副業でバレない方法は親族。バレても公務員でも平気な方法

会社バレ副業税金

 

会社員を続けながら、第二の収入を得ていくに辺り、不安になることは多々あります。

その一つが税金と会社の副業禁止規定です。

 

現代社会では副業を禁止する会社は少なくなってきているので、昔ほどこの事に関しては問題視しなくても大丈夫になっています。

副業禁止であり、副業がバレて厳しく咎められたという実例があるような会社であれば、見切りをつけて転職をしてしまえばいいだけです。(そのような会社はほぼ皆無だと思いますが)

 

また会社バレの方法に関しては身内(妻、子供)、親や親戚の名義でお金の出入りを管理するという方法があります。

公務員の方はこういったやり方で副業禁止規定を回避される事が多いです。

 

不安を持つ人に対して僕が伝えたいのは、問題が起きてから対処すれば良くないですか?というもの。

会社ではミスを防ぐために未然に防止策を取りますが、自分でビジネスを行う際には、どんどん行動をしていかないと結果を出すことが出来ません。

 

税金の支払いで会社にバレたらどうしよう…と悩むのではなく、稼げすぎて会社から怒られてしまうぐらい本気で取り組む。

こういったマインドで実践をした方が良いです。

 

今勤めている会社が今後もあなたを雇用し続けてくれる保証はどこにもない以上、自分の身を自分で防衛する力を身につける。

自分でお金を稼げるスキルを身に着けていく。

この状態に一刻も早く到達をすべきです。

 

そして気になる税金の問題ですが、これまた悩むのは時間の無駄です。

 

なぜなら個人で勉強したり、本を読む、セミナーに出ても、税務署があなたの納税方法にNGと言えば、あなたは追加で徴税を払わなければなりません。

そして税金のルール(法律)というものは日々変化しているため、個人が検索したり、本やセミナーで勉強するぐらいでなんとかなるものではない。

 

ではどうすればいいかというと、税務のプロを雇用して、彼らのあなたの税の問題を任せてしまうことです。

これをやれば、問題が起きても税理士が間に入って問題を解決してくれますので、あなたは常に安全です。

そして税に関して悩むこともなくなるので、思う存分副業に没頭することが出来ます。

 

このような提案をするとポカーンとする人が多いのですが、これ以上ベストな提案は存在しないので、あなたが遠回りしたくない、税のトラブルで社会的制裁を受けて前科者になりたくないと思うのならば、税理士を必ず雇っておきましょう。

 

確定申告に頭を悩ませるのは時間の無駄。税理士に外注し収益に集中!

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です