無在庫転売のデメリットとリスク

 


友だち追加

この記事の所要時間: 452

細野です。

 

私が提案をしている無在庫転売は、在庫、資本、経験、センスを求められない最強の副業です。

 

資本がない方にはこれを最初に取り組むことをおすすめします。

また在庫を持ったビジネスをやっているが月に30万すら稼げない方、アフィリエイトをコツコツやっているが心が折れてしまいそうな方にも無在庫転売を強くおすすめします。

 

コピーアンドペーストの反復だけでこれほど短い期間で稼げる方法は他にはありません。

 

しかしメリットがあると同時に無在庫転売にはデメリットやリスクもあります。

それについて今回は言及をしていきます。

 

デメリットその1:利益率が低い(15%〜30%)

 

まず最初のデメリットは利益率の低さです。

 

在庫を持ったビジネスやアフィリエイトのように大きな利益を上げることは出来ません。

リスクが低い代わりにリターンも小さいということです。

 

そうはいってもクレジットカード枠30万円を15%で回すことが出来たら、利益は4.5万円です。

充分だと思います。

 

利益率15%というのは国内無在庫転売の数字であり、輸入無在庫転売と輸出無在庫転売をやればこの2倍の30%は当たり前に出ます。

 

そうするとクレカの枠30万円で9万円の期待値です。

100万円の枠を回すことが出来れば月利30万。

 

ここまではどんな人でも到達が可能です。

 

デメリットその2:規約を侵す

 

次のデメリットとしてはプラットフォームの規約を侵すこという事です。

 

規約に反することをやるので、アカウントが停止したり削除されることがあります。

どれぐらいの人がアカウント停止になっているかというと、ごく一部ですね。

 

偽物売ったとか、大量に出品をしまくったとか。

アカウントが停まる前には違反申告など予兆が出るのである程度予測ができます。

 

この問題に対応するために脱プラットフォームというのを掲げています。

 

他人が作った規約に振り回されて右往左往するやり方はビジネスと呼べません。

なので規約やルールを自分でコントロールできるネットショップを作り、そちらで自由に無在庫転売をする事を提案しています。

 

最初の資金作りと経験を獲得するために一時的にプラットフォームを使ってリスクを取りますが、売れる商品やトレンドが掴めてきたらネットショップにシフトします。

 

僕らがプラットフォームビジネスに依存をするのは最初の1ヶ月だけです。

その後はプラットフォームの外で自分のネットショップを育てて数万個の商品を無在庫で扱って、リスクフリーで稼いでいきます。

 

デメリットその3:作業が単調すぎて面白くない

 

無在庫転売でやる作業の大半はコピーアンドペーストです。

思考を介入する余地はなく、単調作業の連続です。

 

率直に言って面白くないですし、飽きてきてしまいます。

バカでも稼げるビジネスなので、このように頭のいい人にとっては退屈極まりない作業をたくさんしなければいけない。

 

それでも稼げるならいいじゃないかと思うのですが、「面白くなくてやめてしまいました」という報告を貰うので、相当つまらない作業なんだろなーって感じです。

 

作業が面白くないというのは物販だけではないんですけどね。

アフィリエイトでも興味ない商品の記事を書いたり、コピペ動画作ったりと、糞つまんねー作業の連続ですし。

それを半年とか1年とか続けていかないと稼げない。

 

無在庫転売は初日から報酬が出ます。

だからやる気が出てもっとやろうという気持ちになりやすいです。

 

だらだらやってる人は結果も出ずに、報酬も稼げずに諦めてしまいますが、バカになって大量行動できる人にはおすすめの副業であると言えます。

 

最もネットショップにシフトすると、資産を作っていく作業が出てくるので、面白くなってきます。

 

頭も使いますし、規約に怯えずにやりたい放題出来るので楽しいです。

そして利益もプラットフォーム時代からは考えられないほど大きなものになっていきます。

 

月収30万なんて当たり前で、月利50万、100万と稼ぎ出す人も出てくるでしょう。

 

プラットフォームを使った無在庫転売は大学の一般課程みたいなもんですね。

基礎教養の段階では何の役に立つかが見えないので面白みがない。

けど卒業研究や発表で今まで学んできたことをフル活用するように鳴ると面白くなってきます。

それと同じです。

 

まとめ

 

無在庫転売にデメリットもありますが、それを上回るメリットがあります。

在庫を持つビジネスや結果が出るまで時間がかかるビジネスには挫折率が伴いますが、無在庫転売における挫折は「作業がつまらなくて続かない」という問題のみです。

 

これは根性論だけでなんとでもなります。

何も考えずにコピーアンドペーストを繰り返せばいいだけなので。

 

そして慣れてきたらその作業を外注さんを雇って頼んでもいいわけです。

そうすれば嫌な作業は全部他人任せです。

 

在宅物販は作業のほぼ100%を人に任せることが出来る、自動化と相性がいいやり方です。

敷居は低く、間口は広い稼ぎ方なので、他のビジネスで駄目だった人も無在庫転売にチャレンジをしてみて下さい。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す