ドロップシッピングが稼げない理由と対策方法。輸入を組み合わせればライバルや飽和の心配はなし

 


友だち追加

この記事の所要時間: 511

細野です。

 

今回はドロップシッピングについて。

アフィリエイトとの違いが曖昧なドロップシッピング。

 

アフィリエイトは無形資産を扱えますが、ドロップシッピングは有形資産を扱います。

有形実物商品のみを扱うのがドロップシッピングと考えればよいでしょう。

 

ドロップシッピングで稼ぐ手順

 

ドロップシッピングで稼ぐ手順はシンプルです。

 

ASPに登録する(もしもドロップシッピングなど)、

サイトを作る、

商品登録をする。

 

これだけです。

アホでも出来ますねw

 

でも稼げないです。

 

なぜかって皆が一つのASPの商品を大量に登録するからです。

もしもドロップシッピングにある商品を登録してもライバル多すぎで埋もれます。

 

そしてドロップシッピングに特化したASPは少ないので、ドロップシッピングだけで稼ぐのはほぼ不可能と断言して問題ないでしょう。

ネットビジネスを長くやってきてもドロップシッピングで稼いでるって人と会ったことがないので。

 

フレームを外して考えてみる

 

ドロップシッピングに興味がある、実践しているが稼げてない人は、ドロップシッピングという言葉から少し離れてみましょう。

 

ドロップシッピングだと考えるから難しいのであって、やっている事はマッチングビジネスです。

そして物を販売していくので、ASPに登録されている商品でなくても商品を確保できるのであれば何を販売しても問題ない。

 

つまり、ドロップシッピングではなく、無在庫販売であると考えればいいのです。

 

無在庫販売で稼ぐというフレームに置き換えて考えると世界が一気に広がります。

 

プラットフォームを使って1週間以内に黒字にする

 

無在庫販売で取り組むことが理解できたら、次に販売できるプラットフォームについて考えましょう。

 

ドロップシッピングでは自分でネットショップを構築しますが、無在庫販売ではネットショップを作らなくても販売が可能です。

すでに出来上がっているプラットフォームに参入をすることで、集客や決済の仕組みに最初から乗っかることが出来るんですね。

なので、この便利な仕組みを使って収益化をやっていきます。

 

プラットフォームで参入することで自分で仕組みを作るのに比べてスピードが何倍にも加速をします。

 

プラットフォームを使わずに参入をするとゼロベースで集客をしなければならないので、知識不足で挫折をしてしまいます。

長期的には自前のネットショップで販売をしても良いですが、最初はプラットフォームを使って稼ぐことを意識しましょう。

 

プラットフォームというのはここまではヤフオクを指します。

ヤフオク無在庫転売で参入することで、確実に結果を出して次のステップに繋げていくことが可能になります。

 

扱う商材を国の外に向けてみる

 

国内の商品を無在庫販売で売れるようになったら、次は海外の商品を日本向けに無在庫販売しましょう。

在庫を持っても稼げますが、まずは無在庫でやるのがいいです。

 

注文が入ったら海外にいるセラーにお客さんの住所宛に直送をさせる。

これをやる事で自宅を介さずに商品が出荷されるので作業量が激減をします。

 

基本的な作業はドロップシッピングと全く同じなので、迷う所はないはず。

稼げない人は自宅に一度商品を取り寄せて検品をしてから出荷をしていますが、それは時間の無駄なので辞めましょう。

顧客直送でガンガン売ってる方が時間も増えますし、無駄なことに意志力を使わなくて済みます。

 

日本の商品をeBayで国外に無在庫転売する

 

輸入無在庫で稼げるようになったら次は国内の商品を海外に輸出しましょう。

これも無在庫でやります。

 

そして梱包や出荷作業は時間の無駄なので代行会社を使って最初から自動化をします。

輸入と輸出を同時にやるなんて難しそうと思うかもしれませんが、仕組みを作ることで両立が可能。

 

国内の無在庫転売は大きく稼げないので、輸入にシフトした段階で撤退をします。

同じ時間を投入した時に稼げるのは輸入と輸出なので、稼げる所にリソースを割いて集中していくのです。

 

日本国内という枠組みにおけるドロップシッピングや無在庫転売は稼げないビジネスモデルなんですね。

これ一本で生活というのはほぼ不可能なので、儲からないビジネスモデルにしがみつくのはやめましょう。

 

これからも無罪販売はずっと稼げる

 

現状大半の無在庫販売やドロップシッピングをやっている人は日本国内という枠組みで商品を回して小銭稼ぎをしています。

これだとライバルが多すぎて大きく稼ぐことが出来ないです。

 

一方で僕が教えてる人は輸入をやり、輸出をやり、ネットショップに取り組んでいるので長く稼げます。

また資金が100万ほどたまった段階でもっと大きく稼げる、店舗せどりというやり方にシフトをしています。

 

無在庫販売は人に任せて30万〜50万の利益が自動で上がるようにしておき、自分は浮いた時間で店舗せどりに取り組んでいるんですね。

これをやれば副業の人でも月収100万を狙っていくことが出来るようになります。

 

仕組みを作らずに儲からないドロップシッピングにしがみついていたら、月収はよくて数万円ですが、儲かるビジネスモデルにシフトすれば利益は何十倍にも膨れ上がるのです。

 

もしこれを読んでいるあなたがドロップシッピングをやっていて稼げてないなら、根本の部分からズレてしまっているので、儲かるビジネスモデルにシフトしていくようにしましょう。

無駄な努力をこれ以上続ける必要はありません。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す