ノウハウコレクターから脱出するための2つの視点

 


友だち追加

この記事の所要時間: 847

細野です。

 

世の中を見渡すと、勉強をしている人はたくさんいます。

資格の勉強、読書、スポーツなど、どの人も本当に熱心です。

 

しかし勉強をしている、行動をしていても、結果を出せているという人は少ないです。

 

今回は勉強や行動をしているのに結果が出てない人に向けて、どこを治せば結果を出せるかを解説していきます。

 

超基本:適切な目標設定

 

行動をする前に大切なことは、

 

なぜやるのか?

何のためにやるのか?

 

を事前にきちんと決めておくことです。

 

例えば副業をやるのであれば、いくら稼いで、稼いでからどうするのかを事前に決めておく。

そしてそれにかかる期間も見積もりをしておき、目標達成のための行動プランを練る。

 

例えば…

 

目標設定:副業で10万円を稼ぐ

稼いでどうするか?:本の購入やスマホの買い替えに使う

目標達成までの期間:2ヶ月

そのために何をやらなければいけないか?:2ヶ月以内に10万円以上稼げる副業

具体的な行動プラン:無在庫転売の実践

 

このように目標を決めて整理して考える事で、行動が浮き彫りになり集中して取り組むことが可能です。

 

このあたりをあまり深く考えずにいろんなものに手を出すと、コミットメントが出来ずに終わってしまうことが多いです。

 

やらない理由、諦める理由があると人は簡単に手を止めてしまうので、理由の部分は強ければ強いほどいいです。

 

僕であれば、行動しなければ単なる無職のおっさんであり、誰の役にも立たない存在価値のない人間。

せっかく生まれてきたのにこれでは寂しすぎるので、自分の能力を開花させ、人の役に立てる人間になりたい。

 

このように考え、最も簡単に人に貢献できる方法は実利実益を提供することという結論に至った。

 

そして実利という部分で言うとお金というのはこれ程ない実利なので、この部分を提供することにした。

自分には物販ビジネスをゼロから100まで教えることが出来る能力があるので、この部分を発信して提供をする。

 

これにより僕は自分の存在を肯定し、誰かの役に立つことが出来る人生を手に入れました。

 

自分一人でビジネスをやっている時は、どこまで行ってもマネーゲームであり虚しいものでした。

しかし他人と実利を分かち合う活動をしたことで、誰かのために頑張る、模範を示せるように行動し続ける。

 

このような視点が身につくようになり、それまでよりも高い次元で物事を考えられるようになりました。

 

セールスレターの見極め

 

最近になり僕はある塾にはいったのですが、その塾のセールスレターはものすごく地味。

一見すると役に立つかわからない部分がありました。

 

ただ、中にはいってみたらサポートがしっかりしていて、この環境で頑張れば結果はついてくるんだろうなと思える自分がいます。

 

過去に色んな塾にはいってきましたが、沢山の人(1000人以上入ってます)がいるにも関わらず、かなり手厚く塾生のサポートをしてくれており、満足度はとても高い。

 

情報業界には売るまでは一生懸命だけど、売ったあとは適当というサービスが多いです。

僕自身もそういったものをたくさん購入してきて何度もガッカリをした経験があります。

 

そして何度も絶望をして思うのは「セールスレターで夢を壮大に語っている商品に当たりはない」という事。

 

魅力的な文言が並んでいる商品ほど、買った後にガッカリすることが多いです。

 

インフォトップで売ってるような教材や塾は大抵このパターンですね。

 

今やネットビジネス大百科もインフォトップでの販売は終了し、別のASPに移行をしています。

良いコンテンツを売ってるコンテンツホルダーは独自決済にシフトをしつつあるのです。

 

そして僕自身もコンテンツの販売(通信講座)をやっているのですが、セールスレターはPDFで作っていますし、ビジュアル要素皆無なので非常に地味ですw

 

しかしそれを読んで参加をしてくださる方は、頑張って結果を出してくれたり、僕が思いつかない視点で行動をしてくれて報告をくれたりする。

 

売り方で集まる客が決まると言われますが本当ですね。

 

お下品な集め方をすると、質の低いお客さんが集まってします。

 

僕は嫌いな人とは1秒たりとも付き合いたくないので、入口の部分は厳しく妥協せずに設定をすることにしました。

 

もちろん興味は持って欲しいので、マーケティングはしっかりやります。

自分の魅力を伝える努力、知ってもらうための動線はたくさん貼ります。

 

ただ、最終目的である、見込み客との関係性構築の部分では良いところだけではなく、デメリットも伝える。

 

一見地味に見えるかもしれないセールスレターほど当たりが多い。

ここを覚えておくだけでしょぼい教材掴まされるリスクが一気に減ります。

 

どれが地味で、どれが派手なのかは最初はわからないと思います。

数を見ながら残念な買い物を繰り返していく事で、セールスレターは見極めが出来るでしょう。

 

ちなみに僕が一緒に塾を運営させていただいている和佐大輔さんのセールスレターは派手さがないレターです。

これ何の役に立つんだ?って一間思ってしまったりする事もあります。

 

しかし和佐さんが長期的にあれだけの結果を出し続けていることを見るに、あのやり方が最も安定的な発信スタイルなんだと思いますね。

 

最初は実利実益だけでいい

 

勉強をしているけど結果が出てない人に問いたいのは、それを学んでいつまでにどれだけの結果が出るのか?という話です。

 

例えば資格を取得して、それでどんな実利があるのか?

どんなキャリアを手に入れてどれだけのメリットがそれによって得られるのか?

ここが見えないのに資格の勉強をしても意味が無いと思います。

 

TOEICのスコア700点で毎月5000円の昇給、

危険物取扱者の資格を取ることで月収が1万円上がる。

 

こういった明確な実利があるからこそ頑張る価値があるし、目標を達成した先の未来を可視化出来るんです。

 

このサイトは副業を通じて収入を上げたい人、お金を稼いでみたい人が見てくれていると思います。

 

なので、そういった観点で言うと、「いつまでにいくら儲かるのか?」。

ここだけを考えて自分が取り組む副業を見ればいいです。

 

そうすると、

 

物販 → 最短1日、再現性高い

アフィリエイト → 半年、再現性低い

投資 → 半年以上、再現性低い

ネットワークビジネス → お金も友達も失い、しかも結果が出ない

 

という統計的なデータがわかってくる。

 

じゃあ2ヶ月で10万円を作りたいと思った時に、自動的に物販以外の選択肢は排除されますね?

 

そうしたら今度は物販の中でまた掘り下げて分析するんです。

 

店舗せどり → 資金100万で期待利益30万円、再現性普通

電脳せどり → 資金300万円で期待利益30万円、再現性低め(一時的にしか稼げない人が多い)

無在庫転売 → 資金なしで期待利益30万円、再現性非常に高い

 

という事が見えてくる。

 

この時点で無在庫転売に絞るという視点が生まれ、無在庫転売を教えてくれる人が候補に上がってきます。

 

そこでさらに掘り下げると、

 

メルカリ無在庫転売 → 稼げない

ヤフオク無在庫転売 → 稼げるけど天井が低い(大きく稼げない)

ヤフオク輸入無在庫転売 → 大きく稼げる

eBay無在庫転売 → 稼げるけど英語使う

ネットショップ無在庫 → 稼げるけど最初にやるべきじゃない

 

という事が見えてくる。

 

ここで「ヤフオク輸入無在庫転売をやって2ヶ月で10万円を稼ぐ」という具体的かつ明確な目標が決まる。

 

そしてヤフオク輸入無在庫転売を教えてくれる人だけをここで探していくわけです。

 

そうするとヤフオク輸入無在庫転売を教えられる人は殆どいないので選択肢はかなり限られてくるはずです。

僕を含め2つか3つの選択肢に絞られると思うんですよね。

 

なので迷わないと思いますし、決断をしやすい。

 

そしてスキームが良ければ結果は必ず出るので、学ぶと決めたらやる。

やって結果が出なければノウハウに欠陥があるだけですからね。

 

きちんと言われた通りに行動したのに結果出てないなら、教える側のせいにしていいですよ。

ホント、この業界賞味期限切れの手法を売りつけてる人ばっかなんで。。。

 

情弱は自業自得

 

世の中知っていれば回避できることばかりなのに、知る努力や知る行動をせずに無防備で突っ込んで自滅する人がいます。

そういう人は自業自得なんだという事を自覚しましょう。

 

副業やってるのに稼げてない。

これは誰のせいでもなく、全ては自分のセンスの欠如が原因なんです。

 

何がダメで、何がいいのかを見極めていたら稼げて当たり前ですから。

 

長く勉強していても稼げてない、稼げてる額が低い(30万以下)ならば初心者と何ら変わらないです。

自称中級者みたいな人が成長が鈍化して一番しょっぱいですからね。

 

今回紹介してきた考え方でしっかりと自分の動機を分析すること。

そして問題を解決するためのソリューションを見極めること。

 

ここを妥協せずに徹底してやり、結果を出せる側に回っていきましょう。

 

 

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す