ネットショップで月商 50 万すら行かないとかギャグでしょ?

 


友だち追加

この記事の所要時間: 43

細野です。

 

ネットショプを運営しているけど稼げていない。

今回はこのような人に向けて、根本からビジネスに対する取り組み方を解説させて頂きます。

 

ネットショプというのは副業や独立の方法として非常に有名なやり方です。

 

しかしマーケティングや集客に失敗をすると全く稼げないやり方であり、取扱には注意が必要。

 

最初にやるビジネスとしてはおすすめしません。

 

月商上げても全く意味がない

 

ネットショプを教えているコンサルティング会社やサービスを見ていると、月商50万という数字を提示している所が多かったです。

 

そんなに月商50万円って稼ぎたいのかな?と意味不明だったのですが、ビジネス経験がないとすごそうに見えてしまうのかもしれません。

 

ちなみに月商50万という数字はすごくともなんともなくて、仕入れにお金を使ったら誰でも最初の1ヶ月から2ヶ月で到達をするものです。

仕入れに使うお金と目利きがあればどんな人でもこれは達成可能です。

 

そして月商50万円というのは売上な話なので、ここからシステムに使うお金でありますとか、仕入れに使ったお金が出ていきます。

最終的に手元に残るお金はいくら?という事ですね。

 

ここに初心者の方はひっかかってしまうので注意をしましょう。

 

ビジネスをやる目的はただ1つ。

「収益を上げること」です。

 

ですから月商を上げることではなく、収益を上げる事を目的に取り組んでいきましょう。

 

ネットショップで稼ぐために必要なこと

 

ネットショップで稼げてない人は、そもそも商品選定が出来ているか確認をしましょう。

 

当たり前の話しますが需要の低い商品を取り扱っても売れません。

 

広告を出そうが、SEOを上げようが欲しいと思わないものを売っても誰も買わない。

 

これは当たり前の話ですよね。

 

販売側の視点だけで考えると、なぜ買わないんだ?と思ってしまうのですが、あなたの事情なんて世界からしたらどうでもいいんですよね。

お客さんの視点で買う理由、欲しくなる要素を満たさないと意味ないので。

 

ビジネス初心者の方が売れる商材をゼロベースで見つけるのは困難です。

仕入れ値が安くても需要がなければただのゴミですからね。

 

なので最初はすでに売れている商品、需要がある商品を扱いましょう。

 

ヤフオクやメルカリを分析すれば、需要がある商品はすぐにわかります。

こういった最低限のマーケティングをやらずに商品選定をして仕入れるから失敗するんですよ。

 

うまくいかないという事は必ず原因があるので、その原因を見つけて潰していきましょう。

 

月商50万なんて目指すな

 

今回僕があなたに伝えたいのは月商50万なんてしょぼすぎる目標立てるなって事です。

 

売上50万円、利益率20%で回して何が楽しいんですかって話ですよ。

在庫持って作業たくさんやってたったの10万円。

 

そんな子供の小遣いみたいなお金をチマチマ稼いだ所で仕事にはならない。

 

ネットショップに最初から行く人は、物販ビジネスで大きく稼ぎたい人だと思います。

目標は高く、1000万、2000万と売っていける規模を目指していきましょう。

 

これぐらいの規模になってくると、利益率が10%程度でもまとまった利益になってきますので。

 

稼げることが当たり前。それが物販ビジネスだ

 

物販ビジネスや年齢や性別関係なく稼げる唯一のビジネスです。

 

物販以外だと年齢や性別によっては向かないビジネスもたくさんあります。

 

しかし物販であれば多少機械に弱い人でも、資金がない人でも、経験がない人でも結果を出せます。

気をつけるべきは参入の順番です。

 

最初から一番難しいネットショップに行かないこと。

 

最初はせどりです。

ここが一番簡単で再現性が高いので。

 

せどりで経験と商品知識を増やして、そのタイミングでネットショップに参入をすれば一気に勝率は高まります。

 

取引先探しも焦点が定まって効率的に進むことでしょう。

 

きちんとしたバックボーン、視点がないとマーケティングはうまく出来ないって事ですね。

 

ステップを守って物販ビジネスで成功をしていきましょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す