仕事に行きたくない時に読む記事

会社に行きたくない

 


この記事の所要時間: 746

どうも、細野です。

 

あなたは朝目覚めた時にどのような気分で1日がスタートするでしょうか。

 

今日もやりたくない仕事に行かなければいけない。

上司やお客さんに怒られるので憂鬱。

 

仕事を楽しめずに後ろ向きな姿勢で取り組んでしまうことはとても悲しいことです。

なぜならば人生の大半を費やす仕事を楽しめないということは、人生を楽しめないことを意味するからです。

 

仕事は大変なこともありますが、元来面白いものです。

粘り強く取り組んでいけば結果を出すことが出来ますし、掘り下げて研究することでライバルと異なって視点で取り組むことがいつの時代でも出来ます。

 

私が生き残ってこれたのは特別な才能を持っているからではなくて、目標を持ってそれを達成するためにひたすら行動し続けただけです。

目標に対して行動をする際の粘り強さや掘り下げる力があなたよりも少しだけ勝っていた。

ただこれだけ。

 

じゃあ後発のあなたが今から自由な人生を手にし、会社に勤めていても仕事を楽しめる毎日を手にするためにはどうすればいいのか?

これを今回は考えていきたいと思います。

 

選択肢が自分にはあるのか?

 

まず大前提として自分が職場を選べるだけの能力を持っているか確認しましょう。

スキルもないのに待遇を良くしようとしたり、今の会社で評価されていないのに転職をしても、収入は高い確率で下がります。

 

実際に転職をした人たちの殆どは転職前よりも収入が下がっているというデータがあります。

新卒で入社をしたらその会社が支払ってくれる給与が一番割に合う事が多いということです。

 

その上で、仕事が楽しめない、会社に行きたくないという感情とどうやって付き合っていくのかを考えていきます。

 

今の会社で認められる

 

今の会社で一定の業績を残し評価を得ることが出来れば、転職する際にも有利になります。

転職というのはすぐにしなければいけないものではなく、エージェントと相談しながら時間をかけて決めてもいいのです。

 

私であれば今の自分の時価価値を知るために、エージェントとの面談をセッティングしてもらいます。

そしてどういったスキルを高めれば転職をしてよりよい条件で自分を雇用してもらえるかを知ります。

 

それを知ったらそのスキルを高められるプロジェクトに積極的に参加をして自分の腕を磨きます。

 

人間が前進できないのは明確な目標を持てないときです。

受験で頑張れたのは大学合格という明確な目標があったからです。

 

就職活動で頑張れたのは希望とする業界や会社に就職したいという目標があったからです。

 

あなたの次の目標は良い職場環境で収入も待遇も改善すること。

 

であるならばそれを実現するために必要なことを知り、実行をしていくべきではありませんか。

 

会社がつまらないから辞めて独立したい場合

 

僕の経験上、会社が嫌だから辞めて独立するという人は大抵の場合失敗します。

 

会社でも優秀できちんと仕事をこなせていて、自由な人生を手に入れるためにビジネスに取り組む。

こういう人は結果を出していく傾向にあります。

 

これは当たり前といえば当たり前の話で、会社によって管理されていた生活から、自分で自分を管理する生活にシフトするのだから、マネジメント能力がない人間が成功しないのは必然なんです。

 

社会に出たら学歴やそれまでの経験は問われません。

仕事が出来るか出来ないか。

会社に収益をもたらす事が出来るのか。

これが全てです。

 

そしてビジネスであれば自分の利益、自分のお客さんの利益を実現するために取り組むので、ここを管理していくスキルが求められます。

 

稼いでどうするのかをしっかりと考える

 

よくお客さんに「なぜ稼ぐのですか」と尋ねるのですが、殆どの人はこのシンプルな質問に答えることが出来ません。

 

自由になりたいという答えは入口の部分ではいいかもしれませんが、では自由になってどうするのか?

そこまで考えないと頑張る動機として不十分です。

 

一度経験すればわかりますが、何もしなくてもいい日常を手にすれば、それはそれで退屈なものです。

その時に自分が思い描いていた自由と現実の自由の違いを思い知り、人は絶望をします。

 

適度に仕事があって、誰かと関わってる方が楽しいんだな…。

 

もちろん全員が全員こういう形に落ち着くわけではないと思いますが、何もせずに生きていくこともまた空虚な人生なのです。

 

そりゃ上司に怒鳴られたり、職場での人間感家に悩むよりかはマシな生活かもしれませんが、ジャンルを変えた悩みがそこには存在してくるのを覚えておいて下さい。

 

自分の理想とする未来を常々考え続け、それに近づくために今の自分は何をしなければいけないかを考える。

これが出来る人が理想のキャリアや人生を手にしていきます。

 

当然ですが理想を手にするためには今の自分のままではダメなわけです。

過去の自分の選択が今の自分を作ったのだから、未来を変えるために今から変えていかなければならない。

 

心の病気との付き合い方

 

心の病気で仕事を続けることが出来なくなる人が増えています。

仕事に対するやりがい、自分の人生に対する意義を見いだせない人が昔に比べて多くなっているのだと思います。

 

がむしゃらに頑張れば収入が上がり、自分が評価されて認められていると感じることが出来た時代と異なり、現代では頑張っても収入が上がらない、自分がどれだけ評価されているかわかりにくい時代になっています。

 

しかしそんな時代でも収入を高めたり、キャリアを積み上げていく人はいるわけです。

彼らに出来てなぜあなたには出来ないのか?

 

毎日をただ呆然と過ごしているだけでは時間だけが過ぎていきます。

そこに戦略性は全くありません。

 

しっかりと自分の目標を考えて、それを達成するために行動するから、毎日が充実していくのです。

 

キャリアにブランクが空くとそこからの復帰は難しくなっていきます。

在宅で出来るニーズが高まっているのも、こういった背景が少なからず影響をしているのでしょう。

 

心の病気だけを直すのではあれば運動をすれば重度の病でない限り簡単に治ります。

ですが根本的な解決にはならないでしょう。

 

西洋医学の世界では問題を修理する事で症状を改善します。

東洋医学の世界では問題に対する原理からアプローチしていき帰納的に症状を改善します。

 

どちから片方では不十分であり、両方から心の病には向き合っていかなければなりません。

 

僕であれば自分の使命の認識、そして運動によるメンタル強化。

この2つで問題を解決しました。

 

若い時から自立できる仕組みを作ることが最大の防御

 

内定をもらった会社でインターンしてみたら、ブラック企業で働く気が失せた。

これは大学時代に私が実際に経験したことです。

 

説明会で話されたことや、先輩社員の方の説明には納得できることばかりでしたが、自分はITエンジニアとしてキャリアを積む事に未来を見出すことが出来ませんでした。

自分に出来ると信じることが出来なかったんですね。

 

しかしそんな自分にもせどりがあり、これをやっていたからこそ、食っていくに困ることはないなという自信が持てました。

 

就職をするしないは個々の置かれている立場によって変わりますが、一つだけ確実なのは大学卒業までに自分で稼げるようになっておく事。

これが一番安全なキャリアパスだと考えています。

 

一度社会に出たら会社と副業の両立は難しくなっていきます。

不可能ではありませんが取り組める量や掘り下げるレベルが専業でやってる人と比べると不利になります。

 

だからといって副業で稼げないという意味ではありません。

 

ただ準備するなら早いほうがいいよねって事です。

 

一旦ブラックに入ると辞めたほうがいいとわかってもなかなか抜けられないと聞きます。

日本の労働環境はまだまだ発展途上の最中です。

 

私達一人ひとりが真剣に仕事と人生について考え、向き合っていかなければなりません。

 

早く準備をすれば余裕を持って問題に対処することが出来ます。

八方塞がりになってからじゃ手遅れなんです。

 

一刻も早くあなたが自分の課題と向き合い、それを解決するために行動ができるようになりますように。

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.