沖縄の給料はなぜ安いのか?今後平均年収が上がる可能性はあるのか?

 


友だち追加

この記事の所要時間: 1111

こんにちは、細野です。

 

副業やビジネスの情報発信をしていると、面白い特性に気が付きます。

 

それは何かというと給料が安い、年収が低い地域に住んでる人が情報収集をしている事が多いということです。

 

転職支援サービスを提供するDODAが公開しているデータによると、私が住んでいる東京都の平均年収は452万円。

男性の平均値は499万、女性は389万円となっています。

 

一方で同じ関東でも群馬県に行くと、全体平均値は403万円まで下がります。

私が昔住んでいた千葉県は424万円。

 

同じ関東圏でもこれだけ差があるのです。

 

そして日本全国で最も給料が低いのが沖縄県です。

その数値は356万円と驚愕の数字。

東京都よりも100万円も低いです。

 

もちろん家賃が安かったり、食費が安いなど一概には比較できないでしょう。

 

しかし私が行った時には、街のサービスレベルも低いし、飯もまずいわで、あんま住みやすそうな場所ではないなと感じました。

気候だけは温暖なのでそこだけはいいと思いますが、別に東京でもそんなに寒くないですしね。

 

住んでる人には申し訳ないけど、なんでこんな場所に住んでるの?って感じ。

 

今日は住む場所の重要性、沖縄県の今後の発展について語っていきます。

経済力が弱いエリアに住んでる人は思考停止しないで未来のことを真剣に考えて下さい。

 

オワコン化していく場所に住んでいたら、地域もあなたもひたすら落ちぶれていってしまいますよ。

 

沖縄県の今後の可能性

 

沖縄の産業を考えた時にまず出てくるのが観光でしょう。

 

温暖な気候であり、冬でも雪が降ることがない。

非常に住みやすい気候であると言えるでしょう。

 

しかし産業が全くと言っていいほど観光以外になく、若い人が圏外に流出するのが当たり前になっています。

 

若い人が永住してくれないと雇用はどんどん減っていき、ますます廃れていきます。

同じような事例として北海道がありますが、北海道も過疎化が進み、仕事が無いので若者が街に残りません。

 

この流れを変えるためには外国資本に規制を開放して開発をしてもらうしかないです。

しかし国はそれを規制し続けている。

 

なのでこれからも沖縄が発展をして経済的に成長するシナリオは考えにくいと言えるでしょう。

 

九州エリアで考えてみる

 

沖縄の未来が今後もあまり明るくないことがわかった所で、もう少し広い視野で見てみましょう。

 

沖縄は九州エリアの一部であると考えると、九州エリア全体で稼げる、将来性が高いエリアに引っ越すという選択肢が出てきます。

 

私はこれを強く推奨します。

沈んでいく船にしがみつくよりも、将来性、成長性があるエリアに移動したほうがリワードが上がります。

仕事も多いですし、年収も必然的に上がります。

 

あなたがまだ若いならチャンスです。

転職マーケットにおいてニーズがあるのは若い人と特殊技能を持ってる人だけなので、若い間に自分の可能性を広げられる大都会に移動しておくべきです。

そうすれば沖縄出身でも貧乏な人生に甘んじなくて済みます。

 

DODAの公開しているデータによると、九州エリアで収入が高い職種は、プロジェクトマネージャー(IT通信)の656万円、営業医薬品メーカーの646万円と続きます。

業種としては医薬品メーカー、医療機器メーカーの収入が高い。

つまり九州エリアに住む人が高い収入を得ようと思ったら、メディカル分野における雇用を考えていくというのが合理的な選択となります。

 

営業職であれば新卒で入り込んだり、転職で入ることで経験がなくても稼いでいける余地があります。

理系の大学であれば医歯薬学、理工学部などが稼げる職種に付きやすい高等教育であると言えるでしょう。

 

もちろんこれは永続的なものでなく、時代の変化に伴い動いていく可能性があります。

しかし文明の発展とともに人間は不健康になっていくという笑えない実態があるので、今後も医療メーカーは安泰であるといえるでしょう。

 

食品メーカーや生産者が”おいしいもの”を作れば作るほど、病気になる人は増えていきます。

糖尿病、ガン、痴呆、うつ病。

 

これらはここ50年で爆発的に増えた病気です。

そしてその最大の要因が文明の発展。

 

昔は今ほど文明も発展しておらず、技術力もなかったわけです。

しかしこういった問題はそれほど深刻ではありませんでした。

 

現在は糖度の高い果物や、品種改良によっておいしくなった炭水化物が作れるようになりました。

そしてそういったものを食べると血糖値が上昇し、老化遺伝子が破壊をされて病気になっていきます。

 

製薬メーカーはこの原理原則を理解した上で新薬開発をしています。

ですから今後も長期的に利益を上げ続けることが出来るのです。

 

この話は難しいかもしれないので、いずれ動画を作ってわかりやすく伝えます。

今の日本で一般的な教育を受けていたら、肥満、低血糖症状になるリスクは避けられないというのをここでは覚えておいて下さい。

 

しかし金儲けをする上ではそれを上手に利用することで収入を得られるので、心配はありません。

 

九州で一番稼げるのは大分県

 

今回私がDODAの統計データを見いていてびっくりしたのが、九州エリアで一番収入が高いのは大分県であるということです。

 

沖縄県の356万円に対して、福岡県が373万円、長崎県377万円、大分県は380万円です。

それでも東京と比べると低いですけど、家賃も低く、人口もそれなりにいるので物価も安いです。

 

私が熊本に行った時にびっくりしたのは、お弁当が300円で売っているということです。

東京で300円で食事をしようと思ったらほっともっとののり弁当や吉野家しか選択肢はありません。

 

そしてこれらの食事は血糖値を急激に上げる炭水化物が大量に含まれています。

従ってこんなものばかり食べていたら確実に病気になります。

 

現代社会ではこのように貧乏人が病気になるようになっているのです。

陰謀論みたいですが事実です。

 

一方で私のように稼げる人間は食事にお金を使うことが出来るので、体に悪いものを我慢して食べる必要がありません。

この記事も食事の質を意識するようになってから書いているのですが、一気に集中して書き上げているのです。

 

なぜこんな事が出来るのかというと、体にいいものを食べているからです。

おいしいもの=体にいいものではありません。

 

私は経済的に成功していても肥満状態の人間や健康上の課題を抱えている人間は 成功者と認めません。

 

金は持っている、でも糖尿病。

クソみたいな人生ですよね?

 

なので私は経済的にも肉体的にも成功する人生を生きることを決め、実行しています。

 

西の都である大阪は稼げるのか?

 

私は生活の拠点は大都会にすべきと考えていて、それを周りにも推奨してきました。

 

その大都会とは地域で一番経済的に強いエリアを指していました。

 

しかしDODAの統計データを見ると、関東以外の経済圏は実に軟弱な事がわかりました。

 

大阪府でも中央値はたったの394万円。

兵庫はこれより上がって406万円。

 

東海まで出てくるとこの数値はもっと上がってきます。

愛知、三重、静岡で平均値が400万円超えです。

 

これまで三重県は仕事がない県だと思っていたのですが、稼げるんですね。

東海エリア強し。

 

どこも文化に大差はない。であるならば一番儲かる場所に住むのが合理的な選択

 

日本は北から南まで文化に大きな違いはないです。

同じような家、車、食事を食べ、共通の概念を共有することが出来る特性を持っています。

 

単一民族として発展してきた国なのでこういった事が可能になってます。

 

単純にコスパだけを考えるなら、家賃が安くて給料の高い仕事がある場所に居を構えるのが合理的な選択です。

東京都内であっても住み手がいなくなった家が大量に溢れており、住居取得コストはどんどん下がっています。

 

バブってるのは新築住居だけ。

しかしこれももう続きません。

 

人類史上誰も経験することのなかった、住宅余りをこれから日本は経験していくのです。

これは不動産で生計を立てる人には不利な事実ですが、買い手(借り手)である我々には有利な変化です。

 

これからは家賃が高いから、家が高いからと我慢する必要はないのです。

仕事がある、教育水準が高い、民度が高い。

 

こういった理由で住む場所を自由に決めることが出来ます。

クソみたいなド田舎に我慢して住み続けて詰む必要はありません。

 

東京に出てこよう

 

あなたが沖縄の閉塞感に辟易しているのであれば東京に出てきましょう。

 

東京は日本全国から様々なバックグラウンドを持った人が集まってきています。

実力のない人は弾き出されてしまう厳しい地でもありますが、成長意欲が高い人にはこれほど魅力的な地はありません。

 

若い間に東京に出てきて稼げるようになり、そこから自分のライフスタイルにフィットした場所へとシフトしていく。

 

こういった選択肢のある人生を生きていくことが幸福に直結するのではないでしょうか。

 

一番駄目なのは選べない人生。

 

やりたくないけどやる。なぜなら他に選択肢がないから。

住みたくないけど住む。なぜなら他に住める場所がないから。

 

こういう状態になっては駄目です。

 

私は千葉県から東京に出てきて人生が変わりました。

全ての分野におけるQOLが東京に出てきて著しく改善しました。

 

もう一生田舎には住みたくないです。

田舎に住むぐらいなら死んだほうがマシだと思ってます。

 

私のサイトを訪問してくれる人には私と同じように田舎の閉塞感なカルチャーに疲れ果てている人がいるはずです。

 

あなたが悪いのではありません。

田舎がクソすぎるだけです。

 

東京に出てきて下克上して、田舎を見返してやりましょう。

 

彼らが一生経験することのない景色、収入、人脈、体験。

それらを東京で全て手に入れましょう。

 

そうすればあなたの基準が全て変わって、田舎に住んでいたことなど思い出すことすらなくなるでしょう。

 

結論:稼げないなら損切りしろ

 

全体を通じて言いたいのは、収入が低いなら転職すればいいですし、自分が住むエリアの収入が低すぎるなら住む場所を変えればいい。

 

今の仕組みの中で何とかしようとするのは節約と同じで効果が薄いです。

そんな小手先レベルのことをやるよりも稼げるようになったほうが速いんですよね。

 

もちろん稼げるようになっても浪費癖が治らないと貧乏人のままですが、それは徐々に改めていけばいいと思います。

私も若い時はお金の使い方がそれほど上手ではありませんでした。

 

それでも大学卒業したときには銀行の貯金残高は55万円ありました。

 

なんでそんな事が出来たのか?

 

稼げたからです。

ただそれだけ。

 

稼げるようになればいいだけなんですよ結局。

 

じゃあどうすれば稼げるようになるの?って話ですが、それはこのサイトで全て公開しているので興味があれば見て頂ければと思います。

 

稼ぐのなんて簡単ですよ。

自分の住む場所、食べてる食事、付き合ってる人。

 

これらが駄目だから負け癖や敗者の思考が染み付いているだけです。

 

そこを変えたら必然的に人生に圧勝します。

 

「沖縄は収入が低いのが当たり前だからしょうがないよなー」

こう思って生きててたら一生貧乏人です。

 

それでいいんですか?

 

貧乏な人生を選んだのは自分だということを自覚して下さい。

 

私は経済的に豊かになる人生を選択して現在があります。

 

あなたもそれを望むなら私と同じ選択する方をおすすめします。

 

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す