LTSM2参加者の声(実践2ヶ月〜3ヶ月の段階)

この記事の所要時間: 3354

このページでは僕の企画参加者が実践して2ヶ月目以降にどうなったかを紹介しています。

1ヶ月目よりも稼げるようになっているのはもちろんの事、自動化が進み、自分が作業をしなくてもビジネスが回るようになっています。

 

せどりは肉体労働の側面が強いので、どうしても得られる収入に限界があります。

最終的には外注さんを3人から5人程度入れて利益100万以上を狙っていけますが、それでもその程度が天井です。

ですから、せどりは長くやるのではなく、続けても3年程度と教えています。

そして1000万から2000万程度を稼いで、飲食業のお店を出すなど、自分の夢にチャレンジして行って欲しいです。

 

そうすることで、無理なくステップアップしていけますし、お金の問題を心配せずに自分がやりたい事に存分に取り組んでいけます。

 

そんな次のステップのためにまずはせどりに取り組んでもらってますが、実践2ヶ月目から3ヶ月目の段階でここまで来れています。

ちょっと稼ぎ過ぎというか、直接指導を一切してないのに結果が出すぎていると思いますw

 

他のどの企画や塾、教材に負けない仕上がりに出来たので頑張って作って良かったです。

引き続き頑張っていきましょう。

 

古瀬さん(副業、現役理系大学生)

2ヶ月目の成績を利益ベースで報告して下さい。仕入れ回数や効率が1ヶ月目と比べてどのように変化したかも書いて下さい。

6月1日から6月30日までの成果報告をします。

仕入れ時間 週2回くらい (学校帰りの半日が多め)
利益 132841円
利益率 43%

となりました。
利益額は先月(20万円)と比べると落ちてしまいましたが、仕入れに行く時間が学校のレポートなどで削られ週4回から2回の半分になっています。
今月いっぱいはPCショップでバイトもしていたので、土日はバイトの日が多かったのも理由です。
単純計算すると仕入れの時間が半分になっていますが、利益は先月の半分ではなく1.3倍になりました。
また、圧倒的に利益率もよくなっています。
初月は家電量販店が主な仕入れ先でしたが、2ヶ月目はリサイクルショップも多めに行くようになり、中古の商品と新品の商品を半々くらいの割合で仕入れていました。
中古の商品は新品と比べるとすぐには売れませんが、利益率が高いのが非常においしいです。
また、コメント文をコピペではなく自分でしっかり書いているのも結果に繋がったのだと思います。
しかし、家電と思った商品(血圧計)などがドラッグストアの分野だったとかで出品できないミスをしてしまう時や、付属品の確認をてきとうに行って売ろうと思っていた値段で売れなくなってしまうミスをしてしまいました。
その時は保証期間にリサイクルショップに行き、返品してリスク回避しましたが無駄な時間を使ってしまい反省しました。。
ブックオフでの仕入れが不得意で全頭サーチをしまくって相場観を作ろうとも考えましたが、数回dvdを仕入れただけなので7月はブックオフでもしっかりサーチしていこうか悩み中です。
5月は毎回毎回アマゾンセラーで利益額を計算して仕入れていたのですが、6月の中旬にせどりすとプレミアムを導入してからプレミアム上で全ての仕入れ分析が完了するので仕入れがとても効率的になりました。
プレミアムのメモに利益額をメモしておくことで、家でのアウトプットの効率も上がりました。
7月は靴、服、カバン、時計の規制解除は完了しているのでアウトレットでの仕入れに挑戦しようと思っています。
細野さんが言っていた、靴の仕入れは非常に興味があるので実践して結果が出たらすぐにアウトプットしたいと思います。笑
最近、細野さんがメルカリに力を入れているみたいで気になったので、服などはメルカリでの販売も考えています。
その作業も外注化してさらに稼げるようにしたいです。
仕入れ回数が減ってしまいましたが、効率が上がり少ない作業量で利益を獲得することができたので、満足できる結果となりました。

外注さんをどのように雇い、教育したかをアウトプットして下さい。雇う前のイメージと実際に雇ってみて大変だったこと、それをどうやって解決したかを書いて下さい。

外注は妹と同級生の友達に声をかけ、現在2人を雇っています。
また、僕の親も妹ができないヤマト便での発送を手伝ってもらっている状況です。
教育方法はつきっきりで一連の出品作業の流れを2回ほど実際にやらせて覚えさせました。
そこでわからない事などは実際に教えたり、ライン、メールを用いて教えていきました。
僕は実家暮らしなので、妹に教育するのは移動時間などかからず楽でした。
雇う前のイメージは1回教えたら、全ての作業をしっかりこなしてくれて、わからない事があった時などはインターネットなどを用いてある程度は自分の力でやってくれると思っていました。
しかし、そんなうまくはいかず、わからない事はほぼ全て僕に聞いてきて、教育に時間がかかるなと実感しました。
妹の場合は遊びたい年頃なのか、作業をせずに遊びに行き、納品が遅れてしまう事も多くありました。
そこを解決するために、出品作業の単価をあげて、バイトよりもコスパが圧倒的にいい事を教えましたが、やはり不定期でサボります。
まだ、高校に入学したばかりで、バイトもした事がない状況なのが原因なのではないかと思います。
僕も、バイトをしてからお金を稼ぐ大変さがわかったので、妹にも早くバイトをしてもらい僕の作業をやった方が楽に稼げるという事をわかってもらいたいと思います。
なので現在は同級生の友達を中心に出品作業を任せています。
中古商品のコメントなどは僕が考えているので、そこも友達ができるようになってもらえるとすごい効率がいいなと思います。
その友達の家が車で5分くらいの距離なので、仕入れた商品を持っていくのに困らないのはとてもいいところです。
しかも、その家からヤマトの配送所まで車で3分くらいなのもすごい便利なところです。
その友達は社会人で働いていますが、定時でしっかり終わっているので、土日ではなく平日もしっかり作業をこなしてくれます。
また、自分で+α稼ぎたいみたいなので、仕入れも少し教えて僕のアカウントを使って出品してもらい、僕が利益の20%くらいをもらうなどのサイクルを組む予定です。
雇って大変だと思うのは、やはり最初の教育だと思いました。
1回教えただけではどうしても覚えてもらえないので、マニュアルや動画などを作ると効率良く教育できそうだと思いました。
また、最初はやる気満々ですが徐々にやる気が落ちていくので、細野さんの半年頑張ると何かをプレゼントするボーナスみたいなものをあげようと考えています。
それをやってもやる気が続かない人はクビにして、どんどん新しい人を雇って、自分も人を雇う訓練をしていきたいと考えています。

影響力の武器の論点をまとめ、それを普段のコメント文や顧客対応でどのように活用したかアウトプットして下さい。(1000文字以上)

影響力の武器を読み、大まかに論点をまとめます。
人間は影響力の武器を使って、人を自分の思うように動かしています。
人間の自動的な行動パターンを知ることで、それを利用し利益を得やすくしています。
値段が高いもの=良いもの と言う価値観はほとんどの人が持っていて非常に強力な武器だと思いました。
トルコ石が全く売れなかったけど、間違えて2倍の値段にしたらすぐに売れたという話は衝撃的でした。
アマゾンで新品商品は基本的にカート最安値までしか売れませんが、自分だけが出品している商品であるば多少高くても売れる理由の一つだと思いました。
返報性という言葉を始めて聞きましたが、これはどんなお店でも使われているテクニックで、よく見る無料オファーもこの一種だと思いました。
商品が購入された際にメールにて商品ご購入の感謝の気持ちを伝えるだけでも、返報性によってまた自分の商品を購入してくれることがあるのではないかと思いました。
コミットメントと一貫性では、何かを決断した時にその決断を成功させるために使える強力な心理学で、アウトプットでますます効果が倍増すると思いました。
ツイッターなどでつぶやく事で、自分の言った事に責任を持ち頑張れる原動力にもなると思いました。
権威では、学校の使わなくなった教科書を販売する際に、僕は電気関係の専門の参考書などを使っているので第○版などの記載をしっかりするようになりました。
希少性ではコメント文作成で一番重要になってくるテクニックだと思いました。
残り1つなどの記載があったり、出品者が自分1人だけとか商品が希少な商品だと思わせることで、購入意欲が高まり売れる可能性が大幅に上がるのだと知りました。
コメント文には「残り1つです。ご注文はお早めに」などと言った記載をして活用しています。
そして購入後も希少なものを自分は持っているという優越感も感じ、満足を生み出すことができる強力な武器だと感じました。
この影響力の武器はコメント文や顧客対応だけでなく、外注に仕事も任せる際にも使えると思いました。
返報性を用いて、外注として雇った友達にプリンターを買ってあげたりしました。
知っているか知っていないかの違いで、簡単に人に動かされたり、動かしたりできる強いなと思いました。
情報を持っている人が勝ち、持っていない人は負ける。
今後、さらにこのようになっていくのではないかと感じました。

真剣に書きましたが、読みにくかったり、論点がずれていたらすいません。。

せどりすとプレミアムを導入してそれ以前の仕入れと変化はありましたか?効率、利益がどのように変化したかをアウトプットして下さい。

今月からせどりすとプレミアムを導入して、以前と比べ利益は多少増え、圧倒的に効率が上がりました。
Amazonセラーのアプリに移動しないで利益計算できることや、モノレール分析の際の画面内表示、fbaの最安値で表示させることによってとれる商品が広がった感じがします。
キーワード検索もしやすいので、ガラスケースの中の商品も積極的に見るようになりました。
プレミアムにはたくさんの機能があり、まだ有効活用できていないの部分があると思うので、いろいろ設定を試してみたいです。
均一セールにすぐに対応できる設定を仕込んでおき、実店舗で効率よくサーチできるようにしたいです。

価格改定ソフトを使う前と使い始めた後でどのような変化がありましたか?在庫回転率や利益の変化をアウトプットして下さい

価格改定ソフトのgagaを導入し、最初は1日に1回gagaを使い価格改定していましたが、自動巡回させるようになってから在庫の回転が圧倒的に早くなりました。
僕の場合は、細野さんに導入してくださいと言われた日に導入したので、使い始める前の期間が少ないので利益の変化はあまりわからないです。
(以前は回転が遅いプレミアのついたレゴを中心的に販売していたため。)
価格を固定しておかないとAmazonの在庫復活に合わせて値段が最安値になってしまい、損することがあったので来月からはgagaの設定を見直していきたいと思いました。自動巡回する時間や、アマゾンの在庫復活が予想される商品はあらかじめ価格を固定するなどしていきたいです。

人を雇用したことで自動で作業が進むようになったことは何がありますか?まだ自動化出来てないことがある人は、今後どのような作業を自動化していこうと考えていますか?

人を雇用したことにより、自分でなくても教えれば簡単にできる出品作業が自動化されました。
まだ、中古の商品の出品の際は完全に自動化されている状況ではない(コメント文など)ので、そこを今後自動化していきたいです。
また、ヤマダ電機でバイトしている友達がいるので型落ち商品のサーチをお願いして、ヤマダ電機で利益の出る商品が自動で見つかる仕組みを作りたいです。
バイトをやめるまでにはなってしまいますが、その店舗の社員の方とも仲良くなりwinwinの関係が築ければと思っています。
商品のリサーチなども雇用した人に教えてやってもらいたいと考えています。
以上です。
影響力の武器の読破に時間がかかり、アウトプットが遅れてしまいました。
6ヶ月間最後まで、せどりについての知識を細野さんから全て吸収し、新規参入者など誰にも負けないで、次のステージまで稼ぎ続けたいです!

 

後藤さん(副業)

2ヶ月目の成績を利益ベースで報告して下さい。仕入れ回数や効率が1ヶ月目と比べてどのように変化したかも書いて下さい。

2か月目利益:27万円 売り上げ約50万程度
仕入れ回数:4回
変化した事項:商品の目利きとスピードが改善
規制カテゴリの解除:取り扱える商品の幅が広がった。特に新品アパレルとペット用品等
その他:外注の確保により、付加価値の低い作業を振ることができた。

外注さんをどのように雇い、教育したかをアウトプットして下さい。雇う前のイメージと実際に雇ってみて大変だったこと、それをどうやって解決したかを書いて下さい。

クラウドワークスとジモティーを活用
クラウドワークスは応募無し、ジモティーで確保
運良くハードオフ現職(バイト)を確保、シーラーを使ったシーリングやパッキングもこなれており、コンディションのコントロールも多少できる人間だったので、今のところ、特に問題はありません。本当に幸運だったと思う。
教育は1週間程度(毎晩2~3時間 スカイプで教育)
ハードオフの内情を教えてくれたり、利幅のある商品を確保してくれるので仕入れも簡単になった。(インサイダー仕入れ)

細野さんの真似で、使ってないPCやiPhoneをプレゼントしたら
すごい感謝されたので、このプレゼント戦略は今後も駆使していきたいです。

影響力の武器の論点をまとめ、それを普段のコメント文や顧客対応でどのように活用したかアウトプットして下さい。(1000文字以上)

数ある論点の中でも権威性、返報性、希少性、限定性の訴求が特に重要。競合が多い場合はライティングにより差別化すること。この本の妙は、人々の判断のヒューリスティックの裏をかくということ。

また、第7章にでてくる防衛法についての記述は非常に参考になりました。
顧客の防衛パターンは決まっているし、希少性の威力に抵抗するのは難しいということ。

ビンテージ物は価格を下げるより、高いほうが良い場合もあるということ。
価格が市場相場より安いと、かえってクオリティーを見くびる傾向が多いので、1点モノや付加価値の高いものは高くしたほうが売れるということ

コメント文には上記の4要素を含ませるようにしました。
権威性:○○氏が絶賛! とか ○○年販売ランキング○位等
返報性:リピーターには大幅にAmazonポイントを付与することにより、さらなるリピートに繋げる。(購入前にメール連絡させるようにした。)
希少性:「在庫限り」や、「今後の入荷はありません」等により希少性を匂わせる。
限定性:月に一度在庫処分を兼ねてセール週間(1週間)を実施。BreakPriceを頻繁に提示するショップという認識を植え付ける試み。価格を大幅に上下させることでセッション数を稼げるということが分かりました。その結果アクセス数が増加してきました。2000前後だったのが3000を超えるようになりました。セッション数の増加はまだまだ改善の余地があるので継続してデータを取りたいと思います。

また、扱う商品構成を「顧客のコミットメント」を意識するようにした。
例えば、釣り具ですが、竿を買った顧客に、同一のキーワードを含ませることにより、関連したリールやライン(糸)やルアー(疑似餌)をプッシュするようにしました。
顧客は竿を買ってしまっているので、その竿を使う上で必須になるようなものや、一緒に使うことでより高い効用を得られる商品を提示することで、購買意欲を促進するということです、

その他、AmazonSellerCentralの商品登録画面に、関連キーワードを入れることにより販売スピードが全然違うことがわかりました。入れ方は公式のAmazon出品大学を参考にしました。
ここに入れるキーワードも商品の関連キーワードだけでなく、心理学的アプローチを駆使し用語を選定しました。(まだ試行錯誤中ですが効果は出ています。)

他の書になりますが、影響力の武器に合わせて相乗効果があった本を紹介させてください。
「バカ売れキーワード1000」という本です。ASIN: B00MQJYBGC

「影響力の武器」はここ10年読書をしてきたなかでも、3本の指に入る名著だと思います。
この本を紹介してくださった細野さんに感謝しています。

せどりすとプレミアムを導入してそれ以前の仕入れと変化はありましたか?効率、利益がどのように変化したかをアウトプットして下さい。

昨年11月に導入。 
メリットは数え切れず。
特によかったものを以下に列挙

出品機能:大幅な時間短縮になった。CSV出力やメール転送機能も優秀
利益計算:電卓機能が優秀(諸経費控除後の金額がほぼ把握できる)
スキャンスピード:プロに比して、体感2倍の速さ
仕入れリスト:その日の仕入れ金額と粗利が表示され便利。
SKU自動付与:SKUの末尾に仕入れ金額があり。Amazonセラーセントラルで各種操作するさいに仕入れ原価がわかり便利
読み上げ機能:Bluetoothヘッドフォンを使用し、ステレス性があり便利。仕入れ原価を0円に設定しているので、おおよその利幅が聴覚を通じてフィルタリングできる。(ヘッドセットはPlantronics社のPLT Eadgeがマルチペアリングでき嵩張らない充電ケースが優秀で便利でおすすめします。)
その他:各種追加ボタンのカスタマイズができ汎用性が高い
細野さんの言う通り、このアプリはiPhone6や6sよりも、6Plusや6SPlusの方が解像度が高く、情報量が多いので良い)

価格改定ソフトを使う前と使い始めた後でどのような変化がありましたか?在庫回転率や利益の変化をアウトプットして下さい

以前はプライスターを使用していましたが。GAGAで充分要件は満たせることがわかり、乗り換え。 プライスターはやや高額(デバイスを限定しない点は優秀)

人を雇用したことで自動で作業が進むようになったことは何がありますか?まだ自動化出来てないことがある人は、今後どのような作業を自動化していこうと考えていますか?

単純作業が軽減され、時間の確保やモチベーションの低下を防げることが最大のメリット。 現状は、検品、シールはがし、シーリング及びラッピング、納品の工程を依頼しているが、今後、価格改定も依頼する予定。
インサイダー仕入れ(利益の多い商品をあらかじめ棚から下げて確保してもらえる)が非常に助かっている。

 

大澤さん(副業)

2ヶ月目の成績を利益ベースで報告して下さい。仕入れ回数や効率が1ヶ月目と比べてどのように変化したかも書いて下さい。

2ヶ月目
利益35万(手元に残ったお金)
仕入8回

先月
利益20万(手元に残ったお金)
仕入10回

先月に比べ、利益15万増でした。仕入回数が先月より少ない中、利益増できた要因は、リサーチの効率化です。平均店舗滞在時間が半減できたことによって、1日に回れる店舗数が増えました。それにより、日給が上がりました。塩店舗の見極め、取れる商品の蓄積、物理的なリサーチの高速化がいい影響を与えていると思います。
また、商品説明文のライティングをガラッと変えました。今までは他店のありきたりな説明をコピペして使うという最悪なことをやってしまっていました。そこで、LTSM2のライティングの講義を元に商品説明文の見直しをしました。それによって、中古商品の単価、売れるスピードともに改善されました。商品説明によって売上が変わるのを体感できたので、継続して検証して、ライティングスキルを高めようと思いました。

外注さんをどのように雇い、教育したかをアウトプットして下さい。雇う前のイメージと実際に雇ってみて大変だったこと、それをどうやって解決したかを書いて下さい。

当初は、兄弟に出品作業を頼んでいました。作業自体は私が求めてるレベルでやってもらってました。ですが、商品を渡してから納品までの日数にタイムラグが出てしまうことが多々ありました。兄弟もフルタイムで働いており、どうしても仕事で夜遅くなったり、飲みに出払ってしまうからです。
そこで、フルタイムで働いてないかつ、平日の日中に作業できる人を探しました。ターゲットは、さいきん結婚して会社を辞めたけど、お小遣いが欲しい主婦。もしくは、バイト探してる大学生。結果的に前者の方に作業を頼むことになりました。
その方は元々実店舗で働いていたこともあり、商品の扱いには定評がありました。
教育は2段階に分けました。ステップ1で、amazonの出品動画をみてもらい概要を掴んでもらいました。ステップ2では実際に出品〜納品作業までを実際に横で一緒やってもらいました。回数にして3回ほどです。そのあとは疑問があったらLINEで連絡してもらって潰していくという作業をしていきました。

影響力の武器の論点をまとめ、それを普段のコメント文や顧客対応でどのように活用したかアウトプットして下さい。(1000文字以上)

今から30年以上前に出版された影響力の武器は、世界中の方々に賞賛され、長く読まれて続けています。さらに、LTSM2の参加者で、利益をあげることができているほぼ全ての人が影響力の武器を読み、成果につなげているはずです。
影響力の武器では、他者へ影響を与えたり、説得をしたりする効果的方法が述べられています。その中で、大きく6つの原理が様々な分野で利用されています。「返報性」「社会的証明」「コミットメントと一貫性」「希少性」「権威」「好意」です。
せどりでその原理をどのように活用したか、また今後検証しようとしていることをアウトプットしていきます。

返報性
返報性とは恩恵を受けたら報いなければならないと感じることです。デパ地下食品売り場の試食が分かりやすい例だと思います。つまり、人に与えることです。
せどりでの活用は、注文後のフォローメールです。感謝の気持ちを伝えるとともに評価を依頼しています。また、私は返報性はメルカリやヤフオクで活用しやすいと感じました。まとめ買いがあった場合は送料無料にしてあげたり、値下げ交渉に対して、割引によって複数購入を促したりです。すると、再度出品した際にリピートしてくれることがあります。これだけで、仕入れから売れるスピードが速くなりメリットです。

社会的証明
社会的証明とは他人の行動を指針とすることです。セミナー会場で挙手することを求めると、多数につられて手を挙げる方が多いと思います。「売れてます!」「満足度99%!」などの謳い文句などもそれです。ヤフオクやメルカリだと使いやすいですが、amazonのコンディション説明への活用法は見いだせていません。新規で商品ページを作成して、商品詳細説明に規約違反にならないように挿入すると効果が出ると思いました。また、今後ヤフショやBASE、自社ECで販売するときがきたら大きな力になるのかなと感じております。

コミットメントと一貫性
自分のコミットメントや価値観と一貫した行動をとろうとするという原理です。ダイエットや禁酒などの目標を他者に宣言すると、それを貫こうと頑張ります。これはコミットメントと一貫性の原理が影響を与えていると思います。
先にも出ましたが、メルカリで値下げ交渉して買うことにコミットメントしている人に対して、複数購入を促すことにも効果があります。amazonでは、同時購入されそうな商品を出品することで一貫性の原理を活用できます。リサーチ時に、横展開縦展開するとそのような商品が見つかりやすいので、LTSM2で学ぶリサーチを行えば、良い成果が手に入ります。

希少性
手に入りにくいものほど欲しくなることです。絶版商品やめったに入荷しない商品というのを説明文に入れることで買い手の購入意欲を刺激できます。

好意
好意を持つ相手ほど、賛同したくなることです。活用法は見いだせていません。
評価依頼メールを送るときに使えるかなーと思いました。名字でなく、full nameでもなく、下の名前だけを先頭につけることで親近感が湧いて好意が伝わるのかなと。ただ、馴れ馴れしいと感じる人もいそうなので試していないです。1件1件メールに名前を挿入するのもコスパ悪いので。

権威
人は専門家や著名人の指示を仰ごうとします。〜大学教授推薦や医師おススメなどの謳い文句がそれです。書籍で多く活用されています。さらに、私は専門性が強い商品に活用してます。特にその道のプロが使うような商品に効果があると思いました。

せどりすとプレミアムを導入してそれ以前の仕入れと変化はありましたか?効率、利益がどのように変化したかをアウトプットして下さい。

せどりすとプレミアムを導入して、リサーチ・出品を効率化でき、利益増大へ貢献してくれました。(先述しましたが平均日給2万→日給4.3万)
以前はせどりすとプロを使っていたので、プロ(無料)とプレミアムを比較して捗った点をまとめます。

・カート価格がデフォルトで表示されてる
→FBAでいくらで売れるかが一目でわかるので仕入判断めっちゃ早くなる

・利益計算機
→出品価格と仕入れ値、仕入れ数量を入力できるの。セラーセントラルアプリで計算しなくても、すぐに見込利益が出せるのでいい。

・リストCSV出力
→CSV出力自体はプロ、無料でもできます。ですが、利益計算機に仕入れ値、数量を入力することで、そのデータもCSVに出せます。さらに出品コメントも入力しておけばCSVで出力できます。外注に出品頼むとき、あと自分でコメント修正するときに役立ちます。

・KDCでの読み込みがすぐできる
→プロだと検索窓にカーソルがある状態でないとKDCでの読み込みができない。プレミアムだとアプリ開いておけばKDCでの読み込みできます。

価格改定ソフトを使う前と使い始めた後でどのような変化がありましたか?在庫回転率や利益の変化をアウトプットして下さい

価格改定ソフトはLTSM2に参加する前から利用しておりました。(プライスター)
この企画に参加してGAGAに乗り換えました。自分のやり方を破壊して、LTSM2で学ぶためです。コストは5800円/月→380円/月に削減できました。月5,420円、年間にして65,040円の削減です。LTSM2で、GAGAの価格改定設定の講義があります。その通りに設定したところ、プライスターの時に比べて売上利益ともほぼ変わらずでした。つまり、毎月の利益が5,420円プラスになった形です。
価格改定ソフト導入による在庫回転率の変化は、年間12回転→24.3回転に改善されました。高ランク品の割合を増やしたこと、自分の販売実績から高回転と分かったものの割合を増やしたことと相乗効果がありました。また、売れるスピードの遅いものは値下がりすることが多かったです。価格改定を自動化したことで、工数削減につながりました。

人を雇用したことで自動で作業が進むようになったことは何がありますか?まだ自動化出来てないことがある人は、今後どのような作業を自動化していこうと考えていますか?

宅配の荷受
出品登録
納品プラン作成
ラベル貼り
梱包
集荷対応

上記が自動化できていることです。せどりすとプレミアムのCSV出力機能を使うことで、出品に係ることは効率的に外注さんに頼めています。

今後の自動化の展望としては仕入です。試験的に外注さんにお願いしてるのが、他店舗の在庫確認やネットショップのリサーチをやってもらってます。

 

谷島さん(副業)

2ヶ月目の成績を利益ベースで報告して下さい。仕入れ回数や効率が1ヶ月目と比べてどのように変化したかも書いて下さい。

【仕入れ先】
1ヶ月目 → 40店舗
2ヶ月目 → 61店舗

【仕入れ金額】
1ヶ月目 → ¥ 53,051
2ヶ月目 → ¥166,618 前月比 +¥113,567

【売上】
1ヶ月目 → ¥ 87,627
2ヶ月目 → ¥282,403 前月比 +¥194,776

【利益 】
1ヶ月目 → ¥19,820円
2ヶ月目 → ¥72,578円 前月比 +¥52,758

【利益率 】
1ヶ月目 → 22.6%
2ヶ月目 → 25.7% 前月比 +3,1%

2ヶ月目の仕入れ回数は1ヶ月目の倍の14日行きました。
営業時間や店舗の場所によって、一日使って行くルートと仕事後に行けるルートを分け効率的に回るというのをやりました。
何度か行っている店では見る場所もわかってきたのでサーチ数と時間を費やさず短い時間で行動出来ている実感があります。
得意な分野と見落としがちな分野が無意識にある気がするので得意なところは継続しつつ、苦手なジャンルの相場観も引き続き養って行きたいと考えています。

外注さんをどのように雇い、教育したかをアウトプットして下さい。雇う前のイメージと実際に雇ってみて大変だったこと、それをどうやって解決したかを書いて下さい。

近所に住む親戚の女性にお願いをして、作業をして頂いております。その方は、自転車で来れる距離に住んでいて、事情があり働けなく内職をしているのですが、内職よりもせどりの手伝いのが、金銭的にも作業内容もいいことを説明し、納得していただいて来ていただくことになりました。
現在は出品作業していただいております。
・仕入れた商品の箱出し
・中古商品の検品
・要らないシールを剥がす
・不必要なバーコードの目隠し、FBAのラベル貼り
・箱詰めをして納品書を箱に貼る
・ヤマト便の伝票を書く
主にこの6工程を作業していただいております。
初めは隣について作業を一度見せる所から始めて、その後は一通り作業させてみて最後に私が最終チェックをする形の流れを組んでいます。作業工程に抜けなどがないように、Excelでチェックシートを作り管理させています。
イメージの違いは、一度やって見せたら出来ると思っていましたが、納品個数の間違いが何度かあったので声を出して数えてもらったり、シールのはがし方や商品の扱いが少し乱雑に見えたので、お客様に買ってもらう商品だという意識を伝えて丁寧にお使ってもらうよう指導しました。

単純作業しかさせていませんが、Excelのシートの工程通りにやれば間違えがないようにシートを作りこんでからそれを見てもらいながら作業をしてもらいました。

影響力の武器の論点をまとめ、それを普段のコメント文や顧客対応でどのように活用したかアウトプットして下さい。(1000文字以上)

 影響力の武器とは世の中のさまざまな場面で自動的に発揮されており、それに気づいているか気づいていないかでその後に決定的な影響を及ぼす事を認識させられた。
 
人間もそれ以外の動物もある一つの信号刺激により引き起こされる固定的な動作パターンにより思考の近道を選択し解決しようとする。この固定的動作パターンの利点は、効率性と経済性である。カチッ・サーと自動的に反応することで貴重な時間やエネルギー、精神面の負担を節約出来る。しかし、自動的で考えなしに反応してしまうので間違いを犯しやすくなるという欠点がある。この間違いを犯す可能性というのは必然的にほかの人間が自らが何か利益を得ようと企み自分が望む反応を信号刺激を操作して引き起こさせようとしている。

 子供の頃から何となくやっていたもらったら返すという暗黙のルールみたいなものが実は全世界共通であり、思っていた以上の威力がある。この返報性のルールはたとえ相手が望んでいないものを与えても、相手にお返ししたいと自動的に義務付けられるという点で有益であり持続的人間関係や交流、交換に発展していく。このルールを無視した場合の重大な社会的不承認を被ることを恐れ人々は敏感にこのルールに従ってしまう。改めて、この影響力の威力は返報性のルールの三つの特徴のためである。
 第一に、このルールが非常に強い力を持っていること。第二に、望んでいない厚意を受けた場合にも適用される。第三に、恩義を受けっぱなしにしているという不快な感情を取り除こうとして親切のお返しにそれよりも大きな頼みを聞いてしまうことがある。
 このルールの応用で「拒否されたら譲歩」があり社会においての交渉や物販にとってはとても重要なスキルの一つと言える。
返報性のルールの最善の防衛策は最初の申し出を完全拒否することではなく、むしろ快く受け入れ後で計略だとわかった時点で、それを計略だと再定義し直す。再定義に成功すればお返しをしなければいけないという気持ちはなくなるのである。
 
 ほとんどの人は自分の言葉、信念、考え方、行為を一貫したいと考える。それは社会からの高い評価を受ける。一般的に日常生活にとって有益である。複雑な情報社会において貫くことは思考の近道だからと考える。そして相手にコミットメントを最初に確保しておくことで自分の要求を通しやすい状況をすでに作っておく必要があるのだ。
 
 一貫性の圧力とコミットメントを利用した作戦は個人主義的な社会で効果を発揮しやすく、伏線を張っておくことで相手は誰かの意思に誘導されたのではなく、最初から一貫した自らの意思だと認識させられる部分で有効である。
社会的証明の原理によると、人がある状況で何を信じるべきか、どう行動するかを決めるときに重視するのが、他の人の動きである。不確かで曖昧な状況の時、他人を模倣しようとする強い作用は子供にも大人にも見られ、購買における意思決定など分野を問わず認められる。そうすることで安心感を得られ、自然と正しい選択をしたと認識してしまうのである。さらに、自分と類似した人に対しての行動にも強い影響力を受ける。

 誤った社会的証明に影響されないために、類似した他者が行っている明らかな偽りの行動に対して敏感なことと、自分の意思決定をするときは、類似した他者の行動だけを決定の基礎にしないことが重要である。
人との接触で大きな影響力をもたらすものは他にもある。身体的魅力という要素の力は想像以上に大きい。人は自分が好意を感じている人に対してイエスという傾向があり、この関係が強く生じるのは相互の協力によって成功がもたらされた場合である。
 
 権威に関して人はその実体にではなく、権威のシンボルに反応してしまう。権威に服従してしまうのは心理的に正常かどうかが問題ではなく、優れた知識と力を持った権威者がすでに服従させてしまう状況を作り出しているのである。よって権威者に対する服従は、一種の短絡的な意思決定として、思考が伴わない形で生じてしまう。
希少性の原理で有効なのは人が物事を判断するときの材料の一つであり、手に入れにくいのもは今後手に入れられないものと変換され思考の自由を奪われることにある。
この原理を最もよく適用できると考えられる要因は二つある。一つはある品が新たに希少なものとなったとき、希少な物の価値は一層高まる。もう一つは、我々が他人と競い合っている場合である。人が希少性の高いものに最も強く引きつけられるのはこの時である。希少性の圧力に対して、冷静さを失わずに理性で対抗するのは難しい。それが、思考を困難にしてしまうような情動を引き起こす性質を持っているからである。

 知らずに行っていた言動が大きな影響力の武器として発動していたことを理解せずに同じことを繰り返しても意味がなく、思考の上行動し結果を求めアウトプットをして次のステージに進む。これを繰り返し自分が他人に及ぼす影響力と他者が自分に及ぼす影響力、そして他者が他者に及ぼす影響力を冷静な思考で判断できるよう訓練していく。
物販においては、権威と希少性を自然な言葉、流れで発動し判断のヒューリスティックで相手が自らが望んでいるようなライティングが出来るよう試行錯誤して成約率を上げていきたい。

せどりすとプレミアムを導入してそれ以前の仕入れと変化はありましたか?効率、利益がどのように変化したかをアウトプットして下さい。

知識がゼロベースの以前は商品の詳細を調べる際、スマホのブラウザからアマゾンやモノレートへ飛んで詳細を確認、戻りまた別の画面を確認といった操作を繰り返し、電卓を開き計算して粗利を算出といった作業をしていた。画面が遷移することによって思考は一時停止し、その前の画面がどうであったのかを忘れてしまうことも。タッチ操作の回数も多くなるため、調べる事へのメンタルブロックとなり、本来仕入れられる商品を仕入れられなかったり、逆に仕入れるべきでない商品を仕入れてしまう原因となっていました。

せどりすとプレミアム導入後。
KDCも合わせて使い、画面を遷移すること無く知りたい情報に即アクセス可能になり、思考を一切止めることなくアクセスすることで、調査、判断、仕入の判断サイクルを高速化することができました。
出品一覧もカート価格の確認、基準価格の位置も確認できるので、想定している出品価格の前にどれくらいの出品者が居るのかを把握することも可能になり正確な判断が出来るようになりました。
また仕入れの現場で頭を悩ませていた粗利計算ですが、外税表示を採用する店舗が多数を占めていることもあり、仕入れ値を加味したリアルな利益額を把握することが難しい状況になってきている現状で、商品価格を入力するだけで、瞬時に消費税や手数料を計算し粗利額を計算してくれる電卓の機能の導入だけでも作業効率の大幅なUPにつながり利益を上げる事が出来るようになりました。

価格改定ソフトを使う前と使い始めた後でどのような変化がありましたか?在庫回転率や利益の変化をアウトプットして下さい

初期費用を捻出するために、以前不用品などをAmazonに出品していた頃は、作業に慣れていないこともありますが、一つ一つ価格改定をしていって30分程かかって価格の見直しをしていました。在庫数が100個とか超えると1回の価格改定で1時間以上かかってしまう程の作業量ではないかと感じていました。

それが価格改訂ツールGAGAを利用してからは数秒で価格改訂が完了する様になりました。

そして、GAGAを取りいれてから商品の回転率が倍のスピードで売れているように感じられています。価格改定という不毛な時間の節約と資金回転率アップというメリットを考えれば380円に対するコストパフォーマンスの良さを感じております。

中古に関してはコンディション記載の差別化で大きく違ってくると思いますが、新品は、コンディションによる差別化もしづらい点もあり、1円でも安い方が売れやすいのが現状だと思います。

私のように初期で運転資金が少ないときは、多少の利益率を落としても高回転でガリガリと運転資金を増やしていく戦略を取らなくてはならないので、私にとって価格改訂の自動化は回転率upに繋がる重要なツールであることを感じております。

現状では、セラーセントラルの価格設定ダッシュボードの価格の競争力(購入者に閲覧されたことがあり、かつカートボックス価格との差が10%以内の商品)の値は100%になっており、他の出品者に負けないような、価格競争力が高い出品が出来ています。

人を雇用したことで自動で作業が進むようになったことは何がありますか?まだ自動化出来てないことがある人は、今後どのような作業を自動化していこうと考えていますか?

出品作業を外注化したことで仕入れに費やせる時間が増えた。
メルマガをみたりライティングの勉強をする時間が増えた。

まだ外注出来ていない事
・Amazonに商品登録をする
・商品の説明文をパソコンで入力する
パソコンを使ってのこの作業ができていないので、今後次のステップとして教育していく予定です。