カラーミーショップで無在庫転売やるならトップセラー

カラーミーショップ

最終更新日

この記事の所要時間: 85

カラーミーショップは長らく初心者向けのネットショップシステムとして、多くの人に支持をされてきました。

値段と性能のバランスの良さ、実践者が多いことによるノウハウの充実ぶり。

これらが競合を引き寄せない魅力として、頂点に君臨し続ける要因となっていました。

 

今現在では費用対効果の観点から、カラーミーショップは論外ではありますが、唯一小銭稼ぎぐらいは出来ると考えている手法があります。

それがトップセラーを使ったCSV自動同期機能です。

 

CSVを使った数の暴力

 

今後、在庫を持たない物販ビジネスで生き残っていくには、大量の商品を力を合わせて管理していく力が重要です。

プラットフォームで収益を上げたいと考えるならば、この傾向は特に躊躇です。

 

そのためにCSVという仕組みを使い、在庫を卸会社やチームで共有していく事で、個人レベルで到達することが出来ない次元に移動をしていきます。

 

ゼロベースで扱う商品数を1万個にするには、莫大な時間がかかりますが、卸から提供されるCSVを使えば、1時間とせずに商品登録数は1万を超える。

そしてヤフオクのようなプラットフォームでも、個人アカウントが扱える上限である3000個に2時間以内に到達することが、CSVを使うことで可能になっていきます。

 

他人と同じ商品を扱っても生存が出来るプラットフォーム下では、数を大量に扱い、優位性のある販売価格を保持することが、最も最短で結果を出すために有効です。

プラットフォームビジネスは短期の時間軸で勝負をしていく土壌なため、競合よりも多く、安く、大量に提供できる人間が勝ちます。

それを在庫を持って実践しようと思うと資金力が求められますが、在庫を持たずに参入をすればどんな人間でも商品登録数の上限まで商品を扱い、最大の期待値を取ることが可能になります。

 

トップセラーが提供するCSVを利用するメリット

 

会員制卸サービスのトップセラーでは法人でなく個人でも登録することが出来、月額利用料金を支払うことで、トップセラーが保有する商品を無在庫販売することが認められています。

 

会員になり卸価格を調べるとわかりますが、トップセラーではどの商品もAmazonの最安値よりも一回り安い価格に設定をされています。

これの意味する所は、Amazon無在庫転売を実践している人間よりも一回り高い期待値を取っていくことが出来るという事です。

 

しかし商品を扱うにはお金を支払わなければいけませんし、管理上の手間が複雑で、1秒あたり利回りが国内転売は非常に悪いです。

ですから、このやり方は全くもっておすすめ出来ないのですが、小銭稼ぎでもいいという方であれば実践をしても良いです。

僕らはやりませんがw

 

トップセラーを攻略する肝は、CSVの自動同期機能を使うことです。

手動で毎回CSVを編集してアップロードするというのは脳死なので、機械にやらせます。

そしてAPI機能を使って、トップセラーの在庫と自社の在庫が連動をする仕組みを構築します。

 

そのためにはトップセラーの自動同期機能というオプションを別途契約しなければいけませんが、得られるメリットを考えれば十分に契約する価値があると考えています。

 

自動同期機能が使えるのは、カラーミーショップとメイクショップとヤフーショッピングの3つです。

ヤフーショッピングで自動同期を使うためにはプロフェッショナル出店をしていなければいけません。

 

ヤフーショッピングのプロフェッショナル出店は個人だと審査に通らないことが殆どなので、法人化してない限り実践できないです。

ですから金を払えば誰でも契約できる、カラーミーショップとメイクショップが選択肢になります。

 

ではメイクショップをなぜ使わないのか?という理由ですが、これは単純に値段がぼったくりであり、費用対効果が悪すぎるからです。

カラーミーショップも1円あたり利回りは全然良くないですけど、メイクショップと比べると幾分マシです。

 

利用者が多く、情報が充実しているので、初心者でも取り組みやすいメリットがある。

しかしカラーミーショップを使っても毎月の維持費は1万円前後発生し、それに加えてトップセラーの利用料金がやはり数千円発生。

何もしない状態でも、15,000円〜20,000円ほどの固定費が発生をしていきます。

 

この時点でやる価値皆無じゃんって感じなのだが、CSVを利用して大量の商品(1万個以上)を扱えば、どんなにしょぼくても月に20万は儲かるはずなので、小銭稼ぎしたいならばやれば?という提案です。

 

僕らが20万稼げてもやらない理由は、1秒あたり利回りを重視しているからです。

同じ時間をもっと稼げるビジネスに投じることで、この収益率と利益率を何十倍にも高められることを知っているのでやりません。

またトップセラーの場合はライバルも多いため、時間の経過とともに参入者が増えていき、どんどん稼ぎにくくなっていきます。

プラットフォームに時間と労力を消耗するのは、精神的にも経済的にもメリットが皆無すぎるので、僕らは実践をしません。

 

どれぐらいで結果が出始めるのか?

 

在庫数の多さに比例をして、アクセス数が伸びていきますが、同じ商品を大量に扱う人がいるため、SEOは極めて上がりにくいと思って下さい。

しかし在庫の管理は自動化出来ますし、料金プランをアップグレードすることで扱える商品数が増えていきます。

 

なのでまずは1万個ほど扱えるプランを契約していき、その後プランをアップグレードしながら、扱う商品を増やしていくのが良いでしょう。

無在庫販売をしていると同じ商品を何度も何度も売ることが出来るので、1日あたりの成約数が増え、かなり忙しくなっていきます。

 

なので成約が出始めたらすぐに外注を雇って作業を任せていかないと、自分の時間がなくなってしまいます。

月に20万程度稼げるビジネスに外注さんを入れるのは費用対効果的に微妙すぎますが、それをやらないとこのスキームを育てていくことは出来ません。

 

トップセラーが提供するCSVを無在庫販売するのは、コンビニのFCと似ています。

儲からないけど馬鹿でもできる。

アルバイト(外注さん)を雇って回すことが出来れば、小銭稼ぎ程度は出来る。

 

多少の負担とリスクはあるものの、3週間ほど実践すれば、全体の収益は黒字になっていくはずです。

 

求められる資金力

 

トップセラーが開示している利益率は15%〜20%以下の商品が多いです。

これに外注さんの費用を含めると、1商品あたりの利益は10%以下まで落ちていくはずです。

 

従って20万円を稼ぎたいのであれば、最低でも200万の資金がないといけません。

 

無在庫で販売をしていくので、ここで言う資金力200万は、クレジットカードの枠でも構いません。

1枚のカード、あるいは複数枚のカードで枠が200万以上あれば、カラーミーショップとトップセラーを組み合わせた無在庫ビジネスで20万円を超える利益を出していくことが出来るようになるのです。

 

無在庫転売で最短で稼ぐためのおすすめクレカと育成理論2018

 

カラーミーショップで契約するプランはどれが最適か?

 

カラーミーショップで選択するプラントしてはどれが最適でしょうか?

これに関してはCSVや画像データの容量が大きいため、ラージプランでないと余裕がないというのが正直な所です。

ラージプランは月に7,800円ほどするので、負担はそれなりです。

 

しかしメイクショップに行けば、さらに高い値段設定となっているので、メイクショップと比較すればカラーミーショップの価格設定は良心的と言えます。

スタートアップ段階ではレギュラープランからスタートをし、アクセス数と売上の上昇と共に、ラージプランにアップグレードをするという流れがよいでしょう。

 

まとめ

 

世界レベルでネットショップのシステムが競争をするようになって、日本国内のネットショップサービスの割高さが際立ってきました。

今後10年で海外の秀逸なECシステムが日本に代理店を作って進出をし、カラーミーショップやメイクショップの独擅場を切り崩していくでしょう。

しかしそれにはまだ時間が多少かかるため、猶予がある間は既存のシステムを組み合わせて小銭稼ぎする戦法が有効になります。

 

トップセラーを使った無在庫転売は全くもっておすすめできない手法ですが、頭をつかうのは苦手、小銭稼ぎでもいいからとにかく楽をして稼ぎたいという方は実践を考えてみて下さい。

 

カラーミーショップを契約する



記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です