バリュードメインでドメインを取得する方法

ドメイン取得

この記事の所要時間: 626

契約したサーバーにドメインが付属しなかったり、追加でドメインを取得する場合には、自分でドメインを取得して設定する必要があります。

レンタルサーバーの内部でもドメインの契約は可能ですが、値段が割高であることが多いため、ドメイン取得に特化したサービスを使うのがおすすめです。

 

その上で僕が長年使っているのが、バリュードメインというサイトです。

なぜバリュードメインを使うのかというと、操作がしやすい、管理が簡単、値段が安いから。

 

お名前ドットコムを推奨する人もいますが、僕的にはお名前ドットコムは死ぬほど使いにくいと感じており、ドメイン管理するならバリュードメイン一択だと考えています。

 

新規のドメインの管理だけでなく、中古ドメインを購入する際に、「中古ドメイン販売屋さん」を利用する際は、納品がバリュードメイン経由で行われます。

なんで、管理がものすごく楽であり、新規も中古も一括してバリュードメインの中で管理ができる。

 

今回はこのバリュードメインでドメインを取る方法を解説します。

 

ドメインの種類について

 

世界には様々なドメインが存在し、最も有名なのはこのサイトでも利用している「.com」です。

ドメインは個人、商用関係なく、どれを使ってもSEO上で差が出ることはないです。

 

一昔前は日本語ドメインだと上位表示しやすいと言われましたが、現在では日本語ドメインの優位性は失われています。

検索エンジンは小手先レベルのテクニックで上位表示したサイトを、アルゴリズムの変更で順位を落としていきます。

 

なので一時的に特定のドメインで上位表示する事が出来ても、中期的にはそのサイトのコンテンツ品質に見合った順位に落とされてしまいます。

ですから、ドメイン名にこだわる必要はなく、維持費が安く、普及をしている「.com」を思考停止で利用するのが、無駄なエネルギーを使わずに済むため、おすすめです。

 

バリュードメインの操作方法

 

 

サイトトップに移動して、自分が取得したい文字列が空いているかを検索します。

 

 

ドメイン名は取得した人が早い人が優先して使うことが出来るため、文字数が短いドメインや、商標ワードが含まれるドメインは争奪戦になります。

ただ、何度も言うようにドメイン名が要因で、検索エンジンで上位表示される事はないため、自分が好きな名前や、サイトと関連のワードでドメイン名は決めればよいです。

時間をかけて悩んだ所で、収益には全く影響しません。

 

 

ここでは事例として「garigarihana.com」というドメイン名で検索をしてみました。

 

 

その結果、空きがあり、「.com」を含む複数のドメインで取得できる状態でした。

 

自分が調べたドメインが取得できない場合は、文字列を変えるか、数字を足したりして長くすることで、取得が出来ないか再考をします。

何度も言いますが、時間をかける作業ではないので小難しく考えずに、サクサク作業をやること。

ドメイン取得に時間をかけても、稼げる金額が変わることはありません。

 

その後はユーザー登録と支払い作業があります。

画面の指示に従い、決済を済ませて下さい。

サーバーの名義は代理人名義で問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

レンタルサーバーで取得したドメインを紐付ける(DNS設定)

 

過去に動画を作っているので見て下さい。

Xサーバーで説明していますが、どこのレンタルサーバーでも考え方は同じです。

 

バリュードメインで取得したドメインをXサーバに登録するやり方

 

Conohaサーバーで入力する項目は以下の2つです。

 

ns-a1.conoha.io
ns-a2.conoha.io

 

 

そして保存するをクリックします

 

 

 

ワードプレスのインストール

 

ドメイン取得後にやること ワードプレスインストール

 

どこのレンタルサーバーでもクリックするだけで簡単に導入できるはずです。

注意点として、ワードプレスが反映されるまでに数時間かかる事があるので、インストールした後で管理画面にログインできなくても焦らないようにしましょう。

 

WPのテンプレートについて

 

一昔前は賢威というテンプレが最強だったのですが、現在では後発で秀逸なテンプレートが無料有料関係なくどんどん出てきています。

ですから、おすすめはこれと一概に伝えるのではなく、用途や目的に応じて、お客様に最善な解を提案したいと考えています。

 

ただそれだと判断軸が不足すると思うので、僕が考えるテンプレートの良し悪しをこちらの記事で書いています。

 

WordPressテーマを有料無料問わず機能と使いやすさで比較
どうも、細野です。 年始からサイトの底上げをやっていて、今使ってるテーマ「SINKA」一本でやっていくのはちょっと限界かな?と感じていました。 このテーマはカスタマイズがしやすく、情報発信ブログを作る上で...

 

SSL化

 

ワードプレスのインストールが終わったら、サーバー側と、ワードプレス内でSSL設定を行います。

こちらの記事で流れを掘り下げているため、一読下さい。

 

ワードプレスをプラグインを使ってSSL化する方法
ワードプレスのページのSSL化(https化)について説明します。 プラットフォームはテンプレート通りに操作をしていけば誰でもそれなりのページを作ることができます。 それはプラットフォーム製作者が手軽にできるように無駄を...

 

オールドドメイン(中古ドメイン)について補足

 

【アフィリエイトサイト構築】オールドドメインの選び方、活用法

 

ドメインを購入する際は新規にしろ中古ドメインにしろ費用がかかります。

新規ドメインだと1000円ぐらいですが、中古ドメインの場合はそのドメインの価値によって値段がかなり変わってきます。

 

しかし基本的には安いドメインを買えばいいと僕は考えています。

 

それはなぜかというと動画でも話した通り、高いドメインを買ってもいずれ評価は下がってしまうからです。

なのでドメインエイジが古くてやすいドメインを購入し、そこにコンテンツを入れながらサイトを育てていくほうが、コスパがいいと考えています。

 

ですので購入するドメインは5000円以下の安いやつで大丈夫です。

昔は2000円以下の安いドメインもあったのですが、この記事を書いている時点では安いドメインが見当たりませんでした。

 

新規ドメインでも、中古ドメインでも、SEO上の優位性は変わらないと考えています。

利用する際も5千円以下の安いドメインで何ら問題ないです。

 

中古ドメイン使ったから稼げるってのは、10年ぐらい前のノウハウなんで、未だにそういう事言ってる人がいたら注意しましょう。

ドメインが理由で稼ぎが変わることは、現代においてはありません。