ビックカメラでせどりをしたついでにオーディオコーナーに行ったら‥(泣)

 

この記事の所要時間: 413

どうも、細野です。

 

先日夏服の下見をしようと思って、
街に出かけた時のこと。

 

帰りに家電量販店に寄って、
最新のガジェットやら流行をチェックしたんです。

 

一番上の時計のフロアから初めて、
パソコンコーナー、
書籍コーナー、
美容コーナーなんてのも見て、
オーディオコーナーという所にたどり着きました。

 

このお店のオーディオコーナーは
僕が東京に引っ越してきた時と比べると
随分と縮小をされてしまいました。

 

今の時代高価なオーディオを買わなくても
コンパクトスピーカーや
デジタルオーディオが普及して
安価にそれなりに良い音が楽しめるようになったからでしょうか、
学生時代にオーディオ部として活動をしていた僕には寂しさがあります。

 

そのコーナーに
おそらくずっと担当として変わらないのであろう
ベテランの定員さんがいる。

 

名前を伺ったこともないけれど、
僕が東京に引っ越してきた時から
その店員さんはいつもオーディオコーナーにいて
たくさんのお客さんと接してきた。

 

オヤジさんが売ったスピーカーや
アンプは日本の、
もしかしたら世界の各国で使われていて
オヤジさんに定期的に新しい環境構築の相談に来る人も
いるだろう。

 

オヤジさんは
あの売り場を通じて
世界とお店を繋いできた。

 

久しぶりにそんなオヤジさんがいる
オーディオコーナーに行って
ぼーっと突っ立ていたら
とても美しい曲が聞こえてきたので
思わず僕はスピーカーの前でその曲に精神を集中させた。

 

高いスピーカーで音楽を聞くと
本当に目の前で人が歌っているような
演奏しているような気持ちになります。

 

それがオーディオにお金をかける最大の価値でもあり、
楽しみだったりします。

 

そんなちょっといい環境で曲を聞きながら心の中で、
数々のオーディオを売ってきたオヤジさんに話しかけました…。

 

-ここから空想世界開始-

細野「心が洗われるような曲ですね。これはなんという曲ですか?」

 

オヤジさん「Nella Fantasiaという曲です。元々は歌詞がない映画の中で使われていた曲でしたが、サラ・ブライトマンがイタリア語の歌詞を乗せて歌ったことで有名になりました。」

 

細野「僕はイタリア語がわからないけれど、何かとても高貴な、美しい内容のことを歌っているように感じます。」

 

オヤジさん「思い通りにならない厳しい現実の中で、魂だけは自由で在りたいと歌っています。
映画の中でこの曲のメロディを宣教師がオーボエで演奏しました。
オーボエはその後折られてしまうのですが、
対立をしていた先住民との関係がこれをきっかけに深まり、
最後には教会を建てることに成功をしました。」

 

僕はそれを聞いて何かとても懐かしい、
豊かな気分になる。

 

そしてオヤジさんの給料が上がればいいなと
ちょっとだけ思う。

-空想世界終了-

 

映画やゲームに出てくるキャラクターが
僕らと直接対話をすることってありません。

 

僕ら受け取り側が解釈を加えて、
文脈を読み取っていく。

 

それが楽しさであり、
価値であり、
娯楽、ひいては文化の形成に繋がっていきます。

 

モノを売るという仕事で
何かの文化の形成に寄与をする人、
誰かにとっての特別な空間や時間を彼は提供をする。

色んな価値観があるように、
色んな価値提供の形態があります。

 

僕らは今、多様であることが許され、
多様であることがエッジになる時代に生きている。

 

全てが変わっていってしまう一方で
僕が残したいと思うもの、
僕が愛すものを構成に残していく。

 

そんな責任というかね、
使命感を持ってビジネスをやっていけたらいいなって
思います。

 

PS1:Nella Fantasiaはこういう曲です。

PS2:運動をするようになってから非常に調子がいいです。
運動万能説というかね、布教していきたいと思ってます。

 

なんといっても副作用なし、
メリットだらけ、
僕らが一般的に向きあう問題の大半を解決してくれる
すごい効能があるのが運動。

 

今日も運動しながら
視聴率という数字に縛られずに
テレビ局の収益力をもっと高める方法を
考えていました。

 

明日忘れなかったらメールに書いて
アウトプットしたいと思います。

 

オーディオと同じように
テレビも元気がなくなったと言われますが、
僕は今のテレビもおもしろい所があると思うし、
変化した時代においても最適化をすることで
生き残っていく余地はたくさんあると考えています。

 

その辺り、
明日メールできたらいいなーと。
忘れなかったらメールします。

 

でわでわ。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す