理系の職業で高収入な仕事は?

 


この記事の所要時間: 428

どうも、細野です。

 

世界のトップ企業経営陣を見ると理系大学出身者がずらりと並びます。

 

ビル・ゲイツ(世界ナンバーワン金持ち、マイクロソフト会長):数学選考

マービンバウワー(戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー&カンパニー創業者):MIT

セルゲイ・ブリン(グーグル創業者):理学

 

ところがこれが日本になるとトップ陣営は文系の人間に牛耳られております。

 

私が見つけることが出来たのは、

 

馬場功淳(コロプラ創業者):情報工学

 

ぐらいで、フォーブス長者番付に出てくる経営陣は文系の経営者ばかりでした。

 

私はこのカラクリに学生時代に気が付き、この国では技術者として成功してもお金持ちになれない事を知りました。

 

青色発光ダイオードの訴訟では技術者が正当な報酬を払うように会社相手に訴訟を起こして敗訴。

素晴らしい発明をして会社に莫大な収益をもたらしても会社はそれに報いない事が立証されてしまいました。

 

なんでこの国で理系職に就いて経済的に成功をする。

これはあまり現実的ではないことを知ったほうが良いです。

 

実際卒業した先輩の経済状況を探ってみて下さい。

それなりに稼いでいるが超激務な仕事か、仕事も忙しく給料も安い。

この2つしかないと思います。

 

もちろん仕事はお金だけじゃないですし、面白さややりがいも大事だと思います。

 

ただそれを言ってられるのって独身の間だけです。

 

結婚をして家族が出来たらお金について考えなければなりませんし、子供が出来るともっとお金が必要になるので大変になってきます。

 

海の外に出て国際基準で高い報酬を得ていくという方法もありますが、あまり現実的ではないですね。

出来るならやってくれていいですけれども。

 

また会社から解雇されるリスクがあるという事も忘れてはいけません。

今や苦労して就職を決めても人員整理で当たり前にクビになる時代になってしまいました。

 

一昔前は日本の会社は雇用だけは最後まで守る。

待遇は外資系に負けるがそこだけは劣らないと言われておりました。

 

今その前提条件が覆され、日本の会社でも普通に解雇(人員整理)が行われるようになってきました。

 

このような時代において重要な事は、景気や会社の業績に関係なく富をコントロール出来る力です。

選択する力と言い換えても良いです。

 

例えばあなたが転勤になり住み慣れた家を手放さなければいけなくなったとしましょう。

普通に売却したら買ったときよりも安い値段になってしまうので経済的損失が発生します。

 

またローンを組んで購入している場合は完済が難しくなってしまいます。

 

ですが会社とは別に稼ぐ力、収入源があればそんなの関係ないです。

上司に向かって「Fuck you」と中指を突き立てて辞表を叩きつけることが出来ます。

 

私は会社と雇用者というのはニュートラルな関係であるべきと考えます。

現実は会社が強く、雇用者は弱い。

フェアじゃないんですよね。

 

だからこっちも力をつけて、雇用主に「舐めた態度取るなら辞めるぞ」と言える状態になっておきましょう。

あなたに辞められると困るという状況を作り出せば、会社はあなたを丁重に扱うようになります。

 

会社を大切に思えば会社もあなたを大切にする。

このような事を言われるかもしれません。

 

ただ私の経験上、それってただの詭弁です。

 

会社が大事にしてくれていると感じるから、会社に対して忠誠を尽くそうと思う。

これが正しい順序ですよね。

 

ブラックな会社の経営陣ほど詭弁を使い分けてくるんで気をつけましょう。

 

まとめますと、理系の仕事で高収入な仕事は少ない。

高い報酬を得られる経営の仕事は文系に牛耳られています。

 

なので文系就職するか、キャリアを積みながらそういったポジションを取りに行くしかないです。

 

お金を稼ぐというだけならその苦労や努力よりももっと確実に成果を出す方法があります。

 

私であれば副業で稼いで本業で収入が低くても支障がない状態を作ります。

そうすれば仕事の楽しさ、やりがいを担保しつつ、経済力も同時に手に入れることが出来ます。

 

ビジネスで結果を出すためには理系の素質が欠かせないので、理系出身の方はスタート地点から物凄く有利です。

 

口とハッタリだけが上手い文系の人間がのさばってるのは腹が立ちませんか。

評価されるべきは皆さんのような優秀な理系の人間なんです。

 

私は実力のある人間が正当な評価を得られる社会を作りたいです。

理系の大学を出て経済的にも成功する。

そんな人がもっと増えるように日々研究開発を頑張っています。

 

これを読む人が経済的にも満たされますように。

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください