどりをしている事がお店側にもわかってしまいます。

 

そこでせどりアプリの読み上げ機能を使って、価格差の情報をヘッドセットに転送をさせます。

これをやればスマホを片手に店内を移動する必要性が少なくなり、片手にスマホ、もう片手にKDCでせどりしている人よりは目立たなくなります。

 

禁止店舗からは即座に撤退をする

身も蓋もない話をしますが、そもそもせどりを禁止しているお店って、あまり利益の出る商品が取れないお店であることが殆どだったりします。

お店としてAmazonに参入していたり、メルカリやヤフオクで販売を行っていたり。

 

なのでせどり禁止店舗に遭遇をしたら、禁止されている中で無理にせどりをするのではなく、次のお店に移動をした方がいいです。

取れないお店で時間を浪費するより、他のお店を開拓した方が期待値が上がるからです。

 

目をつけられたり、顔や名前(転売ヤー認定されると会員カードの番号を控えられたりする)を覚えられるぐらいなら、そのお店では仕入れをやめましょう。

まとめ

飽和した、稼げないと言われることもある店舗せどりですが、きちんと積み重ねていけば現在でも稼ぐことが出来るやり方です。

 

ネット転売や輸出入と異なり、店舗せどりは商圏に守られています。

飽和のしにくさやライバルと衝突しにくいという点において、今後も生き残りやすい手法となりますので、資金があり仕入れに出かけることが出来る方にはおすすめ出来るやり方となります。

 

輸入では稼げなかったけど店舗せどりなら稼げた。

電脳せどりで挫折したけど店舗せどりで結果を出せた。

 

あなたの資金や性格によって相性がありますので、自分に向いている、続けられるやり方を模索していきましょう。