成功習慣を身につけるために読むべき本まとめ

 


友だち追加

この記事の所要時間: 635

こんにちは、細野です。

 

この記事では直接的にビジネスには関係ないが、読むことで良い行動習慣を形成してくれるマインドセットを身につけられる本を紹介していきます。

 

多くの人がノウハウを知ることで成功できると考えていますが、実際には全員が良いノウハウを学んでも結果が出ているわけではありません。

 

研究が進み、多岐にわたりノウハウというのはとても洗練されています。

僕がビジネスの世界に入った頃はこれほど恵まれた環境はありませんでした。

 

最初から何をすれば最短で成功できるかが明確にわかっている世界。

昔の僕からしたらあまりにも理想的です。

 

しかしそんな時代でも結果を出せる人と、出せない人がいる。

その違いは何なのか?

 

マインドが糞だとノウハウ学んでも意味がない

 

物販ビジネスをやっている人の中にはマインドを嫌う人が少なくありません。

 

小手先レベルの技術でも小銭だけなら稼げるので、マインドがなくても稼げると勘違いしてしまうのです。

しかしこういった人で長期的に右肩上がりで伸びている人を僕は見たことがありません。

 

思考が卑しいと、どこかで限界が来て頭打ちになったり、稼げなくなって消えていくことが多いです。

 

一方で思考を鍛えて、物事に対する姿勢をしっかりと正した人は長く稼ぎ続けているように感じます。

 

マインドセットがしっかりしていれば、学びを止めることはありませんし、成長に集中をし続ける。

だからある日を境に全く稼げなくなるという事がないし、次々と新しいことにチャレンジをして結果を出し続けるのです。

 

ライバルは常に昨日の自分であり、過去の自分を超えていくことでしか新天地に進んでいくことは出来ません。

 

僕自身も新しいことに挑戦し続けてきたし、その挑戦の質が高かったからこそ今があると思ってます。

 

すぐに役に立ちそうな本ほど役に立たない

 

本棚を見ていると残っている本と、消えていく本の2種類があります。

 

すぐに役立ちそうなわかりやすい本は一度読んで再読することもなく処分されている。

一方でその場では役に立たないが良い気づきを与えてくれる本は、何度も読み返して新しい発見を得ていることが多い。

 

最近は本屋さんに行っても売り上げランキングに入っているような本に魅力を全く感じなくなりました。

もちろん面白いテーマを扱った本であれば読むこともあるのですが、何度も読み返す本はそういった所にはない事が多い。

 

それよりもすでに評価が固まりきっていて、本質にフォーカスをした本のほうが今は役立つことが多いです。

 

健全な精神を手に入れるために読む本

 

 

20代後半でメンタルが最悪だった時に出会った本がこれです。

この本のおかげで運動の重要さを理解し、運動習慣を身につけることが出来ました。

 

精神が安定しましたし、痩せることが出来て健康診断の数値も改善。

さらには話すのが上手になり、ビジネスでも成功。

 

はっきり言って運動にはメリットしかなかったです。

 

現在でも運動は継続しており、今後も死ぬまで習慣として続けていくつもりです。

 

 

こちらは筋トレの重要性を理解するための本です。

 

僕はジョギングとかダンスのような有酸素運動はメンタルを鍛える上では意味ないと思ってます。

なぜかというと僕自身が有酸素運動メインでやっていた時には結果が出せず、無酸素運動メインにしてから飛躍的に結果が出るようになったからです。

 

有酸素運動はダイエットをする上でも非効率極まりないやり方であり、非常にコスパが悪いです。

 

いきなり筋トレと言われても行動できない人は、この本を読み、筋トレマインドをインストールしましょう。

世の中の大半の悩みは筋トレで解決できると書かれているのですが、誇張ではなくかなり的を得ていると僕は思います。

 

勉強に対する姿勢を正す本

 

そもそもレベルで何かを学ぶ際には、まずは言われたことを愚直にやるという態度が不可欠です。

 

ノウハウに欠陥があれば行動をしても結果は出ませんが、ノウハウが有効であれば言われた通りにやれば必ず結果が出るはずです。

もしきちんと教えられたとおりに行動したのに結果が出てないなら、教える側のせいにしてもいいです。

実際問題、ビジネスの業界には賞味期限切れの手法が蔓延しています。

 

良いノウハウと出会ったら徹底的に実践をやりましょう。

とにかく数をこなしまくる。

そうしたら出来るようになります。

 

出来ない時にはストレスを感じていても、数をこなしていく間に出来るようになります。

 

 

 

勉強に対する姿勢としてはこの本を読んでおけば大丈夫でしょう。

 

勉強って何すればいいの?と思ってしまいますが、学んだことを使えるようにすることが勉強の最終ゴールです。

 

学んだことがすぐに役立つこともあるし、何年か経った後で忘れた頃に使うこともある。

 

いつ使うかわからないけど、学んでおくことが大事なんです。

大学に行く価値もそこに集約をされます。

 

習慣を切り替えるために読む本

 

習慣というのは3週間の継続で身につけることが出来ます。

 

ノウハウ学ぶ上でも最初の3週間で稼げるか稼げないか決まると思って下さい。

3週間教えたとおりに行動しまくれたら勝ち確定と思ってくれていいです。

 

3週間やりまくったのに結果が出なかったら教える側のせいにしてOK。

欠陥ノウハウなんでそれ。

 

 

こちらの本は良い習慣を見に付けていく上で覚えておくべき概念をバランスよくまとめてくれてます。

200ページ程度の構成で読みやすく、1日で読破出来ると思います。

 

しかしここに書かれていることを実践できるようになれば、一生安泰です。

成長が鈍化しませんし、進化し続けて成功者の仲間入りが出来るようになります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

本を読むことで先人の知恵をインストールすることが出来、成功までの期間をショートカット出来ます。

 

まずは新書で手っ取り早く広く浅く100冊読むことをおすすめしますが、読書に慣れてきたらジャンルを絞ってこういった本にトライするというのも実践してみて下さい。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す