ココナラで稼ぐコツは【情報の無在庫転売】リスクフリーの副業です

ココナラ ココナラ
この記事は約8分で読めます。

テレビでCMが流れるようになり、知名度が一気に上がってきているココナラ。

 

評判が高い出品者も多く、僕自身も購入者としてだけでなく、販売者として活動をしていた次期があります。

その時の結論から、「ココナラで集客は可能。収益化も割と簡単に出来る」というのがわかりました。

 

現在では費用対効果上の理由からココナラでの販売は行っていませんが、ビジネスの初期段階や実績作りをする段階では、ココナラは非常に有効です。

 

そこでこの記事では、ココナラでどのようにして戦略的に戦い、成果を上げていけばいいかを解説していきます。

 

ココナラにサービスを登録したのに全く売れる気配がない

 

購入する側としておすすめのサービスを知りたい

 

手間や時間をかけずにコスパよく稼ぐ方法が知りたい

 

 

上記の悩みや問題を解決するための情報を提供します。

 

販売者としてお金を稼ぐ方法から、購入する側としてココナラを使いこなすコツを最後まで読むことで理解できるはずです。

ココナラを使い倒すコツ:購入編

ココナラを使う上で大事なのは、ココナラの客層を理解することです。

身も蓋もない事を言いますが、ココナラの客層ってあんま良くないです。

 

売れるサービスってのは、わかりやすく言うと、情報弱者を対象としたサービスですね。

上位層を対象とした質の高いサービスをココナラを使って広げるのには向いていません。

 

その理由として、ココナラは基本は無料か、無料に限りなく近い値段で仕事を頼みやすい仕組みになっているというのがあります。

500円という価格設定で、バナーやヘッダー画像、アフィリエイト記事、SNSでツイートなど、他のクラウドソーシングサービスで頼んだらありえないサービスを受けることが出来ます。

 

こういった相場を形成してしまうと必然的に”安さ”を第一に求めるお客さんが集まってくるようになります。

業界や職種に関係なく、低単価ビジネスの客層というのは最悪です。

 

安いものには必ず理由があるのに、彼らはそれを許してくれません。

価格以上の質やサービスを求めてくるコスパ至上主義者や、貧乏人が主たる客層になってしまうのです。

 

近年では低単価路線に舵取りを変更したビジネスが苦戦を強いられていますが、単価の低いビジネスで成功できるのは、巨大資本を持っている人だけなので、後発の人間が取り組む戦略ではないことを知りましょう。

 

しかしだからと言って、ココナラを利用しない価値がないわけではなく、使う側として様々なサービスを利用していくことで、実利を得ることが出来ます。

ビジネスを始めたばかりで広告費やデザインの費用を咲くことが出来ない時に、ココナラは非常にありがたい存在になるはずです。

ココナラで収益化する流れ

ココナラで販売者として収益化する流れを教えます。

まずココナラでは販売者のランク(グレード)が採用されており、販売数と評価実績の蓄積によって、自分の販売グレードが上がっていきます。

 

これの意味するところは、最初は低単価で赤字販売をし、実績を作り、実績が上がって来たら値上げをしたり、バックエンド(より高額で高次なサービス)を売っていけということです。

 

失敗する人は最初から出し惜しみをして、思ったほど効率的に稼げないと考えて、辞めてしまいます。

そうではなくて、目線を上げて、もっと長いスパンで物事を見ましょう。

 

僕であればサービス価格を無料か、500円で設定して、購入者の方に事前に作っておいたコンテンツを提供しました。

コンテンツは、マイスピーに登録したステップメールで配布し、購入してくれた方の名前とメールアドレスを必ず取得。

 

マイスピーの評判はガチ!料金は普通、マニュアルが神。到達率は要工夫
こんにちは、細野です。 ビジネスを自動化したいと思った時、必要となるのは秀逸なシステムと戦略です。 戦略に関しては別記事で解説するとして、秀逸なシステムについて今回は解説をします。 まずビジネスの自動化は、...

 

そしてメールの後半で、購入してくれた方が悩んでいるであろう問題を解決する有料商品をアフィリエイトしていました。

このやり方で月に10万から多いときには20万以上稼げていたので、現在でも人に任せて運営をさせれば、余裕で不労所得化出来るでしょうね。

 

ただそんな事やらなくても稼げますし、もっと販売単価が高く、上質なお客さんの集客をしているため、やりません。

 

お客さんは多ければ多いほどいいのではなく、いかに質が高く、単価の高い商品を購入してくれる見込み客を集められるかに特化したほうが良いです。

もちろん単価の高いサービスを売るためには、高度な能力も求められるのですが、それは実践しながらスキルアップしていけばいいのです。

 

僕であれば現在はネット集客という報酬が青天井のビジネスをやっているので、これ一本で億を超える収入を得ていける伸びしろを得ています。

アフィリエイト教えますとか、転売教えますだと、これオンリーで億を越えようと思ったら、塾やらコンサルをローンチして販売しなといけません。

そして塾もコンサルも肉体労働であり、権利収入化が出来ません。

 

なので僕はやりませんし、やるとしても超高額に設定して、本当に必要としている人にだけ提供できる体制を整えているのです。

売れる商品のリサーチ方法

ココナラで販売するサービスは規約の範囲であれば自分で自由に作って販売することが出来ます。

人気があるのはデザインとか、ツール制作など、他のクラウドソーシングでは高額で気軽に頼めないサービスです。

これ以外にも占いとか、恋愛相談とか、常に需要があるサービスも注文が入りやすいです。

 

このパートでは、これからココナラでデビューをする初心者の方や、すでに登録して出品しているけど稼げていない方に向けて、出品するサービスのリサーチ方法を解説していきます。

売れてる商品を真似しつつ、それを上回るサービスを同額で出してみる

結露から書くと、売れてるサービスを分析してそれを真似するのが一番簡単に稼げます。

 

自分が参入するカテゴリーのランキングをリサーチし、真似できそうなスキルが出品されてないか調べましょう。

 

スキルを持ってない方は、以下のようなやり方が取り組みやすく、おすすめです。

 

Twitterの集客ツールを立ち上げてフォロワーを増やしてあげたり、Instagramの集客ツールを期間を区切って運用してあげる
ツールをいきなり数万円出して購入することに抵抗が在る方に向けて、ツールで出来る機能を小売する

 

こういった手間を代行してあげることで、反応を取っていくことが可能です。

 

また、情報の非対称性を利用して収益化するというのも有効です。

例えばDropboxというストレージサービスの容量を16GBまで拡張するサービスが、この記事を書いている時点で1,500円で販売されています。

 

ココナラで売れるサービス

 

世界最大のオークションサイトeBayに行くと、これと同等のサービスが676円で販売されています。

 

ココナラで無在庫転売をして売れる商品

 

取引に英語を使わなければなりませんが、ココナラで受注をして受注後にeBayでこのサービスを購入すれば、在庫やスキルを持っていなくても無在庫転売が出来てしまいます。

 

これ以外にも事例を示します。

例えば、この商品はサイトにリンクを付けるサービスで販売価格は3,000円。

 

ココナラで売れるサービス2

 

同等のサービスをeBayで検索したところ872円で購入が可能でした。

 

ココナラで無在庫転売出来るサービス2

 

この手のサービスがココナラには無数に転がっています。

 

募集ページを作っておき、受注してから海外でサービスを仕入れる

これを繰り返すだけで、すぐに1万、2万と収益が積み重なっていくはずです。

 

在庫やスキルがなくても実践できるココナラ無在庫転売は、初心者の方にもおすすめです。

売れてるサービスを基軸に、より高度なサービスを出品してみる

今売れてる商品やサービスを真似て収益化が出来るようになってきたら、他の人が出してない商品を出品してみましょう。

売れてる商品の機能を強化したり、サービス内容を充実させることで、より高単価な商品として販売ができるようになります。

 

他の人が扱っている商品のマネだけだと、月に1万〜2万円程度しか稼げないと思います。

しかし他の人が扱わっていないサービスや、単価の高いサービスを売ることが出来るようになると、月の利益が3万から10万円以上を目指すことも可能になります。

 

最初は単価の低い1000円〜3000円程度のものを扱う
慣れてきたら徐々に5000円以上の単価が高いサービスを売っていく
実績がついてきたら1万円以上のサービスを販売

 

この流れで取り組んでいきましょう。

まとめ:ネットで売る練習の場としてココナラを活用していこう

儲かるビジネスの基本である、フロントエンドとバックエンドを理解し、メルマガ(LINE@でもOK)を利用して見込み客との関係性を構築する。

これをやらないから稼げないだけであり、しっかりとビジネスの基本を抑えればお金を稼ぐことは難しいことではありません。

 

ココナラはネットで自分の商品やサービスを売るための練習として、非常に適したプラットフォームです。

まだ1円もネットで稼げてないという人は、まずはココナラで経験を積んでみるといいでしょう。

 

今回僕が事例として紹介した事は、あなたが記事を読む頃には実践する人が増えて飽和しているかも知れません。

しかし重要なのは「何が売れるか」ではありません。

 

なぜそれが売れるのか?という考え方の部分なのです。

 

あらゆるジャンルにライバルがいて、市場が成熟して飽和をしていきます。

一つの技術やテクニックを身に着けて、永続的に稼げるのではありません。

 

ココナラはスタートアップ段階で実績や経験を積む場所として、非常に適した市場です。

僕自身ココナラで稼げていたので、今から始めても不利ということはないはずです。

もし稼げてないとしたら、今回伝えたコツを実践できてないだけなので、しっかりと顧客との関係性や、マーケティングプランを練り込んで下さい。



作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

ココナラ
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー