せどりしやすい店が存在しないシンプルな理由

穴場の仕入先

 


この記事の所要時間: 549

どうも、細野です。

 

店舗せどりを始めたばかりの人は、どのお店が仕入れしやすいのかを知りたいはずです。

 

仕入れがし安いお店というのは存在しますが、それは地域やあなたの手法によって変わってきます。

 

また、一時的に仕入れをしやすい店があったとしても、そのお店で永続的に仕入れが出来るかというと答えはNOです。

 

今回はせどりで仕入れしやすいお店を見つけることが不可能な理由をお伝えしていきます。

 

せどりと飽和

 

どんなビジネスでも同じことですが、せどりでも飽和の影響を免れることは出来ません。

 

人と同じものばかり仕入れをしていたら価格競争が起きてしまいますし、同じお店で仕入れをしていたら取れる利益は少なくなっていきます。

 

この問題を解決するためには、ジャンルの固定と仕入れるエリアの固定をしない。

これをやる事でしかせどりによる飽和の影響を免れることは出来ません。

 

もしあなたが一時的にではなく、5年、10年という単位で稼ぎたいのであれば分散という考え方を覚えて下さい。

 

短期的に大きく稼ぐには一点集中が非常に有効です。

ただしダメになる時も一瞬だったりするので安定と相性が悪い。

 

分散を効かせることで時代の変化に対して強くなることが出来、毎月コンスタントに利益を出すことが出来るようになります。

 

ビジネスというのは月単位、年単位の収益予想に基づいて取り組むものです。

どこをどう変えれば結果がどう変わるのか?

ここを可視化出来ないものは全て博打です。

 

副業と言えど自分が目標とする結果から逆算して予想を立てながら行動をし続けなければいけません。

そうしないと今の自分に何が足りないのかがわかりませんし、問題を改善改良することが出来ません。

 

問題が解決されない限り次のステップに進むことは出来ないので、成長が停止します。

そして成長が停止するということは稼げなくなるということを意味します。

 

ビジネスは筋トレと同じで負荷を上げ続ける事でしか、維持が出来ません。

そして大きく稼いでいこうと思ったら基準値を高めて取り組んでいかなければいけません。

 

インターネットビジネスの世界はこの基準値が低い人、成長にコミットメント出来ない方が非常に多いです。

ですからあなたがこの人達の逆を行くことが出来れば、後発だろう未経験だろうが大きな結果を出していくことが出来ます。

 

仕入れしやすいお店が塩店舗に…。なぜ?

 

店舗せどりでオールジャンルで幅広いエリアを回っていくことで手堅く収益を上げ続けることが可能になります。

 

その中であなたは仕入れがしやすいお店、自分と相性のいいお店というのを見つけていくでしょう。

 

人間というのは単純なもので、すぐに結果を得られるものや得やすいものが見つかるとそこばかりに集中をしてしまいます。

 

そうすると何が起きるかというとライバルも同じお店を見つけて集中して仕入れをしに来るようになります。

 

こうして仕入れをしやすかったお店が塩店舗になり、そのお店からの仕入れに依存をしていたあなたは稼げなくなるという問題が発生をします。

 

私たちはお店を固定しないことで、過去に仕入れができなかったお店で仕入れが出来るようになった経験、今までスルーしていたお店にあえて立ち寄ることで思いがけない仕入れをした経験をたくさん持っています。

 

そしてそのような経験を有しているので、お店もジャンルも固定しないほうが安定して稼ぎ続けることが出来るというのを理解しているのです。

 

せどりというのは短期ビジネスなので、長期目線で行動をする人が非常に少ないです。

ですがその人達と真逆の考え方で行動をすることで、強い優位性を発揮することが出来るんです。

 

私が7年以上に渡ってせどりで生き残ることが出来たのも、分散を効かせて、人と違うことをやり続けたからです。

この考え方は一般的な教育を受けて来た方には馴染みがないかもしれませんが、取り入れていって欲しいです。

 

一瞬稼いでも意味ないですよね。

やるからには5年、10年と稼ぎ続けられないと。

 

それを実現するために徹底した分散と大衆心理への逆張りを実践していくのです。

 

今からでも稼げますか?

 

後発としてビジネスに参入するで最も重要なのはストラテジーです。

戦略がダメだとどれだけ大量行動をしても結果を出すことが出来ません。

あるいは一時的に結果が出てもすぐに稼げなくなり、また次のノウハウを追い求める生活に戻らなければならない。

 

それは大変ですし、コスパが悪いですよね。

だからこそあなたにはしっかりとした仕組みと戦略を提案できる教育者(コンサルタント)と出会って欲しいです。

 

比較をし、その人の優位性を見ていくことで、相手が一発屋なのか、長期目線で提案できる人間なのかを見極めることが出来ます。

 

私も比較される候補の一人として、皆さんが十分に検討できるように資料を公開しています。

表に出している情報がしょぼい人間から習っても、得られることなんてたかが知れていますね。

 

一言で言うと審美眼。

あなたが選ぶセンスというものが成功する上でも問われます。

 

この業界には高い報酬を請求しておいて、お金を貰ったら対応が適当。

コンサルティングと謳っておきながら教えるのは自分の弟子。

そんな人が普通にいます。

 

穴場の仕入先、誰も実践してない手法。

そういったものを追い求める時期があるのは理解しますが、そんなものは存在しないです。

 

すでに業界では研究が進み、ありとあらゆる手法が網羅されきっています。

後発の人間は先人が開発したそのスキームを組み合わせてマネジメントしていけば稼げるという環境が整備されているのです。

 

今からやってももう無理じゃないかな。。

このような質問は常にされます。

 

今だけじゃなく、過去にも何度もされましたし、これからもされていくでしょう。

 

しかし時代は常に進歩をし、それに伴い環境とノウハウは進化をし続けていきました。

 

変化に対応することが出来る人間は生き残ることが出来る。

変化を拒絶すれば淘汰が待っています。

 

これを読むあなたが長く生き残る側に来れる事を願っています。

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください