キャッシュフロークワドラント要約。これだけわかればOK

 


友だち追加

この記事の所要時間: 653

どうも、細野です。

 

今回は皆さんが大好きなロバートキヨサキ君のキャッシュフロークワドラントについて。

 

この本はネットワークビジネスや不動産投資やってる人が大好きな本です。

んで彼らが稼げてるかって言うと、稼げてるように見せてるけどたいして金持ってないし、あくせく働いてます。

 

僕から見るとキャッシュフロークワドラントにおけるEとSってのがネットワークビジネスと不動産投資。

稼ぐために労働しなきゃいけないし自動化出来ないので糞だと思ってます。

 

後は再現性だね。

不動産投資は再現性はあるけれど、でっかっく稼ぐためには資金がたくさんいります、

ネットワークビジネスは再現性皆無です。後発ほど不利。そして粗悪な商品を売らなきゃいけないのでやればやるほど潜在意識が汚れます。

ネットワークビジネスは友達もお金もすべてを失うと言われますね。これはかなり的を得ていると思います。

悪魔に魂を売ってはいけない。

 

さて今回はキャッシュフロークワドラントにおいて稼ぐために抑えておくべきポイントをシンプルに要約します。

これだけわかれば他のことはぶっちゃっけどーでもいいです。

いらないので。

 

それでは始めていきましょう。

 

ESBI

 

まずは超基本から行きます。

本を読んでない人はさくっと読みましょう。

 

 

人間は大きく分けて4つに分類でき、その4つとはESBIである。

 

Eはemploye。つまり雇われ人。

日本だと会社員、サラリーマン、アルバイトの人を指す。

 

次にSelf employe。これは自営業者の事を指すよ。

街の八百屋さん、整体師の人、せどらーの人がここに該当する。

 

経営者と自営業者の違いは、仕組みの有無です。

自営業者は自分で働き収入を得ていますが、経営者は他人やシステムに働かせて不労収入を得ます。

 

自営業者には不労収入がありません。

この違いをまずは覚えましょう。

 

次にB。

これはビジネスオーナーという意味。

 

日本だと株式会社の出資者、代表取締役が該当をする。

 

ビジネスからの収入が毎月自動で上がり、何もしなくても収入を得られる人達を指します。

 

せどりをやってる人でも組織化したり、社員さんを雇うとビジネスオーナーになる事ができます。

 

Sの段階のせどらーは単発報酬しか稼げませんが、Bの段階にシフトをすると自動収入やレバレッジの力を使って大きく稼ぐことが可能。

 

せどりで月利100万を超えるためにはSにいたら難しいです。Bの側に来ない限りいつまでも忙しくしんどい生活が続きます。

 

最後にIですが、これはインベスター。

つまり投資家です。

 

株式投資家、不動産投資家、FX投資家、ビットコイン投資家。

 

自分が持つ資本(お金)を投じてそこから収益を上げる行動を指します。

 

投資の魅力は何もしなくてもそこから収入が発生することです。

 

FXやビットコインは作業をしないといけないので、厳密には投資家に該当しないと私は考えています。

自動で回せるとしたらファンドに運用を任せるか、株のように配当、不動産からの家賃収入。

こういったものがないといけないという事です。

 

どのクワドラントに属せばいいのか?

 

この本を読んで知りたいことは何かって言えば、「私はどのクワドラントに属せばいいの?」って所だと思う。

 

結論から言うとESに入ればOK.

 

まず会社(バイト)しながら自分でビジネスやる。

だからEとSの部分。

 

そしてSに着手しながらBの部分を育てる。

これは出来ない人も多いと思うがやる。

 

Bの部分が育てば不労所得が出来るので、作業サボっても稼げるようにになります。

資産型ビジネスっていいますけど、資産を作っていくイメージですね。

 

サイトアフィリやコンテンツビジネスがこれに該当します。

 

物販の場合は資産化した後はそのまま稼ぐというよりも、事業として売却したほうがいいです。

長くやることではないし、同じことの繰り返しでつまんないので。

 

だから3年とか5年やって極めたと思ったら売っぱらう。

そしてそのお金を使って投資家(I)にシフトしたり、再び別のビジネスに取り組んでS→Bの流れを組む。

こういった展開がいいと思ってます。

 

手を出しても稼げないビジネスモデル

 

最初から投資家やビジネスオーナー狙いは一見合理的に見えて遠回りです。

 

まず資本がなければ投資は成立しませんし、ビジネス経験がない人が仕組みを作れるはずがないですよね?

 

近道を探すことが実は遠回りになっていた。

よくある事です。

 

私もこれは間違いなくショートカットだと思って飛び込んだら、とんだ遠回りをさせられていたことがあります。

 

サイトアフィリも最初から量産やってりゃ良かったのに、結果が出るまで時間がかかり、再現性が低いことをやっていました。

これだとなかなか月収100万に到達できない。

 

その横で愚直に私が不毛と思っていた作業やってた人達は食えるようになってます。

私はやらなかった。彼らはやった。

 

ただそれだけの違いでこれだけの差が出ている。

 

せどりは労働なのになぜやるのですか?

 

私が提案している物販ビジネスは労働であり、自動化との相性はあまり良くありません。

 

そして極めまくった所で月収100万とか、すんげー頑張っても200万とかそんなもんしか稼げず、そこまで淘汰するのはとても大変。

 

じゃあなんで提案しているのかって言うと再現性が高いからです。

 

月に100万、200万は難しいけど、30万や50万なら圧倒的に簡単なわけです。

なのでまずは最初の100万、最初の実績作りとして物販をやってみることを提案しています。

 

そして人に任せやすいビジネスモデルとしてネットショップを提案していて、ここを極めると物販でも自動化が出来るようになります。

 

プラットフォームだけでも物販は稼げますが、競争がしんどいですし、アカウント停まったら終わりです。

だから放ったらかしで長く稼げる仕組みを作るべきと考えていて、プラットフォームxネットショップという組み合わせをおすすめしています。

 

最終的には、店舗、ネットせどり、輸入、輸出、ネットショップに全着手して月100万ぐらい稼げるようになる。

そして作業サボっても余裕ぶちかまして月に50万ぐらいは何もしなくてもお金が入ってくる。

この状態を作ればいいと思います。

 

その段階で時間はかかるが不労所得化、自動化をしやすいアフィリエイトやコンテンツ販売にシフトする。

 

この順番を守ればどんな人でも手動→自動の流れが作れて、大きく稼ぐことが出来るはずです。

キャッシュフロークワドラントは自分の現在の位置とこれからどこを目指すべきかを考える上でとても便利なテンプレです。

 

残念ながらこれがネットワークビジネスや不動産投資のセミナーに利用されてしまっているのが現状です。

我々はそんな分の悪い勝負をして遠回りをしなくてもいいように、戦略的に行動をしてステップアップをしていきましょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す