Amazon無在庫輸入転売に進出しました

 


この記事の所要時間: 248

細野です。

 

輸入無在庫転売がとても好調なので、扱う市場を増やしてみようということでAmazonに進出してみました。

ヤフオクやヤフーショッピングで売れてる商品をそのままAmazonでも無在庫転売してみた所、出して10日ほどで成約が出ました。

 

ノーブランド品を広告を出さずに出品して放置。

さらには価格も他の市場よりも高い設定です。

 

この状態で1個売って4000円近い利益が出てしまいました。

 

無在庫で販売し在庫を保有するリスクを取っていない。

扱ってる商品はノーブランド品であり何度でも販売できる。

 

これはやばいと思い、関連商品で売れそうなものをいくつか出品しておきました。

今後も放ったらかしでずっと売れていくものと思われます。

 

今回の経験で、きちんとリスク管理をすればAmazonでも無在庫転売が出来ること。

輸入との相性、副業との相性もとてもいいことがわかりました。

 

そして大口契約をしている人であれば広告出稿が出来るので、広告を出すことでさらに成約数を伸ばせる可能性があります。

 

ヤフオクでリピート商品を見つけることが出来た人でリスクを取れる人はAmazonにも出品をやっていきましょう。

電脳せどりでガッツリ稼ぎたいという人は無理して輸入無在庫転売はやらなくてもOKです。

 

なお、同じ考え方で海外Amazonでも輸出無在庫転売が出来るはずですが、そっちは時期を見ながら取り組んでいければと思います。

 

やってきて思うのは市場を固定せずにあらゆるマーケットで販売をしていけばライバルなんて関係ないんだなってこと。

 

今一つの商品を私は6つの市場で販売しています。

プラットフォームも使っているし、自分のネットショップもある。

 

ここまで来ると競合とか飽和の心配って一切ないです。

そして皆さんもここを目指してきて欲しい。

 

ヤフオクやAmazonはあくまでも初期段階のビジネスをやる場所です。

いつまでもダラダラやるものではないですし、アカウントが停止したら依存していると稼ぎはゼロになります。

 

そうなっても大丈夫なようにプラットフォームで稼いだお金をプラットフォームの外に入れていくこと。

そうすれば利益を出しながら資産を作っていくことが出来ます。

 

Amazonやヤフオクは資産ではありません。

負債でもないけれど、刹那的なお金を得る市場です。

 

いつまでもここにしがみついてると成長も止まるので、より難しく、ライバルが進出してこないマーケットにチャレンジをしていきましょう。

 

しかし在庫を持たずにこんだけ利益が出てしまうと、在庫を持ってるのになかなか売れない商品だったり利益が薄い商品販売するのは馬鹿らしく思えてきますねー。

 

在庫を持つビジネスにはメリットもありますけど、適切なリスク管理があるのだと思います。

数字を追いかけることも大事ですけど、仕入れた商品が売れないと意味ないですからね。

 

その辺りのバランスも今後は提案していければと思います。

 


記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す