無在庫ネットショップを開業して資金0円で成功する必勝法

無在庫ネットショップ 無在庫ネットショップ
この記事は約18分で読めます。

ネットショップは最も安定かつ、大きな収益を発生させる事が出来る最終到達地点です。

 

Amazonやヤフオクといったプラットフォームに依存をせずに自由に収益を生み出せる段階に達した時に、アカウント削除や規制、ライバルの影響に怯えることは一切なくなります。

 

しかしながら、ネットショップで結果が出せる人が限られるのも事実です。

 

結果が出る人はネットショップでも稼げるが、だめな人は1個の商品を売ることすら出来ません。

なぜこのような違いが生まれるのでしょうか?

 

この記事では無在庫ネットショップに興味がある。

無在庫ネットショップで稼ぎたい人に向けて、100%無在庫で規約を侵すことなく販売ができるやり方を解説していきます。

 

 

Amazonやメルカリ転売に疲れた
アカウントが削除され路頭に迷ってる
忙しない副業ではなく、コツコツと自分のペースで着実に伸ばせるビジネスを探している
ドロップシッピングをやっているけど全然稼げてない
在庫を持つネットショップを運営しているが利益が出ない

 

上記のような悩みを持つ方に参考になるはずですので、最後までお付き合いください。

 

なぜ今、無在庫ネットショップが注目されているのか?

2018年メルカリが無在庫転売の規制を強化、転売目的による業者の参入を規制開始

2019年ヤフオクが規制を強化し無在庫転売のアカウントを取り締まり開始

ヤフオク無在庫転売は安全に稼げない!アカウント停止で【糸冬】
こんにちは、細野です。 今回はヤフオクを使った無在庫販売について解説します。 ヤフオクで無在庫販売は規約で禁止されているのですが、実際にはやっている人がたくさんいます。 資金がない方や在庫を持つのは怖い商品を扱う時...

2大プラットフォームの規制強化は、多くの無在庫転売ヤーを退場に追い込みました。

一方で2018年の秋頃より、ネットショップを使った無在庫転売にシフトしていた僕らは、退場することなく、継続して無在庫転売で収益を上げることに成功しています。

 

在庫を持てばメルカリやヤフオクで稼ぐこともまだ不可能ではありませんが、資金回転率が低下してしまいますし、資金力が少ない人には実践できないという問題があります。

Amazonで無在庫転売をする方法もありますが、管理が複雑であり、アカウント停止のリスクが非常に高いです。

 

プラットフォームの規制が厳しくなる中、アカウント削除のリスクがないネットショップを利用して稼ぐ方法に注目が集まるようになったのです。

 

元々ネットショップをやっていた人の中にも、在庫を持たない無在庫販売形態に参入したい人が増えている。

さらにはドロップシッピングをやっていた人が、扱える商品を増やすために商品構成を自由に入れ替えができるネットショップに進出をしている。

 

無在庫ネットショップは資金が少ない方や、プラットフォーム転売で稼げなかった人達から注目されており、今後ますます参入者が増えることが予想されます。

無在庫ネットショップが儲かる理由

あなたは儲かるビジネスの条件をご存知ですか?

 

資本を必要としない、在庫を持たない、利益率が高い、定期収入を稼げるビジネスであること。

この4つが儲かるビジネスの必須条件です。

 

これまでのネットショップは、

開業のために初期投資が必要
在庫を持たなければいけない
利益率はそれに対して高くない(全く売れずに不良在庫の山になることがある
定期収入化出来るだけの規模まで育たない

上記のような問題点がありました。

 

無理ゲー感が満載であり、これでは取り組む価値はありませんね。

ところがノウハウが進化をし、現在は在庫を一切持たずにネットショップで収益を上げることが可能になりました。

 

開業したばかりのネットショップにおいては、設備投資を最小限におさえ、1秒でも早い黒字化を目指すべきです。

 

なので入口の部分では、在庫を持たないビジネスに取り組むべきであり、ネットショップをやるならば無在庫ネットショップで開業をすべきです。

そして資金的余裕が出来てきた段階で、リスクコントロールを徹底しつつ一部を在庫を持つビジネスに切り替える。

 

こうする事で在庫を持つビジネスのメリットも活かしながら、展開をしていくことが出来るようになります。

規制やアカウント停止から自由

長らくプラットフォームビジネスをやっていた僕からすると、自分のネットショップというのは神です。

出荷のルールや扱える商品の制限。

こういったものは一切なく、法律に抵触しない商品であればどんなものでも販売していくことが可能です。

 

Amazonみたいに規制カテゴリーだとか、ヤフオクみたいにライバルが増えて飽和とか、そういうのがないわけですよ。

メルカリに至っては業者の参入を規約で禁止しています。

業者認定されたら一発退場で全ては終わり。

 

こういった意味不明なルールに一切縛られないのが、自分で作ったネットショップです。

 

もちろん自前のネットショップだからといって簡単に儲かるわけではありませんが、プラットフォームと比較すると価格競争に巻き込まれにくく、ブランディングしていく事で、唯一無二のショップに育っていきます。

これが今現在僕が提案していることであり、今後最も安定的に稼げるビジネススキームだと考えています。

アフィリエイトよりも安定して稼ぎ続ける事が出切る

僕は無在庫ネットショップは、サイトアフィリよりも安定すると考えています。

 

その理由はサイトアフィリは広告主が撤退して案件が消えることがあるからです。

その時に商材名でSEO上げてるサイトだったら一瞬で稼げないサイトになりますよね。

 

でもネットショップだったら色んな商品名でSEOを上げることが出来る。

ブランド物なんて扱いだした日には尋常じゃないアクセスが来るわけですよ。

毎日数千とか、育てていくと数万とかね。

そういうアクセスが来るわけ。

 

こんだけアクセスが来ると必然的に成約も出て行くし、成約が出続ければそれが積み重なって収益になる。

つまり、儲かるってことですよ。

 

もちろん安定して売れている商品が取扱中止になったり、廃盤になったりして扱えなくなるリスクは無在庫ネットショップにもある。

しかしアフィリエイトのそれと比べれば比較にならないぐらい、商品の管理はやりやすく安定化と相性が良いと言えます。

在庫を1個も持たずに運営が出切る

物販ビジネスは在庫数と収益が概ね比例関係で推移をします。

在庫が多ければそれだけ成約チャンスに恵まれ、販売数を増やせば利益が積み上がっていきます。

 

具体的には商品数が1000個〜10000個を超えるレベルで回していくことで、月に数十万〜数百万の利益が見えてきます。

 

しかし、在庫を持ってビジネスをしたら商品数が1000個、10,000個を超える日はいつになるでしょうか?

資金が有限である以上ホールドできる在庫には常に上限がある。

 

でも無在庫だったら扱える在庫数に上限はありません。

登録だけしておいて、売れたら注文をして出荷をする。

 

こういった手順が踏めるので、ものすごく有利に販売が出来るんです。

 

そして無在庫で販売していく中ですごく良く売れる商品や、在庫を持つ価値がある商材が出てきたら在庫を持てばいいですね。

 

僕は全部を無在庫にするべきと言っているのではなく、在庫の大半を無在庫で固めて、段階的に有在庫にシフトするべきと言っています。

引きが強い商品を在庫を持ったら物凄く良く売れるのは事実ですし、大きく稼いでる人たちは在庫を持っています。

 

ただし無在庫でも月に30万程度までならすぐに行けますし、50万以上も問題なく目指せる。

どんな人にもフレンドリーであり、旅行先や出張先など場所に縛られずにビジネスが出来るのが無在庫販売のメリットです。

 

例えば僕は過去にパソコンを販売していましたが、これも無在庫でやっていたから提供ができました。

売れてからパソコンを仕入れてカスタムしてお客さんの所に出荷する。

こういうフローを取っていたので、継続することが出来た。

 

でも在庫持ってたらこれは大変ですよ。

家の中狭くなるし、いつ売れるかわからんものをずっとホールドする可能性もあります。

資金がなくても実践できる

実際に長く教えてきて、在庫を持つビジネスは挫折率が高く、継続率が低いというデータが取れています。

それに対して在宅副業は結果が出る、出ないに関係なく継続率が高いというデータが得られています。

 

そんだけ在宅副業って求められているし、在宅でみんな稼げるようになりたいと考えていることが、このデータからわかります。

 

当初僕は無在庫で稼げるのは月に数万〜10万程度がいい所となめてました。

しかし研究を続けた結果、無在庫で大きく稼ぐというのがとても簡単に出来ることがわかった。

 

なのでそれを実行しやすいように整えて教えるサービスを提供しています。

在宅で稼げるようになり、それを自動化して不労所得を得られるようにする。

 

そうすれば浮いた時間で好きなことやったり、家族と過ごせるようになりますね。

 

生活の質を上げる。

でも収入は減らさない。

 

この一見矛盾するテーマを両立し、来るべきAI社会に活躍する人材を育て上げるのが最も需要だと今感じています。

 

そもそも在庫を持つ商売は入口の部分で資金が必要であり、資金を持ってない人には実践ができません。

たくさんの人をこれまで教えてきましたが、資金として100万以下、30万円を用意することすら難しいという人も珍しくありません。

 

在庫を持つ商売で月に5万円以上を稼ぐのであれば、最低でも30万円は欲しいです。

もしあなたが30万の資金すら用意できないのであれば、有在庫で稼ぐのは諦めたほうがいいでしょう。

規約やルール変更に振り回されない

ネットショップはプラットフォームと異なり、自分で販売や納期、取り扱う商品を自由に決めることが出来ます。

一方でAmazonやメルカリといったプラットフォームは頻繁に規約が変わり、それに対応するために振り回されます。

 

Amazonは最近はかなりエグくて規約変更後に過去に販売していた商品が規約に抵触するからという理由で、アカウントを停止してきたりします。

過去の事例から対策を練ることは出来ますが、未来に起きることは対策しようがない。無理ゲーすぎます。

 

ネットショップでは法律に反しない限り、扱う商品は自由であり、販売形態にも制限が加えられていません。

無在庫で販売してもその旨が商品ページでしっかりと説明されていれば咎められることはない。

 

100%無在庫のショプを最初から運営し、リスク管理をしながらお金を稼ぐことが出来ます。

おすすめのECカートはストアーズとBASE

無在庫ネットショップで集中すべき分野とやり方が理解できた所で、どこでネットショップの開設すればいいかを解説します。

 

世の中にはたくさんのネットショップを作成するサービスが有り、これらをECカートと呼びます。

 

日本国内にもECカートのサービスが多々あるのですが、結論から言うとコスパが悪い所が9割以上です。

 

歴史があり有名なカラーミーショップのは、使いやすく結果を出すまでの期間が割と短いです。

しかしこれは決済システムを自前で契約しなければならず、維持費がかさみます。

カラーミーショップを【実際に使って感じた】評判の【嘘と真実】
自分で作ったネットショップで商品を販売したい 規約や規制に縛られずに自由に物販を楽しみたい このように考える人が調べて到達するのが、カラーミーショップという...

 

ネットショップの利用料金と合計で毎月1万円近くは維持費がかかってくるのが、カラーミーショップとメイクショップの欠点です。

makeshopの尋常でないコスパの悪さ。資金がかかりすぎる
ECサイトを構築するためには、自分でシステムをゼロから構築するか、CMSを利用するか、メイクショップのようなECサイト構築サービスを利用しなければなりません。 最も自由度が高いのはゼロから自分でシステムを組むことですが、高い専...

僕らは費用に対して合理的な理由を求めるため、こういったコスパの悪い会社は選びません。

決済システム込みで月に5000円以下でないと利用する価値がないと判断しています。

 

実際海外では月に30ドルとか、40ドル以下で全ての機能が無制限に使えるというのが当たり前。

日本のECはまだまだ高い所が多く、有名所は論外なレベル。

 

そもそも楽天がボッタクリ商売をやって、長年ECを牛耳っていたような市況なので、日本のECはまだまだ発展途上です。

Amazonが来て、ヤフーショッピングが無料化されて、競争が激化してきて、少しずつ最近は良くなってきています。

あと数年もすれば、海外と同じ料金体系に全てのネットショップは合わせるようになっていくでしょう。

 

また海外のネットショップが日本に進出してきて、日本のECサービスと競合をしていく事も起こりえるでしょう。

実際shopifyというサービスは海外での実績をテコに、急速に影響力を増してきています。

shopify(ショッピファイ)無在庫転売は戦略として有効か?
数年前まで日本でネットショップを作ろうと思ったら、カラーミーショップやメイクショップを使うのが一般的でした。 近年ではモールへの主点ハードルが下がり、ヤフーショッピングやBASEを筆頭に、無料でネットショップを作ることが出来る...

 

僕らが実際に使い稼げていて、あなたにもおすすめするのはストアーズです。

使いやすく、SEOにも強いため、無在庫ネットショップをスタートさせて1ヶ月以内に黒字化が出来ています。

ストアーズで月利50万のネットショップを作るために僕がやってきた事
一部の動画でも暴露をしていますが、ストアーズというネットショップ作成サービスで作ったネットショップを使い、輸入無在庫転売のネットショップを僕らは運営しています。 ヤフオクの無在庫転売規制が厳しくなり、稼げなくなって...

まずはストアーズで軌道に乗せ、商品が売れ始めたらBASEを開始します。

BASEのSEO対策をして1週間で2位まで上げた方法【弱いは嘘】
2019年の10月25日に東証マザーズに上場することが決まったBASE。 単体のECサイト作成サービスとしては業界初の株式公開であり、今後ますます有名になってくることは間違いありません。 僕らが過去に無在...

 

両方やる理由としては、2つの販路を持つことで収益が安定をすること。

ストーアズで上位表示を取りやすい商品と、BASEで上位表示を取りやすい商品には差があると、実践をしていて感じるからです。

 

ですからこの2つで月に5万〜20万程度をまず稼げるようになる。

その段階でウェブマーケティングの基礎スキルが身につきますので、shopifyやウーコマースにシフトするというのがおすすめです。

ウーコマースの使い方を覚えれば最短で億り人になれる
全世界のEコマース売上のうち20%を占めるのは、ウーコマースという無料で使えるネットショップシステムです。 これはWordPressと組み合わせて無料で使うことが出来、システムの利用料金が無料であるだけでなく、決済も維持費無料で利用が...

仕入れ先はアリエクスプレス一択

無在庫ネットショップで取り扱う商品はどこがおすすめなのか?

ネット検索をするとネッシーやトップセラー、スーパーデリバリーなど日本国内の卸業者を紹介している所が多いです。

 

しかし日本の業者は仕入れ価格が高かったり、同じ商品を扱う人が多かったりして旨味が少ないです。

仕入先を海外に向けることでライバルの数を減らすことが出来ます。

 

僕のおすすめはアリエクスプレスという中国のサイトです。

aliexpress転売で失敗しないための行動手順を解説
aliexpressを上手に活用することで、購入した商品を転売して利益を出すことが出来ます。 仕入れ価格が安い、1個から購入できる、商品の質が高いものが多い。 アリエクスプレスはこれまでの中国輸入の常識を覆し、買い物に対...

ここで扱われている商品を無在庫販売することで、無在庫転売で手堅く月に3万、5万円と稼ぐ仕組みを作っていきます。

 

そしてアリエクの商品が売れ始めたら、海外のAmazonやネットショップに徐々に目を向けていき、世界中の商品を取り扱うセレクトショップを作っていくといいでしょう。

ブランド品に特化をしたバイマであったり、出品規制が厳しいAmazonと異なり、自分のネットショップであれば取り扱う商品に制限はありません。

法律に反しなければどんな商品でも取り扱うことが出来るため、チャンスがプラットフォーム転売よりも広がります。

 

とはいえ、Aliexpressは海外の通販サイトであり、英語が苦手な方にはハードルが高いですよね。

なので、アリエク以外の仕入先についても紹介しておきます。

トップセラー

CSV形式で商品リストを提供しているので、CSVをインポートできるネットショップと組み合わせれば大量の商品を一瞬で登録できます。

ヤフーショッピングやカラーミーショップと組み合わせて使われることが多い。

ドロップシッピングを実践されていた方は、このサイトを使われている方が多いのではないでしょうか。

Amazon

日本のAmazonで販売されている商品をネットショップで転売する方法も有効です。

Amazonを利用しない人やAmazon内で検索で見つけにくい商品を販売することで転売が可能になります。

注意点としてはAmazonは毎日価格が変動するのと、在庫切れになることがあります。

この2点をクリアすることが出来ればAmazonを使って無在庫ネットショップで稼ぐことが出切るでしょう。

無在庫ネットショップで稼ぐ流れ

ネットショップを作って無在庫転売で成約を取って下さい。

 

このように伝えると出来ない人は1ヶ月で1個も成約が取れません。

 

しかし僕はもちろんの事、出来る人は2週間〜3週間ももすれば成約が出始めて、安定した収益源となります。

具体的には以下の通り。

 

成果報告
出品数/利益
0 / 34512円 ネットショップ国内その1
20 / 06958円 ヤフオク
10 / 21,000円 ヤフーショッピング
10 / 4600円 Amazon
0 / 00000円 楽天
0 / 12060円 メルカリ
0 / 0円 Wowma
0 / 11738円 ネットショップ国内その2
2 / 00000円 ネットショップ海外
利益90,860円

 

これはある日のお客さんの成果報告です。

ネットショップだけでも4万円を超える利益が出ている(日商ではなく日利である点に注目)ことがわかると思います。

 

一つ一つのやり方で得られる収益にはばらつきがあったり、少なかったりするけれど、組み合わせることで月収100万さえも狙っていくことが出来る。

 

プラットフォームは便利なので使っていきますが、いつアカウントが停まるかわからないので、自分のプラットフォームでも月に30万ぐらいは余裕ぶちかまして稼げるようにしておく。

ここが初期段階における目標です。

商品のリサーチ方法

あなたが販売している商品を限定していないなら、様々なジャンルで回転をしている商品が見つかるはずです。

 

あるいはライバルが定期的に成約を取っている商品を調べることが出来るはずです。

そういった商品を5個単位、10個単位で登録をしていき、反応を見ましょう。

 

成約でない人は同じ商品ばかり大量に登録してしまっています。

なので性質の異なる商品を色々登録してき、ネットショプで売れる商品を絞り込みましょう。

 

ある程度自分の得意分野が出来てきたらジャンルは掘り下げてもいいですが、ジャンルは絞らずに販売したほうが安定します。

 

ネットショップと言えど真似をしてくる人は真似してくるので、彼らが追いつけないレベルでの分散を継続して施すのです。

 

短期ビジネスであるプラットフォーム(ヤフオク)の成果を長期ビジネスであるネットショップに移動をさせる。

これを継続することで飽和の影響を受けずに収益を上げ続けることが出来ます。

 

僕らがやっている具体的なリサーチ方法は以下の通り

ヤフオクやメルカリで短期間で何度も成約が出ている商品を見つける
プラットフォームで回転している商品の需要をキーワードプランナーで調査
需要が確認できたらSEO対策を施しつつSNSでも集客
利益が出たら出た利益を使って広告出稿

上記をひたすら繰り返すことで、無在庫転売の欠点である回転率の低下を解決し、高収益高回転なビジネスモデルを作ることに成功しています。

詳しく以下のパートで解説していきます。

ヤフオクやメルカリで短期間で何度も成約が出ている商品を見つける

出品地域が海外になっていたり、背景が白地になっている宣材写真を販売しているアカウントを見つけます。

ヤフオクでもメルカリでもどちらでもいいのですが、ヤフオクのほうがライバル分析がやりやすいです。

出荷地域が海外になっていたり、配送までに数週間がかかると書いている出品者は無在庫転売ヤーであるため、調査の対象となります。

 

僕らはリサーチをして見つけた分析対象の転売ヤーをリスト化しており、その数はこの記事を書いている時点で300を超えています。

300を超える転売ヤーが販売しているジャンルも雑多な商品構成を参考にできるので、取り扱える商品に困ることはありません。

(転売ヤーのデータベースに興味がある方はメルマガに登録下さい。秘匿性の高い情報であるため、サイトでの公開は出来ません)

無在庫ネットショップの参考データとして活用できるのはもちろんの事、そのまま真似して自らがヤフオクやメルカリに参入をしても即座に稼げる仕組みになっているのです。

プラットフォームで回転している商品の需要をキーワードプランナーで調査

回転しまくってる商品を見つけたら、それをキーワードプランナーで調査をします。

プラットフォームで売れてる商品の全てが売れるわけではなく、検索エンジンで需要があるものをネットショップに登録することが重要だからです。

 

ネットショップを開設したのに売れない…と悩んでる人は、この作業が出来てないです。

自分の独りよがりな商品選定で店を構えても、商品は売れません。

お客様が欲しいと思うもの、需要があるものを提案することで成約が出るようになります。

 

キーワードプランナーは無料だと取得できる情報に制限がかかってしまうため、無料で詳細なデータ分析が出来るウーバーサジェストというツールを使います。

ウーバーサジェストの使い方解説。日本語の検索ボリュームを無料で調査
サイト(ホームページ)を作って集客をする上で、SEOは欠かすことの出来ない集客方法です。 サイトにアクセスを集めるために、需要のあるキーワードをリサーチし、検索ユーザーが求めるコンテンツを提供する。 これ...

SEO対策を開始

リサーチの作業としては上記の手順で終わりです。

ウーバーサジェストで需要が確認できたら、商品登録をし、SEO対策を施します。

 

具体的なやり方はこちらの記事で解説をしています。

ネットショップSEOの間違った常識。キーワード選びが大事です
ネットショップを運営する上で最も難しいのは、集客です。 検索エンジン、SNS、広告を使った集客を全て自社で管理をしなければならず、指針となるノウハウがないと詰んでしまいます。 集客の方法を調べてみても、一般論を書いたサイ...

SNSからの集客

SEO対策を並行して取り組んでほしいのがSNSを利用した集客です。

具体的にはTwitterに力を入れて下さい。

 

商品ページをそのままツイートするだけでも流入が発生しますし、見込み客をリサーチしてツイートを作り込むと拡散を狙うことも出来ます。

BOTを作ることで商品ページへの誘導を自動化する事も出来ますし、ウーコマースであればプラグインを使って24時間無限に商品ページをツイートすることも可能です。

利益が出たら出た利益を使って広告出稿

上記の作業を正しく実行すれば、2週間〜3週間程度で成約が出始めるはずです。

商品が売れたら出た利益を広告に投資をして、集客にレバレッジをかけます。

広告の出稿先は以下の4つです。

ヤフー広告
グーグル広告
Instagram広告
Facebook広告

優先度は商品によって変わってきますが、Instagramがネットショップと相性がいいので、優先して取り組むといいかもです。

まとめ:開業セミナーを開くつもりで全て暴露した

ネットショップは物販ビジネスで最も知性が求められ、最強にエキサイティングな世界です。

ネットショップの研究を続けてきて、この分野がいかに安定をしてきて、ライバルが少ないのかを実感しています。

 

今後もネットショップにシフトできる人は限られますし、ネットショップだけで100万を達成できる人はもっと少なくなると予想しています。

 

無在庫ネットショップで成功するためには、商材選定から、商品登録までの流れを戦略的に監修をする事が大事です。

何も考えずにプラットフォームのノリでコピペをしても売れません。

 

ウェブマーケティングを理解していて、かつネットショップで成約を出した経験を持つ人から、直接教えてもらいましょう。

この記事を読まれた方が、無在庫ネットショップで稼ぐイメージを持てるようになれば幸いです。