無料オプトインで稼ぐ流れ。デメリットとリスクについて

 


友だち追加

この記事の所要時間: 617

細野です。

 

初心者でも稼ぎやすいアフィリエイトの代表例と言えば無料オプトイン(無料オファー)があります。

 

相手に登録してもらうだけで報酬が発生するので、稼ぐためのハードルが非常に低い。

大量のアクセスも必要ありません。

 

今回はこの無料オプトインで稼ぐために、何をしなければいけないかを解説します。

 

案件を知る

 

無料オプトインで稼ぐにあたりまず知るべきことは、案件集めです。

 

通年で募集をしている案件から、期間限定で募集をしている案件まで幅広くあります。

私は通年で募集をしている案件がメインで、たまに単発案件を内容によって紹介しています。

 

私がフォローしきれない分野に関して精通しているプロフェッショナルに任せることで、お客さんがさらに成長してくれると考えるからです。

 

最近は無料コンテンツでも質が高くなっており、見るだけで稼げるものが普通にあります。

私自身内容を確認して勉強をしておりますし、登録した方も無料でこれはすごいと気に入ってくれることが多い。

 

もちろん中には情報弱者を対象とした質の悪いオファーもありますが、そういったものはスルーをすればいいだけのこと。

 

最近紹介した創造的破壊プロジェクトという案件は、オファーが終わったともコンスタントにコンテンツが配布され、めちゃくちゃコスパの高い案件となりました。

私自身配布されたコンテンツでさらに稼げるようになっているので、本当に紹介して良かったと思ってます。

 

このように無料オファーを実践する上で重要なことは質を見極めて厳選して紹介することです。

そうしないとあなたの情報には価値が無いと判断され、サイトやメールを読んでもらえなくなくなります。

 

売るものがない段階x無料オプトイン

 

もしあなたが情報発信を始めたばかりで売りたい商品がない場合は、無料オプトインをやると良いです。

 

通年で募集が続いている案件はその案件を申し込んで購入する人がいて、かつ稼げているから募集が続いているのです。

 

例えば私が紹介しているだいぽんさんの案件は、私自身が購入していますし、それで大きく稼げるようになったので紹介しています。

他にも和佐大輔さんの案件を紹介していますが、これも和佐大輔さんのコンテンツで勉強して稼げるようになったから紹介しています。

 

このように紹介の根拠をしっかりと示せるようになるとそれに連動して成約率も上がります。

私は何も作業をしなくても成約が発生する仕組みをいくつも持っているので、月々の収益が素晴らしく安定をしています。

 

でも最初は紹介したい案件なし、自分の商品もなしという状態でした。

当然ステップメールも作っていない状態。

 

いまのあなたと同じような状態からスタートしているんです。

ですからあなたも焦らずに出来ることから一つ一つ仕組みを作っていって下さい。

 

正しい手順で続けていけば結果はついてきます。

 

無料オプトインと無料レポートの違い

 

無料で紹介して成果が発生するものとして無料レポートがあります。

 

しかしこれはやらなくて良いです。

その理由として紹介をすると顧客からの信頼値が下がるからです。

 

無料レポートの紹介の仕組みは紹介ポイントにあります。

 

無料レポートを紹介することであなたのランクが上がり、あなたの無料レポートが上位表示される。

それにより協賛メルマガとして同時登録がされやすくなり、リストが取れるという仕組みです。

 

しかしこれはやったことがある人はわかると思いますが、協賛メルマガは読まれません。

その理由簡単で、自分の意志で登録したものではないからです。

 

無料レポートも捨てアドと言って存在しないメールアドレスや使っていないメールアドレスで読んでる人が多いです。

 

なので無料レポート紹介では稼げませんし、集めたリストの質も物凄く悪いのです。

あなたのメールがスパム判定されたり、到達率が悪化していくリスクが高まります。

 

無料レポートを使ったアフィリエイト手法が通用したのは今から10年以上前の話です。

現代では完全に時代遅れな手法なので、無料レポートはやらなくて良いです。

 

10年前を境にダウントレンドに無料レポートは突入している

 

無料オプトインのデメリットとは?

 

無料オプトインのメリットを伝えてきましたが、デメリットは何でしょうか?

 

まず見込み客です。

自分がリストホルダーとして集客を出来ていないとアクセスを流しても制約が出ません。

 

Twitterで無料オファーを無限に呟いているBOTがありますが、ああいうのはブラックリストとしてURLが認識されてしまい機能しなくなります。

 

ですから自分のサイトから成約を取るか、メルマガに登録してくれた読者さんにオファーをしなければなりません。

 

この初期段階の構築作業が出来ないことが挫折に直結をしていきます。

 

解決策としてはFacebook広告を使い有料でリストを集めること、YouTubeに役立つコンテンツをアップロードしてそこからリストを取ることです。

 

現代は文章ではなく、動画と画像の時代なので、SEOだけで集客をするのは優位性は低いです。

ただしSEOもコツコツやっていくことで上がっていくので余力が出てきたらSEOにも取り組んでいきましょう。

 

無料オプトインのリスクは未払い

 

無料オプトインを実践していく上でのリスクは、広告主の未払いと非承認です。

 

登録がされているので登録件数をごまかしたり、成果報酬を支払ってくれない広告主がいます。

そういった案件は非常に悪質なので、紹介しないようにしましょう。

 

業界で評判の悪い人の案件は未払いも多くなる傾向にあるので、注意が必要です。

 

自分が保有するリストを他人に渡していくことに鳴るので、案件の管理には注意が必要です。

短期的にはお金を稼げてもそれ以上に失うものがある時もあります。

 

まとめ

 

デメリットもありますが、無料オプトインは案件を厳選すれば非常におすすめの稼ぎ方です。

 

広告主も稼ぎ、あなたも稼ぐという健全な関係を続けていればアカウントが削除されることもありません。

現に私は1年以上に渡り報酬を受け取り続けている案件が複数あります。

 

発信を始めたばかりの頃ってアフィリエイトしたい教材もないし、自分でコンテンツを作る力も不十分。

 

そんな時でもお客さんに成長をしてもらえるのが無料オプトインです。

上手に使いこなして、あなたの発信活動を育てていきましょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す