base、ヤフショの次の比較対象はカラーミーでOK?

この記事の所要時間: 125

ネットショップはプラットフォーム依存から脱却するために必ず身につけていきたいスキルです。

ネットショップをやらなければ、いつまでもあなたは価格競争やライバルからの模倣に怯え、ラットレースを余儀なくされてしまいます。

 

プラットフォームの外に出た時に、後発ほど不利な仕組みをいくつも量産し、自分だけが有利に売れる仕組みを構築していくことが出来ます。

ネットショップを汎用することで、海外に向けた販売も実践することが出来、輸入だけでなく輸出でも稼げるようになります。

 

流動性の問題が解決されるのであれば、Amazonが販売している商品を全てネットショップに取り込んで販売をする。

現実的かどうかはさておき、そのようなプログラムを作って機会にやらせればこれだけでも50万以上稼ぐのは容易いでしょう。

 

僕が運営をしている通信講座では、まずヤフオクというプラットフォームで短期ビジネスをして、日銭(100万から200万以上)を稼いでもらいます。

それが出来たらヤフオクを自動化して、ネットショップに力を入れていきます。

 

稼いでる人は毎日どのように収益が上がるかと言うと、

 

出品数/利益
10 / 15032円 ヤフオク アカウント1
4 / 27481円 ヤフオク アカウント2
25 / 13981円 ヤフオク アカウント3
29 / 12500円 ヤフーショッピング
2 / 3100円 eBay
2 / 5740円 amazon
30 / 25740円 ネットショップ

本日利益 103574円 

 

このように収益が上がっています。

日商じゃないのでちゃんとよく見てね。

1日で10万を超える利益が出ています。

 

これは実際に僕が直接面倒を見ているお客さんから毎日報告してもらってる実際に上がった成績です。

仕組みを作り込み、分散を効かせることで毎日自動で無限に儲かるという状態が完成をするのです。

 

また、別の人はネットショップだけで1日の収益が5万円を超えるなんて人もいます。

この人は近日中に月利100万を達成すると思うので、機会があればYoutubeに出演をしてもらいます。

 

「プラッフォームよりもネットショップで逆張りしてるほうが儲かりますね」と言うのがネットショップで荒稼ぎしている彼の口癖です。

こういった状態に到達することが出来れば免許皆伝。

一生安泰です。

 

ネットショップで荒稼ぎする人が続出する横で、だめな人はネットショップやらせても全くと言っていいほど成約が取れません。

プラットフォームの中で成約を取るのと、プラットフォームの外で成約を取るのでは、求められる能力が全く異なります。

 

集客をゼロベースで考え、お客さんに一から提案をして購買に進んでもらうためには、頭を使わなければなりません。

ですから、プラットフォームを使った転売はバカでも稼げるけど、プラットフォームを使わない転売はバカには無理です。

僕が1個1個見て面倒見てやれば、センスのない人も成約が取れるようになっていきますが、それだと意味がないのですよ。

僕がいなくてもゼロベースで金を無限に稼げるようにならないと。

 

期待値が物凄く高いネットショップですが、ネットショップに進みためにはいくつかのフェーズがあります。

今回はこの段階別ステップアップを示し、どのようにプラットフォームの外に出ていけばいいかを説明します。

 

僕以外にこれを論理的かつ無駄を削ぎ落として伝えられる人は世界のどこにもいません。

あなたが物販ビジネスで長く稼ぎたいのであれば、僕らのコミュニティに属し、成長に100%コミットメントする事をおすすめします。

 

ヤフオク無在庫転売という短期ビジネスを極める

 

 

まず最初に取り組むのは、Amazonでもなく、eBayでもなくヤフオクです。

様々な実験をした結果、最も簡単に月利100万に到達できるのはヤフオクである事を実証しました。

 

圧倒的な集客力で、後発だろうが、作業になれてない人間だろうが、成約が取れてしまうヤフオク。

まさにバカでも出来る副業の究極系です。

 

Amazonは作業を理解できずに、苦手意識を持つ方がいますし、eBayは英語作業なのでやはり骨が折れます。

一方でヤフオクは初期段階でやる事はコピーアンドペーストのみ。

 

さすがにコピペが出来ない人というのはいないと思うし、コピペを1日30回、50回出来ませんと言われたら、その人は何をやっても無理な人でしょう。

なのでハードルが最も低いヤフオクでコピペに最初は集中していきます。

これだけで実践1ヶ月で利益が30万を超えます。

 

ヤフオクからヤフショへ移動

 

そして2ヶ月目は作業量と販売箇所を広げていきます。

具体的にはヤフオク以外から収益が出る状態を作り込んでいきます。

 

この段階で集中をするのはヤフーショッピングですが、人によってはbaseのようなコストが殆どかからずに資産家が出来るネットショップに取り組む人も出てきます。

baseは僕らが実験した範囲だとSEOが弱いので売れないという結論です。

全体的に結果が出るまでに時間がかかり、コスパが悪いという判断であり、今後やる予定はないです。

 

ネットショップに関しては後述する、集客にレバレッジが効き、合理性のある価格設定になっているネットショップを利用していきます。

無料で利用できても売れなかったら意味がないですから。

有料で実践をして、販売力にレバレッジを効かせていくのです。

 

有料と書きましたが、月に数千円も負担すればこれは実現できるのでそれほどビビらなくて大丈夫です。

それでプラットフォームで転売やってるよりも遥かに強固で安定した仕組みを作ることが出来ます。

 

ASP型ネットショップの作成

 

ヤフーショッピングとプラットフォームから毎日収益が上がるようになったら、次にASP型ネットショップを契約します。

ASP型ネットショップとは何かと言うと、販売するためのプログラムやインフラを用意してくれているサービスです。

 

AmazonやeBayも究極的にはASPなのですが、規約が最初から決まっているという観点から見ると自由なASPではありません。

一方でネットショップは最低限の規約はありますが、販売者が自由にルールを設定することが出来る仕組みです。

無在庫転売禁止という縛りもないので、思う存分在庫を持たずに転売が出来ます。

 

規約に抵触しないのでアカウントが停止するリスクもありません。

(お客さんの対応をしなかったり、詐欺をすれば会員資格が停止します)

 

このASP型ネットショップを選ぶ時に大事なのは、決済システムです。

殆どのネットショップは決済システムを別個に契約をして、自前で用意しなければ利用をさせてくれません。

 

そうすると決済システムの審査や申請に時間が取られ、収益を発生させるまでに時間がかかってしまう。

また商品が売れなくても固定費として費用が発生するため、コスパが非常に悪い。

 

カラーミーショップやメイクショップは素人がネットショップを始める際には最有力候補ですが、決済を別途イプシロンという会社と契約しないといけない。

これがずっと嫌で全面的におすすめが出来ませんでした。

 

しかしその後の研究で、決済システムは最初から無料というネットショップを見つけました。

イージーマイショップというサービスです。

 

こちらは後発のサービスだけあって、既存サービスの不満をしっかりと解消して価格的優位性を打ち出しています。

 

イージーマイショップの優位性

 

まず決済ですが、クレカ決済とコンビニ決済の2つが最初からついてきています。

決済はこの2つがあれば問題が出ることはないので、十分です。

 

そして次に60日間のお試し期間があります。

60日間僕が教えている考え方でSEO対策して何も売れなければ、辞めてしまえばいいんですね。

 

ちゃんとやればネットショップは売れるのですが、センスが悪い方や思考が浅い方は全く結果が出せないです。

なのでせっかくチャレンジしたのに結果が出ないという時も簡単に撤退できる仕組みが用意されているのはいいですね。

 

僕の感覚として2週間から3週間程度、しっかりと根拠を伴った商品登録を行えば、ネットショップの初成約が出ます。

そして1個売れたら次の1個という具合でトントン拍子で売れるようになっていきます。

 

やがてはヤフオクやヤフーショッピング、その他のプラットフォームを凌駕する成約数が、ネットショップだけで出るようになっていくでしょう。

 

グーグルxヤフショ=最強の方程式

 

イージーマイショップを勧める理由は他にもあります。

有料オプションを使うことでグーグルショッピングに掲載ができることです。

 

グーグルショッピングとは何かと言うと、検索結果で一番上に出てくるこういうやつです。

 

グーグルショッピング優位性

 

SEOが強いサイトよりも上の、一番目立つ位置に自社の商品を表示させることが出来ます。

ヤフーショッピングにもこれに近い機能がありますが、ヤフーで検索した人にしか表示ができません。

 

イージーマイショップを使う事で、ヤフーショッピングにも同時登録をして、さらには(有料オプションを契約することで)グーグルショッピングに掲載をする事が可能になるのです。

そしてFacebookページの中にFacebookショップを作ることも出来るので、広告管理を施すことで、様々な場所にいる見込み客に訴求が出来ます。

 

こんだけたくさんの人に根拠を伴った商品を提案していって、成約が取れないってないと思います。

ロジックに従ってコツコツと頭を使って商品登録をやれば必ず売れていくもの。

売れないのはあなたの商品選定やセンス、知性が低すぎるだけ。

 

ネットショップは頭が悪い人には無理なゲームなので、そういう方はプラットフォームでいつまでもラットレースをやっていきましょう。^^

 

独立型ネットショップ(最終奥義)で自由な世界へ

 

ASP型ネットショップで仕組みが作れたら、いよいよ最終段階に到達します。

この時点ですでに月に200万以上は余裕ぶちかまして稼げていますが、さらに上の300万、400万を達成するために、より難しい領域へと進んでいきます。

 

それは何かと言うと、独立型ネットショップです。

プログラムを自分でインストールし、デザインや決済の仕組みも自分で設定をする。

 

これをやる事で、ASP型ネットショップよりも低い維持費で、ASP型ネットショップよりも強いSEOを実現していくことが出来ます。

これは正直かなり骨の折れる作業なのですが、一つ一つこなしていくと、作ることが出来ます。

 

そして他人が作ったシステムを使っていたら実現の出来ない自由度の高さ、圧倒的な集客力を実現していきます。

 

僕らがチームで戦っていて、たまに自己中心的な人がチームのメンバーと競合を起こしてしまう時があります。

節度を守れば多少は容認できるのですが、どう考えても邪魔してるだろってレベルでやってしまう人がたまにいる。

 

そういう人はチームでその人のアカウントを共有して、ジェノサイドして追放しているのですが、そもそも他人から目立つ場所で何をやっているかわかってしまう。

こういう状態で商売をやっている僕らにも問題があるのです。

 

簡単に真似できる。

簡単に参入できる。

 

何もない人を勝たせるために、ここにこだわってやって来ましたが、優秀な人は真似できない仕組み作りに取り組むべきです。

そうすれば気軽に参入をされて真似をされて稼げなくなるといった自体から実を守ることが出来ます。

 

僕は物販のゴールはプラットフォーム内での自動化と思っていました。

しかしそれを達成してしまう人が出てきたので、もっと掘り下げて強い仕組みを作れないかなと考えた。

その結果、ネットショップがあり、ネットショップにも短期から中期に向けた段階がある事がわかった。

 

ビジネスは一つ一つ階段を昇っていくことで、着実に実力を身につけることが出来、実力が伴えば稼げなくなって消えるという状態はありえません。

いきなり最終ゴールであるネットショップに到達する事は出来ないけれど、プラットフォームをこなしながら自動化をしていけば到達できる。

 

本気でやれば今回の流れも4ヶ月もやれば全部実装できる事です。

人生の中で本気で4ヶ月頑張る。

それで月に200万稼げるならやらない理由はどこにもないと思います。

 

僕は簡単だと思ってるけど、出来ない人はプラットフォームですら満足に結果が出ませんからね。

だめな人はどこまで行ってもダメです。

 

僕が伝えようとしているのは、入口の部分で行動できる人間、変われる人間、知性を伴った人間です。

頭の悪い人が金を稼ぐことなんて無理ですし、自己管理能力がない人間がビジネスをやると他人に迷惑をかけます。

 

マインドが腐ってる方や、本気で行動できない方は他人に雇われてロボットとして生きていく方が幸せです。

本気で行動して変わっていける方は僕らと一緒に頑張っていきましょう。

 

記事の中で紹介したサービス

 



記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*