マイプロテインを120%活用するおすすめ商品と注文方法

最終更新日

この記事の所要時間: 1121

ダイエットや筋トレに素晴らしく役立つプロテイン。

人間を形作り基本栄養素である、タンパク質とアミノ酸を効率的に摂取することが出来ます。

 

プロテインはウィダーインゼリーのような商品から、粉末ベースのものまで、様々な場所で手に入れることができます。

コンビニでも購入が可能ですし、スーパーやドラッグストアでも手にい入ります。

 

しかしある程度買い物を重ねていくと、プロテインに量と質、そしてコスパを求めるようになります。

 

これに関して研究を重ねた結果、マイプロテインというサイトでセールを使って毎月注文するのが最強という結論に至りました。

どれぐらい最強かと言うと、成分が充実したプロテイン7キロを注文して1万5千円以下で購入することが出来るようになります。

 

マイプロテインおすすめ マイプロテインおすすめ

 

7キロのプロテインがあれば、2ヶ月ぐらいは余裕で持つので、安心して日々のトレーニングや、美容維持に励むことが出来ます。

 

今回は圧倒的なコストパフォーマンスを実現するマイプロテインについて紹介し、僕がずっとリピートしている「THE WEHY」という商品の魅力をお伝えしていきます。

 

理想的なプロテインの摂取量

 

プロテインは1日に摂取すべき量として、体重1kgにつき2gと言われます。

65kgの男性の場合65g〜130gを摂取したほうが良い計算になります。

 

安価なプロテインは一杯あたりのプロテイン量が低く、効率的にプロテインを摂取することが出来ません。

人間が一度に吸収できるプロテインの限界量が25gと言われているので、一度に25g取ることが出来るプロテインを複数回に分けて体に取り入れるのが有効だと考えています。

 

プロテインの質と価格

 

安さだけを求めれば安いプロテインはいくらでも見つかると思います。

イオンに行けばPB品のプロテインが安価に販売されていますし、サバスやビーレジェンドなど、評判の高いプロテインを多数見つけることも出来るでしょう。

 

しかしプロテインにもグレードがあり、安価なものは味がまずかったり、使っている成分がしょぼかったりするので注意が必要です。

僕であれば金を稼ぐ理由の一つが、美容の保持にお金を好きなだけ使えるというものなので、プロテインは世界最高峰のものを購入したいと考えています。

一番良いものを手間を掛けずにネット経由でまとめて注文して、普段からガンガン使っていくということですね。

 

そんなプロテインの種類としては、大きく分けて3つあり、ホエイプロテイン、ソイプロテイン、カゼインプロテインの3つに別れます。

この中のどれがいいかといいのは諸説ありますが、ホエイプロテイン以外はシカトしていいと考えています。

その理由は吸収効率の高さです。

 

プロテインに求めることは栄養補給という実益性ただひとつなので、その目的を達成するホエイプロテインを主として摂取していきます。

 

プロテインの摂取タイミングについて

 

現在僕は朝起きてから1杯、昼過ぎに1杯、夕方過ぎに1杯、寝る前に1杯、深夜に1杯と合計で5回ほど取っているので、1日あたり125gほどのプロテインを摂取している計算になります。

ダイエットをしていたり、食事回数を減らすと必然的にプロテインの摂取量が減ってしまうため、不健康な痩せ方をしてしまいます。

プロテインを摂ることで健康的にプロポーションを保持したまま体を絞ることが可能になります。

 

男性でシックスパックを出すためには体脂肪率が12%を切っていく必要があるため、現在僕は12%を目指してトレーニングをしていましす。

この記事を書いている時点での体脂肪率は13%前後を推移しています。

13%でもすごいと言われるのですが、この数字だと全然腹筋は割れないです。

いつになったらシックスパックになれるんだ。。。

 

トレーニングをする日は、運動後にもプロテインを取ります。

これは負荷をかけてから回復をするまでのゴールデンタイムと言われており、運動後30分以内にプロテインを取ることで、より効率的に吸収されると言われているためです。

 

さらに細分化すると、就寝前には吸収率は落ちるが長期的に吸収が持続するカゼインプロテインを取ったほうが良いとされています。

これに関してはまだ実践できていないので、今後取り入れていく予定です。

 

現在愛用中のプロテイン「THEWHEY」について

 

現在僕がリピートしている製品はTHEWEHYという商品です。

こちらは一度で25gのプロテインを取ることが出来ると同時に、アミノ酸として最も品質が高いとされるBCAAを6.5gも含有しています。

 

この商品の良い所はフレーバー(味)が複数用意されており、飽きないように工夫をされていることです。

僕は抹茶味を注文していますが、気分に応じて毎回味を変更することも可能です。

一般的なプロテインは2種類程度のフレーバーしかありませんが、THEWEHYは6種類から選ぶことが可能です。

 

容量は900gと1.8kgの2種類があるのですが、毎日ガンガン使うなら1.8kgを注文したほうが良いです。

この記事を書いている時点での販売価格は、1.8kgの製品で5970円です。

 

BACCを始めとする最高峰の成分が含まれるプロテインとして、最安値であると同時に、ここから割引クーポンを利用することでさらに安く手に入れることが可能です。

iherbよりも安く大量にプロテインを手に入れることができるのが、マイプロテインの特徴であると言えるでしょう。

その分、プロテイン以外の製品は充実していないので、サプリメントを買う時はiherbといった感じで、使い分けて僕は使っています。

 

マイプロテイン攻略のコツ

 

通常注文でもコスパが高いマイプロテインですが、不定期で配信されるクーポンを利用することで、異次元の安さに到達をします。

これに関してはメールで配信をされるのですが、より確実に情報を手に入れるために、マイプロテインのLINE@に登録をしておきます。

 

そうするとセールをやる時には通知をしてくれるので、買いだめをしようと思っていた時に忘れずに注文を入れることが出来ます。

僕であれば2本〜3本のTHEWHEYを1ヶ月半ほどで使い切っているので、月に2本から3本をコンスタントに注文していれば、問題なく回せるイメージです。

 

かなりの量を使っていますが、僕の場合は食事量が1日1食程度と非常に少ないため、食事から取ることの出来ない栄養素をプロテインで補っているイメージです。

食事を取らないと筋肉量は増えないという人もいるのですが、時間はかかっていますが、順調に増えており、このこの記事を書いている時点での僕の基礎代謝は1600calを超えております。

これの意味する所は、全く運動をしなくても僕の体は自動的に1600カロリーを毎日消費し続けるという事です。

それで1日1食の生活をしていたら、メタボになることなんて起こりえないことがわかるでしょう。

もう僕は一生メタボや肥満に悩むことのない習慣を手に入れたのです。

 

血糖値が上がる食事を一切取りませんし、酒もやらないので、糖尿病や痴呆症のリスクも極限までヘッジされています。

美容と健康を保持することは、成功者のステータスであると考えているため、今後もこの習慣を継続していく考えです。

 

筋トレ環境について(スポーツジムは必須)

 

筋トレを実践する環境については、自宅ではなくスポーツジムがいいと考えています。

やはり自宅だとやらない理由がいくらでもありますし、誘惑や雑事も多く、コミットメントが出来ません。

スポーツジムに行き、トレーニング以外やることがない環境を作ること、トレーナーをつけて追い込んでもらうこと。

この2つが有効です。

 

スポーツジムの選び方についてはこちらでまとめておりますので、参照下さい。

ウェイトトレーニング設備が充実していて、値段が高い(月1万以上)所が良いです。

安い所は混雑して思うようにトレーニングできないことがあります。

 

成長が加速するスポーツジムの選び方

 

筋トレの重要性がまだ理解できてない方は、こちらの本を読みマインドセットを強化しましょう。

筋トレしなければ金持ちになれないと思ってくれてOKです。

 

 

マイプロテインはミスターリベーツに対応するのか?

 

この記事を書いている時点では、海外のマイプロテインだけがミスターリベーツに対応しています。

日本からは海外のマイプロテインに注文をすることが出来ないので、現状はキャッシュバックサイトをマイプロテインで利用することは出来ません。

 

しかし販促拡大のため、今後キャッシュバックサイトにマイプロテインが対応する可能性は十分にあるので、期待して待ちましょう。

 

運動中の栄養補給について

 

現在僕は運動中の栄養補給について実験を行っています。

運動中にアミノ酸を摂取することが良いのがわかっているので、市販の製品を片っ端から買って、組み合わせを実験しています。

 

酸欠については、炭水化物と塩分の補給である程度カバーできると過去に伝えましたが、現在の僕はトレーニングに慣れてきて、最高値更新をすることが至上命題になっています。

前回の負荷を超える重さを上げること。

こを実現するために、日々実験をしています。

 

筋トレして酸欠(吐き気)になる際の対策方法

 

その対策として、MYプレ2.0という製品をマイプロテインで見つけたのでこれを、トレーニングする日は飲む。

運動前にこれを摂取をしてからジムに出かけます。

 

そして運動中は水やスポーツドリンクではなく、アミノ酸ドリンクに特化して今後は水分補給する考えです。

その理由としまして、プロテインゼリーのような製品には大量の炭水化物が含まれており、複数個取ると、炭水化物摂取量が1日の基準値を超えていってしまいます。

 

野菜ジュースが血糖値を上げてしまうのと同様に、プロテインゼリーも気が付かない間に大量の炭水化物を摂取してしまい、トレーニングしているのに痩せない状態を作ってしまいます。

ですからゼリーではなく、液体ベースのドリンクに焦点を絞り、今後は実験をしていきます。

 

なぜ液体が良いのか?といいますと、液体ベースのアミノ酸ドリンクに含まれる炭水化物量は、ゼリー状の製品の10分の1以下だからです。

ウィダーインゼリーを食事として使っている方は、満腹感は得られるかもしれませんが、体が重くなったり、思考の明瞭さが失われる副作用が発生している可能性があります。

ストレスが高い環境で食事量を減らすのは難しいと思いますが、目先の節約よりも、パフォーマンスが向上するものを胃に取り入れることにフォーカスしましょう。

そのためにお金があるのですから。

 

 

プロテインと一緒に取ったほうが良いサプリメント

 

プロテインとは別にグルコサミンやHMBを取っていた時期があります。

これに関してトレーナーに相談した所、著しい効果は期待できないと言われたため、現在はやめています。

 

まとめ(クーポンはここにあるよ)

 

マイプロテインを利用することで、質の高いプロテインを安価に手に入れることが可能になります。

成功に対する一貫したコミットメントを保持するために、環境と投資に徹底的に拘り、達成し続ける日常を手にしていきましょう。

 

マイプロテインに新規で会員登録される方は、以下のコードを利用することで500円の割引券を得ることが出来ます。

よろしければご利用下さい。

 

YUSUKE-R6A

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です