ネットショップ開業するなら自作?CMS?ASP?資金調達は?

ネットショップ開業 ネットショップ

今回はネットショップ開業を考えている方に、サービスの選び方や、構築までの流れを網羅してお伝えします。

 

世の中の潮流を見ていると、2つのパターンに分かれると感じています。

一つは副業を探していて、まずは転売から始めようと思って、ヤフオクやアマゾンから入るパターン。

もう一つは起業するならネットショップと決めていて、最初からネットショップありきで情報収集に入るパターンです。

 

成功確率は前者の、プラットフォームから入るほうが断然に高いのですが、ネットショップから始めても稼ぐことは不可能ではありません。

しかし、全く経験がない状態でネットショップを始めても、商材選定、仕入れのお金、起業資金といった問題を解決することが出来ません。

ですから、あなたに卓越したセンスや、経験がない限り、いきなりネットショップで起業をすることはおすすめしません。

 

今回はネットショップを開業するにあたり、知っておいたほうがいいことを整理してお伝えします。

 

ネットショップをはじめたい。いくらお金が必要か?

 

数年前までネットショップを始めようと思うと、月に5,000円〜1万円を超える維持費を払わなければなりませんでした。

Amazonやヤフーと異なり、ネットショップは作っただけではお金になりません。

 

検索エンジンで自分の販売している商品が見つけてもらえるように、SEO対策をしなければなりません。

結果、集客が思うようにできずに、経費だけがかさみ撤退をするという人は少なくないのです。

昔の僕もそんな一人でした。

 

「こんなにお金かけてやってるのに全然利益が出ない…プラットフォームやってるほうがコスパがいいな。」

もしかしたらこれを読む人の中にも、同じことを感じてる人がいるかもしれません。

 

前述の通り、昔はネットショップの維持費が高すぎて、あまり費用対効果はよくありませんでした。

しかし今は違います。

 

月に1000円〜2000円も出せば、世界最高峰の機能と性能を誇るネットショップを自作することが出来るのです!

 

ASP型ネットショップの費用対効果の悪さ

 

ここで代表的なネットショップの維持費、初期費用について整理していきましょう。

 

まず日本で有名なネットショップサービスである、カラーミーやメイクショプ、ショップサーブといったサービスは、ネットショップの機能とは別に決済システム(イプシロン)を契約しなければいけません。

これが毎月5,000円以上かかるため、トータルの利用料金は1万円を超えてしまうのです。

 

ネットショップ機能だけなら、どのサービスも5,000円以下で機能を提供しています。

 

そんな業界の古い体質の穴を開けたのが、ヤフーショッピングとBASEです。

この2つは決済システムも込みで月額利用料金を0円にしました。

ヤフーショッピングに至ってはTポイントシステムを、アカウント開設と同時に使うことが出来てしまいます。

これは本当に衝撃的だった。

 

ヤフーショッピングは特定の環境において検索エンジンで上位表示される仕組みになっているため、仕組みとして持っておいたほうがいいです。

僕は全くメンテナンスをしていないアカウントを持っていますが、真似されまくっているにもかかわらず、月に15万〜20万の利益が常に上がっています。

きちんと手を入れればこれを2倍の数字、3倍の収益にすることは難しいことではありません。

 

個人的にはヤフオクやAmazonよりもヤフーショッピングの資産価値は高いと感じています。

ヤフーショッピングで稼ぐためのコツがきちんとあり、それを実践すれば商品登録したその日から商品が売れて、稼ぐことが出来ます。

こういう事が出来るのがプラットフォームビジネスの強みです。

短期的な利益を追求するビジネスと、プラットフォームの相性は抜群です。

 

全体的な兆候としてご理解頂きたいのは、カラーミーやメイクショプを始めとする、昔からあるASP型ネットショップサービスはオワコン化していく傾向にあるということです。

これらは今から5年ぐらい前であればネットショップを始める上で不可欠なサービスでした。

しかし現在では割高であり、その割には性能的に秀でているわけでもない、費用対効果が悪いサービスに落ちぶれました。

 

これからネットショップを始めるのであれば、ヤフーショッピングを始めとする、無料から入ることが出来、それでいて一定以上の期待値を取ることが出来るものを選ぶようにしましょう。

この記事がその判断の強力な支持線となります。

 

自作ネットショップの欠点(ECキューブ、ウーコマース)

 

ECキューブやウーコマースを使うことで、サーバーの月額利用料金(月1500円程度)とドメインの更新費(年間1,000円程度)で、ネットショップを構築することが出来ます。

 

しかしこれらにも欠点があり、まず利用しているユーザーがまだ少ないため、情報量が少ないです。

ECキューブなんかは、使いにくいだけでなく、情報量も少ないので、個人で取り組むにはハードルがかなり高いです。

 

一方でウーコマースはWordPressのプラグインとして動作するシステムであるため、日本でも利用者が増えており、情報は網羅されつつあります。

しかしカラーミーやメイクショプのそれと比較すると、まだまだ利用者が少なく、自分で調べて問題を解決しなければいけないシーンが多々あります。

 

ネットショップを自作する最大のメリットとは?

 

ある時私のもとに、ウーコマースを始めたばかりの方からメールが来ました。

そこには自分で勉強をしてウーコマースを始めてみたこと、ウーコマースにプラットフォーム(Amazon)で扱っていた商品と同じものを一括出品機能を使って登録してみたことが記載されていました。

親切なことにURLも添付されていたので、アクセスをしてみた所、本当に体裁だけを整えただけのショップがそこにはありました。

 

おそらくアクセスは全く来ていない。

商品は数百点登録されていましたが、全く成約が出ていない状態でしょう。

 

このようにプラットフォームで商売をやっていた時の延長で、簡単にできると思って取り組んでみると、思うようにならないのが、プラットフォームの外なのです。

システムはもちろんのこと、決済システム、SEO対策、SNS対策、広告運用といった、運営に必要なシステムを全て自分で管理をしなければなりません。

 

これが出来ないが故に、プラットフォームは暴利とも思えるほど高い手数料を請求できるし、それを利用して商いを続ける人は後をたたないのです。

Amazon、eBay、ヤフオクで商売をやるのは、コンビニのフランチャイズと似ています。

本部に上納金を取られ、搾取される。

自分の取り分は常に減っている。

 

運営側は一切リスクを取らずに、そこで商売をするあなたに不平等な負担が押し付けられるのです。

これは実に馬鹿らしいことです。

 

しかし自分で集客して自分で販売するスキルがない者は、この不平等条約を受け入れるしかありません。

結果、売り上げを伸ばしても手元に残る利益は常にわずか。

 

自分でネットショップを作るという行為は、言うならばこの牢獄からの脱獄です。

自由になりためには、セルフエンプロイー(自営業者)ではダメなのです。

自らが作った仕組みから収益が上がるビジネスオーナーになる必要があります。

 

ネットショップを自作することで、規約、手数料、維持費、すべての面においてAmazonやeBayといったプラットフォームよりも優れています。

取り組むことで圧倒的な自由を手にすることが出来ますが、それを手にするために努力をしなければいけません。

 

無在庫x自作ネットショップ=最強の選択

 

僕が考える最高峰の物販ビジネスとは、在庫を持たないネットショップをウーコマースで作ることです。

そしてそこに商品と記事を入れていき、SEOを上げる。

そうする事であなたの商品がAmazonや他のネットショップでも上位表示され、販売価格に関係なく売れ続けるようになります。

 

なぜならば検索エンジンで上位表示されているページを、検索ユーザーはクリックをします。

そしてページを確認したら比較することなく、購買をします。

 

あなた自身の普段の買い物をする時の行動を振り返って下さい。

移動範囲内にあるお店で価格など比較することなく購入をしているはずです。

 

その商品が最安値であるとか、もっと安いお店が別にあるとか、そういったものを比較している暇がある人は限られる。

もちろんそういう人も中にはいるのですが、そういう選択をしない人が一定数いるため、一物一価ではなく、場所によって値段というのは変動幅が生まれるのです。

 

また自分で店舗を構えて商売をしていると、専門店として見られるため、リピートをしてくれるお客様や、商品の指名リクエストが入るようになります。

お客様から指名された商品はライバルが扱っていないことも多いため、非常に期待値は高いです。

統計データでもそういった商品は出てこないため、ライバルは真似することが出来ません。

 

プラットフォームと異なり、ネットショップで何がどれぐらい売れているのかを推測するのは非常に困難です。

そのようなノウハウがある事は知られていませんし、またある事がわかっても、どうすればそれを実行できるか誰も知らないからです。

 

ネットショップで稼ぐための資金調達について

 

商材の仕入れをする場合は、仕入れ資金が必要になりますが、仕入れをするビジネスは儲からないため実践しません。

そのため、資金繰りには200万〜500万のクレジット枠があれば問題ありません。

 

ネットショップのキャッシュフローは、1週間単位でお客さんが商品の代金を支払った瞬間に送金依頼をかける事が可能です。

そのため、資金繰りで不自由をする事はまずないでしょう。

 

これが代表的なプラットフォームだと、Amazonが2週間、ヤフオクの場合はお客さんが受取通知をしなければ14日間資金が拘束されます。

そしてこれらの資金は運営の判断で没取されることもあるので、常にリスクと隣り合わせ。

実際にメルカリでは売上金が不当な理由で没収をされ、受け取れないというトラブルが多発しています。

 

プラットフォームで商いを続けること。

これは非常にリスクが高い博打であることがわかるでしょう。

一刻も早くこの依存状態から、あなたは抜け出さなければいけません。

 

資金については販売実績をテコに、借り入れをするという方法もありますが、現代の物販ビジネスにおいては、このようなリスクを取る必要性は全く無いため、ここでは触れません。

資金や仕入れを伴うビジネスはもはや時代遅れです。

そのようなビジネスを続ければ続けるほど、金銭的にも精神的にも消耗をしていくだけです。

そして得られるリターンはわずか。。

 

まとめ

 

これからネットショップを始めるにあたり、判断軸、どのような行動手順を踏めばいいのかを解説して来ました。

多くの人は仕入先や商材選定が、ネットショップで成功をする肝であると考えていたでしょう。

 

実際の所、法律に触れなければ販売する商品は何だったいいのです。

需要を見極めること、統計的に有利なエントリーを繰り返すこと。

いつだって物販ビジネスで勝つ秘策はシンプルなのです。

 

難しくしているのは、自分の思い込みと、狭い視野です。

ニュートラルな思考で物販ビジネスと向き合っていきましょう。