中国輸入代行OEMや買い付けと仕入れツアーに対応する業者は?

中国輸入代行会社 中国輸入代行業者

この記事の所要時間: 358

かつて中国輸入はさっぱり稼げない市場でした。

その要因としてはノウハウの質が低く、再現性のない方法論が教材化されて販売されていた事が大きな要因です。

 

教材、塾、コンサル。

どれも非常にクオリティが悪く稼げませんでした。

 

そんな中、唯一稼げていた手法が、ノーブランド商品相乗り作戦です。

これは何かと言うと、Amazonにすでに登録されている商品で価格差がある商品を見つけ、タオバオやアリババから買い付けをします。

そしてそれをAmazonFBAに送って転売するという手法。

 

Amazonのカタログに登録するためには、自分でバーコードを取得したり、ステマやってレビューを入れたり、広告打ったりと、めちゃくちゃ大変。

しかしこの相乗り戦法は他人の労力にタダ乗り出来るので、非常にコスパのいい稼ぎ方だったのです。

 

実際タオバオ仕入れヤフオク転売で稼げなかった人が、この手法でたくさん稼げるようになりました。

 

しかしこの手法にも終わりが訪れます。

 

カタログに登録する人が自分が登録した商品を自社ブランド化し、他の人が販売しようとするとAmazonにクレームをして、販売できないようにしてきたのです。

この手法はカタログ登録をして販売をする側には有利ですが、後発で中国輸入に参入する人にはとても不利な状況でした。

 

売れるかわからないものを仕入れて、カタログ登録をする。

そしてステマレビューを集めて、広告を打つ。

初期投資もかかりますし、時間も物凄くかかります。

 

この手間を惜しまず実装まで持っていくことが出来れば、稼げるかもしれません。

しかし基本的には無理ゲーでしょう。

 

何が売れるかわからない状態で、自社商品の作成(OEM)。

それを金の亡者にばらまいてステマレビューを書かせる。

最後に広告を売ってAmazonの目立つ位置に掲載。

これを延々と何十個も繰り返すことで稼ぐのが、AmazonOEM販売のノウハウです。

 

そしてOEM販売や中国輸入転売、現地仕入れ(イーウーなど)に不可欠なのが、輸入転送会社です。

仕入れの代行を行ってくれる業者として、長期的に利用していける業者を比較し、2つに絞り込みましたのでご紹介します。

 

中国輸入代行業者おすすめ1:ライトダンス

 

中国輸入転送業者

 

まず最初に紹介するのは、ライトダンスという業者です。

手数料が他の業者と比べて安く、対応も良いです。

 

現地に住む中国の方が経営をされている業者ですが、日本の商取引習慣に理解のある方ですので、中国人特有の扱いにくさはありません。

日本人とビジネスをする感覚でお願いができますし、融通も利かせてくれます。

ライトダンスを抑えておけば、中国輸入転売で大きく失敗してしまう確率は一気に減らすことが出来るでしょう。

 

OEM開発からFBA納品まで、輸入転送業者に求められるサービスを提供しています。

 

中国輸入代行業者おすすめ2:ヲヲフェニックス

 

中国輸入代行業者

 

ふざけた名前に見えますが、日本人が経営する中国輸入転送業者です。

日本人が経営しているため、ライトダンスよりもさらにかゆいところに手が届くサービスが提供されています。

 

現地の視察、仕入れ、通訳をサポートするサービスを提供しているので、イーウーなどで直接仕入れをしたい方にもおすすめです。

現地の視察は宿泊費などを含めても、1回4万円程度とそれほどお金がかかりません。

 

これぞと思える商品が見つかったら、自社開発をして、AmazonでOEM販売を実勢していきましょう。

 

まとめ

 

輸入転送業者を使う頃には、資金力も商品知識も桁違いに増えています。

最初から在庫を持って参入をしたら、不良在庫の山を抱えて終わりますが、知識をしっかりと持ってから参入をすれば優位性のある参入が可能になります。

在庫を持つビジネスにまでシフトされる方は極めて限られると思いますが、ビジネスが安定をしたら、在庫を持つビジネスの事を思い出して、代行業者を使ってOEM販売に挑戦してみましょう。