ウーコマース決済システムStripeのインストール&契約方法

この記事の所要時間: 447

ウーコマース対応の決済システム Stripe のインストール方法について説明します。

 

決済システムは一つないし複数を組み合わせても良いのですが、その中でStripeは必ずインストールするべき決済システムです。

その理由とインストール方法、登録方法までを説明していきます。

 

 

Stripeの特徴

 

Alipay
WeChat Pay
Google Pay
Microsoft Pay
Mastercard 提供の Masterpass
Visa Checkout
Apple Pay

 

Stripeはウォレット系の支払い方法に広く対応しています。

2014年からBitcoinの支払いにも対応していましたが2018年1月にサービス終了しました。

理由として決済中でもレートの変動で価格が変わってしまうことや決済に掛かる時間が長いこと、そしてBitcoinによる支払いの利用者数が少なかったことが挙げられています。

 

Stripeの支払いはPCだと支払いページにジャンプせずに同じ画面のポップアップで決済をしてくれます。

ページジャンプに驚いてそのまま離脱してしまう人がいるのでそういった対策がされています。

 

ストライプの導入・維持に掛かる費用は0円で、決済時の手数料3.6%だけです。

決済システムが備わっている日本のネットショップでは手数料6%+αでその他サービス料が取られていたので非常に良心的な金額です。

 

会計ソフトfreeeにStripeを登録すると売上データを自動で読み込んでくれます。

人がやらなくて良い作業を自動で行ってくれるので非常に便利です。

https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/360001102243

 

入金サイクルは1週間に設定することができます。

つまりキャッシュフロー改悪後のヤフオクより早く入金されることになります。

 

ここまでstripeを使う理由を上げました。

stripeで決済はほぼ網羅できているのですが、ebayや海外ネットショップで日常的に購入していてPayPalを好んで使う人もいるので

販売する商品やターゲットによってはPayPalも合わせて導入をすると良いでしょう。

ただしページジャンプや登録情報の二度手間など、購入者が離脱する要素が多くありメリットがあるとは言い切れません。

 

 

Stripeのインストール方法

 

まずはプラグインの検索から WooCommerce Stripe を検索します。

当たり前の話ですがWooCommerce上で動作するプラグインなので先にWooCommerceのインストールが完了している必要があります。

インストールしたら有効化しましょう。

 

 

 

まずはアカウントを登録・作成します。

 

 

Stripeの新規登録方法

 

まずはログイン用の情報を登録します。

登録情報の入力が終わると支払いの受け取り方法を聞かれますがひとまずスキップします。

この時点で登録したメールアドレスに本登録用のメールが届くのでそちらからコンソール画面にログインします。

 

 

 

コンソール画面に本番環境利用の申請という項目があるのでそちらをクリックします。

 

 

 

コンプライアンス関連の質問がされるので対応する回答をします。

簡単にまとめると「クレジットカードの不正利用の防止策を取っていますか?」という質問です。

 

 

 

ビジネス用の情報を登録していきます。

全て入力してアカウントを有効にするをクリックします。

 

後から開業届と販売する商品や仕入れ書などのアップロードを求められます。

ビジネスの詳細欄では販売するものについて答えれば大丈夫ですが服やアパレルといった簡単に販売できるものから、医療品関係といった販売許可が必要になるものがあります。

販売する商品についてStripe側から販売する商品の写真、陳列写真や仕入れ書などを細かく質問・画像のアップロードを要求されるので、それを証明できるようにしておきましょう。

 

真面目に答えてもアレコレしつこく要求してくる場合は、何が必要かをハッキリするように問いただしたほうが良いです。

あるいはこれ以上にアップロードできるものがない場合はその理由をハッキリと述べましょう。

押し黙ったり返信に期間が空いてしまうと疑われたり許可されない可能性があります。

 

 

あとは細かな情報を入力すれば登録完了です。

 

 

ここまで作業ができたらワードプレスに戻りStripeの公開鍵・秘密キーを取得・コピペします。

 

 

 

これでStripeを使うための設定は完了しました。

最終更新日

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ