ブログアフィリエイトで収入が得られる仕組みとやり方を丁寧に解説

ブログアフィリエイト ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトはインターネットビジネスの中でも歴史が古く、現在でも結果を出すことの出来る、王道手法です。

自分で作った無料あるいは有料のブログにコンテンツを入れていき、自分のブログから商品が売れると報酬が発生をします。

 

ブログアフィリエイトを始めるにあたって何からやればいいのか?

報酬としてどれぐらいの目安をどの程度のスピードで得られるのかを、この記事ではわかりやすく解説していきます。

これからブログアフィリエイトを始めたい方や、今ブログを実践しているが思うように報酬が発生しない方に読んで頂ければ幸いです。

 

ブログアフィリエイトで収入が発生する仕組みとは?

 

ブログで報酬が発生する理由がわからない人には、ブログアフィリエイトの仕組みは奇妙に見えるかもしれません。

しかしブログアフィリエイトで収入を得られる理由はとても簡単です。

それは何かと言うと成果報酬型広告であるという事です。

 

アフィリエイトというのは、販売者と見込み客の間にあなたが入り、仲介を行います。

その際に商品の特徴やメリットであったり、他の商品と比較した時の強みなどを、あなたがわかりやすくまとめてお客様に伝えてあげます。

どんな事でもそうですが、最初から商品について詳しく知ってる人よりも、知らない人のほうが圧倒的に多いわけです。

 

そして紹介する商品が自分にとって必要であることを、理解していない人もたくさんいます。

そこでお客さんが抱えている悩みや問題点を抽出していき、商品を購入するメリットをお客さんに伝えていきます。

すると自分のブログに訪問してくれた人の何割かが販売ページにアクセスをし、その中の何割かが商品を購入をします。

 

アフィリエイトの中には販売ページにアクセスを送るだけで報酬が発生するものもありますし、有料の商品ではなく、無料お試し、資料請求が発生した段階で報酬を払ってくれる広告主がいます。

あなたのメリットとしては、有形無形問わず、様々な商品やサービスを、あなたのお客さんに紹介することが出来ること。

そして販売後のサポートやフォローアップについては販売主が担当するため、あなた自身の負担が非常に少ないことです。

 

自分のブログに安定的にアクセスが集まるようになれば、サイト更新していなくても報酬が発生し続けますし(メンテナンスは定期的にしたほうが安定する)、クレームや集金といった対応は販売主が行ってくれるため、自分がやるべきことが限定されます。

 

逆にデメリットとしては、文章を書くのが苦手だったり、デザインが苦手だったりすると、技術を習得するために時間がかかってしまう事です。

最初から文章を書くことが出来る人もいますが、商品の知識がない状態からスタートすると、最初は思うように記事を書くことが出来ません。

記事を書かないとサイトにはアクセスが集まってこないため、この状態が続くといつまでも稼げるようになりません。

 

アフィリエイトは物販転売ビジネスと異なり、稼げる人よりも、稼げない人のほうが圧倒的に多いと言われます。

その理由がブログを更新することが出来ない、更新できても思うようにアクセスを集められないのが原因です。

 

ブログアフィリエイトをどのようなやり方で攻略すればいいか?

 

ではどのようにしてブログアフィリエイトに取り組んでいけば、成果を出すことが出来るでしょうか?

僕が考えるに、これは難関資格試験と同じだと思って、長期戦で臨むことです。

 

僕自身は現在では新しく作ったサイトに、比較的短い期間で見込み客を集めて、成約を取ることが出来ていますが、それはたくさんの失敗を経験したから出来ています。

無駄な記事もたくさん書いてきましたし、作ったけど意味のなかったサイトの数は知れず。。

それでも継続して行動をし続けたことで、どこに力を入れれば良くて、どこがそれほど重要ではないのかが見えてきました。

 

僕なりのやり方というものが確立されてきて、それに伴って結果も出るようになったのです。

ここに至るまでには数多くの本、教材、塾での勉強。

ノウハウコレクターだったり、行動が思うように出来ない時期が非常に長く続きました。

 

だからと言って、これを読むあなたにも苦労しろと言うつもりはなく、僕が失敗した事を伝えたり、うまくいかない人のパターンを整理して伝えることで、失敗の確率をかなり下げられると考えています。

ただ、失敗の確率を下げることが出来ても、行動をしなければどうにもなりませんし、頭も使う仕事であるため、やはり実践できる人は限られるのも事実です。

 

ブログアフィリエイトは夢のある世界ですが、簡単に稼げると思って軽い気持ちで入ってくると火傷をします。

また、稼げるようになっても油断をしていると、強力なライバルが現れて、あなたのサイトに集まっていたはずのアクセスをかっさらっていきます。

完全なる実力社会であり、新人も先輩もな関係ないガチンコ勝負の世界なのです。

 

じゃあそんな魑魅魍魎の世界でどうやって戦っていけばいいのか?

 

お金を使ってきた事、時間を使ってきたことを書き出してみる

 

僕が考える後発の人がブログアフィリエイトで稼ぐコツは、他の人よりも多くを語れる分野で参入をするということです。

人よりも半歩先、一歩先にいる先輩として、これからその商品やサービスを購入する人に、あなたが販売者が集客できないお客さんを連れて行ってあげる。

 

例えば僕であれば、サプリメントに何百万もお金を使ってきた経験だったり、ハゲ治療を2年間やっていたり、FX自動売買を2012年頃から実践していた経験がありました。

どれもお金だったり、時間を大量に投入して、人に話ができるぐらいの経験値が溜まっていたわけです。

 

人は自分が知らないことを、わかりやすく整理して伝えてくれる人に魅力を感じるため、他の人よりも一歩か二歩先にいる立場から情報を伝えてあげると感謝をされます。

事実、この記事を今読んでもらえているのも、僕が10年越しにアフィリエイトでしっかりと結果が出せるようになった背景を、わかりやすく網羅して書くことが出来ているからです。

アフィリエイトで稼ぎたいと思ったら、あなたもこれと同じ条件を満たさなければいけません。

もし今は満たせていないと思うなら、勉強したり、実践をしながら足りない知識や技術を補っていくようにしましょう。

 

どんな人でも何かしらの事に時間だったり、お金を費やしたという経験があるはずです。

それがアフィリエイトで結果を出す上で役に立ってきます。

 

アドセンスと物販アフィリエイトの違い

 

前述の通り、アフィリエイトでは自分のサイトに広告を掲載し、その広告から成約が出ることで、あなたに対して報酬が発生します。

なので、自分のサイトに掲載する広告は事前にしっかりと考えておく必要があります。

 

広告には大きく分けて、特定の商品のバナーが常に紹介されるディスプレイ広告と、広告がサイトの内容に応じてランダムで切り替わるグーグル広告(アドセンス)の2種類があります。

両者の違いは、報酬形態で、バナー広告は訪問者があなたの設置したバナーを経由して、商品を購入したり、資料請求を行わなわなければ報酬が発生しません。

 

それに対してグーグル広告の場合は、訪問者があなたの設置した広告をクリックしただけで報酬が発生します。

 

グーグル広告のほうが報酬発生までのハードルは低い半面、報酬単価が低いという欠点があります。

サイトに訪問した人すべてがバナーをクリックするわけではないので、グーグル広告によって収益化をする場合は、大量のアクセスを集めないと収入になりません。

どれぐらいのアクセスを集めればいいかというと最低でも10万PV以上です。

100万PVを超えるアクセスを集めることができれば、グーグル広告だけで月収100万を稼ぐことが出来ますし、実際に稼いでいるサイトがあります。

 

ただ、僕自身がグーグル広告を実践してきて、大量のアクセスを集めるのは非常にしんどかったので、あまりおすすめしません。

後発のサイトが大量のアクセスを集めようと思ったら、よほど穴場のキーワードを見つけるか、ライバルよりも需要の高いテーマで記事を書かなければいけません。

これは非常に難易度が高く、再現性がないことです。

 

大量のアクセスを集めることが出来るテーマは、ある程度固定化されており、限られたパイを狙って多くの人が競い合っています。

はっきり言って飽和してますし、完全にレッド-オーシャン化してしまっています。

だからこそ、グーグル広告でお金を稼ぐという方法は、これからアフィリエイトするのであれば、おすすめしません。

 

トレンドアフィリエイトは一瞬稼げた後で100%破綻する副業ほぼ詐欺
こんにちは、細野です。 ネットを使って金儲けをしようと考えるなら、コストパフォーマンスを意識して下さい。 使った労力に対するスピードとリターン。 これをシビアに判断してあなたの貴重なお金と時間を投じるのです。 ...

 

グーグル広告を使わないとなると、何かしらの商品を紹介して稼ぐことになりますが、この際も避けたほうがいい広告があります。

それは何かと言うと、Amazonや楽天のアフィリエイトです。

 

なぜこれらの商品を避けるべきかというと、単価が高い商品を紹介しても、得られる報酬が1%なため、大量のアクセスを集めない限り稼げないからです。

雑記ブログと言って、自分が興味あることをひたすら毎日発信する手法がありますが、ブロガーと呼ばれる人たちが実践しているのがアドセンス+Amazon楽天アフィリエイトです。

 

雑記ブログは稼げない。飽和して儲からないと断言できる理由
ブログで稼ぎたいと考える人たちにとって、集客できるテーマ選定は重要です。 初心者向けの第一歩として、自分が人に伝えられるテーマを幅広く扱っていく、雑記ブログという手法が提唱をされていました。 しかしグーグ...

 

この手法は、自分が購入した商品をレビューしたり、自分が経験したことを訪問者に役立つように記事にする事で、検索エンジンで上位表示を狙っていきます。

一人ひとりの経験や趣向が異なるため、同じブログになりづらく、毎日コツコツ更新することで稼げるようになると言われています。

 

しかしこれは現在では実践する人が増え、ほぼ飽和している状況です。

検索エンジンで上位表示をするためには、他のサイトと同じようなことを書いていたら評価をされません。

しかし知識も経験もない状態で、人と違う事を実践して、説得力のある文章を書き上げることは至難の業です。

 

参入時期が遅れれば遅れるほど、ブログにはライバルが増えるため、上位表示をさせるのが難しくなります。

 

僕自身はビジネスという切り口を中心に、自分が経験してきたことを書き続けたことで、少しずつ上位表示が取れるようになりました。

そして上位表示をした経験を元に、他のテーマでサイトを作った所、やはり上位表示が短い期間で取れるようになりました。

 

僕が結果を出せたのは、ライバルがまだ少なかったり、弱い業界で経験を積むことが出来たから。

雑記ブログでビジネスをスタートしていたら挫折をしていたはずです。

 

このような経験があるため、あなたには雑記ブログでアドセンスやAmazon楽天アフィリで稼ぐことはおすすめしません。

自己分析をして誰にも書けない分野が雑記ブログのやり方ならば、話は変わってきますが、そんな人殆いないと思います。

 

それでもアフィリエイトで稼ぎたいあなたへ

 

アフィリエイトは再現性がなく、ほとんどの人にとって実行不能な難しいビジネスです。

だからこそ、最初に選ぶビジネスとしておすすめをしません。

在庫を持つビジネスと同じぐらい、アフィリエイトを最初に選ぶことはおすすめできないです。

 

ただ、それでも勉強したい、アフィリエイトで稼げるようになりたいという方もいらっしゃると思います。

そこでここからは、アフィリで稼ぐと決めたら、何をやるかを解説していきます。

 

ASPへの登録

 

前述の通り、アドセンスメイン、Amazon楽天アフィリエイトメインで稼ぐのは無理ゲーすぎるので、報酬単価が高く、アクセスを必要としてない商品紹介(物販アフィリエイト、ASPアフィリエイト)で稼いでいきます。

そのために、まず自分が扱うことの出来る広告を整理します。

 

a8ネットを始めとするASPに登録することで、扱える広告案件を見ることが出来ます。

本当はそこで承認率と成約率を調べたいのですが、初期段階のアフィリエイターにはこれらの情報を公開してくれません。

 

そのため稼ぎながら実績を更新して、これらの情報を取得できる側に移動をしていきます。

それまではどうやって稼げばいいか?ですが、これは自分が使っていいと思ったものを本音で語っていくのがいいと考えています。

 

なぜ本音で語るのがいいかと言うと、今のアフィリエイト業界はステルスマーケティングをして稼いでる人が多いです。

その人達に後発の人間が打ち勝つためには、ステマへの逆張り、つまり「消費者目線で本当のことを書く」という行動を取らなければいけません。

そうすることで、他の人とは違う主張を、確固たる論理構成で発信することが出来るからです。

 

他の人と違う主張が、確固たる論理で裏付けられているサイトは、短い期間で上位表示をしていきます。

なぜなら人間の心理として、そういった主張に説得をされると、他の人に伝えたい、共有したいという思いが発生するからです。

 

事実、僕が作ったサイトは頼みもしないのにインフルエンサー(影響力が強い人)に紹介され、勝手にアクセスが集まり、勝手に被リンクがはられてSEOが無限に上がっています。

このサイトだけではなく、僕が作る他の複数のサイトでそういった反応が起きているのです。

 

自分が成し遂げてきたこの現象がなぜ発生するのかを考えた時に、「嘘をつかずに本音で語る」という行動をどのサイトでも取っていた事がわかりました。

これは僕だから出来たことではなくて、これを読むあなたでも出来ることです。

 

例えばビジネスの話を僕がしても、ビジネス経験が長い人だから出来ただけと思われてしまう事があります。

でもビジネスを初めて1ヶ月の人が、短い期間で結果を出した話をしたら、自分にも出来るのではないか?と思う人がたくさん出ます。

 

権威性があれば主張は通るのではなく、その人を取り巻く文脈によって成立したり、成立しなかったりするのです。

だから後発の人が不利な面もあると同時に、後発の人だからこそ有利な側面もあるのです。

初心者目線で本音で語るというのは、もはや僕には出来ない、非常に期待値の高い戦い方です。

 

ハピタスというASPがありますが、この使い方と実践のコツをまとめているだけでも、反応を取ることは可能です。

なぜなら僕も今の貴方と同じように、”初心者”という立場でハピタスを紹介して、年間20万〜30万の不労所得が発生し続ける状態を作ったからです。

もちろん皆がハピタスを紹介するサイトばかり作れば、SEOは上がりづらくなります。

 

とは言え、無料で利用でき、利用するメリットを伝えやすい案件であるハピタスは、今後も稼げるアフィリエイトであり続けるでしょう。

事実僕はこの案件だけで5年以上稼ぎ続けているのですから。

 

サイトを作る

 

ワードプレスを使ってサイトを作成します。

これに関しては過去に記事を作っているので、そちらを参照にして下さい。

 

Xサーバーの契約方法
Xサーバーの契約方法を説明していきます。   料金プランは以下になります。   ○料金(税抜き価格) ・X10プラン(スタンダード):初期費用 3000円 月額 1000円(1年契約の場合) ・X20プラ...

 

Xサーバーでのドメイン取得方法
サイトを構築する上で必ず必要になるのがドメインの取得です。   ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。   今回はXサーバーでの新規ドメイン取得方法を紹介します。     Xサーバートップ画面から【ログイン】をク...

 

XサーバーでWordPressインストールする方法
●XサーバーでのWordPressインストール方法 サーバー契約、ドメイン取得・設定が完了したら、次にWordPressをインストールします。 【サーバーパネル】にログインします。 1、【設...

 

キーワードを選定する

 

サイトを作り、広告案件が決まったら、その案件で成約を取るために、どういったキーワードを入れなければいけないかを分析します。

これには有料と無料の方法がありますが、僕はお金をかけて調べるという方法をとっています。

 

どのようにやるかというと、キーワードプランナーというツールを使い、トレンドの強さを見ています。

トレンドの強さというのは何かと言うと、短期的あるいは中期的に多くの人が検索する傾向があるキーワード検索回数の事です。

このトレンドの強さを見ながら、どこに仕掛けて、どこを後回しにするかを決めます。

キーワード選定は優先度設定と思ってくれれば大丈夫です。

 

キーワード選定が出来たら、次にやることは、タイトル決めと見出し決めです。

これは何かと言うと、記事のタイトルと、記事の中の構成です。

 

本をイメージしていただくとわかると思うのですが、本の表紙があり、そこには本のタイトルが書いてあります。

そして、中を見ていくと目次があり、各章の構成の中にはまた小見出し。

このように タイトル → 見出し → 小見出し といった具合で、構成が分割されていることがわかります。

 

記事を書く時も本の構成と同じように、全体の編成を考えてから、内部のパーツを埋めていきます。

 

「記事がなかなか書けないのですが、コツを教えて下さい」という相談を受けることがあるのですが、ゼロベースで準備をしなければ、僕でも書けませんよ。

 

外枠を埋めて、内側のパーツを一つ一つ満たしていく。

近年は短文記事だとSEOは上がりにくい傾向にあるため、網羅性があり他の誰も述べてない主張を、論理とセットで記事に盛り込む必要があります。

そのため、記事の完成には時間がかかりますし、僕も毎日サイトを更新出来ているわけではありません。

分割して記事を作ったり、作業を小分けにしておき、少しでもコンテンツが充実するように日々行動を積み重ねているのです。

 

ブロガー視点でアフィリエイトをやろうとすると、この考え方は出てこないかもしれませんが、ビジネスは一夜にしてならず。

コツコツ積み重ねることで、天才しか達成できないことであったとしても、凡人が突破できるチャンスが生まれます。

 

サイトの育成が思うように進まない時は、行動を分割してエントリー出来ているかを確認しましょう。

分割エントリーでタスクを処理していけば、やるべきことは一つ一つ片付いて行きます。

掃除と同じで、最初から全部やろうとしない事がコツ。

 

サーチコンソールとの対話を繰り返す

 

記事を5記事から10記事ほど入れ終えた段階で、サーチコンソールに登録をして、自分のサイトが検索エンジンでどのように表示されるかを分析します。

言うなれば検索エンジンと対話をしながら、改善をし、加筆修正を加えていきます。

 

分割で行動エントリーはしていくと書きましたが、記事も一夜で書き上げるのではなく、最低限の形が整った段階で公開をします。

そして検索エンジンの反応を見ながら、足したり、引いたり、かけ合わせたり、割ったりします。

 

足し算と引き算の部分はわかると思います。

表現的に冗長な所を削り、わかりやすい表現に変える。

キーワード分析をして盛り込めそうなトピックを追記する。

 

では掛け算というのは何かと言うと、表現が古かったり、反応が取れなかった記事を、組み合わせることです。

例えば過去に500文字から1500文字の記事がたくさんサイトに入っていたことがありました。

 

当時はそれで反応が取れていたし、長文が求められる時代でなかったのでそのまま放置していました。

しかしそれらの記事にアクセスが来なくなってきて、サイト全体のアクセスが伸び悩んだ時期がありました。

 

そこで僕はアクセスが集まらなくなった記事を統合して、もっと上位の概念でタイトルを付けて、リマーケティングを行ったのです。

結果、それらの記事のいくつかは検索エンジンで上位表示を取り、収益をもたらすスタープレイヤーに育ちました。

 

このように頑張って書いてみたが反応が取れないという記事も、一つにまとめて切り口を変えることで、アクセスを呼び込める記事に変えることが出来る時があります。

これが掛け算の考え方です。

 

割り算はこの逆で、長くなりすぎた記事を分割して、訪問者に読みやすいように導線管理を再配置しなおす事です。

僕であれば3万字を超えてしまった記事を、3つに分割して1万文字の記事3本にして、それぞれを内部リンクで結ぶことで、読み手の負担を減らす配慮をしたことがあります。

サイト内で複数の記事が読まれることで、検索エンジンは訪問者が求める答えを満たしているサイトと評価をするようになります。

 

結果、一つ一つの文字数が少なくなっても、サイトのSEOが上がるということが起こるのです。

これが割り算の考え方です。

 

継続的被リンクの獲得

 

上記の行動を繰り返し続けることで、あなたのサイトは訪問者にとって極めて特別であり、魅力の高いサイトに育っていくはずです。

色んな人に紹介されることで、サイトの評価も高まっていくし、外部からのリンクを継続して獲得することで、一度取得した上位表示を保持することが出来ます。

 

僕が書いた記事は、最初は検索圏外か、検索エンジンの定位置からスタートをしますが、徐々に検索上位にランクインをするようになります。

そして一度上位に入ると、そこから落ちることは少なく、むしろさらに上がるということも珍しくありません。

 

それは追記をしたり、無駄を削ぎ落としたりしているというのもあるのですが、外部からのリンクを継続して獲得できているという要素がかなり大きいです。

 

一時的に上位表示を取ることはそれほど難しくありませんが、それを維持するのは難しい。

両者の違いは訪問者に継続的に価値を認めさせることが出来ているか否かです。

読み手が常に満足をしてくれていれば、その記事の検索順位が落とされることはありません。

 

リンクというのはSNSでのシェアもそうですが、はてなブックマークやpocketというブックマークサイトからのリンクが、サイトのドメインパワーを強化してくれます。

ブックマークをするという事は後で読み返したいという感情と、人にも紹介したいという機能を同時に満たしています。

従って、ブックマークされるような記事を書けるようになると、短期間でSEOは上がりやすくなります。

 

広告主、ASPとの交渉(単価アップ、独占案件取扱)

 

サイトにアクセスが集まり、検索エンジンで上位表示を取ると、広告主から連絡が入るようになります。

自社の商品を紹介してほしいという依頼だったり、最近だと聞いたのことない自称クローズドASPから連絡が来ることも増えました。

 

上場しているASPからの連絡であれば、対応をする価値がありますが、聞いたことのないASPは信頼が出来ないため、シカトして良いです。

 

自分から実績を元に交渉をする際には、ASPの担当者に連絡を取り、自分のサイトの強みを伝えます。

すると自社とマッチングできる広告主や一般公開されてない案件を紹介してくれるため、その広告案件を新規で扱っていきます。

既存の広告案件の報酬単価を上げてくれることもあるため、検索エンジンで強いサイトはどんどん稼げるようになります。

 

報酬単価が上がることで、システムや人材に投資をすることが可能になるため、大胆なサイト運営が可能になっていきます。

伸びない人や検索順位から落とされて消えていく人は、出た利益を再投資するという考え方を持っていません。

 

アフィリエイトで稼いだお金なんてあぶく銭なんで、全部再投資すればいいです。

全部人やシステムに投資をすれば、それらがさらにあなたのサイトを育てて有利な状態を生み出してくれるようになります。

 

サイトを売却する

 

ある程度の規模まで育ってきて、更新が難しくなったらサイトごと売却をしましょう。

広告を差し替えるだけで報酬が発生する、育ちきったサイトには高い価値があります。

しょぼいアドセンスサイトでも100万円を超える値段がつくことは珍しくないし、成約が取れるキーワードで上位表示を取っている場合、数千万の値段がついてもおかしくありません。

 

一つのことに情熱を注ぎ、行動を継続し続けることは難しいです。

脳科学的にも3年程度で人間は飽きてしまうことがわかっているので、3年を目安に、更新が難しくなってきたサイトは売却を考えるようにしましょう。

 

売却して大きなお金を得ると、新しいサイトを作る時にゼロベースでサイトを作らなくても良くなります。

出来上がったサイトを逆に買収して、価値を高めてバイアウトするという応用技を使いこなせるようになるからです。

 

お金を稼げるようになると、どんどん短い期間で大きなお金を稼ぎやすくなります。

でもそれは偶然ではなく、しっかりとそれが出来るだけの実力が伴っているから出来ることなのです。

 

僕も熱意が注げないと思ったことは、早めに損切りを行い、集中すべき分野を絞れるようにしています。

真剣に取り組めないことをダラダラやっていても、良い結果には繋がりませんので。

 

まとめ

 

ここまで書いてきたことを全てこなせば、アフィリエイトで稼げるようになります。

決して無理なわけではないけれど、簡単ではなさそうというのが伝わっているでしょうか。

 

できそうでなかなか出来ない。

それがアフィリエイトの世界です。

 

頑張れば頑張っただけの見返りも用意されている世界ですが、努力が常に報われる業界でもないです。

 

今回はあくまでもブログアフィリエイトで稼ぐ考え方を紹介しましたが、アフィリエイトにはこれ以外にもPPCアフィリエイトだったり、メルマガアフィリエイトなど、様々なやり方があります。

 

僕自身はメルマガとブログアフィリエイトを組み合わせる方法が一番長期的に、安定をして稼げる方法だと考えています。

その理由はまた別の記事で掘り下げて解説をしていきたいと思います。

 

ブログアフィリエイトをやっているが稼げていない。

これからやってみたいと思っていた方は、作業に入る前に自分が稼ぐための準備をしっかり出来ているか、今一度確認をしてみて下さい。