電脳せどりツール「セドリオン」。ネットショップからの仕入れを自動化

 


友だち追加

この記事の所要時間: 526

 

在宅副業で稼げる電脳せどりに対する興味が高まっています。

 

これはフリマやオークション、ネットショップを駆使して仕入れをし、それを転売して稼ぐやり方です。

 

参入するプレイヤーの数が増えるにつれ、電脳せどりで稼ぐことは困難になってきました。

求められる資金量も多いため、電脳せどりを最初にやることを僕はおすすめしていません。

 

実際に僕の所に相談が来る方は「電脳せどりをやっているが稼げなくなった」「電脳せどりの利益率が悪すぎて挫折した」という声が多く、電脳せどりが最初に取り組むビジネスとして適してない事を実態レベルで示していることがわかります。

 

何度も言うように電脳せどり一本で食っていこうと思うなら、資金は当たり前に1000万は欲しいですし、長期的にこれで稼げる保証はどこにもないです。

ですから無在庫転売、輸入、輸出、店舗せどり、ネットショップという順番で取り組み、その後電脳せどりに余裕を持って取り組むのがいいと考えております。

 

電脳せどり事態のリワード(期待値)はそれほど高くないので、優先度が低いということですね。

 

ただし例外もあり、店舗仕入れで培った知識を電脳せどりに入れる、輸入で培った知識を電脳せどりに入れる、輸出で身につけた知識を国内転売に入れるなど、組み合わせることで成長速度を加速させることが出来ます。

 

私はそれを教えてきて強く実感するので、フリマハッカーというツールを皆様にご提案をさせて頂きました。

このツールは後発の人でも最初から稼げる仕組みになっているし、私が通信講座で教えている手法や自動化とも大変相性がいい。

 

店舗せどりをやっている方からは、平日の仕入れにいかない日にも出来る副業が欲しい、空き時間で電脳せどりにチャレンジしてみたいという声を貰っており、フリマハッカーがそれに応える形になりました。

 

電脳せどりに取り組む中でもフェーズがあり、短期から長期へのシフトを意識し、優先順位に応じて参入する事がとても大事です。

 

今回はそのフェーズの中でもネットショップ仕入れについて掘り下げ、いつ参入するのか?どうやって取り組むべきなのかという指針を共有します。

 

フリマ仕入れをまず極める

 

電脳せどりに取り組む上で最も最初に実践すべきことは、フリマ仕入れです。

 

これはなぜかというとハードルが低く、利益率も高く、初心者でも取り組めるからです。

フリマハッカーというツールを使えば、最初から経験者と差異のない形で参入ができるので、これを使って参入をします。

 

そうすると最短2週間で結果が出るので、出た利益を再投資して福利の力で増やしていきます。

 

この段階で狙える期待値としては、10万〜50万程度です。

(もちろん月商じゃなくて利益です)

 

ヤフオク仕入れに着手をする

 

フリマ仕入れで稼げるようになったら、水平展開をしてヤフオクでも仕入れをやっていきます。

 

ヤフオクとフリマでは購買層に明確な違いがあり、ヤフオクで仕入れてメルカリで転売、メルカリで仕入れてヤフオクで転売という事が出来てしまいます。

 

しかし最初の段階では知識も経験もないので、そこを拡充するためにフリマハッカーを使います。

そして実務経験を積みながら、ヤフオクでも稼げるようにスキルアップしていくのです。

 

ネットショップ仕入れにチャレンジをする

 

フリマとヤフオクで仕入れが出来、利益がコンスタントに50万を超えるようになってきたらネットショップ仕入れにチャレンジをします。

 

これも全部の作業を自分でやるのは無理があるので、単純作業や機械に任せて自動化します。

セドリオンというツールを使えば楽天とヤフーショッピングのリサーチを自動化出来るので、機械の力を使って大量スキャンを実現します。

 

そしてそれを複数台のパソコンで動かして高速化し、上がってきたリストを外注さんに渡して分析をさせます。

そして利益が出せると外注さんが判断した商品を仕入れスタッフに購入をさせて、納品をしてくれる外注さんの所に送ります。

 

その後は商品はAmazonに納品をされ、価格改定ツールで自動的に価格が設定され、購買後は購入者メールが自動で送られて評価がつきます。

 

この一連の流れをオートメーション化するために、ツールと外注さんを使って仕組みを作るのです。

 

ここまで来れると電脳せどりで月利100万という数字も不可能ではなくなるでしょう。

 

卸仕入れに着手

 

ネットショップ仕入れが出来る様になると、十分な販売実績、専業になる方も出てくると思います。

 

そうすると法人として卸との取引が出来るようになります。

卸はネットショップよりもさらに上流の仕入れとなり、有利な価格での大量買い付けが可能になります。

 

この段階までビジネスが発展すると、融資を受けること出来ますし、資金力も数千万レベルまで増えているはずです。

 

ですのでお金の力を使って一介の転売ヤーが出来ない高度な仕組みを作り込んでいきます。

 

電脳せどりは稼げる

 

手順を守って仕組みを作れば電脳せどりで稼ぐことは可能です。

 

また人に任せやすいビジネスモデルなので自動化との相性も大変良いです。

 

ですから資産型ビジネスを作りたい方や、自動化をしていきたい方にはおすすめの手法となります。

 

しかしながら結果が出るまでの速度が店舗や無在庫転売比べると負けるので、後回しでいいというのが僕の考えとなります。

 

ネットショップの仕入れも稼げるのですが、スピード面ではフリマに負けるので、後でやればいいというのが僕の主張です。

 

その上でセドリオンというツールが効率化や自動化をする上で有効なものとなるので、必要な方は導入を検討されてみて下さい。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す