とにかくお金を稼ぎたいあなたに贈る最短破滅理論

最短破滅

 


この記事の所要時間: 421

細野です。

 

結果を出すまでの時間は短ければ短いほど理想的ですね。

この事に異論を挟む人はいないと思います。

 

しかしすぐに結果が出る方法はすぐにダメになり、マイナスになる事もあるというのは知っておくべきです。

 

例えば最近であればコインチェックという仮想通貨取引所がハッキングされて、資金が流失。

そこに資金を預けていた人たちは売買が出来なくなってしまった。

 

その前にはメルカリの規制で、メルカリ無在庫転売やって人たちが全滅。

そのさらに前だとアメリカのAmazonで買って日本のAmazonで無在庫転売する方法をやってる人がアカウント消されたり。

 

すぐに結果が出る方法はすぐにダメになるというのが何度も何度も繰り返されている。

そして僕であれば時代変化に合わせて提案内容を変えるようにしているのだが、それでも毎月単位で小さな更新から大きな更新を自分が伝えていることに対して施さないといけない。

 

同じことだけずっと続けて思考停止で稼げるほど世の中甘くねーんだぞって事ね。

 

僕も今は物販を教える活動をやっていますが、どうしても質の悪い人も来てしまうので、もっと難しく頭を使うことを提案して提供できる人間に今後はなっていきます。

バカでも稼げると言ってきましたが、バカでも稼げる=質の悪い人も来てしまい、そのデメリットのほうが大きいと思い知ったのでここは改めていく。

 

自分を変える事が出来る人だけが目標を達成して夢を実現していきます。

なのであなたもしっかりとした目標、夢を持ち、それを実現することにフォーカスをして下さい。

 

自分を変えない限り未来は変わらない。

未来を変えない限り今は変わらない。

 

今が変わらないと過去に対する解釈や学びも得られない。

 

自分のやり方にしがみつく人がいつまでも成長せずに詰んでいくのは、このようなシンプルな原理によって説明することが出来ます。

 

フォーカスするべきは、今この瞬間、そして未来です。

 

過去に自分よりも先に結果を出してる人を見て、すごいなと思ったり、どうして自分は結果が出ないのだろう?と悩んでいた時期がありました。

 

今その人らのサイトの更新が止まっていたり、消えていている現実を目にして思うのは、一時的に結果が出ただけの人だったんだな。

 

僕は数ヶ月やって結果が出ただけの方法論をすぐに販売したり、コンサルティングしだす人がずっと理解できませんでした。

それで仕組みとして成立するのか?とずっと思ってた。

 

実際どうなったかというとすぐに頭打ちになったり、提案できることがなくなって彼ら彼女らは消えていきました。

生き残ったのは僕のような一握りの人間だけ。

 

それを知った時に、芸能やアスリートの世界と同じなんだなってわかりましたね。

一時的に素晴らしい結果を出せる人はたくさんいる。

一時的に稼ぐ人はたくさんいる。

 

でも長期的に手堅く結果を出し続ける人は少ない。

 

僕はどちらかというと続けることが得意で、うまくいかない事でも物事を深めて研究するのが得意です。

なのでその特技を活かして発信であったり、サービスの提供を続けていく。

 

やるべき事はたくさんありますが、その全てが学びであり、次に活きてきます。

 

最短で結果出ると破滅するからゆっくりやろう。

このように考える必要はありません。

 

やはりスピード感を持って仕事はやったほうがいいです。

ゆっくりやって稼げてるならいいんですけど、稼げてないわけじゃないですか?

 

じゃあもう答えは明確で、スピード感を持ってもっと大量に何度も何度も数をこなすしかないわけです。

 

私の言葉が気に食わんって人は一流のアスリートを見て下さい。

どの人もうんざりするぐらい地味な反復をやっていますよ。

 

そして元から才能があって天才だったわけではなく、大量に数をこなしてやっていく中で閃きが生まれ、その閃きを実践で試していったら結果が出ただけです。

才能は後天的に付け加えていけるという事なんですね。

 

超一流の人間がこんな感じの中、我々凡人はどうでしょうか?

 

ちょっと面白くないと投げ出す。

大量にやる前に無理だと文句言う。

スピード感はなくダラダラ取り組む。。。

うまくいかないと人のせいにする。

 

クソしょっぱいと思いませんか?

だから成功しない。

 

必然的な因果関係ですね。

 

最短を目指して行動していくことは悪いことではないです。

ただし最短と安定は時に相性が悪いこともあるのだと知って下さい。

 

そうならないためにどうすればいいか?

ここを考えて次の一手、二匹目のドジョウを手に入れていきましょう。

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.