情報発信ビジネスのやり方

 


この記事の所要時間: 106

細野です。

 

いつかは自分で情報を発信してお金を稼いでみたい。

そんな風に考えてる人は少なくないと思います。

 

情報発信ビジネスは数あるビジネスの中で最も安定的に大きく稼げるポテンシャルを持っているビジネスです。

一度仕組みが出来上がると自動的に収益が発生するようになり、作業量に依存しなくても稼げるようになります。

 

しかしながら再現性が他のビジネスに比べて著しく低い、いや皆無だと言うことを覚えておくべきでしょう。

今回は情報発信をビジネスとして取り組みたい方に具体的な手順を示していきます。

 

情報発信に必要なもの

 

何を目的とするかにもよりますが、メルマガとSNSの2つは必須です。

この2つを使わずに後発の人間が今から参入をして結果を出すことは不可能でしょう。

 

ブログから入る人もいると思いますが、今は文字は読まれません。

そしてSEOは後発が勝つことは専門性が高くない限り不可能なので、非常に難しい。

 

ブログを作ってはみたものの、更新が止まったり、記事を書けずに挫折をしてしまう人が大半でしょう。

なのでSNSを使い、少ない文字数で的確に情報を伝えていくスタンスで入っていくことをおすすめします。

 

SNSが優れている点は広告との親和性が高いことです。

現在は検索エンジンを全く使わないという人もいて、何か知りたいことがあればSNSで調べるというのが一般的になってきてます。

 

便利なツールを探すためにAPPストアを見る。

料理の作り方を調べるためにYouTubeにアクセスする。

電車の遅延情報を知るためにTwitterを使う。

 

こういう使い方が一般的になってきてます。

 

それまでは情報の調べ方は検索エンジンにアクセスをしてキーワードを入れるというものでした。

これは高度な情報や物事を掘り下げる際には現在でも必須な作業ですが、大半の人にとってそこまでマニアックな情報を掘り下げる必要はないのでSNSを使います。

 

ですからこれから発信をするならSNSを使って参入をすることをおすすめします。

 

次にメルマガですが見込み客の名前とメールアドレスを取得して、こちらから提案を出来るように関係性を作っていきます。

SNSなどで知らない人からいきなりコメントが来るとびっくりすると思いますが、なぜそのような事が起きるかというと信頼関係が構築されてないからです。

 

私のSNSにもたまに頭のおかしい人から変な反応が来ますが、全てシカトです。

なんであんたの雑魚い質問にいちいち答えなきゃならないのって感じ。

 

でもこれがメルマガをずっと読んでくれてる人からのメッセージだったら何かしらの形で応えてあげたいなってなります。

これが関係性が成せる技です。

 

相手に何かお願いをする際にいきなりコピペした文章を無差別に送る人がいますが、意味がないです。

私の所にも、教材を紹介してくれ、無料レポート紹介してくれなど会ったことも見たこともない人からメールが頻繁に来ます。

そしてフルシカトされて終了です。

そりゃそうでしょ。私にメリットが皆無だもの。

 

具体的な作業手順

 

その1:LPの作成

 

メルマガを開始するためにはランディングページというメルマガ登録専用のページを用意します。

これは自分で作ることも出来ますし、デザイナーの人に任せることも出来ます。

 

このLPの出来の良さで登録率が変動するので、常にLPは改善していかないといけません。

私はスキルがないのでデザイナーさんにLP制作をお願いしております。

 

LPを作る際のコツはWordPressで作ることです。

WordPressを使って作ることで簡単な手直しであれば自分でも修正できる。

全てをゼロベースで作るのは難しいので、便利なツールを使うのがポイントです。

 

具体的にはランディングページ制作に特化したテンプレートが販売されているので、そういったものを使って作成をしていきます。

 

その2:コンテンツの作成

 

主にYouTubeにあなたが見込み客に提供できるコンテンツをアップロードしていきます。

編集が出来る方は編集をすると反応を取りやすくなります。

 

私は編集技術を取得する気がないので、内容で勝負してやろうと思って中身が濃い話をガンガンアップしています。

ただこれは私だから出来るのであって、皆さんには難しいと思います。

 

なのでまずは出来る所からやっていくしかないです。

最初は反応も全然取れないと思いますけど、それでも1000本、2000本と動画を作っていく間に話すのも上手になり動画を作ることに抵抗がなくなっていきます。

 

販売する商品やサービスが固定されている人であれば、自分の担当する分野に関する専門性が高い情報をアウトプットしましょう。

私は販売するサービスや商品を固定化していないので色んなテーマごっちゃ混ぜです。

組み合わせを大量に行うことで比較されなくなるというメリットがあります。

テーマを固定化することで比較をされやすくなりますが、反応は取りやすくなります。

 

世の中の発信の大半はテーマが固定化されたものばかりなので、この逆を行くことで目立つことが出来ます。

ですがそれが出来るのは私のような限られたごく一部の人間です。

殆どの人にとって発信をやる理由は収益化であり、そこに使命感やビジョン、メッセージというものが皆無です。

 

従ってそういう人の発信は薄っぺらいですし、お客さんも内容がしょぼい発信を見抜くので反応が取れない。

こうして発信で結果を出せずにたくさんの人が消えていくわけです。

 

コンテンツの作成はどんな人にでも出来ることです。

毎日使っているiPhoneの使用方法を解説するだけでも立派なコンテンツになるわけですから。

これは誰でも出来ることですね。

でも殆どの人はやらないし、やっても続けることが出来ずに辞めていくわけです。

 

その3:集めたアクセスをリストに転換

 

SNSで発信を開始するとアクセスが集まってくるのでファンになってくれた人にメルマガ登録をして貰います。

そして最初の間は手動でメールを送って相手から反応を取っていきましょう。

 

反応を取る方法は何でも良いです。

プレゼントを用意して感想を書いてもらってもいいですし、無料でスカイプしてもいいと思います。

 

初期段階で大事なことは収益化を急がないということ。

ゆっくりすぎるぐらいのスピードで収益化はやっていきます。

 

あなたが道を歩いていていきなり売り込みかけられたらうざいですよね?

それと同じことを自分もやるなってことです。

 

事実このサイトでは売り込みページというものは存在せず、私のメルマガに登録した人にだけ商品やサービスの決済案内ページが配信される仕組みになっています。

一般的なビジネスサイトだとサイドバーに情報商材のバナーがずら~っと並んでいて、そこで一見さん相手に買ってもらうという戦法を取っています。

しかし私はそれは意味ないですし、一見さんを獲得するつもりもないのでやりません。

 

大衆の逆を行く。

発信活動を実践する上で非常に重要な考え方がこれです。

他の人と同じことをやっても埋もれてしまうので、あえて逆のポジションを取る。

そうすることで後発でも認知をしてもらうことが出来ます。

 

その4:お客さんの問題を解決する商品を作る

 

リストが集まってきたらお客さんの問題を解決する商品の企画を練ります。

 

私であれば

 

教材を買っても内容が古くなり使えなくなる

内容のショボさに対して価格が高すぎる

わかりにくい

結果が出るまで時間がかかる

 

こういった問題意識を持っていたので、これを解決する商品を作りました。

 

参入をした時点であなたには既存の商品にない問題を解決できるアイディアが何かしらあるはずです。

なのでそれを形にして同じ問題を共有する人に提供をすれば当たり前に売れていきます。

 

その5:購買してくれたお客さんと同じ方向を見て活動をする

 

情報発信で消えていく人が多い理由の一つに、売ったらそれで終わりというスタンスの人が非常に多いことがあります。

売るまでは頑張るけど、売れた後は適当。

こういう人が非常に多いです。

 

発信の世界では教える気はないが需要があるテーマに関して話せるので発信をして収益化している人間と、相手にしっかりと教えて変わってもらうことを目的として活動している人間がいます。

 

前者に捕まると結果は出ません。

そりゃそうだよね、教える気なんて元々ないんだから。

 

後者を見つけることが出来て、その人との相性が良いと結果を出せるようになります。

 

学校に通っていた時も相性のいい先生と悪い先生っていたと思います。

自分と相性のいい先生を見つけることが出来た時は結果を出せたはずです。

 

同じことを発信活動でも目指しましょう。

 

そして頑張ってくれてる人に報いることが出来るように、日々コンテツの見直しや改善を行っていきましょう。

私が見ていて改善や再構築がしっかりと出来てる人がこの業界は少なすぎます。

 

テクニック偏重で泥臭い作業を嫌がる人が非常に多い。

そしてそういう人で大きく稼いでる人を私は見たことがないです。

 

私が10年以上に渡り自分でビジネスをやって結果を出せるのは、非常に地道で泥臭い作業を愚直に実行ができるからです。

人に話すためには自分が実践して理解しないといけないので、やりたくないなと思うことでも私はやります。

そして徹底的に掘り下げて結果を出したことを提案するので、相手は私の言葉に耳を傾けて実行してくれます。

その結果相手も相手が望む結果を手に入れることが出来るので、私に対する信頼性が高まっていきます。

 

そういう人が何人も私にはいるので、私は支持をされる(消えない)というわけです。

もちろんアンチみたいな人もいますが、私の言ってることが理解できない人間は人生の敗者なので気にしていません。

成長が停まって何も成し遂げずに死んでいくおっさんとか、斜に構えちゃってる糞ガキですからね。

そんな人間はさっさと淘汰されて土に還ればよろしい。

 

私にもできますか? → お前には無理だよ

 

ここまで書いてきて、発信って結構大変だなーと感じた方もいらっしゃると思います。

 

私は素人が発信をやることをおすすめしません。

間違っても副業レベルで片手間でやることではないです。

 

片手間で稼げる副業は物販やアフィリエイトぐらいです。

発信を片手間でやっても小銭稼ぎがいい所でしょう。

 

結果が出るまでに時間もかかりますし、それまでに殆どの人は諦めます。

 

稼ぐだけならもっと簡単な方法がいくらでもあるので、発信を考えているのであればなぜ自分がやるのか?発信をして何をしていきたいのかをしっかりと考えましょう。

 

そこを考えずに始めるからどこかで見たようなメッセージ、他の人と同じような運営スタンスになってしまうのです。

 

 

 


記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す