ココナラで売れない集客出来ない。稼ぐためのコツを教えます!

ココナラ

最終更新日

この記事の所要時間: 650



テレビでCMが流れるようになり、知名度が一気に上がってきているココナラ。

500円というワンコインで多種多様なサービスが頼める、クラウドソーシングサービスです。

 

評判が高い出品者も多く、僕自身も購入者としてだけでなく、販売者として活動をしていた次期があります。

その時の結論から、「ココナラで集客は可能。収益化も割と簡単に出来る」というのがわかりました。

 

現在では費用対効果上の理由からココナラでの販売は行っていませんが、ビジネスの初期段階や実績作りをする段階では、ココナラは非常に有効です。

 

そこでこの記事では、ココナラでどのようにして戦略的に戦い、成果を上げていけばいいかを解説していきます。

 

ココナラを使い倒すコツ:購入編

 

ココナラを使う上で大事なのは、ココナラの客層を理解することです。

身も蓋もない事を言いますが、ココナラの客層ってあんま良くないです。

 

売れるサービスってのは、わかりやすく言うと、情報弱者を対象としたサービスですね。

上位層を対象とした質の高いサービスをココナラを使って広げるのには向いていません。

 

その理由として、ココナラは基本は無料か、無料に限りなく近い値段で仕事を頼みやすい仕組みになっているというのがあります。

500円という価格設定で、バナーやヘッダー画像、アフィリエイト記事、SNSでツイートなど、他のクラウドソーシングサービスで頼んだらありえないサービスを受けることが出来ます。

 

こういった相場を形成してしまうと必然的に”安さ”を第一に求めるお客さんが集まってくるようになります。

業界や職種に関係なく、低単価ビジネスの客層というのは最悪です。

 

安いものには必ず理由があるのに、彼らはそれを許してくれません。

価格以上の質やサービスを求めてくるコスパ至上主義者や、貧乏人が主たる客層になってしまうのです。

 

近年では低単価路線に舵取りを変更したビジネスが苦戦を強いられていますが、単価の低いビジネスで成功できるのは、巨大資本を持っている人だけなので、後発の人間が取り組む戦略ではないことを知りましょう。

 

しかしだからと言って、ココナラを利用しない価値がないわけではなく、使う側として様々なサービスを利用していくことで、実利を得ることが出来ます。

ビジネスを始めたばかりで広告費やデザインの費用を咲くことが出来ない時に、ココナラは非常にありがたい存在になるはずです。

 

ココナラで収益化する流れ

 

ココナラで販売者として収益化する流れを教えます。

まずココナラでは販売者のランク(グレード)が採用されており、販売数と評価実績の蓄積によって、自分の販売グレードが上がっていきます。

 

これの意味するところは、最初は低単価で赤字販売をし、実績を作り、実績が上がって来たら値上げをしたり、バックエンド(より高額で高次なサービス)を売っていけということです。

 

失敗する人は最初から出し惜しみをして、思ったほど効率的に稼げないと考えて、辞めてしまいます。

そうではなくて、目線を上げて、もっと長いスパンで物事を見ましょう。

 

僕であればサービス価格を無料か、500円で設定して、購入者の方に事前に作っておいたコンテンツを提供しました。

コンテンツは、マイスピーに登録したステップメールで配布し、購入してくれた方の名前とメールアドレスを必ず取得。

 

マイスピーはメルマガ情報発信に最強の選択。比較対象はない

 

そしてメールの後半で、購入してくれた方が悩んでいるであろう問題を解決する有料商品をアフィリエイトしていました。

このやり方で月に10万から多いときには20万以上稼げていたので、現在でも人に任せて運営をさせれば、余裕で不労所得化出来るでしょうね。

 

ただそんな事やらなくても稼げますし、もっと販売単価が高く、上質なお客さんの集客をしているため、やりません。

お客さんは多ければ多いほどいいのではなく、いかに質が高く、単価の高い商品を購入してくれる見込み客を集められるかに特化したほうが良いです。

もちろん単価の高いサービスを売るためには、高度な能力も求められるのですが、それは実践しながらスキルアップしていけばいいのです。

 

僕であれば現在はネット集客という報酬が青天井のビジネスをやっているので、これ一本で億を超える収入を得ていける伸びしろを得ています。

アフィリエイト教えますとか、転売教えますだと、これオンリーで億を越えようと思ったら、塾やらコンサルをローンチして販売しなといけません。

そして塾もコンサルも肉体労働であり、権利収入化が出来ません。

なので僕はやりませんし、やるとしても超高額に設定して、本当に必要としている人にだけ提供できる体制を整えているのです。

 

何を売ればいいのか?

 

ココナラで販売するサービスは規約の範囲であれば自分で自由に作って販売することが出来ます。

人気があるのはデザインとか、ツール制作など、他のクラウドソーシングでは高額で気軽に頼めないサービスです。

 

これ以外にも占いとか、恋愛相談とか、常に需要があるサービスも注文が入りやすいです。

 

自分が出来ることをサービス化して登録していけばいいのではないでしょうか。

500円で買うサービスに向こうも質は求めてないので、短期間で身につけたスキルでも普通に通用しますよ。

 

バナーを作る方法なんて僕がYoutubeで公開しているやり方を身に着けたら、それだけですぐに仕事にして稼いでいくことが出来るはずです。

フォトショップもIllustratorもいらないです。

 

ツールで出来る作業を小売するというのも、非常に有効です。

 

Twitterの集客ツールを立ち上げて、フォロワーを増やしてあげたり、Instagramの集客ツールを期間を区切って運用してあげる。

ツールをいきなり数万円出して購入することに抵抗が在る方に向けて、ツールで出来る機能を小売する。

こういった転売業で、まだ他の人が販売してないサービスを提供することで、反応を取っていくことが可能です。

 

ココナラだけで稼ぐのは不可能

 

儲かるビジネスの基本である、フロントエンドとバックエンドを理解し、メルマガ(LINE@でもOK)を利用して見込み客との関係性を構築する。

これをやらないから稼げないだけであり、しっかりとビジネスの基本を抑えればお金を稼ぐことは難しいことではありません。

 

ココナラで稼げてない人は、ココナラだけで稼ごうとしている人です。

ブログだけでは稼げないのと同様、何か一つの方法だけでお金を稼げるほど、今の世の中って甘くないです。

 

あらゆるジャンルにライバルがいて、市場が成熟して飽和をしているのです。

ですから儲かるビジネスの基本をしっかりと学び、戦略的に参入をしていくのが重要です。

 

ココナラはスタートアップ段階で実績や経験を積む場所として、非常に適した市場です。

僕自身ココナラで稼げていたので、今から始めても不利ということはないはずです。

もし稼げてないとしたら、今回伝えたコツを実践できてないだけなので、しっかりと顧客との関係性や、マーケティングプランを練り込んで下さい。



記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です