ネットショップで絶対領域を作って安定収益を作るまでの流れ

 


友だち追加

この記事の所要時間: 456

 

どうも、細野です。

 

この記事では物販ビジネスにおける最終地点。

つまり長期ビジネスについて解説をしていきます。

 

長期ビジネスというのは何かというと情報発信ですね。

アフィリエイトにしろ、自分のコンテンツやコンサルを売るにしろ、ネットショップにしろ、情報を発してお金を稼ぐ方法は全て長期ビジネスに該当をします。

 

そして長期ビジネスというぐらいなので、最初にやってはいけません。

最後に取り組むのです。

 

この順番を間違えると高い確率で挫折をして失敗をします。

 

ネットショップで稼ぐための礎作り

 

ネットショップ運営という長期ビジネスで成功するためには、一にも二にも知識が必要です。

ここで言う知識とは何かというと商品選定スキルです。

売れない物を出しても時間の無駄なので…。

 

これに関しては無在庫転売で輸入をやって作っていきます。

ネットショップでは在庫を持つ商品と在庫を持たない商品をミックスしていきますが、無在庫メインであくまでも攻めていきます。

在庫を抱えて仕入れをするとその管理に時間とお金がかかりますからね。

 

SEOについて学ぶ

 

ネットショップで稼げる入り口に立てたら、さっそくお店を作って販売を開始します。

 

ネットショップを作る方法は色々あるのですが、僕が比較した範囲だとメイクショップが一番値段と機能のバランスが良いと感じました。

 

他のショップは使いにくかったり、決済システムの構築が面倒だったりとハードルが非常に高かった。

ちなみに無料で使えるヤフーショッピングはアカウント削除のリスクがあるので長期ビジネスではなく、短中期ビジネスで使います。

 

ヤフーショッピングで小銭を稼ぎながら、商品に対する知識を深めていくという流れですね。

 

そしてSEOを上げていくことで無限に収入を伸ばせるネットショップを作り込んでいきます。



 

SEOを上げる2つのステップ

 

SEOはネットショップの商品登録によるSEO、ワードプレスで作ったブログによるSEOによる2つのやり方で伸ばしていきます。

 

商品が欲しい人を集めるSEOと、商品今は興味はないけれど興味を持ってくれそうな見込み客を集める2つのアプローチで集客を賭けていきます。

 

ネットショップ単体で主客をしようとすると限界が来るので、情報発信をしてライバル不在のところからアクセスを集めていきます。

これは自分が販売する商品と相性に良い発信方法があるので、自分が販売していく商品の見込み客が興味を持つであろうテーマについて掘り下げましょう。

 

SNS戦略について

 

SNSというのも集客を考える上で不可欠な要素です。

 

これは主にTwitter、Instagram、Facebookが該当をします。

これらは完全にインフラとして定着をし、今後も衰退する兆しは感じられません。

 

ですので、自身の発信スタイルを各種SNSを使って発信をしていき、自動化出来る部分は自動化をします。

 

広告を出稿する

 

需要がある商品を最初からネットショップでは出していくので、理論上は出品して初日から売れないとおかしいです。

知識のない初心者が出しているのではなく、無在庫転売で実戦経験を積んだ状態でネットショップにシフトしているのですから。

 

ですが、現実は売れるまでに2週間から3週間はかかるでしょう。

初動のSEOや見込み客が集まってくるまでには若干のラグがあるのです。

 

僕自身も自分のネットショップで売れ始めたのは3週間を過ぎた頃でした。

 

この期間を短縮するには広告出稿をするしかありません。

 

具体的にはヤフーとFacebookに広告を出して、売れるまでの速度を早めていきます。

 

顧客と関係性を深めて売上を安定化する

 

SEOや広告出稿が出来て集客が安定をしてきたら、既存客との関係性を深めていきます。

 

サンプルを送ってレビューしてもらったり、顧客から要望を聞いてそれを満たす商品を出品したりといった事です。

 

ネットショップにおいては自分が売りたい物よりも、相手が求めるものを提供していくスタンスのが方が良いです。

自分が売りたいものを大衆が求めるとは限らないので、あくまでも主役はお客さん。

その中であなたなりの工夫や魅力のある商品の発掘をしていけばいいと思います。

 

まとめ

 

以上がネットショップで安定的に稼ぐためにあなたがやる事の全てです。

 

整理をしてまとめると項目は少なく見えますが、それぞれについて習得すべき事、学ばないといけないことがかなりあります。

 

この記事を読んで全てを実行できる人はいないと思いますが、もし本気でネットショップで稼ぎたいが技術的な問題や、基礎レベルが身につかないと感じる方は僕の通信講座に参加して下さい。

そちらで提供をしている合宿にて実際の実務をレクチャー致します。

 

ネットショップという物販ビジネスの最終着地点にどれだけの人がたどり着くのか、僕にはわかりません。

しかし辿り着く人が今後出てくると思うので、僕はその人が結果を出せるように腕を磨き、ウェブ集客の研究を今後も続けていきます。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す