アドセンスで儲からないのは本当。時間がかかって小銭しか稼げない

 


友だち追加

この記事の所要時間: 359

どうも、細野です。

 

ネットビジネスのに大巨頭と言えば、物販とアフィリエイトだと思います。

どちらも稼げますし、大変人気があります。

 

しかし私は最初にアフィリエイトをやることはおすすめしません。

中でもアドセンスという成果報酬型クリック広告を使った手法は避けるべきという立ち位置です。

 

その理由について今回はお伝えをします。

 

稼げるまでに時間がかかる。しかも小銭しか稼げない

 

時間はかかるが大きく稼げる。

そういったビジネスであれば腰を据えて頑張る価値があると言えます。

 

しかしアドセンスを使うことで数え切れないほどのリスクをあなたは抱えることになります。

 

まず最初のリスクは全てを失うリスクです。

 

アドセンスアフィリエイトで扱う情報は二次情報が中心になるので、検索エンジンから無価値なサイトと認識されやすくなります。

そうすると何ヶ月も書けて頑張って育てたサイトが全くアクセスが来ない状態になってしまうんです。

 

毎日コツコツ頑張って作業してきたのにその努力が水の泡になる悔しさがあなたにわかりますか?

私はこれを何度も経験して、アドセンスで頑張るのは割に合わないなって感じました。

 

それだけじゃありません。

あなたが書いた記事の信憑性について、芸能事務所や各種機関を敵に回すこともあります。

記事の削除だけで済めばいいのですが、名誉毀損罪として訴えられて莫大な賠償金を請求される可能性もあります。

 

アドセンスアフィリエイトを提案している人はこのような潜在的なリスクをあなたにきちんと開示していますか?

 

どんな事にもメリットがあれば、デメリットが必ず存在します。

メリットに対してデメリットが上回らない状態、デメリットを解決するソリューションが提示されてないのであれば、アドセンスに取り組むべきではありません。

 

アドセンスで稼げるようになった人は、アドセンスで稼ぐ方法を教える側に回っています。

これの意味する所は、長く稼げるビジネスモデルではないということです。

 

そして長く稼げないくせに結果が出るまで時間がかかる。

まじでしょっぱくないですか?

 

私は3ヶ月取り組んで月収が30万(利益)にすら達しない副業は取り組む価値が無いと考えてます。

 

そうですよね?

会社から帰ってきて疲れてるのにパソコンに向かってカタカタカタカタ。

眠いの我慢して、友達と遊びたいの我慢して週末も副業。

 

なのにたったの30万すら稼げない。

私なら辞めますね。

 

性格的に大衆向けビジネスが向かない人もいる

 

アドセンスは大量のアクセスを集めることでしか収益化が出来ないビジネスモデルです。

 

これの意味する所はあなたの作るコンテンツ(記事や動画)が大衆受けするものでなといけないという事です。

 

あなたが子供の頃から友達の輪の中心にいて人気者として生きてきたような人なら問題ありません。

 

しかし大衆受けする発信が苦手な人もいますよね?

私もそうです。

 

そういう人にとってアドセンスで稼ぐための作業は苦痛でしかなく、稼げるイメージも持てないので、頑張れないのです。

私は根性論で作業をしまくりましたけど、サイトが飛んだり、アドセンスと停まったりと(その後復活した)散々でした。

 

今はアクセスが集まらなくても稼げるアフィリエイト手法を実践していて、ようやっと報酬がコンスタントに上がるようになってきました。

またリストマーケティングというのをやっているので、お客さんに対して何度もオファーが出来るようになり、ライフタイムバリューを考えたアフィリエイトが実践できるようになりました。

 

このようにアフィリエイトは長期的に結果が出ることを前提に取り組むべきです。

 

過去に稼げた賞味期限切れの手法を売り逃げして稼いで、あなたの潜在意識は汚れませんか?

 

あなたは儲かる。教わってる人はやりたくない作業を苦しい思いをしながらひたすら頑張る。

それを3ヶ月とか半年頑張って10万円の報酬?

ギャグかよって思います。

 

10万円稼いで何になりますか?

バイトしてる方がマシですよね。

 

私は本業の収入と同等の30万円を超える利益を3ヶ月で稼いで、QOLを一気に上げる方をおすすめします。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す