外注さん管理に使うシステムまとめ

外注管理

この記事の所要時間: 85

ネットビジネスを自動化するためには、人やシステムに自分の業務を任せていかなければいけません。

今回は外注さんを管理するために、僕らが実践してめちゃくちゃ活用できているシステムをシェアしていきます。

 

自動化出来るビジネスを実践しているのに、未だに作業やって労働しちゃってる方は、仕組み作りを学び、自由な生活が出来る側に移動されることをおすすめします。

 

人材募集

 

まず何はともあれ、人材雇用です。

我々のように、在庫を持たずに実体のないビジネスをしている人間にとって、人材だけが唯一の資産となります。

 

良い人を雇い入れることがビジネスの繁栄に繋がり、良い人の関係性を深めることがビジネスの成功に繋がります。

僕であれば自分の顧客との関係性が良好であり、質の高いお客様から支持をされているがため、大きく成功する事が出来ています。

 

お客さんを勝たせて、自分も勝つ。

この当たり前すぎる関係を愚直に実行するために、優秀な人のみを相手にすると決めて、自分に厳しい制約を課しました。

 

ネットビジネス界でトップクラスの人を集客するために、何を発信していかなければならなのか?

それを考え、日々実験と検証を繰り返した結果、偏差値80の発信が継続できるようになり、先発の人たちにも圧勝出来たのです。

 

これを読むあなたも、ビジネスで成功をしたいのであれば、良い人材と出会って、彼ら彼女らから支持をされなければいけません。

 

では良い人材とは何かと言うと、僕らの経験上、まず頭が悪いのは論外です。

大学で言えば当たり前に偏差値60とか70ないと駄目です。

使い物にならない。

 

そして名だたる有名企業だったり、勢いのあるベンチャーで活躍をしている、活躍をしていたが婚期を堺に家庭に入ったような方が良いです。

駄目なのは、会社でも通用しない、独立したけど仕事全然取れてない。

こういう人です。

 

そして年齢。

40超えたらいらないです基本。

年齢差別かよって思うかもしれないけど、経営をやると年齢を上がった人間を雇用する理由が皆無であることを痛感します。

 

30年、40年生きてきて何も結果が出てないわけですからね。

そんな人を雇っても自社の収益に貢献するはずがない。

 

秀逸で若い人材を雇うためには何をしなければいけないのか?

それは人が集まる媒体にお金を払って人材募集を掲載することです。

 

これをオンラインとオフラインを使ってやり、まずは最初の50人を集めます。

オンラインはクラウドソーシングと呼ばれる人材仲介サイトです。

こちらを最初の間は集中して取り組み、外注化しやすい仕事を任せていきます。

 

クラウドソーシングだけでもかなりの人を雇うことが出来ますが、コアなる業務を任せるには、直接会って話せる人を雇い入れたほうが良いです。

ですからそういった人と出会うために、地域のアルバイト情報誌に募集を出します。

 

これは月に4万から7万円程度で募集をかける事が出来るので、事業主か法人として募集を出して、掲載をしていきます。

募集の仕方にもよりますが、バイトルで出した時は600人を超える人から応募が来て、彼らの名前とメールアドレスが集まりました。

 

クラウドソーシングと異なり、バイトルで集めた個人情報には利用制限がかけれていないので、こちらから連絡を複数回に分けて取っても怒られません。

という事は、事前に募集や研修の内容をコンテンツ化しておけば、大量の人が来てもガンガン捌いていくことが出来るのはわかりますか?

 

当然応募してきた600人全員が使えるわけではなく、使い物にならない人のほうが多いわけです。

そういう人にもハピタスを教えてあげたり、もっと簡単な仕事を提案したりすれば、彼らの可能性を最大限に活かすことが出来るわけです。

 

最初にやるハピタス。案件のリスト、稼ぐ流れ、稼いだ後の出金方法。不労所得化のやり方

 

クラウドソーシングだとお断りしたら、それまでで、そこから個別で連絡をとったり、他の仕事に誘導することは禁止をされています。

なのでオンラインだけではなく、オフラインも絡めて人を募集していくというのが非常に有効になってきます。

 

教育の自動化

 

人材募集が常に安定化するようになったら、システムの力を使ってこれを効率化します。

しかしいきなり全てを自動化するわけではありません。

 

常に改善改良をしながら、破綻しない仕組みを作り込んでいくのです。

そのためにメール配信システムを使います。

 

これは無料でやる方法と、有料でやる方法がありますが、特別な理由がなければ有料でやりましょう。

なぜかというと無料でやる方法はシステムを自前で構築しないといけないので、時間も手間かかる。

そして動作が正しく行われるという保証もありません。

 

ビジネスにおいてはスピードこそが最も価値がある事なので、無料で利用できるものよりも、有料ですぐに使えるものを優先する。

これが基本。

 

そうは言っても無料のやり方教えてくれって、ノウハウ乞食がいると思うので、シェアしておくと、ワードプレスのプラグインを使えば実装出来ます。

ヤフーショッピングの審査を刷る時にXサーバーを契約すると思うので、契約したドメインにワードプレスをインストール。

 

Xサーバーの契約方法

 

そして管理画面画からプラグインを入れればメール配信システムの完成です。

シナリオ配信をするステップメールにも対応しています。

 

MailPoet Newsletters (Previous)

 

最初から完成されたシステムを使う場合は、マイスピーを使っていきます。

一番安いプランで問題ない。

 

自動化(権利収入化)に必須。メルマガ配信マイスピー

 

そしてコンテンツ作成ですが、zoomというものを使って文章と動画を作り込んでいきます。

 

zoomで行こう。自動化の世界

 

これに録画ソフトがあれば環境としては大丈夫です。

どんどんコンテンツを作って、ステップメール化していきましょう。

 

自分の成長と外注さんの質を連動させる

 

最初は誰もがスタートアップであり、上手に人に伝えたり、うまく管理することが出来ません。

そこで挫折をしてしまう人も多いです。

 

ですが大きく稼ぐ人は失敗をしながら、反省点を次の行動に反映をして、改善を続けていきます。

そうする事で、優秀なマネージャーを育て上げることが出来、自分は現場から離れることが出来るようになるのです。

 

ビジネスを自動化しようと思ったら、自分がいつまでもプレイヤーでいてはいけません。

人に伝えて、任せて、権限譲渡をしていかなければならない。

 

大きく稼ぐ人と、小銭稼ぎで終わる人の違いは「人を上手に使う事が出来るか」です。

人をうまく使うことが出来なければ、いつまでも労働をしなけれればならず、作業量には限界があるため、収入もすぐに頭打ちになります。

そして人を雇って組織化をコツコツ進める人に追い抜かれて、稼げなくなっていくのです。

 

自動化した先にある未来

 

自動化をすることで自分が使える時間が増え、他のビジネスにチャレンジをしたり、家族との時間を増やすことが出来るようになっていきます。

僕はあなたを月収100万に到達させるにあたり、一時的にQOLを下げることをお願いしています。

 

空き時間は全て無在庫転売に使ってほしいですし、土日も全部ビジネスに使う。

実際1ヶ月で30万を達成する人は、平日5時間、土日17時間をビジネスに使い、限界ギリギリまで自分を追い込んで、ビジネスに取り組んでくれている。

そうやって本気で向き合うから3ヶ月後に月収100万を達成するのであり、達成させなければ彼らに申し訳ないので僕も真剣に伝えている事に無駄や間違いやズレがないかを精査する。

 

そして100万を達成し、自動化が滞りなく施せたら、QOLを上げる活動にシフトするのです。

家族と過ごす、旅行に出かける、欲しかったものを買う。

 

お金で解決できることはお金で解決をして、お金で解決出来ないことは知恵で解決をする。

成功するためにやる事ってシンプルです。

 

成功するための過程で有益なノウハウについては下記の記事でまとめているので、読んで下さい。

今回の記事を読んで自動化を極めたいと思った方はメルマガに登録下さい。

 

成長が加速するスポーツジムの選び方

パソコン作業を長時間しても疲れない椅子。月に100万稼ぎ出す環境の作り方

PCメガネ比較。コスパとデザインの両立方法を実体験からレビュー

睡眠の質を最大化する方法。回復への投資を実行せよ

仕事、家事、副業を両立させる仕組み作り。これなら続けられる!

 

最終更新日

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです